Medium 270daa99c39efe84

ボディオイルのオーガニックまとめ!人気のブランド・おすすめ商品を紹介

天然の植物油が原料のオーガニックボディオイルには、美肌、むくみ改善、セルライト対策、保湿など様々な効果があります。人気のオーガニックボディオイルの中から、目的別おすすめボディオイルをご紹介します。保存方法や効果的な使い方もご紹介しますので参考にして下さいね。

カテゴリー:お手軽ダイエットマッサージ  作成者:hana06  投稿日:2017/12/06

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

オーガニックボディオイルとは?

保湿力が高いボディオイルは肌の乾燥対策やマッサージに使っている人も多いのではないでしょうか。オーガニックボディオイルは、主成分が天然の植物油で作られています。肌への刺激が少なく敏感肌の人も使えるだけでなく、成分によっては肌細胞を活性化や老廃物の排出を促すなど美肌と美ボディに効果的なのがオーガニックボディオイルです。

オーガニックボディオイルとボディクリームの違いって?

手軽に使えるボディクリームと違い、ボディオイルはベタつきが苦手だから使うのはちょっと・・・という人が多いのではないでしょうか。ボディオイルとボディクリームの違いはテクスチャだけではありません。

ボディクリームは油7:水3の割合で主成分がワセリンやオイルです。ボディオイルよりはサラッとしたつけ心地で、保湿力も高く朝や昼でも使いやすいのが特徴です。ボディクリームよりもさらに軽いのがボディミルクですが水分が多いので保湿力は低くなります。

重いテクスチャで嫌煙されがちなボディオイルですが、油9:水1の割合で天然の植物油が主成分になります。オーガニックボディオイルは主成分となる植物油の種類によって成分や効果に違いがあります。オイルのため少量でも伸びがよく、マッサージや美肌、保湿など目的によって選べるのも魅力です。

オーガニックボディオイルの選び方と注意点

29c977f0f75793ee

オーガニックオイルの成分で選ぶ

オーガニックボディオイルの主成分は天然の植物油です。使われるオーガニックオイルの種類によって肌の引きしめ、美肌、抗酸化作用など効果やテクスチャに違いがあります。目的に合わせてオイルを選ぶことでより効果が実感しやすくなります。

主なオーガニックオイルと効果

  • オリーブオイル・・・保湿クリームにも配合されている、マッサージ
  • マカダミアナッツオイル・・・肌荒れ、シミ、シワ予防
  • ホホバオイル・・・肌になじみやすくべたつかない
  • スイートアーモンドオイル・・・ビタミンが豊富、アンチエイジング効果、低刺激
  • アボガドオイル・・・オレイン酸が豊富、浸透力が高い、アレルギーが起きにくい
  • アルガンオイル・・・高い抗酸化作用、肌老化を防ぐ、日焼けやシミの予防
  • セサミオイル・・・骨まで届く高い浸透力、保温効果でデトックス・免疫力の向上

テクスチャや香りで選ぶ

オーガニックボディオイルは重いテクスチャのイメージですが、最近ではベタつきの少ないものや、濡れた肌に使えるものなど種類があります。またから無香料からアロマ効果のあるオイルと好みに合わせて選ぶことができます。毎日使うものだからこそ、自分の好みに合ったオイルが見つかるといいですね。

ボディオイルによっては朝や昼間の使用は避ける

オーガニックオイルによっては酸化しやすいオイルがあります。夜の使用は問題ありませんが、昼間は紫外線によって日焼けやシミなど原因となることがあります。夜顔に使用した時は朝の洗顔で洗い流す、夜専用のスキンケアに使用するなど、使い方を工夫することでリスクを避けることができます。

酸化しやすいオイル

  • グレープシードオイル
  • ローズヒップオイル
  • アマニオイル
  • 馬油  など

効果的な使い方と保存方法

保湿効果を高める

ボディオイルの魅力は何といっても高い保湿力です。肌の乾燥を防ぐためにはお風呂上りの濡れた肌に使うのが一番効果的です。手のひらに適量とり、両手で挟んでオイルを温めてから足、ヒップ、ウエスト、手、首や鎖骨の順に馴染ませていきます。胸や背中など皮脂線が多い部分はニキビなど肌トラブルの原因となることもあるので、オイルよりもローションなどを使って保湿します。

ボディマッサージとして

血液やリンパの流れをよくすることで冷えやむくみを解消するマッサージには、テクスチャ重めのオイルを使うのが効果的です。特に人気なのがゴマから抽出されたセサミオイルです。体を温める働きがあり、マッサージすることで骨まで浸透して、体に溜まった老廃物をまとめて排出してくれます。

さらに効果UPにはお風呂でのマッサージがおすすめです。濡れた肌にボディオイルを使って体の末端からマッサージします。そのまま湯船に入っても大丈夫です。最後に軽くシャワーで流して、タオルでぽんぽんと軽くたたくように水分をとります。

酸化を防いで期限内に使い切る

343e40ca463c0fd7

オイルは酸化しやすいですが、保存方法に注意をすれば酸化を遅らせることができます。酸化したオイルは肌に悪い影響を与えるので、逆に肌老化の原因となってしまいます。

一番よい方法は冷蔵庫保存ですがオイルの成分によっては冷えると固まるものもあります。そんな場合は、直射日光を避けて暗く涼しい場所に保管します。どちらにしても開封後は早めに使い切るか、期限内に使い切るようにしましょう。

目的別おすすめオーガニックボディオイル

目的別で人気のオーガニックボディオイルをご紹介します。まだ使ったことのない人も、これから使ってみようと思う人も購入の参考にして下さい。

スポンサーリンク

保湿効果で選ぶならコレ!

ジョンマスターオーガニック アルガンオイル

アルガンオイルにはオレイン酸やビタミンEが豊富に含まれていて、高い保水力と抗酸化作用があるので潤いのある美肌効果が期待できます。コールドプレス製法で抽出された100%オーガニックアルガンオイルだけを使っています。オイルなのにサラッとしたテクスチャで、肌への浸透もよく高い美容効果が期待できます。

マッサージに使うならコレ!

アロマベラマッサージオイル アンセンテッド

保湿や抗酸化作用のある植物油を独自の配合で、日本人の肌に合うようにブレンドされたオーガニックマッサージオイルです。オイルなのにサラッとしたテクスチャで肌になじみがよく、無香料、無着色で肌に優しいマッサージオイルです。無香料なので好きなアロマオイルを数滴混ぜてマッサージすると、リラックス効果もUPします。ボトルはポンプタイプなので手を汚さず使えます。

香りで選ぶならコレ!

サボン ボディオイル

サボンといえばボディスクラブが人気の定番商品ですが、ボディオイルも販売されています。アーモンド、ボラージ、アサイーなどの天然オイルをベースに作られたボディオイルは、ライトな使い心地とリラックスできる香りが特徴です。バニラ、ムスク、パチュリラベンターの3種類の香りから選ぶことができます。

人気のセルライト撃退オイル!

ヴィレダ ホワイトバーチボディオイル

モデルさんも使っていることで人気のホワイトバーチボディオイル。代謝を促進してくれるホワイトバーチ(白樺エキス)配合で、マッサージするたびに体に溜まった老廃物や余分な水分を体外へと排出するのを助けてくれます。オーガニックの植物エキスが肌を引きしめて、弾力のある肌へ整えてくれます。

敏感肌におススメ

ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル

「世界最高権威フランス有機認証機関」と「ヨーロッパ統合有機認証機関」の2つのオーガニック正式認定を持っている世界最高級のホホバオイルです。スキンケア、クレンジング、マッサージ、ヘアケアと全身に使えるボディオイルです。100%オーガニックなので敏感肌やアトピーの人も安心して使えます。

プチプラで選ぶならコレ!

無印良品 ホホバオイル

オーガニックといえば高価なイメージですが、プチプラで人気の無印良品からも色々な種類のオーガニックボディオイルが販売されています。オイルのなかでも一番人気は全身に使えるホホバオイル。トリートメントに数滴混ぜたり、化粧水前のブースターとして使ったり、ヘアケアからボディケアまで全身使うことができます。サラッとして肌馴染みがいいのも人気のポイントです。

オーガニックボディオイルを選ぶ時の注意点!

日本ではオーガニックコスメを認証する機関がないため法的な定義がありません。そのためオーガニックボディオイルを選ぶ時は、商品の公式HPなどで使われている原料や成分、製造過程、オーガニック認証を受けているのかなどをチェックすることが大切です。

海外では独自の基準でオーガニック認定をしている団体があります。化学合成成分を一切使っていない、100%植物原料である、などそれぞれ厳しい基準を設けています。

  • NaTrue(EU)
  • ECOCERT(フランス)
  • ACO(オーストラリア)
  • USDA(アメリカ)
  • BDIH(ドイツ)
  • SoCert(イタリア) など

オーガニックのおすすめボディオイルまとめ

A906f42cabe557c4

オーガニックのボディオイルは肌に優しい成分で作られているので、敏感肌や妊婦さんも安心して使うことができるのが魅力です。お気に入りのテクスチャや香りを見つけて、毎日のスキンケアにオーガニックボディオイルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

人気記事