Medium cfec11f563a8c3b0

中学生がダイエットを短期間で行うには?簡単・確実に痩せる方法とは?

中学生ともなれば、自分がどう思われているか気になったりするようになる年頃であり、ダイエットをしたいと考える方も少ないのではないでしょうか。加えて今すぐにでも痩せれる方法を探している方が多いはずです。そこで今回は中学生の短期間のダイエットについてお話しします。

カテゴリー:その他ダイエット法年代別ダイエット  作成者:権栄一  投稿日:2017/11/28

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

気になるお年頃、、、

D73497fc05b9277f

小学生の頃であれば、周りの目を気にしなくても日々楽しく遊んで過ごしていられたのに、中学生になった途端におしゃれをし始めたり、お化粧にも興味を持ち始めたりと、いわゆる思春期の始まりといえる中学生時代。この時期にはご自身の体型などにもこれまで以上に意識を向けるようになってきます。そこでここでは中学生の皆さんに向けた短期間で簡単に行えるダイエットについてご紹介します。

中学生もメタボに!?

F3b1159d05f961b1

中学生が短期間で簡単に行えるダイエットについてお話しする前に、そもそも中学生という期間が、どうしても脂肪が増加しやすい時期であるということを先にお話ししておきます。成長期でもある中学生の皆さんは短期間で確実に体が成長します。そのため、体重についてはあまり過敏に意識する必要はないのです。しかし、ぽっこりお腹などになってしまっている場合は注意が必要です。

Ae67417fdb6a0335

このようなぽっこりお腹などの状態になってしまっている場合の多くが、お腹の内側に余分な内臓脂肪が溜まってしまった状態になっています。しかし、脂肪にはこの内臓脂肪ともう1つ、皮下脂肪という脂肪があります。この皮下脂肪は皮膚の下の指でつまめるような脂肪のことを指します。ここからは少しばかりこの2つの脂肪の違いについてお話しします。

8693159fc96cf032

油物やジャンクフードのような一般的に太りやすい食べ物とされている物をたくさん食べたり、運動不足に陥ると、まずは内臓脂肪が溜まってきてしまいます。この内臓脂肪が増えすぎることで、いわゆるメタボになってしまうのです。このような内臓脂肪はメタボ以外にも病気の原因となりますので、ダイエットをすることで、痩せなくてはいけません。

80c4366cfb7914e1

この内臓脂肪という脂肪は日常的に増減が激しい脂肪となっているため、正しくダイエットを行えば、短期間であってもすぐに簡単に落とすことができるものとなっています。一方皮下脂肪は長期的なスパンで増えていくものとなっているので、皮下脂肪を落とすのは時間がかかるものとなっています。皮下脂肪については病気の原因となるものではないので、まずは内臓脂肪に対応するべきでしょう。

C4d8d1ba253b7cb2

では皆さんご自身がメタボなのかどうかを知る方法をここではご紹介します。中学生の場合は「おへそ周りが80cm以上 or おへそ周り(cm)÷身長(cm)→0.5以上」に該当する方はメタボである可能性があります。上記の条件に当てはまる方は、内臓脂肪が増加している状態であると言えます。この場合に、血圧、血糖値、脂質を調べて、内2つの数値が以上であればメタボと診断されます。

38d6400ad0a5c2fb

しかし、上記でお話ししたメタボについても、中学生であれば内臓脂肪が簡単に減る時期であることから、正しいダイエットによってすぐに痩せることができますので、あまり心配しなくても大丈夫です。そのため今回これからご紹介する中学生のダイエット方法を参考にすることで、皆さんも効率よくダイエットを行うようにしましょう。

なぜ痩せにくいのか?

C576d1be1fe6936b

上記で中学生が脂肪が増えやすい年頃であるというお話をしましたが、ここではそのような中学生という時期がなぜダイエットをしにくいとされているかについてお話しします。まず1点目は上記であげたような脂肪が蓄積されているためです。痩せにくいというわけではないですが、脂肪がたくさんついている場合はそのほとんどを取り除くとなると骨が折れるということはいうまでもないでしょう。

F4e865befc56ba5e

続いてあげられる中学生が痩せにくいとされている理由は誘惑が多いということです。マインドセット次第と言ってしまえば、それまでですが、大人以上に付き合いが重要視される頃合いと言えるかもしれません。スタバの新作が出れば飲みに行こうと誘われるでしょうし、ジャンクフード店でおしゃべりなどするとなるとどうしても高カロリーな食べ物に手が伸びてしまいます。

41aef6c7f6d4e1d3

これらの痩せにくいとされている理由たちは、効果的な方法や気持ち次第でいかにようにも改善できるものとなっています。そのため、ここからその改善方法について様々なベクトルからご紹介していきます。中学生が短期間で痩せれる簡単なダイエットという形式でご紹介していきますので、ぜひしっかりと理解し、実際に取り入れてみてください。

中学生の短期間で痩せれる簡単ダイエット:食事編

7dc8d84e388b6504

まずはじめにご紹介する中学生の短期間で痩せれる簡単なダイエットアプローチは食事によるアプローチです。中学生ダイエットにおいてもどんなダイエットにおいても食事というのは大変重要な要素となっています。中学生の皆さんが日々の食事において摂取する栄養素は大きく脂質・炭水化物・タンパク質の3大栄養素と呼ばれる3つの栄養と言われています。

D53c4d5fed2630af

この中で一見すると脂質が一番太りそうだというイメージがあるかもしれませんが、脂質が多く含まれている食べ物はそんなに多く食べることができません。ではパンやご飯といった主食に多く含まれる炭水化物ならどうでしょうか。おそらくいくらでもたべられるはずです。そのため最も太る栄養素は炭水化物と言えます。

Bdbdd59c43422777

そこで食事におけるアプローチとしては、まず第一にタンパク質を多く含む食べ物を主に摂取するということです。タンパク質であれば多く摂取してもなかなか太るということはありません。タンパク質を中心とした食事を心がけることがおすすめと言えるでしょう。また、そうはいってもご飯もモリモリ食べたいという方も多いはずです。

D1b11c376bb0a9dc

そこでおすすめなのが3食きっちり食べる代わりにジャンクフードや間食を一切控えるということです。上記でもお話ししましたが、中学生であれば流行に敏感であったり、習慣的な面でジャンクフードを食べたり、3食意外に間食を食べることが多いはずです。そのお菓子やジュースといった物を控えるだけで十二分にダイエット効果が見込まれます。

09a5274e770847eb

この間食を控えて3食しっかり食べるということは無理な食事制限ではないため、簡単に取り入れることができる上に、継続しやすく健康的に痩せることができる方法となっています。そのため成長期である中学生の皆さんには食事におけるダイエットアプローチとしては最もおすすめできるものとなっています。ぜひ生活に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

中学生の短期間で痩せれる簡単ダイエット:運動編

9b8e97cfd2e6f0d1

続いてご紹介する中学生の短期間で痩せれる簡単なダイエットは運動によるアプローチです。極端な話、ダイエットとは摂取カロリーを消費カロリーが上回れば成立するので、いっぱい食べてしまっても運動によって消費カロリーを稼ぐことができれば、帳消しにできると言えます。そこでダイエット効果のある中学生におすすめな運動をご紹介します。

C327345d416f0d32

運動には大きく無酸素運動と有酸素運動があり、どちらも前者については糖質をエネルギーとしており、後者についえは脂質をエネルギーとしています。そのため一般的には脂肪燃焼効果のある有酸素運動が痩せると思われがちです。しかし、実際のところは両方の運動を組み合わせることでダイエット効果が高まりより短期間で簡単に痩せることができるとされています。

6b95e403868fc813

まず有酸素運動については脂肪を燃焼してくれる運動であり、種目で言えばジョギングやウォーキングといったものが挙げられます。強度が低いため簡単に取り入れることができると思われますが、この運動は継続して行わないと効果がありません。20分以上は継続して行える種目をご自身で選んで行うようにしましょう。

D1b11363e5a669b3

無酸素運動は糖質を消費する運動であり、種目で言えば筋トレや100m走などがあります。この中でも筋トレはダイエットにも効果的で、筋肉量を増やすことで基礎代謝量が増えるため、何もしなくても痩せやすい体作りが可能になります。また中学生はまだ体が出来上がっていない状態であるため、筋トレを行う際に器具を使わずに自重トレーニングを行うことが良いとされています。

E78f05384193dfb7

この無酸素運動と有酸素運動は組み合わせて行うことがいいというお話しを上記でしましたが、実際に組み合わせて行う際には順番が重要になります。無酸素運動を行い筋肉を刺激した後に有酸素運動を行うと塩部燃焼が活発に行われるため、よりダイエット効果が期待できます。この順番と組み合わせるということを忘れずに実践するようにしましょう。

中学生の短期間で痩せれる簡単ダイエット:その他

7aa9cc6a5a8ae1a3

最後にご紹介する中学生の短期間で痩せれる簡単なダイエットは上記で挙げた食事や運動によるアプローリ以外のアプローチになります。1つとしてはお風呂に入るということが挙げられます。ただお風呂に入るのではなくダイエット効果の高い方法でお風呂に入ることが重要です。その方法についてここでご紹介していきます。

B6d1b3e727c3a561

ダイエット効果の高いとされているお風呂の入り方は一般的には半身浴であるとされていますが、今回のテーマである短期間でダイエット効果を期待するということについて言えば、高温反復法という方法がより効果があるとされています。高温反復法とは熱いお湯に短時間使ったり出たりを反復することで、交感神経を刺激して、脂肪燃焼を促進させる方法です。

Ebcda09acf77653d

この方法は大量に汗をかき、水分を排出するため入浴前後に水分補給をしっかりと行うようにしましょう。また、体調が悪い場合などは決して実践しないようにしましょう。この高温反復方は水分だけではなく老廃物も同時に排出してくれるため、デトックス効果も期待できます。脂肪燃焼効果もデトックス効果もあるため大変おすすめな方法となっています。

E8293c778ec0ee7b

続いてご紹介する中学生の短期間で痩せることができる簡単なダイエット方は十分な睡眠を取るということです。意外に現代の若者は軽視しがちですが、睡眠は健康面だけではなく、ダイエットにおいても大変重要な要素となってきます。また、中学生という時期は何度も反復して言うようですが、成長期でもあるため、その点からも睡眠は重要になってきます。

E759aa017f32e7df

ある調査においては、平均7時間以上睡眠をとる人は、睡眠時間が4時間以下の人に比べて肥満率が低かったという結果が出ています。また、短時間睡眠では食欲を増進させるグレリンというホルモンが多く分泌されてしまい、十分な睡眠をとると食欲を抑制してくれるレプチンというホルモンが多く分泌されるという研究結果も出ています。

Edac330f7d13b0da

十分に長い睡眠をとることで、レプチンがグレリンに比べて多く分泌されることで、食欲が収まり痩せやすい体を作ることができます。このように睡眠は健康にもダイエットにも重要な要素であることが言えます。また、寝ている間にもカロリーは消費されるので直接的にダイエット効果があり、体の成長にも重要であると言えます。

中学生がダイエットを行う上での注意点

D91d377b5e61e01d

ここでは上記でご紹介してきた中学生のダイエット方法を実践する上で、注意するべき点についてご紹介していきます。ダイエットには一般的に注意点が幾つかあるものですが、今回は中学生向けのダイエットということで、中学生ならではの注意点も存在します。そのためそういった点も十分注意しながら行うようにしましょう。

91814d300de081c2

まず1つ目の中学生のダイエットにおける注意点は、栄養不足にならないようにするということです。これは一般的に学生全体に言えることなのですが、中学生は何度も言ってきたように成長期であるため、栄養を十分に摂取する必要があります。しかし、ダイエットを頑張るあまりしっかりと栄養を取ろうとしない方が多いです。これには十分に注意しましょう。健康的なダイエットを心がけましょう。

58affc3cead97f37

続いてご紹介するのは、上記の食事による痩せる方法においてもあげたように、お菓子やジュースといったジャンクなものをたくさん食べてしまうことです。これに関してはいうまでもないですが、こういったものをたくさん摂取してしまうと、せっかくのダイエットが台無しになってしまいます。この点にも十分に注意するようにしましょう。

まとめ:中学生の短期間ダイエット

1ec7b20910e0b72a

今回は思春期でもあり、見た目を気にしだす年頃でもある、中学生の簡単で短期間でできるダイエットについてご紹介してきました。中学生という年頃は基本的には太りやすく痩せやすい年頃とされており、体がまだ完全に形成されていない時とされています。そこで今回ご紹介したダイエット法などを参考に、ぜひ有意義な中学生生活を送るためにも健康で綺麗な体型を手に入れましょう。

人気記事