Medium a70223b9aa55ff36

シボヘールの口コミから効果・効能を検証!本当に脂肪は減るの?

シボヘールはお腹の脂肪を燃焼させるサポートサプリメントとして口コミでも話題になっています。皮下脂肪だけでなく、なかなか減らない内臓脂肪の燃焼にも効果があるシボヘール。本当に脂肪は減るのでしょうか。そこで口コミから効果を検証してみました。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットサプリ  作成者:erie  投稿日:2017/12/13

目次

シボヘールとは

年齢に関係ないダイエットの実現

年齢を重ねてから食事制限をしても運動をしても、お腹周りの脂肪が減りにくくなった人のためにシボヘールという機能性表示食品が発売されています。このシボヘールは、葛の花由来のイソフラボンを配合しており、肥満気味の人やBMIが高めの人のダイエットをサポートしてくれるのです。

実際にBMIの数値が高めの97人にシボヘールを摂取させ、同時にバランスの良い食事と適度な運動を実施させたところ、落ちにくかったお肉が落ちて体がすっきりしたという人がほとんどで、平均でウエストが20センチも減ったそうです。

このシボヘールの開発に携わった吉田主任は「年齢を重ねるごとに脂肪が落ちにくくなるのは何故なのかを研究したところ、基礎代謝と脂肪と戦う力が減少してしまうからだということが分かりました。年齢を重ねて落ちにくくなった脂肪も分解し、ダイエットをサポートしてくれるものはないかと探して、やっと見つけたのが葛の花です。

葛の花イソフラボンをたっぷりと配合し、その効果を存分に引き出すためにお茶を抽出するのに近い葛花熱水抽出法という方法で、葛の花イソフラボンを抽出し錠剤に閉じ込めているのです」と語っています。つまり、より脂肪を燃焼してくれるイソフラボンが葛の花由来のものだったということです。それを豊富に配合したサプリメントがこのシボヘールです。

シボヘールの効果は?痩せるの?

シボヘールの効果をより高めるために運動も

シボヘールには本当に痩せるという効果があるのでしょうか。もちろん効果には個人差がありますが、シボヘールを飲み続けたことによってダイエットに成功したという人は確かにいます。本来ならシボヘールを飲みながら、バランスのいい食事を食べて適度な運動をするというのがダイエットの成功への道です。

しかし、食事制限をあまりせず、運動もせずにシボヘールを飲むだけで効果を実感できる人もいます。実際にそれを試したブロガーさんは、シボヘールを2ヶ月飲み続けて大幅に体重を落とすことに成功したようです。シボヘールはダイエットのために行う運動をプラスアルファしなくても、飲むだけで痩せられる効果が期待できるというものだと証明されました。

しかしあくまでもこれは個人の見解です。実際はシボヘールを飲むのみで何もしていないという人は効果を感じにくいか思いますので、効果をより感じたいという人はシボヘールを飲むのと同時に食事や運動に気をつかってみましょう。

シボヘールはどんな人に向いているのか

シボヘールはBMIが高い、体についている無駄な脂肪が落ちなくなってきたという30代から40代の男女におすすめです。基礎代謝がダウンしている年齢なので、食事制限をしても運動をしても脂肪が落ちないのは当然といえるのです。

さらにシボヘールをおすすめしたい人は、少し食べたらすぐ太ってしまう人、若い頃より痩せにくくなったと感じている人、出産してから太りやすくなったと感じている人などです。シボヘールは基礎代謝が下がった、脂肪が落ちにくくなってしまった人におすすめの機能性食品というわけです。逆に基礎代謝が高い10代から20代の人はあまり効果が感じられないかもしれません。            

10代から20代の人は運動やバランスの良い食事をしていれば、30代から40代の人と比較して基礎代謝が高いため、脂肪が落ちやすいのです。しかし、20代でも基礎代謝が低い人はいるでしょう。なかなか脂肪が落ちない肥満気味の人はシボヘールの助けを借りてみるのもいいかもしれません。

シボヘールでダイエットしたい

シボヘールでダイエットをする際は、食事や運動に気をつかってみましょう。上述しましたが、シボヘールだけで痩せるかどうかを試した人は、間食を少し抜いて2ヶ月で効果が出たと語っています。つまり食事と運動に少し気をつかえば、もっと早く効果が出ていたかもしれないということです。

油物を少し控えてみる、間食する回数を少なくするなどの食事管理。さらに、バスや電車で移動している人は、一駅だけ歩くなどの運動を取り入れてみると、シボヘールの効果とともに余分な脂肪が減っていくのではないでしょうか。

シボヘールは機能性表示食品

2015年からできた新しい制度

このシボヘールのパッケージに表示されている機能性表示食品という文字。これは一体何を表しているのでしょう。聞いたり見たりしていても、詳しい意味は分からない人も多いのでは。機能性表示食品という記載が特定の商品のパッケージに表れたのは2015年からです。

機能性表示食品の「機能性」とは、整腸作用がある、余分な脂肪が体内に吸収されるのを抑えてくれるなどの体の健康維持や健康促進に効果があるものを意味します。食品の機能性が認められていたものは、これまでは特定保健用食品いわゆる「トクホ」と「栄養機能食品」の2つでした。

しかし2015年から機能性表示制度というものができ、安全性や機能性について一定の条件をクリアした商品のパッケージには、機能性表示食品という記載がするように義務付けられました。これによって商品を作った企業や生産者の責任で、期待できる健康効果や機能があるという証明ができるようになったのです。

事業者の責任において表示されている

機能性表示食品とは、保健機能食品のカテゴリーにあり、トクホや栄養機能食品と一緒です。その中でも機能性表示食品は国からの許可はないのですが、事業者が責任を持って表示させるものです。安全性や科学的根拠を明確にし消費者庁へ届け出ます。つまり安全性は事業者によって保証されているということなのです。

シボヘールは機能性表示食品に該当するので、きちんとした機能性があるということが証明されています。シボヘールを試してみたいけど本当に効果があるのかどうか分からなくて不安だったという人にとっては、安心できるのではないでしょうか。

シボヘールの葛の花由来のイソフラボンの効能

シボヘールのイソフラボンは大豆に含まれているイソフラボンとは違うもの

シボヘールに配合されている葛の花由来のイソフラボンは、どういう効果をもたらしてくれるのか知らない人は多いのではないでしょうか。葛の花のイソフラボンはあまり聞き馴染みがないですし、どんな効果があるのか分かりません。

葛の葉由来のイソフラボンの働きとは

シボヘールには通常のイソフラボンではなく葛の花由来のイソフラボンが配合されています。よく聞くイソフラボンは大豆イソフラボン。大豆イソフラボンには、女性ホルモンの1つであるエストロゲンにとてもよく似た働きをする性質があり、女性ホルモンが減ることで起こってしまうコレステロール値の増加を抑制してくれます。

さらに骨からカルシウムが流れ出ることを防ぐことができるのです。その他にも慢性的な頭痛や、更年期障害、月経不順などにも効果があると言われています。では、シボヘールに配合されている葛の花イソフラボンとはなんなのでしょうか。大豆イソフラボンと同様、エストロゲンと同じ働きをしてくれる他に抗酸化作用があります。

抗酸化作用はメタボリック症候群などの生活習慣病の予防、ダイエットにも効果があります。消費者庁が出したデータによると、肥満気味の人97人に運動をするのと同時に葛の花由来のイソフラボンを12週間摂取し続けてもらった結果、お腹の脂肪が20平方センチメートル減少したということが分かりました。シボヘールにおいて葛の花由来のイソフラボンは必要不可欠な成分なのですね。

シボヘールの口コミ・体験談

総合的に高い評価を得ているシボヘール

サプリメントに限らず商品を購入する際に見るポイントと言えば、商品の性能や値段ですが、口コミも商品を選ぶときの大事なポイントです。評価が高ければ買いたいと思いますし、低ければ欲しいとは思いませんよね。シボヘールもそれは同じことです。

ではシボヘールの全体的な評価はどれくらいなのでしょうか。シボヘールの評価はコスパや効果を総合して高めです。ダイエット効果が期待できますね。次章ではシボヘールの良い評価をしている口コミを何個か紹介していきましょう。

シボヘールのいい口コミ

  • シボヘールを飲みながら半年で12キロも減ったが、運動もやっていたので、シボヘールは関係ないかと思ってやめてみたら体重が減らなくなったのでシボヘールの効果があったと思う。これからも定期購入しようと思っている。

運動とシボヘールで半年で12キロ減という素晴らしい効果を得られたという口コミ。運動だけでは落としきれない脂肪も、シボヘールを飲むことですとんと落ちてくれたようです。継続すればさらに健康的な生活のサポートとなるでしょう。

  • 年齢のせいか体重は変わらないのに、脂肪だけが増えていて困っていたが、シボヘールを飲んでみるとお腹がへこんで、体脂肪率も下がった。

年齢を重ねると体重は変わらないのにお腹の周りの脂肪が落ちにくくなり、何をしても減らないということがあるようです。シボヘールの助けを借りて、落としにくい脂肪を落とすことができたという口コミは期待できます。

  • 太った訳ではないのにスカートがきつくなった感じがしていた。シボヘールを飲み始めてからはスカートが緩くなり、ウエストが細くなったのを実感できた。

お腹周りのお肉は特に目立ちます。きつくなったと感じたスカートを、シボヘールの力を借りてスムーズに身につけられるようになったそうです。脂肪が落ちたことで一番嬉しいのはきつくなった衣類がスムーズに着られたことではないでしょうか。

  • 健康診断でメタボであると診断され、シボヘールを飲み始めた。内臓脂肪だけでなく、体重もみるみる落ちてビックリしている。

年齢を重ねると新陳代謝が落ちてしまうため、気をつけていても内臓脂肪はついてしまいます。その脂肪を落とすためにはストイックに運動をしなければいけないと考えてしまいますが、シボへールを摂取すると内臓脂肪を落とすサポートになるのでは。体重が減れば運動も楽しくできるようになりますね。

  • シボヘールに出会い、3ヶ月続けてみたら、運動しても落ちなかった体重が落ちた。しかも内臓脂肪も減ったようで、健康診断でも褒められた。

3カ月継続して飲んだら劇的に内臓脂肪が減って、お医者様からも太鼓判を押されたという口コミ。シボヘールが体内で大きく効果を発揮したようです。医者から褒められるほど体が改善するのは嬉しいですね。

  • 出産してからお腹の脂肪の蓄積がなかなか減らなくて困っていたが、これはいい。3か月飲むとウエストが3センチ細くなった。体重は2キロ減った。

産後は育児で忙しい分ストレスを食べて解消する人も多いのでは。ダイエットのための時間もなかなかとれないというときにはシボヘールを飲んで効果が出たとのこと。ウエストも細くなったという口コミは試してみたいというきっかけになりますね。

  • 40歳になったことをきっかけにダイエットを始めた。シボヘールが口コミで効果がよかったのと、980円なので飲み始めた。1カ月で体重が3キロ落ちたのでこれからも続けようと考えている。

シボヘールを飲むようになってから、体が軽くなったということを実感できる人が多かったようです。シボヘールを飲むだけで、とは言いませんが、それに近いものはあるのかもしれませんね。最後の口コミでも書かれているようにシボヘールのみだけではなく軽い運動を取り入れたらもっと効率よくダイエット効果が得られるはず。健康のためにも食事と運動にも気をつかってみてください。

シボヘールのよくない口コミ

すべての人が効果を実感するわけではない

評価が高く、いい口コミがたくさんあるとはいえ飲んだ全員がシボヘールの効果を実感したわけではありません。中には悪い口コミもあり、体の具合が悪くなってしまった、体に合わなかったという人ももちろんいます。むしろ、どこを探してもいい評価しか書かれていないという商品は警戒するべきです。

悪い評価といい評価が同数くらい書いてある商品のほうが信用できるのではないでしょうか。ではここで、シボヘールのよくない口コミを紹介していきます。いい口コミ、よくない口コミを見て総合的に評価して最終的に買うか買わないかを決めてみてください。

シボヘールのよくない口コミ

  • 体重が減らなかった

どんなサプリも効果がないと書かれている場合があるのですが、効果には個人差があります。また、サプリを飲むときの鉄則として「3カ月は続ける」があります。また、運動を全くしない人は効果が出にくくなるので、できる範囲で運動も取り入れましょう。

  • もともと肉が付かないタイプだったのが、20代後半から急に脂肪が付き始めて悩んでいた。シボヘールは評価が高かったので飲み始めたが逆に身体に不調が見え始めたので飲むのを止めている。

サプリメントは薬と同じで、体に合わない場合があります。口コミのように、体に変調が起きたときはすぐに飲むのをやめて他のものを試してみましょう。評価が高いのだからと無理して飲むのは絶対にやめてください。シボヘールにもお試しがありますので、まずはそれを使ってみて体に合うようでしたら続けましょう。

77c5d82cb5df6781
  • 中年になり代謝が悪くなってしまい、シボヘールを使い始めた。1ヶ月飲んでいるが効果はない。

効果がないという口コミですが、1カ月飲んでも効果が出ないということで焦ってしまうのでしょう。しかしシボヘールは8週間から12週間続けてくださいとパッケージに表記してあるので、気長に飲みながら効果を待ってみてください。長期間飲んでも効果が出ないという人は、食事制限や運動の仕方を見直してみるといいかもしれません。

  • もしも飲むだけで痩せられるならと飲み始めたが、運動や食事制限なしの何も変わらない生活では痩せることはできなかった。地道に少しでも運動や食事制限を続けながら服用すると、すんなりと脂肪が減ってくれるのかも。

食事や運動なしで効果を得たいという口コミですが、やはり飲むだけでは効果は実感できないようです。食事と運動に気をつかって初めて変化が期待できるのではないでしょうか。

  • 臭いがあるので苦手な人もいるかも だんだん飲まなくなっていった。

口コミに書かれているようにシボヘールには、臭いがあまり良くないというのと、長期的に飲まないと効果が得られないというデメリットがあります。シボヘールは独特の臭いがするので、その臭いがだめという人もいます。長期的に飲まないと効果がないというのは仕方がないことかもしれません。ダイエットは短期的に行うものではなく、長期的に緩やかに進めていくものです。

短期間で劇的に体重が落ちるというのはむしろ危険です。口コミにも書いてあるように、運動と食事に注意し、さらに、シボヘールを飲むことでダイエット効果が期待できます。シボヘールは8週間から12週間飲み続けることで効果が期待できると記載があります。もしも飲んで体調が悪くなってしまったときはすぐに飲むのを中止してください。

長期間飲んでも効果が出ないという場合は、食事の内容や運動を見直してみましょう。いい口コミ悪い口コミ、どちらかを全面的に信じるのではなく、口コミ全体を見て考えて購入を検討してください。

シボヘールの飲み方、飲むタイミング

正しい飲み方を知ることが大切

シボヘールは機能性表示食品ですが、薬と同じで正しい飲み方というのがあります。シボヘールに限らず、薬やサプリメントは正しい飲み方をしないと含まれている良い成分が体内で力を発揮せず、無駄になってしまいます。シボヘールは1日に4錠を1回でまとめて飲みます。4錠より少なくても多くても効果は発揮されません、必ず4錠飲むというのを守りましょう。

1日に4錠を1週間ほど続けても効果は出ないというとき、じゃあ4錠を5錠にすれば効果は出るだろうと考える人は多いと思います。サプリメントといっても健康食品なので、飲み過ぎても体に害があるということはありませんが、健康にいいサプリメントだ、効果がないのでたくさん飲んでも大丈夫だろうと思って飲んでしまうと成分の過剰摂取になってしまいます。

そして飲むタイミングですが、シボヘールには決まったタイミングは記載されていません。1日に1回4錠を気づいた時に飲むのを継続しましょう。忘れてしまうという人は、携帯で決まった時間にアラームを設定しておいて飲む時間を決めてみてはいかがでしょうか。サプリメントは毎日続けて飲むことで効果を発揮します。忘れずに飲みましょう。

シボヘールの副作用

シボヘールの用法用量を守って飲む

シボヘールに副作用はあるのかどうかということですが、シボヘールは葛の花由来のイソフラボンなどの天然の食品由来の成分が配合されています。万が一これのアレルギーがあるという人は別として、大抵の人が飲んでも副作用はないかと思われます。そもそも副作用というのは、特定の病気を治すために化学的に作られた医薬品を飲んだことで引き起こされるものです。

シボヘールの場合、葛の花イソフラボンのアレルギーなどではない限り用法用量を守って飲んでいれば心配はありません。しかし体調が悪い時は飲むのを中断するのをおすすめします。サプリメントは食品扱いです。風邪の時に普段の食事をしないでお粥など負担のかからない食事をするのと同じように、サプリメントは身体に異常がない場合に摂取してください。

副作用の心配はないと言われていてもシボヘールはサプリメントなので不安だという人もいると思います。そういう時は栄養の専門家か、かかりつけの医師に相談してみてください。不安を抱えたままサプリメントを摂取するより、専門家に相談して不安をなくしてから摂取したほうが身体的にも精神的にも楽なはずです。

シボヘールはどのくらいの期間続ければいいのか

継続して飲むことで効果が得られる

既述してある消費者庁のデータによれば、葛の花由来のイソフラボンを12週間摂取した人が大幅な効果を得られたということです。葛の花由来のイソフラボンが配合してあるシボヘールも、8週間から12週間継続して飲むと効果が出るようです。1週間飲めば良いというわけではなく、ある程度長期的に継続して飲むことによって体内でサプリメントは効果を発揮します。

1週間、1ヶ月飲んでも効果が出なかったと焦る心配はありません。長期間シボヘールを飲み、バランスの良い食事と運動に気を遣っても(つかっても)効果が出ないという時は、サプリが体質に合っていないか、食事か運動の仕方が間違っているということです。こういうサプリメントで短期的に効果を得るというのは不可能です。長期的に焦らず続けてみてください。

シボヘールの機能性表示食品とトクホとの違い

国からの許可がなくても、機能性は保証されている

シボヘールは機能性表示食品だということを既述しましたが、この機能性表示食品という表記の他に、特定の食品には特定保健用食品、通称トクホと栄養機能食品という表記があります。この3つの違いはなんなのでしょうか。

まずトクホとは、健康の維持、あるいは健康を増進することに役立つ効果があると科学的な根拠が認められて「この食品はコレステロールの吸収を抑えます」などの文章を表記する許可を得た商品です。表示されている効果や安全性は国で厳正な審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

栄養機能食品とは、1日に摂取するべきなのに不足しがちな栄養素を補おうという時に役立つもので、科学的根拠が認められた栄養素を一定量含む食品であれば、届け出をせずとも国が定めている表現で食品の機能性を表示できるもののことです。

機能性表示食品とは、その食品の機能性を分かりやすく表示し、消費者が正しく摂取できるようにということを目的に作られた制度です。事業者が責任を持って効果を明確にし、消費者庁へ届け出たものなんで、国の許可はありませんが、安全度は高いといえます。シボヘールは機能性表示食品なので安心して摂取することができます。

シボヘールはほかのサプリと一緒に飲んでも大丈夫か

ほかのサプリメントと一緒に飲むことは推奨されていない

シボヘールはほかのサプリメントと飲んでも大丈夫なのかどうかですが、シボヘールに限らずサプリメント同士の飲み合わせというのは、あまり推奨されることではありません。何故かというと、違う種類のサプリメントを同時に飲むとサプリメント同士で効果を打ち消し合ってしまったりしまうかもしれないからです。

鉄分と亜鉛がいい例で、この2つは同時に摂取すると体内で効果を打ち消し合い、鉄分の成分と亜鉛の成分が体内に吸収されません。さらに、サプリメント同士が体内で異常を起こし、体に不調が出てしまう場合もあります。健康になるためのサプリメントなのに、それで具合が悪くなってしまっては意味がありませんよね。

健康を考え、自己判断でサプリメント同士を組み合わせて飲むのはやめましょう。1日に複数飲んでいるという人は、飲んでいるサプリメント同士は組み合わせても大丈夫なものかを調べるか、専門家に指示をあおぎましょう。

シボヘールに対してのよくある質問

用法用量をよく守って飲むこと

シボヘールを飲むときには色々な注意点があります。1回4錠を飲む、冷暗所に保管、飲むときは水か白湯で。そして様々な疑問もあります。1日に1回4錠といいますが、1日に4錠飲むのであれば分けて飲んでもいいのではないか、分けて飲むのと1回で飲むのは何が違うのか、1回に飲む錠剤の量は4錠を超えても大丈夫なのか。そして女性は、妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫かどうかも気になりますよね。

それをここでは回答していきます。他にも気になることがあったら公式サイトに記載されている電話番号にかけて質問をしてみたり、質問相談受付を利用しましょう。不安が少しでも残っているうちは心配ですよね。不安を取り除いてからシボヘールを利用して効果を実感しましょう。

量を増やしても大丈夫か

シボヘールのパッケージを見ると、1日に1回4錠飲んでくださいと記載されています。サプリメントは医薬品ではなく食品という扱いです。ですので量を増やして飲んでは絶対にだめというわけではありませんが、規定量以上のサプリメントを飲むと成分の過剰摂取になってしまいます。

健康維持、増進するための健康食品とはいえ、1つの栄養素が秀でているサプリメントをたくさん飲むだけで健康になれるはずありません。栄養は適量をバランス良く体内に取り入れるべきもの。肉ばかり食べていては栄養が偏ってしまうのと同じことなのです。

サプリメントはパッケージに表記されている通りに飲みましょう。薬に限らず、用法用量を守って飲まなければいけないのはサプリメントも同じこと。効果が出ない気がするから、4錠で足りるか不安だから1度にたくさん飲んで効果を得たいという気持ちも分かりますが、必ず規定の量がパッケージに表示されているのでそれを守ってください。

1度に4粒飲むことと、分けて飲むことに違いはあるのか

シボヘールには何故1日に1回4錠をまとめて飲んでくださいと書いてあるのでしょうか。1日のうち何回かに分けて4錠を飲んでも別に効果に変わりはない気がしますよね。しかし、シボヘールの公式サイトを見ていきますと、なぜ1日に1回4錠なのかの理由がはっきり書いてあります。サプリメントは効果があるかどうかを確かめるために臨床試験というものを行います。

何人か条件に合った人にサプリメントを飲んでもらい、効果が出るかどうかをテストするのです。シボヘールの臨床試験は、1日に1回4錠をまとめて飲んでもらう、1日に4錠を何回かに分けて飲んでもらうのとで分けて行いました。テストの結果、分けて飲んだグループにははあまり効果がありませんでした。しかし、まとめて飲んだグループは葛の花由来のイソフラボンの効果があったと証明されました。

サプリメントに用法用量が記載されてあるのは、それによって効果が表れるからです。シボヘールも正しい飲み方をしなければ、効果を感じることができなくなってしまいます。

妊娠中、授乳中に飲んでも大丈夫か

授乳中の女性は大変ながらも自分の子の成長を喜べるという幸福がありますが、それとは反対に自分の体型の変化に戸惑ってしまう期間でもあります。妊娠中、授乳中の女性に共通してやるべきことは、赤ちゃんのために、そして自分のために十分な栄養をつけて母子ともに健康に生活をすることです。

しかし最近では、太ることを気にしてあまり食事を摂らずに、生まれてきた赤ちゃんが昔に比べて小さく生まれることが多いようです。妊娠中は食事をバランス良く食べて、十分な栄養を確保しましょう。妊娠中に食べる量が増えてしまい、太ってしまったからとシボヘールを飲んでダイエットしようと考える女性はいるかもしれませんがそれはやめてください。

シボヘールは天然由来の成分が配合されているので、副作用は起こる可能性は少ないといわれています。しかしシボヘールの成分がお腹の中にいる赤ちゃん、授乳中の赤ちゃんにどのような影響を与えてしまうかはまだ研究されていません。赤ちゃんの健康を考えると、食事で栄養をたくさん摂るのがとても望ましいです。

それで少し太ってしまうのは仕方がないこと。赤ちゃんにとって母乳は栄養たっぷりで成長を助けるものなのです。スリムな体型を取り戻すのに急ぐ必要はありません。卒乳してからでも全然遅くありませんので、妊娠中、授乳中のシボヘール摂取は絶対にやめましょう。

シボヘールのまとめ

いかがでしたか?シボヘールの効果、配合されている葛の花由来のイソフラボンの効能や注意点、いい口コミよくない口コミを紹介しました。シボヘールを飲みたい、買いたいけど少し不安だという人は必ず専門家や医師に相談してからにしてください。効果が出ないからと飲むのをやめてしまい、諦めてしまうのはもったいありません。効果が出ないのは食事や運動の仕方を間違っているのかもしれません。

シボヘールを是非お試しください!

自分の生活を見直すいい機会にもなりますので、シボヘールを飲み健康的な生活を送りながら健康な体を手に入れましょう。シボヘールに配合されている葛の花由来のイソフラボンの効果を実感してみませんか?

人気記事