Medium ea55593362d23568

えのき氷ダイエットとはなに?ダイエットの効果や作り方・やり方を紹介

えのき氷ダイエットについてご紹介していきます。えのき氷という食べ物について、初めて聞く方もいるでしょう。そういった方にも、えのき氷を用いたダイエット効果や痩せる方法などを、わかりやすく紹介していきますので、どうぞご覧ください。

カテゴリー:食べ物  作成者:たつお  投稿日:2017/11/21

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

えのき氷とは?

えのき氷とは、えのきをミキサーで粉砕してペースト状にしてから、炒めて凍らせることで完成する食べ物のことです。えのき自体は、そのまま食べても食物繊維が豊富で、低カロリーの食品で健康効果もありますが、えのき氷にすることで、より一層健康効果を得ることができます。それは、キノコキトサンなどの、えのきに含まれる成分の吸収率が高まるからです。

えのき氷はダイエット食品としても知れられており、体質改善効果を見込むこともできます。えのきには、キノコキトサンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。キノコキトサンとは、体内に摂りいれた油分を半分近くカットしてくれたり、脂肪燃焼効果をもたらしてくれたりする健康に優しい成分です。えのきをペースト状にして、えのき氷にすることで、より一層その効果を享受することができます。

えのき氷は市販されている商品をそのまま使うことも有効的ですし、ご自身でえのきをペースト状にするところから始めても美味しく食べることができます。ご自宅にミキサーがあれば、ミキサーで細かく刻んでいくことで、えのきの固い細胞壁がとれて、より一層栄養を得やすくなります。時間がある時には、えのき氷を一から作ってみることもおすすめです。

えのき氷に含まれる成分

えのき氷にはさまざまな成分が含まれており、その成分がダイエット効果をもたらしてくれます。えのき氷には、主にキノコキサンと呼ばれる成分と食物繊維が豊富に含まれています。キノコキトサンが、脂肪燃焼効果をもたらしたり、コレステロールの吸収を妨げたりしてくれることで、体の内側からダイエットを進めていくことができます。

ポイント

えのき氷に含まれるキノコキトサンと食物繊維が、ダイエットにも良い影響をもたらしてくれます。

また、えのき氷には食物繊維も豊富に含まれており、便秘解消効果を期待することもできます。ダイエットにおいては、体内に取り入れるものにも注意する必要がありますが、反対に取り入れたものを体内から出すという作業にも力点をおく必要があります。そういった意味で、えのき氷に含まれる食物繊維には、便をやわらかくしてくれて、便通を改善する働きを担ってくれるというメリットがあります。

えのき氷には、キノコキトサンや食物繊維の他にも、トレハロースと呼ばれる成分も豊富に含まれています。そのトレハロースとは、肌質の改善に効果をもたらしてくれる成分であり、シワや乾燥肌が気になる人にも好影響をもたらしてくれます。シワの防止効果や伸ばし効果、乾燥肌を潤い肌へと改善していく効果を期待することも可能で、ダイエットと合わせてえのき氷の魅力的なメリットと言えます。

えのき氷に含まれるリノール酸やキトサン

えのき氷には、リノール酸やキトサンといったダイエットには欠かせない成分も豊富に含まれています。とりわけ、えのきに含まれるキトサンは、内臓脂肪の燃焼効果に威力を発揮すると言われており、ダイエットの強い味方になってくれます。キトサンとは、食物繊維の一種であり、脂質やコレステロールを吸着する効果も認められています。肥満防止の他、痩せる効果も見込める貴重な成分です。

また、えのき氷に含まれるリノール酸も中性脂肪分を活性化させる働きをもっています。中性脂肪分の解酸素を活性化させることで、内臓脂肪の低減にも効果を発揮してくれます。リノール酸には血圧やコレステロール値を下げる効果もあり、慢性的な肥満体質の阻止にも一役買ってくれます。痩せるためのダイエットもそうですが、太らないための体質作りにも貢献してくれるのが、リノール酸の特徴です。

えのき氷の作り方

えのき氷は市販の製品を買うこともできますが、実際に自分自身で作ってみることもできます。その作り方や、やり方についてご紹介していきます。えのき氷を作る際には、えのきの他に、ミキサーや製氷機、鍋が必要です。えのきは水で洗ってしまうと、旨み成分や栄養素が抜け落ちてしまう可能性があるので注意してください。えのき自体は、軽くさっと水につけるくらいで丁度良いでしょう。

準備ができたら、まずは、えのきの根元のオガ粉部分を切り落としていきます。続いてえのき全体を3等分程度に大雑把に切りましょう。その後、さっと軽く水で流してから、カットしたえのきをミキサーに入れ、えのきと同じ量の水を入れてミキサーをかけていきます。(えのきの量が300gであれば、水も同じ量の300ccを入れます) えのきがペースト状になるまで、ミキサーでかき回していきます。

ミキサーを使ってえのきが十分にペースト状になったら、その次は鍋で過熱していきます。加熱することで、それまで粘り気があったえのきも徐々にサラサラになっていきます。加熱は約5分程度で、鍋の中身が煮立つ寸前を目安としてください。その後、弱火で1時間程度混ぜながら煮詰めていきます。この作業が大変な場合は、炊飯器にセットして60分炊いても同じ効果を得ることができます。

  1. えのきの根元のオガ粉部分を切り落とす
  2. えのき全体を3等分程度に切る
  3. えのきと同量の水を入れてえのきがペースト状になるまで、ミキサーでかき回す
  4. その後、鍋で過熱し、約1時間弱火で煮詰める
  5. 火を消して、あら熱をとる
  6. 製氷機に流し込んで、冷凍庫で凍らせる

鍋で1時間程度弱火で煮詰めたら、火を消してあら熱をとりましょう。あら熱をとったら、鍋のとろとろとした状態のえのきを製氷機に流し込み、冷凍庫まで凍らせれば完成です。時間的には長くかかりますが、一度の作業で多くのえのき氷を作っておけば、日持ちするので好きな時に食べることができて便利です。えのき氷のダイエットを継続していくためにも、ある程度つくり置きしておくと効果的です。

えのき氷でダイエット

えのき氷の作り方を理解できたら、続いてはえのき氷でのダイエット法についてご紹介していきます。えのき氷は煮物やお味噌汁などといった加熱料理と一緒に入れて加熱することで、美味しく味わうことができます。ダイエットの目安としては1日3個程度が良いと言われているので、意識的に実践していきましょう。えのきはきのこの中でも比較的安い方なので、家計にも優しいダイエット法と言えます。

スポンサーリンク

えのき氷にはさまざまな成分が含まれていることをご紹介してきましたが、豊富な栄養素が詰まっているだけでなく、そのカロリーの低さにも魅力があると言えます。えのきを凍らせることで、ダイエットに効果的とされる栄養素を凝縮することができます。そして、えのきを凍らせることで、より一層カロリーを低下させて体内に取り入れることができるので、ダイエットには最適です。

えのき自体はそれほど消化に良い食べ物ではありませんが、ミキサーでペースト状にすることで、効率良く栄養分を吸収することができます。一度凍らせて、再度加熱することで消化のしやすさや食べやすさも増し、より健康的に楽しめる食品と言えます。ダイエットをするにあたって大切になってくるのが継続性ですが、その点でも冷凍庫に入れておくだけで、簡単に調理できるのがえのき氷の魅力です。

えのき氷の効果

えのき氷には、ダイエット以外にもさまざまな効果があります。美肌効果やシワを防ぐ効果、乾燥対策にも効果を発揮するのがえのき氷の特徴です。えのき氷に含まれるトレハロースという成分が、そういった効果をもたらしています。トレハロースとは、美肌やアンチエイジング系の化粧品やサプリメントでも疲れれることがあるなど、私たちの健康を身体の内側からサポートしてくれる成分です。

えのき氷に含まれるトレハロースには、保湿効果を期待することができます。その結果として、美肌効果や乾燥肌対策、シワ対策にもつながっていき、健康で美しい体作りを進めていくことにつながっていきます。肌の水分を維持することで、健康的な体作りを進めていくだけでなく、アンチエイジング効果も期待できるところが、トレハロースの魅力です。

また、えのき氷には便秘解消効果も期待することができます。えのき氷には食物繊維が豊富に含まれており、身体にたまっている老廃物を排出しやすい体質改善を進めてくれます。老廃物を外に出すことで、基礎代謝を上げる効果も見込むことができ、基礎代謝を上げることで肌の調子が良くなるという好循環も期待することができます。ダイエット以外にも多くの効果があることが、えのき氷の魅力です。

えのき氷ダイエットの口コミ

えのき氷ダイエットは取り組んでいる人も多いダイエット法であり、多くの口コミ情報も出回っています。その中から一部の口コミをご紹介していきます。まずはその調理法について、「とても使いやすく味噌汁や煮物など、万能調味料として美味しい味わいを楽しめます。さらにダイエット効果も期待できる食品です。」といった口コミが寄せられています。

ダイエットを行っていく上では、ダイエット自体を頑張ることも大切ですが、先ほどの口コミのように美味しい味わいを楽しめるという点も重要だと言えます。それが、ダイエットの継続に結びついていくためです。他にも、「えのき氷を食べ始めてから、確実にお通じが良くなりました」といった口コミも寄せられています。えのき氷に含まれる食物繊維が、効果を発揮している証拠と言えますね。

「えのき氷ダイエットを始めてから、約1年で7kgの減量に成功した」という口コミも寄せられており、そのダイエット効果を実感できる内容となっています。えのき氷には、さまざまな栄養素が含まれていることも魅力的ですが、何と言っても自宅で手軽に続けられることが魅力的です。1日3個程度を目安に味噌汁や鍋に入れて一緒に熱していけば、簡単にその効果を味わえることができます。

えのき氷の調理方法

えのき氷はお味噌汁や鍋に入れて温めても美味しくいただくことができますが、その他にも美味しく味わう方法があるので、そのやり方についてご紹介していきます。まずは、えのき氷を使った炊き込みごはんについてです。炊き込みご飯にえのき氷を使用することで、その味に旨みとコクがプラスされます。作り方も難しくないので、おすすめの調理法と言えます。

ポイント

えのき氷は、炊き込みご飯にしても美味しくいただけます。

お米の他、水やしょうゆ、塩にみりん、かつおだしといった炊き込みご飯には欠かせない材料を準備して、お釜に入れていきます。その際に、えのき氷をあらかじめレンジで解凍しておきましょう。解凍したえのき氷も加えて、ご飯を炊飯器で炊き込んでいけば、えのき氷入りの炊き込みご飯が完成します。そうすると、普段とは違う味わいや、コク深さを楽しめるご飯をいただくことができます。

炊き込みご飯の他にも、うどんにもえのき氷の旨みを利用することができます。器の中にめんつゆと適量の水を入れて、さらにえのき氷も入れて、電子レンジで加熱していきましょう。うどんは別に茹でておき、加熱した器の中にうどんを入れれば、簡単にえのき氷入りのうどんが完成します。うどんのダシにえのき氷の風味が加わり、そのコクと味わい深さを感じられる一品となります。

えのき氷はさまざまな料理に加えて調理していくことで、毎日無理なく楽しむことができます。お味噌汁や鍋料理、うどんや炊き込みご飯といった料理にも加えていくことで、自然とえのき氷を味わえることになります。カロリーも低く、多くの栄養素が含まれるえのき氷を通して、ぜひ効率的なダイエットを楽しんでいきましょう。

まとめ:えのき氷ダイエットについて

えのき氷ダイエットについて詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。えのき氷は自分で作って保存しておいても問題ありませんし、作るのが大変であれば、市販の製品を購入しても構いません。えのき氷は自分なりの手法で、無理なくダイエットを継続していけるおすすめの食材です。えのき氷のメリットにあやかって、ダイエットを継続していきましょう。

脂肪燃焼効果や便秘解消効果、美肌効果などさまざまな健康効果を期待できるのがえのき氷の魅力です。また、うどんや汁物、煮物系にも効果的に利用できるので、自宅で簡単にダイエットを継続していけることも魅力と言えます。普段から料理する方にとっては、ダイエットをしているという感覚もないでしょう。それくらい無理なく続けられるえのき氷ダイエットを、ぜひ実践してみてください。

人気記事