Medium 4fea17f2b8ad9a13

玄米の人気ランキング!美味しい・食べやすいおすすめ商品まとめ

玄米について、人気ランキングや美味しい食べ方、おすすめの商品などをご紹介していきます。ダイエットにも人気のある玄米は、食べやすいという評判も多く、人気の食品となっています。そういった玄米について詳しく紹介していきますので、どうぞ参考にしてください。

カテゴリー:食べ物玄米  作成者:たつお  投稿日:2017/11/19

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

玄米とは?

玄米について、人気ランキングやおすすめの商品、食べ方などいろいろな情報をご紹介していきます。まず玄米とはどういったものなのでしょうか。玄米とは、私たちが普段食べている白米になる前の原型のお米のことで、さまざまな産地の製品があります。もみ米からもみ殻だけを取り除いたお米であり、玄米のまま食べることで、栄養バランスの取れた健康的な食生活を楽しむことができます。

ポイント

玄米は、白米になる前の原型のお米のことです。

玄米には多くの栄養素が含まれており、ダイエット食品としても人気の高い食べ物と言うことができます。中でも、玄米には食物繊維が白米の約8倍ほど含まれているとも言われており、その栄養の高さをうかがうことができます。食物繊維を豊富に摂取することで、便秘解消にも効果があり、お通じに悩まれている方にも効果的と言えます。お通じが良くなることで、太りにくい体質作りにも最適です。

多くの栄養素が含まれている玄米ですが、その特徴として消化に時間がかかりやすいと言われています。白米よりも消化に時間がかかりやすく、普段の食事以上にしっかりと噛んで食べることが大切だと言えるでしょう。よく噛んで消化を良くすることで、お腹の中に残りにくく、外へ排出されやすくなるので、胃の消化も良くなります。そうすることで、ダイエットにもより一層の効果が出てきます。

玄米はよく噛んで味わって食べることで、その美味しさが一層増していく食べ物です。素材そのものも美味しいと言えますが、ふっくらと炊き上げて、しっかりと噛むことで、玄米の豊かな味わいを堪能することができます。普段白米を食べる方は、最初は慣れない可能性もありますが、玄米を食べ続けることによって、その豊かな味わいや、素材そのものの甘さなどがわかるようになってくるでしょう。

玄米は栄養が豊富

玄米には、白米の約8倍程度の食物繊維が含まれていることもご紹介しましたが、それ以外にも多くの栄養素が含まれており、ダイエットにも人気のおすすめの食べ物と言えます。玄米には他にも、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。普通の白米であれば、ビタミンやミネラルを補うために、多くのおかずを食べる必要がありますが、玄米の場合は、おかずが少なくても十分に栄養を確保できます。

玄米には多くの栄養素が含まれており、おかずの品もそれほど多くする必要はないので、ダイエットにも最適な食品と言えるでしょう。とりわけ玄米にはビタミンB群が多く含まれており、体調面を整えてくれる効果を発揮します。ビタミンB群を効果的に摂取することで、消化不良の解消や便秘解消、肌荒れ対策などにも効果を発揮してくれます。さまざまな健康効果をもたらしてくれる栄養素と言えます。

玄米には他にも、タンパク質や脂質、ミネラル、ナトリウム、カリウムといった栄養素がバランス良く含まれており、人間の身体に自然で負担が少ない形で栄養補給をしてくれる食べ物です。玄米は、アレルギーの人にも好まれる食材であり、玄米の解毒作用効果を期待して、味わう人も少なくありません。食物繊維によって便秘解消効果を期待することが可能で、それに伴い解毒作用を促す効果もあります。

玄米のダイエット効果

玄米は、ダイエット中の方にも人気の食べ物です。ダイエットとは言え、食べる量を減らしながらも適切な栄養素は確保する必要があります。そういった意味で、玄米は摂取カロリーも抑えつつ、必要な栄養素も十分に補える食材として人気が高いと言えます。ダイエットを続けていく上で、玄米を活用することで、ストレスを感じることなく自然に継続できることも、魅力の一つと言えるでしょう。

ポイント

玄米を主食に据えることで、無理に献立を作成したり、数多くのおかずをとったりする必要がなくなります。

玄米ダイエットを始めるにあたっては、少しずつペースを変えていけば問題ありません。例えば、これまで朝と夜に白米を食べていた方は、朝か夜のどちらかを玄米に変えれば良いでしょう。いきなり1日2食や3食を玄米に変更すると、それまでの感覚と大きなずれが生じて、ダイエットをスムーズに続けられない可能性があるので、まずは1食ずつ変えることで、徐々に玄米に慣れていきましょう。

また、玄米は白米よりもカロリーが低いという特徴がありますが、食物繊維が豊富に含まれているため、白米よりも消化に時間がかかり、その分満腹感も維持しやすいというメリットがあります。満腹感が継続すればするほど、間食やつまみ食いをする心配もなくなり、ダイエットにも効果を発揮しやすくなるでしょう。よく噛んで味わうことでさらに美味しい玄米は、ダイエットにも効果的な食べ物です。

玄米は、それだけでも十分に栄養素が摂れる食べ物ですが、さらに野菜を中心とした副菜を摂ることで、より健康的な身体作りを目指すことができます。玄米を日常的に食べていくことで、便秘解消効果や中性脂肪の抑制効果なども期待することができて、より一層太りにくい体質作りを進めていくことが可能です。継続的に玄米の美味しさを味わっていくことで、健康効果も実感できると良いでしょう。

玄米の美味しい炊き方とは?

玄米は、栄養価が高くてとても美味しい食べ物であることに間違いありませんが、もっと美味しく食べるために炊き方も工夫すると良いでしょう。玄米は、白米と同じように炊いてしまうと、固くなってその美味しさを感じにくくなってしまいます。ご家庭にあれば、圧力鍋を使って玄米を炊くことで、よりふっくらとしたもちもち食感の玄米ご飯を味わうことができます。

ご家庭に圧力鍋がないケースでも、工夫次第で美味しく炊き上げることが可能です。自宅に一般的な炊飯器しかない場合は、浸水時間を長めにすることで、玄米の美味しさを引き出すことができます。一度炊き上げてみて、炊き上がりが固いと感じたら、少量の水を加えて再度炊くと良いでしょう。つまり、2度炊きをすることで、玄米のふっくらとしたモチモチの食感を楽しむことができるようになります。

ポイント

一般的な炊飯器でも2度炊きすることで、玄米のふっくらとしたモチモチの食感を楽しむことができます。

また、玄米を洗う時にも、できればミネラルウォーターや浄水器を通した水など、きれいで新鮮なお水を使うと良いでしょう。お米を炊く時にミネラルウォーターを利用する人も多いですが、炊く時だけでなく、洗う時もきれいなお水を利用することで、より一層美味しさが引き立ちます。最初に吸収するお水の鮮度によって、玄米の美味しさも変わってくるので、お水にも気を遣ってみると良いでしょう。

玄米の美味しい食べ方

玄米には、いろいろな味わい方や楽しみ方があります。そういった楽しみがあることも玄米の人気の秘訣と言えるでしょう。まずは、そのまま炊いて、玄米そのものの美味しさを味わうスタイルがおすすめです。玄米は何もせず、炊き上がりをそのまま食べても十分美味しくいただける食べ物です。丁寧に洗って、2度炊きした玄米であれば、モチモチの食感を堪能することができるでしょう。

玄米はもちろん、お米としてそのまま食べても十分美味しいですが、加工して味わうという方法もあります。毎日炊くのは大変という方や、違った楽しみ方をしてみたいという方は、玄米の加工食品を楽しんでみましょう。例えば、玄米粉を手に入れれば、玄米が原料のトーストパンを楽しむこともできます。パンなら気軽に味わえるという方にも、玄米粉を使用したトーストはおすすめと言えるでしょう。

もっと手軽に玄米を味わいたいという方には、玄米のレトルト商品を手に入れることもおすすめです。玄米で作られたおかゆのレトルト商品なども販売されていますので、必要に応じて手に入れておくと良いでしょう。レトルト食品ということで、日持ちもしますし、慌てて食べる必要もありません。ご自身が食べたいなと思った時に、さっと温めて簡単に玄米を味わえるところが最大のメリットと言えます。

玄米の健康効果

玄米について、さまざまな情報をお伝えしていますが、健康への効果についても詳しく見ていきましょう。玄米には、多くの栄養素が含まれることもご紹介してきましたが、そういった栄養素を摂ることによって、具体的にどういった健康効果を得ることができるのでしょうか。玄米は、その栄養成分やミネラル成分が豊富に含まれていることから、完全栄養食品とも呼ばれています。

ポイント

玄米は、栄養成分やミネラル成分の豊富さから、完全栄養食品と呼ばれています。

玄米にはフチン酸と呼ばれる成分が含まれており、このフチン酸が、体内に含まれる環境ホルモンなどといった毒素を体外に除去してくれています。また、ビタミンやカルシウム、食物繊維などといった栄養素も豊富に含まれており、そのおかげで便秘解消効果を期待することもできます。中でも多く含まれるビタミンB1が、体内のエネルギー調整役となって、ダイエット効果にも力を発揮してくれます。

また、玄米の中には無農薬製品も数多く販売されており、安心した食生活を送ることができるというメリットもあります。農薬を使っている食品が不安定と言うわけではありませんが、やはり無農薬ということで、身体の中に取り入れる食品としては、安心して食べることができるでしょう。炊く前に玄米をしっかり洗っておくことで、さらに安心、安全にいただける食材となります。

玄米には抗酸化作用を期待することも可能で、アンチエイジング効果にも力を発揮すると言われています。肌荒れの改善やコレステロールの抑制など、身体の内側から健康を支えてくれる存在と言えます。玄米に豊富に含まれるビタミンやミネラルは美容効果もあり、女性にとって嬉しい食品と言えるでしょう。また、玄米には動脈硬化を防ぐイノシトールも含まれており、人々の健康に貢献しています。

美味しい玄米の人気ランキング

1.玄米さらだ

ここからは、玄米の人気ランキングと題して、おすすめの玄米についてご紹介していきます。まず1位はホクレンの北海道産「玄米さらだ」と呼ばれる玄米です。こちらの商品は、玄米の中でもモチモチ感やプチプチ感が人気のお米で、消費者からも食べやすいと評判の玄米です。粘り気が強いことも特徴の一つで、その歯ごたえや食感に病みつきになってしまう消費者の方も少なくありません。

ポイント

玄米さらだは、モチモチした食感やプチプチした食感が人気の玄米です。

玄米さらだは、アミロースと呼ばれるでんぷんの成分が少ないことでも知られており、そのため粘り気が強く、モチモチとした食感やプチプチとした食感が生まれやすいと言えます。また、玄米さらだは冷めても美味しいという特徴もあり、お子さんのお弁当やおにぎりとして利用するのも効果的です。プチプチした食感を味わってみたいという方は、一度味わってみる価値のある玄米と言えます。

2.玄氣(げんき)

美味しいお米ランキングの2位は、川島米穀店の「玄氣(げんき)」と呼ばれる玄米です。こちらの玄米は、白米と同じように炊いても食べやすいことが人気の秘訣で、広く愛される食材となっています。玄米ファンの方からも愛されている食品であり、長年食べ続けているという方も少なくありません。また、川島米穀店の玄米は無農薬商品であり、安心して食べられることも魅力的と言えるでしょう。

玄米ダイエットをしたいという方にも、玄氣はおすすめの食べ物と言えるでしょう。それは、白米と同じように炊けることにポイントがあります。やはり玄米は炊くことが大変で、玄米ダイエットを挫折してしまう人も多い中で、白米と同じように炊けるという手軽さが、玄米ダイエットを継続的に行えるポイントとなっているでしょう。無農薬という安心感も含めて、おすすめの玄米と言うことができます。

3.おぼろづき

美味しい玄米の人気ランキング第3位は、「北海道美唄産おぼろづき」と呼ばれる玄米です。こちらの玄米は、その収穫量の少なさから、「幻の玄米」と呼ばれるほど貴重な商品と言えます。北海道の豊かな土壌で大事に育てられた味わいが魅力的な商品で、値段的にもお求めやすい価格帯と言えるでしょう。甘くてもちもちとした食感を楽しみたいという方は、この「おぼろづき」がおすすめです。

スポンサーリンク

おぼろづきも玄氣と同様に、冷めても美味しいという特徴があり、時間が経過してももちもちの食感を楽しむことができます。その味わいも、魚沼産コシヒカリに匹敵するほどの美味しさと言われており、全国各地にもファンが多いのが特徴と言えます。もちもち感を支える粘りがあるのもおぼろづきの特徴で、噛み応えや食感も含めて、粘り強さを楽しむことができます。

4.シェフズ米

美味しい玄米の人気ランキング第4位は、「シェフズ米」です。玄米としても人気のある商品ですが、シェフズ米は雑穀米としても人気の高い商品と言えます。各編集社や出版社にも取り上げられるほどの人気商品であり、一般消費者からの評価も高いのがシェフズ米の特徴と言えるでしょう。玄米独特クセや食感も薄くなっており、より食べやすいお米になっていることも人気の秘訣です。

健康やダイエットを意識される方にもシェフズ米がおすすめであり、玄米の中でも特に栄養バランスが良い食品として知られています。その風味や食感も一般的な玄米とは異なる部分もあり、一度食べたら手放せなくなってしまう人も少なくありません。雑穀米として販売されるシェフズ米には、鉄分、ミネラル、必須アミノ酸、カルシウムなどがバランス良く配合され、健康にも良い影響を与えてくれます。

5.金芽ロウカット玄米

美味しい玄米の人気ランキング第5位は、「金芽ロウカット玄米」です。こちらの商品は無洗米として提供されているものも多く、その食べやすさも特徴的な玄米です。ロウカット玄米という名の通り、玄米に含まれるロウ層と呼ばれるコーティングを除去した食べ物となっています。ロウ層には玄米自体を守る役割があり、防水性が高く、玄米の炊き上がりを硬くしてしまうという作用があります。

金芽ロウカット玄米は、そのロウ層をカットしているために、より食べやすさが増していると言えます。金芽ロウカット玄米は白米と同じように、簡単に炊けて美味しく食べられることも人気の秘訣であり、他の玄米と同様に豊富な栄養素を摂ることができます。金芽ロウカット玄米は、玄米にあまり慣れていない方や、初めて玄米を食べる方にも食べやすい商品と言えるでしょう。

食べやすいおすすめ商品

1.寝かせ玄米

ここからは、さらに食べやすいおすすめ商品についてご紹介していきます。そのおすすめ商品として、堂々の第1位に輝いたのは、「寝かせ玄米」という玄米です。こちらの玄米は、そのモチモチとした食感が売りの商品で、一度食べたら病みつきになってしまう消費者の方も少なくありません。公式サイトで申し込むことで、郵送販売も行っており、全国各地で楽しむことができる玄米と言えます。

寝かせ玄米というネーミングの通り、収穫の段階からじっくりと時間をかけて、美味しさを凝縮した段階で市場に出荷される貴重な商品となっています。そのまま主食のお米として楽しむこともできますし、通販ではレトルトパックの販売も積極的に行っているので、時間がなくて短時間で料理を仕上げたいという方にもおすすめです。

2.あきたこまちの発芽玄米

食べやすいおすすめ商品の第2位は、「あきたこまちの発芽玄米」です。とりわけ、秋田県の大潟村で生産されるあきたこまちの発芽玄米は、より一層味わい深く美味しくいただける玄米が特徴的です。大型村でのあきたこまち発芽玄米は、安全性に対して細心の注意を払っており、品質管理が徹底されています。また、放射性物質測定も行うなど、消費者の安全性を最優先に考えているところも魅力的です。

そういった安全面の配慮が徹底されているので、成人男性や成人女性はもちろんのこと、子供や妊娠女性の方でも安心して楽しむことができる食品と言えます。田植えから出荷にいたるまで、細心の注意を払って大切に育てられているあきたこまちの発芽玄米は、消費者のもとに届く頃には、コク深い旨みと味わいが詰まった、食卓と私たちの心を豊かにしてくれる商品へと様変わりしています。

3.なでしこ健康生活の生きている玄米

食べやすいおすすめ商品の第3位は、「なでしこ健康生活の生きている玄米」と呼ばれる玄米です。名前も独特で覚えやすい商品ですが、その味も独特で多くの消費者の心を捉えている商品と言うことができます。生きている玄米は、玄米を乾燥させる時に、自然乾燥をさせているのが特徴的であり、その自然乾燥によって、甘みと旨みが凝縮された美味しい玄米に仕上がっていきます。

また、生きている玄米は、無農薬玄米としても有名で、健康面への安心、安全を配慮した商品となっています。甘さと香ばしさを心地良く感じられるほどの食感で、初めての人でも食べやすいところが特徴的といえるでしょう。玄米独特のクセや苦味もなく、オーソドックスな玄米として、そのモチモチとした食感や味わいを楽しめることも、「なでしこ健康生活の生きている玄米」の人気の秘訣です。

4.コシヒカリ玄米

食べやすい商品の第4位は、「コシヒカリ玄米」です。コシヒカリと言えば、お米の中でも代表的なブランドですが、そのコシヒカリの玄米もコク深く味わい豊かな食感を楽しむことができます。コシヒカリはさまざまな場所で生産されていますが、自然豊かで、米作りに適した環境で育て上げられたコシヒカリ玄米はより一層味わい深く、美味しくいただくことができるでしょう。

無洗米や無農薬のコシヒカリ玄米も多く、新潟県で生産されるコシヒカリ玄米はより安心安全に味わうことができます。お米作りに適した環境であれば、お水がきれいで、長期間にわたって栽培されるお米に十分な栄養と新鮮さをさらに助長してくれます。そういった自然豊かな環境で育ったコシヒカリ玄米を味わうことで、心身ともに幸せな気持ちになれるという効果もあるでしょう。

5.発芽玄米 ミルキークイーン

食べやすいおすすめ商品の第5位は、「発芽玄米ミルキークイーン」です。新潟県産のこばやし農園で作られたミルキークイーンであれば、農薬の使用や化学肥料の使用を抑えて生産しているので、安全面でも心配なく食べることができるでしょう。発芽玄米の中でも、ミルキークイーンはもちもち感が良く、歯ごたえも十分で、満腹感を得やすい玄米と言えます。

発芽玄米は、玄米が発芽することによって、いろいろな酵素が活性化するため、甘みや旨みが凝縮されやすいと言われています。ミルキークイーンにもそういった甘みや旨みが凝縮されており、シンプルな味わいの中にもコク深さを感じることが多いでしょう。ミルキークイーンは、値段的にも5kg3000円前後で手に入れることが可能で、継続的に購入している消費者も多い人気の玄米と言えるでしょう。

発芽玄米の栄養とは?

ここからは、発芽玄米の栄養や特徴についてご紹介していきます。玄米の中にも、いわゆる一般的な玄米と発芽玄米と呼ばれる二種類のお米があります。玄米と発芽玄米の違いは、「発芽しているかどうか」の違いと言えますが、その炊き方や味わいには、大きな違いがあると言えるでしょう。玄米も美味しく食べることができますが、発芽玄米の方がより一層味わい豊かで美味しく食べることができます。

玄米はお米の周りにヌカ層と呼ばれる層があるため、浸水に時間をかける必要があります。長時間の浸水を行うことで、ヌカ層を取り除き、美味しく炊くことができます。一方で、発芽玄米には発芽時に水を吸うという特徴があり、発芽による酵素の働きで、もともとヌカ層が柔らかくなっていることが特徴です。そのため浸水に時間をかける必要がなく、白米と同じような炊き方でも美味しく食べられます。

発芽玄米はお米の中でも特に栄養価が高い食品と言われており、白米やその他の雑穀米と比較しても、圧倒的な栄養価を誇ると言えるでしょう。白米と比べても、ビタミンが約2倍以上、カリウムが約3倍程度、カルシウムも約1.5倍程度含まれていると言われるなど、その栄養価の高さがダイエットや健康維持にもうってつけと言えます。発芽玄米だけでも、十分に栄養補給をすることができるでしょう。

ポイント

発芽玄米には、白米やその他の雑穀米と比較しても圧倒的に多い栄養素が含まれています。

発芽玄米は、発芽時に細胞壁が分解されて、ヌカ層が柔らかくなるという特徴があり、玄米をそのまま食べるよりもはるかに消化が良く、栄養素の吸収率が高いことも特徴と言えます。特に、ダイエット目的で発芽玄米を食べる方にとっては、消化が良いというのはとても大きなプラス材料と言えるでしょう。栄養も豊富で、消化も良い発芽玄米は、まさにダイエットにもおすすめの食べ物と言えます。

発芽玄米は、その栽培方法もさまざまな方法があります。残留農薬を使って栽培されているものや、化学肥料が使われているもの、あるいは無農薬で栽培されているものなど、その栽培方法によっても味わいや食感が変わってくるので、商品を購入する時にどういった栽培方法が用いられているのか確認することもおすすめです。とりわけ、子供などに提供する時には、無農薬の方が安心と言えるでしょう。

玄米は製法もさまざま

玄米や発芽玄米について、おすすめの商品や人気ランキングなども含めて、さまざまな情報をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。玄米の素晴らしさや特徴を把握することができたら、まずは実際に手に入れて食べてみると良いでしょう。最初は、白米との違いに戸惑う部分もあるかもしれませんが、食べ続けていくうちに、その美味しさや食感の良さに気づき始めるでしょう。

一言で玄米と言っても、その栽培方法や製造方法、銘柄や産地はさまざまであり、いろいろな玄米を楽しんでみることもおすすめです。玄米と発芽玄米の違いも、実際に食べて味わってみると良いでしょう。製造の段階においても、人工的に乾燥させる方法や自然乾燥などの違いによって、味わいにも違いが出てきます。そういった製造方法に着目して、商品選びを進めていくのも楽しいでしょう。

玄米や発芽玄米は全国各地の農家で生産されており、生産地ごとの味の違いを楽しむのもおすすめです。育った環境やどういったお水で栽培されてきたかによっても、味わいや風味に違いが出てきます。地元の農家のお米を食べるのも良いでしょうし、新潟や秋田、北海道などといったお米の生産地として有名な場所の玄米を楽しむのもおすすめです。いろいろな産地の玄米を味わってみると良いでしょう。

玄米は食べながらダイエットができる

玄米はダイエットにも効果的な食べ物です。玄米は、基本的に白米より硬いという特徴があり、よく噛んで食べる必要があります。よく噛んで時間をかけて食べることで、満腹感を得やすく、間食やつまみ食いをするリスクを減らすことができます。そういった意味で、食べ過ぎずに済むという効果もあります。玄米や発芽玄米は、食べながらダイエットできるというおすすめの食材です。

また、玄米には豊富な食物繊維が含まれるため、便秘解消効果も得やすく、老廃物の排出にも効果があります。食べたものを身体の内側にとどめておくのではなく、外に出すということがダイエットには重要であり、そういった太りにくい体質作りも玄米はサポートしてくれます。そういった玄米の特徴にあやかって、無理のないダイエット活動を続けていくことが重要と言えるでしょう。

ダイエットの難敵として、その継続の難しさが挙げられますが、玄米ダイエットは自宅で間単にできるので、続けやすさも魅力的と言えます。わざわざ外に出てジョギングやウォーキングをしたり、フィットネスジムに行って、身体を鍛えたりするダイエット法とは異なるので、継続のしやすさも特徴と言えるでしょう。無理のない範囲で地道に続けていくことで、理想の身体作りを進めることができます。

まとめ:美味しい玄米について

玄米はいろいろな食べ方があり、玄米を炊く時にお赤飯のような形で、小豆と少量の塩を入れて炊いても美味しく食べることができます。塩と小豆の美味しさが玄米とマッチして、より豊かな風味と味わいがお口の中で広がっていくでしょう。その他のおかずと組み合わせても美味しく食べることができ、少量でもお腹にたまりやすいので、玄米の量で調節していくのもおすすめです。

玄米を味わったことがある方も、そうではない方も、玄米の魅力に触れることで、より食生活の幅を広げていくと良いでしょう。玄米には玄米の良さがあり、それも食べてみないとわかりません。まずは一度ご自身で食べてみて、今回ご紹介したような玄米の特徴や魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

人気記事