Medium 71e254b1ccf37af1

夜食で納豆を食べると太る?カロリーやダイエット・美容効果まとめ

夜食に納豆を食べることに対する効果や、特徴についてご紹介していきます。納豆は健康的な食品であり、ダイエットにも良いとされています。また、単品であれば夜食にも最適です。納豆に含まれるカロリーや美容効果などについても紹介していきますので、どうぞ参考にしてください。

カテゴリー:食べ物大豆製品  作成者:たつお  投稿日:2017/11/27

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

納豆ダイエットとは?

納豆は日本の国民食と言えるくらい、伝統的に国民から親しまれる食品として長年にわたってその人気をキープしてきました。朝食にごはんと一緒に食べる人もいれば、夕食のごはんやおかずとして食べる人もいるでしょう。納豆のダイエット効果や健康効果、夜食の影響も含めて、その特徴をご紹介していきます。納豆を利用することで、身体の内側から魅力的な体型をキープすることができます。

納豆の起源には諸説ありますが、一般庶民の間で浸透し始めたのは江戸時代頃からと言われています。日本国民の間では、古くから煮豆を食べる文化が発展しており、納豆も何の違和感もなくスムーズに浸透していったということです。海外からやってくる外国人などは、そのネバネバ感や慣れない食感に抵抗を示す人もいますが、日本人にとっては主食としてもおかずとしても楽しめる食品となっています。

納豆は、歴史的にも親しまれてきた食品ですが、その美味しい味のみならず、さまざまな健康効果やダイエット効果をもたらしてくれるという理由でも愛されてきました。実際に納豆ダイエットに取り組む方は多く、食べながらダイエットできる食品としても人気を博しています。納豆には健康に効果のある有効成分が豊富に含まれており、その成分のメリットを享受しようとする人も少なくありません。

納豆に含まれる成分

納豆には、健康効果やダイエット効果をもたらす成分が豊富に含まれています。そういった、人々に良い影響をもたらしてくれる納豆の成分についてご紹介していきます。まず、納豆を代表する成分として、ナットウキナーゼという成分を挙げることができます。ナットウキナーゼには、血栓(血液中にある血のかたまり)を溶かす働きがあり、体内の血の流れをスムーズにしてくれる効果があります。

納豆に含まれるナットウキナーゼが血流を良くしてくれることで、新陳代謝が良くなり、結果的にダイエットに結びつくという成果を挙げることができます。ダイエット目的ではなかった場合でも、体内の代謝をスムーズにしていくことで、菌やウイルスにも強い身体作りを進めていくことになり、健康の維持にも一役買ってくれます。代謝が良くなることで脂肪が溶けやすくなるというメリットもあります。

また、納豆にはビタミンB6も豊富に含まれており、体内の免疫バランスを整える働きをしてくれます。生活習慣によるリスクが挙げられる動脈硬化や、脂肪肝といった症状にも効果を発揮して、未然にそういった症状を防ぐ役割を果たしてくれます。その他、納豆にはカリウムも豊富に含まれており、体内の余計な水分を外へと排出して、むくみ解消の効果を期待することができます。

納豆に含まれる代表的な成分

  • ナットウキナーゼ
  • ビタミンB6
  • カリウム
  • タンパク質
  • 鉄分

納豆の効果

それでは、実際に納豆を食べることで、どういった効果が得られるのか具体的にご紹介していきます。納豆を食べることによるダイエット効果は、別の段落で詳しく紹介していきますので、ここではそれ以外の効果について取り上げていきます。まず、納豆を食べることで疲労回復効果を期待することができます。納豆には鉄分が豊富に含まれており、疲れた身体を癒してくれる効果があります。

納豆に含まれる鉄分のおかげで、疲労回復効果を期待できるだけではなく、貧血予防にもつながっていきます。とりわけ、貧血に悩む女性も多い中で、貧血予防効果というのは納豆の大きなメリットと言えるでしょう。また、生理によって鉄分が失われることもあるので、そういった意味でも納豆を積極的に食べることがおすすめです。

ポイント

納豆に含まれる鉄分が、疲労回復効果と貧血予防効果をもたらしてくれます。

また、納豆にはアンチエイジング効果も期待することができます。納豆に含まれるビタミンEのおかげで、強い抗酸化作用を発揮して若返りをサポートしてくれます。ビタミンEは別称で「若返りのビタミン」とも言われるほど、アンチエイジングにはもってこいの成分であり、老化防止に役立つ成分としても人気を博しています。ビタミンEは肌のうるおいや滑らかさの維持にも一役買ってくれる成分です。

また、納豆の代表的な成分であるナットウキナーゼを体内に取り入れることで、高血圧の予防にもつながると言われています。ナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があり、その影響で血行が改善され血圧の上昇も抑えてくれる効果があります。納豆を食べることで、こういった健康への効果を期待することができて、多くのメリットを享受することが可能です。

夜食で納豆を食べると太る?

納豆にはさまざまな健康効果があると言われていますが、夜食で納豆を食べると身体にどういった影響があるのでしょうか。一説では、夜食に納豆を食べると太ると言われることもありますが、実際はどうなのか具体的にご紹介していきます。そもそも夜食自体が健康への好影響を期待できるものではなく、夜食よりも朝食、昼食、夕食といった1日3食での健康管理を行うことが良いと言えます。

夜食を食べる際のごはんとして、納豆自体を選択することは悪いことではありません。ただし、その夜食をとる時間帯に問題があり、あまり夜遅くに食べてしまうと、その後のカロリー消費だけで食べたものを消化しきることができずに太る原因となってしまいます。また、納豆だけであればまだ良いですが、その他に夜食としてお菓子を食べたり、お酒を飲んだりすると身体に余計、悪影響を及ぼします。

夜食に納豆を食べると太りやすというのは、確かな事実です。どうしても夜食として納豆を食べたいのであれば、その量を抑えて、ごはんも少なめにして食べるのがおすすめです。夜食を食べた後は、基本的に寝るだけなので、大きなエネルギー消費を期待することができません。いくら健康に良い納豆とは言え、夜食に向いた食品と言うことはできないでしょう。

夜食に納豆を食べることの弊害として、お腹が空いていて納豆が美味しいからといって、お米をおかわりしてしまうことが挙げられます。夜食に納豆と少量のごはんのみであれば、最低限の食材として許容範囲と言えますが、ごはんを多く食べることで体内にカロリーが残ったまま寝てしまうと太る原因となってしまいます。したがって、夜食として納豆を食べる時にはごはんの食べ過ぎにも注意が必要です。

スポンサーリンク

夜食として納豆を味わいたいのであれば、納豆を単品で食べるかキムチやきゅうり、キャベツなどといった野菜と組み合わせて食べるのがおすすめです。夜食においては、とにかく食べ過ぎに注意が必要です。キャベツやきゅうりといった野菜と組み合わせることで、少しでも満腹感を増幅させて食べる量を減らすことが大切です。そうすることで、夜食を食べることで太りすぎる懸念も解消へつながります。

夜食でも納豆単品であればおすすめ

夜食であっても、納豆単品であれば、それほど悪影響があるとは言い切れません。夜食のリスクとして、高カロリーの食品を食べ過ぎてしまう危険性が挙げられます。それが夜食を避けた方が良いと言われる原因の一つですが、納豆であれば健康効果もある上に、それほどカロリーが高いわけでもないので、夜食にとっても問題ありません。夜食を食べる時には、納豆単品で済ませると健康的と言えます。

納豆のダイエット効果

ここからは、納豆のダイエット効果について詳しくご紹介していきます。夜食について触れてきましたが、夜食を食べること自体、ダイエットにしても健康目的にしてもおすすめできる行動ではありません。しかし夜食をどうしても食べたいという時に、お菓子やお酒で済ませるよりは納豆で空腹を満たした方が良いでしょう。納豆はカロリーもそれほど高くないので、単品であれば夜食にもおすすめです。

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分の影響で、納豆はダイエットにも好影響をもたらしてくれます。ナットウキナーゼの働きで体内の脂肪を溶けやすくしてくれて、新陳代謝を促す作用をしてくれます。また、納豆にはタンパク質も豊富に含まれており、その影響で血中コレステロールの低下にもつながっていきます。そういった成分や効果が、ダイエットにも大きな影響をもたらしてくれるのです。

また、納豆には食物繊維も豊富に含まれており、便秘に悩む方の便秘解消効果にも期待することができます。便秘を解消してお通じを良くすることで、体内に取り入れたものを外に出すという好循環が生み出されるので、結果的にダイエットにつながるという考え方をすることができます。ダイエットは身体の中に取り入れるだけでなく、外に出す働きも行うことで、より大きな効果を得ることができます。

納豆の美容効果

ここまで納豆について、成分やダイエット効果、夜食で食べることでの影響などをご紹介してきましたが、さらにその他の効果として、納豆の美容効果について詳しくご紹介していきます。納豆には健康へ良い影響をもたらす豊富な有効成分が含まれていますが、夜食も含めてそういった成分を体内に摂りいれていくことで、美容効果にも期待することができます。

夜食でも単品であればおすすめの納豆ですが、夜食のみならず、朝食、昼食、夕食のいずれかで納豆を食べることで、肌の代謝を助けてくれる効果へとつながっていきます。納豆に含まれるビタミンBが肌の代謝に効果を発揮して、肌にうるおいをもたらしてくれるのです。美肌効果をもたらすという点において、夜食に納豆単品を食べることで、就寝中に肌の代謝を促す作用にも期待することができます。

納豆に含まれる亜鉛は、肌細胞を活性化させる効果もあり、肌にハリを与えてくれます。また、納豆にはムチンと呼ばれる成分も含まれており、そのムチンがプルプルにうるおった肌質へと変えていく効果を発揮してくれます。そういった美肌効果も期待できる納豆を、ダイエットや健康への影響も含めて、習慣的に食べ続けることがおすすめです。納豆を夜食で食べる場合は、単品にしておきましょう。

納豆の食べ方

ここからは、納豆の食べ方についてご紹介していきます。夜食として単品で食べるのもおすすめですが、朝昼晩のいずれかに、他の食材と組み合わせて食べるのも納豆の魅力的な味わいを楽しむための一つの方法と言えます。そういった納豆の美味しい食べ方について、見ていきましょう。まずは、単純に、ごはんの上にかけて納豆を食べるという人が多いのではないでしょうか。

夜食にも単品であればおすすめですが、ごはんと一緒に食べることで、納豆の美味しさをより一層引き立たせることができます。また、納豆はカロリーがそれほど高くなく、ごはんはカロリーが高いので、そういった面においてもおすすめの組み合わせと言えます。また、夜食として納豆を食べる場合は単品以外も、豆腐との組み合わせもシンプルでおすすめの食べ方と言えます。

夜食には納豆豆腐もおすすめ

豆腐にもさまざまな健康成分が含まれており、納豆と同じように低カロリーの食品として体内に取り入れることができるので、夜食として食べても、それほど太りすぎる心配がありません。毎日、夜食を食べてしまうのは問題がありますが、時々夜食として納豆と豆腐の組み合わせを楽しむのは、健康面から考えてもおすすめと言えます。納豆と豆腐は、味的にも美味しく食べられる組み合わせです。

納豆うどん

また、納豆とうどんの組み合わせもおすすめの食べ方と言えます。こちらは夜食にはおすすめできませんが、昼食や夕食などで味わってみると、うどんの美味しさと納豆のネバネバ感が交じり合った新しい食感を楽しむことができます。うどんと納豆の組み合わせは、試したことがある方がそれほど多くないかもしれませんが、一度やってみると病みつきになる可能性が高い食べ方と言えます。

まとめ:納豆ダイエットについて

納豆について、その効果や食べ方、含まれる成分、夜食における考え方など、さまざまな視点からご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。基本的には夜食ではなく、朝食、昼食、夕食といった3度の食事の中で納豆を食べることを意識すると良いでしょう。どうしても夜食を食べたいという場合は、納豆単品であれば、夜食としてもおすすめと言えます。

習慣的に夜食を食べてしまうという人は、まずその夜食を食べる習慣作りから見直し、規則正しい食習慣を心がけることが大切です。時々、夜食をとる程度であれば問題ありません。そういった食習慣の見直しも含めて、納豆の魅力を味わっていくことで、肉体的にも健康な体作りを進めていきましょう。

人気記事