Medium be9a99ef11a968c9

きのこスープはダイエットに効果的?脂肪燃焼できる美味しいレシピを紹介

きのこ入りのスープを食べることでダイエットするのが、きのこスープダイエットです。きのこスープダイエットのメリットは、腸を綺麗にしながら痩せられるところです。ここでは、きのこスープのダイエット効果、脂肪燃焼できる美味しいレシピについて紹介します。

カテゴリー:食べ物スープ  作成者:トト  投稿日:2017/11/21

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

きのこ×スープでダイエット

きのこはほとんどが100gあたり10〜20kcalという低カロリー食材です。そのため、ダイエットの時に食べても太らない食材として人気があります。きのこには「きのこキトサン」という成分があり、脂肪を排出させたり、内蔵脂肪を燃焼させる効果があると言われています。

1b573021b0c60cbf

内臓脂肪多めの54人に1日300gのきのこを8週間食べ続けてもらったところ、1番痩せた人で50%もの内臓脂肪が減少したという結果が出ています。きのこを食べるだけでもきのこキトサンのダイエット効果は期待できますが、さらにダイエット効果を高めるには体を温めるスープレシピにするのがおすすめです。

69b8cad48bb509d4

きのこの中でも、きのこキトサンが多いのはえのきたけです。白くて頼りない印象が強いきのこですが、脂肪燃焼をサポートしてダイエット効果を高めてくれます。きのこキトサンは冷凍してあげると量が増えます。スープにすると煮汁にたっぷりときのこキトサンが抽出されるので効果的です。

きのこスープダイエットで体を温めるメリット

E3a18f4b60ab4f3e

現代の生活では、体を冷やしてしまう要因が多くなっています。例えば甘いものの摂りすぎ、生野菜や生クリームなどの水分量の多いものは体を冷やします。ペットボトルを持ち歩いて水分補給するという方法も、実は慢性的に体を冷やす原因になります。

Dccb91a06ca630b8

水を温める時には熱を奪うので、体温が下がってしまうからです。他にも、女性だと無理して薄着でおしゃれして体を冷やしてしまうなんてこともありますね。体が冷えてしまうと、血流が悪くなって全身の細胞に血液が行き渡らなくなり、栄養や酸素が不足して代謝が下がってしまいます。

6c3f27b31aafe6eb

これを解消してくれるのが温かいスープです。さらにここに脂肪燃焼効果が期待できるきのこを加えることで、ダイエット効果を高めることができます。

きのこスープなら美腸になってダイエットできる

344f0aaf3033f602

腸内環境が悪い状態だと、痩せにくく太りやすいです。小腸から取り込まれた栄養素は、小腸の壁から血液の中に入り込んで全身に届けられます。そのため、腸内が汚れていると栄養が血液に送り込まれにくくなったり、汚れた栄養素が送られてしまう可能性があります。

1aeb98e3286bd7f9

きのこスープに入っているきのこには食物繊維が豊富に含まれています。便のカサを増やしてくれる不溶性食物繊維と、便を柔らかくしてくれたり善玉菌を元気にしてくれる水溶性食物繊維が摂れるので、バランスよく腸内環境を整えて美腸に導いていくことができます。

77130f93c68c2917

腸内が綺麗になることで、ダイエットに必要なビタミンやミネラルの取り込みもスムーズに行くようになり、全身の細胞に綺麗な栄養が届けられるので細胞が元気になって代謝がアップしてダイエット効率が良くなります。

きのこスープダイエットは他の食材と組み合わせるのが効果的

E7fc7fb1e95ec93f

きのこの食物繊維ときのこキトサンだけでもダイエットスープの成分として優秀ですが、さらに低カロリーでお腹の調子を整える食材を加えてあげることできのこスープダイエットの効果を高めることができます。ポイントは腸によい食材をスープに入れることです。

B3540aaaaa31e977

色々なきのこスープダイエットレシピを覚えておくと、飽きずにスープダイエットが続けられるというメリットもあります。他の食材と組み合わせることで、旨味がアップして美味しく食べられるようになります。

きのこスープダイエットで使う一番だしのとり方

0d465abf20af4d8c

市販のだしパックを使ってもいいのですが、せっかく健康的なレシピを作るならば昆布と削りカツオで取った一番だしを使うのがおすすめです。市販のものは塩分が多く、むくみの原因になるので基本は一番だしを使うようにしましょう。

材料(作りやすい分量)
昆布 10cm角
1.2L
削りガツオ 50g
  1. 昆布10cm角を固く絞った濡れ布巾で表面を軽く拭く
  2. 水1.2Lにつけて2時間以上置く。弱火にかけて昆布から泡がフツフツ出てきたら取り出す
  3. 削りガツオ約50gを加えて箸で沈めるようにしたら火を止めて4〜5分置いて布巾で濾す

きのこスープダイエットレシピ①なめことごぼう汁・46kcal

なめことごぼうを使ったきのこスープダイエットレシピです。どちらも食物繊維がたっぷりでお腹の調子を整えてくれます。なめこの周りのヌルヌル成分であるムチンは、胃粘膜を保護してくれる効果があるので胃腸の調子が悪い人にもおすすめのきのこスープダイエットレシピです。

材料(2人分)
なめこ 1/2パック(50g)
ごぼう 50g
だし汁 300ml
みそ 小さじ4

スポンサーリンク

  1. ごぼう50gをささがきにする。なめこ1/2パックは水洗いしておく
  2. 鍋にだし汁300ml、ごぼうを入れて中火にかける。ごぼうに火が通ったらなめこを入れる
  3. 再び煮立ったらみそ小さじ4を溶き入れて火を止める

きのこスープダイエットレシピ②まいたけ脂肪燃焼スープ・73kcal

低カロリーでビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なきのこのまいたけを使ったきのこスープダイエットレシピです。血中のコレステロール値を下げる効果が期待できます。他に血液をサラサラにする玉ねぎ、体を温めるにんじんや生姜、消化を助ける大根が入ったきのこスープダイエットレシピです。

材料(3〜4人分)
大根 1/3本
にんじん 1本
まいたけ 2パック
玉ねぎ 1個
生姜 1片(親指大)
だし汁 4カップ(昆布とカツオ節でとった一番だし)
少々
天然塩 少々
  1. 大根、にんじん、玉ねぎは皮をむいて食べやすい大きさに切る。にんじんは皮ごとでもOK
  2. まいたけは石づきを落としてほぐす
  3. 鍋にだしと1の野菜を入れて火にかけて煮立ったら火を弱めて中火で15〜20分煮る
  4. 野菜が柔らかくなったらまいたけを加えてひと煮する。スープのカサが減ったら適当に水を加える
  5. 酒、塩を好みの量加えて味付け。野菜の旨味だけでも美味しいので控えめに
  6. 最後に生姜をすりおろして加え、さっと煮る

まいたけ脂肪燃焼スープ+味噌

18c028153586bfba
  1. 温めたまいたけ脂肪燃焼スープに味噌小さじ1程度を溶き入れる
  2. 好みで七味唐辛子を振りかける

まいたけ脂肪燃焼スープのきのこスープダイエットレシピに味噌を加えると、血液をサラサラにしたり女性特有の悩み解消に役立つイソフラボンをプラスすることができます。好みで唐辛子を加えることで、脂肪燃焼効果のあるカプサイシンが摂取できます。

まいたけ脂肪燃焼スープ+ポン酢

7a7f5ed7db3363f1
  1. ポン酢に青じそ、ミョウガ、万能ネギなどの薬味を好みで加える
  2. 温めたまいたけ脂肪燃焼スープを1につけながら食べる

ポン酢に含まれる酢酸や柑橘類に含まれるクエン酸は、血糖値を安定させる働きがありダイエットに効果的です。また、代謝をアップさせたり疲労回復などにも効果が期待できます。

まいたけ脂肪燃焼スープ+塩麹

C6eb757e98f0a590
  1. 温めたまいたけ脂肪燃焼スープに塩麹を加える
  2. ひと煮させて完成

塩麹は酵素が豊富な万能調味料です。少量加えるだけで味に深みが出て新しい美味しさになります。腸内の善玉菌を増やす乳酸菌が豊富なので、腸内環境改善にも効果が期待できます。

まいたけ脂肪燃焼スープ+キムチ

05c87cb917bce213
  1. 温めた脂肪燃焼スープに白菜キムチを加える
  2. キムチにさっと火を通して完成

キムチは乳酸菌が豊富な食材で、便秘解消や吹き出物の改善などに役立ちます。発汗作用もあるので、冷え性の対策や風邪の予防にも効果が期待できます。

きのこスープダイエットレシピ③きのこキトサンえのきスープ・33kcal

脂肪燃焼効果が期待できるきのこキトサンが多い、えのきたけを使ったきのこスープダイエットレシピです。えのきたけは他にビタミンやミネラルも豊富で、不溶性食物繊維が100g中3.5gと多いです。免疫力を高めてくれるβ-グルカンも併せて摂取できます。

材料(7〜8杯分)
押し麦(丸麦やハトムギでもOK) 大さじ4
長芋 200〜250g
玉ねぎ 1個(200g)
えのきたけ 大1袋(200g)
だし 1.2L
鶏がらスープの素 小さじ1/2
  1. 大きめの鍋にだしを入れ、押し麦を洗わずにそのまま加えて火にかける
  2. 沸騰したら中火にして10分ゆっくり煮る
  3. 押し麦を煮ている間に野菜ときのこを切る。長芋、玉ねぎは皮をむいて1.5cm角にする
  4. えのきたけは石づきを取り、2〜3cmの長さに切る。野菜の切り方はなるべく大きさを揃えれば好みでOK
  5. 2の鍋に長芋、玉ねぎ、えのきたけの順に加えて煮立ったらあくを取り除く
  6. 長芋が柔らかくなるまで10分ほど中火で煮る。途中でスープのカサが減ってきたら適宜水を足す
  7. 鶏ガラスープの素を加えて味を整える。好みで塩こしょうを加えてもOK。味付けは控えめに

まとめ:きのこスープはダイエットに効果的?脂肪燃焼できる美味しいレシピについて

595cbc4052785930

以上、きのこスープはダイエットに効果的なのか、脂肪燃焼できる美味しいレシピについて紹介しました。きのこスープにダイエット効果が期待できる理由は3つありましたね。

  • 脂肪燃焼効果があるきのこキトサンが摂取できる
  • きのこの食物繊維で腸内環境が整うので痩せ体質になれる
  • 温かいきのこスープで体が温まることで血流が改善されて代謝が良くなる

きのこスープダイエットレシピは3つ紹介しました。なめこ、まいたけ、えのきたけといった低カロリーで整腸作用が期待できるきのこ類を使った美味しいスープです。

レシピ番号 レシピ名 カロリー(1人分)
きのこスープダイエットレシピ① なめことごぼう汁 46kcal
きのこスープダイエットレシピ② まいたけ脂肪燃焼スープ 73kcal
きのこスープダイエットレシピ③ きのこキトサンえのきスープ 33kcal

きのこスープダイエットは腸内をきれいにしながらできるダイエット方法なので、肌を綺麗にしたい女性にも最適です。美味しく食べて、ダイエットしながら綺麗になりましょう。

人気記事