Medium c68fefb50d93921e

1番痩せる飲み物はなに?ダイエット効果がある飲み方・体重が減る方法紹介

ダイエットをしていると1番気になるのは、何を食べると痩せるのか?飲み物でも気を配らないといけません。しかし、どの飲み物が痩せるのか気にならないでしょうか?それさえ知っていれば飲み方だけを気をつければ、痩せられます。1番痩せる飲み物や飲み方を紹介します。

カテゴリー:飲み物  作成者:megane3  投稿日:2017/12/03

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

1番痩せる飲み物とは?痩せる効果のある飲み物や飲む方法を紹介

0ab6469f1fcd54b2

ダイエットをする時に大変なのは、なにを食べるか決めること。飲み物に関しても同じです。痩せる効果のものを選べば痩せる確率も高くなりますが、どれを口にしていいか迷ってしまいます。その中で飲み物は失敗が少ないものが多く、迷ってしまう人はピッタリでおすすめ。1番痩せる効果のある飲み物を紹介するので参考にしてください。

痩せる効果のある飲み物の特徴とは?

43e5495c09856949

ダイエットに成功する人は、飲み物の選び方が上手でうまく取り入れています。ある一定の特徴があるという痩せる飲み物。この特徴を知っているからダイエットに成功できるわけです。特徴と照らしあわせると、簡単に痩せる飲み物を見つけることができます。どのような特徴があるのか簡単に説明するので、頭に入れておきましょう。

腹持ちがいいもの

A091cbfe6094df28

ダイエットと相性がいい飲み物の特徴。とにかく大切なことは腹持ちがいい飲み物を選ぶと間違いありません。腹持ちがいいとは、とにかく消化時間が長くてお腹がすかない飲み物です。痩せるにはいかに食べる物を減らすことができるか。腹持ちがいい飲み物を飲むと、自然と食べる量が減ることでダイエットに成功するわけです。

痩せる効果のある成分があるかどうか

B49360a2314ff141

飲み物はダイエットのために使わなくても、生活する上で大切な水分を摂取する大切なもの。どうせ飲むなら痩せる成分が入っている飲み物を選ぶと、自然に痩せることができます。成分表を見てもいいですが、パッケージに痩せる成分が書いていることもあるので、確認してから購入することをおすすめします。

飲み物を選ぶ時に安全性であるかチェックする

F2b89992d8a35857

いくら先ほど紹介した特徴をもっていても、安全でない飲み物を選ぶことはやめておきましょう。例えば、外国で作られたものがたくさん入っているもの、副作用があるとうわさされているものなど。体に害が出てしまうとダイエットどころでなくなります。飲み物を選ぶ前に、インターネットなどで調べるとすぐにわかるので、下調べをしてください。

ポイント

腹持ちがよくてダイエット成分があるか確認

腹持ちがいい飲み物の材料

4a4348f9a22b1fc8

痩せるには腹持ちがいい飲み物を選ぶほうが、効率的にダイエットができて1番おすすめです。しかしどのようなものが入っているといいかご存じでしょうか?腹持ちがいい飲み物には、今から紹介する材料が使われていることがよくあります。その材料そのものが消化に時間がかかる特徴をもっているので、飲み物としてもその効果が高いわけです。どんな材料だといいのか紹介します。

大豆

9c9f7dffb82e1afc

よくダイエットや美容にいい食べ物に登場する大豆。痩せる飲み物としても活躍します。それは大豆には食物繊維がたくさん入っていることから、消化に時間がかかって腹もちがよくなるわけです。それだけでなく大豆はお腹がすいてしまう原因である、血糖値の上昇。これが少ないことでも有名で、痩せる飲み物の条件がたくさんそろった材料です。積極的に取り入れましょう。

チアシード

ここ最近になって話題になっているスーパーフードであるチアシード。飲み物に入っていることがよくあります。なぜここまで流行っているのか?それはお腹の中に膨らむことで、満腹感を感じるようになるからです。食事の前に飲むことでたくさん食べるのを防ぐことも可能。腹持ちがいいと口コミが広がったことで人気になっています。美容にいいともいわれているので、おすすめです。

酵素

ダイエットとしてもよく使われる酵素は腹持ちがいいことから、ダイエットにも使われる飲み物です。酵素は体に必要なものなので、体が満たされていると脳が勘違いします。その影響で空腹感をおさえてくれるわけです。これをうまく使っている飲み物が酵素ドリンク。健康的にダイエットができておすすめです。

炭酸

腹持ちがいい飲み物と聞くと、イメージしやすい飲み物が炭酸。二酸化炭素が入っている飲み物のことで、お腹に炭酸の空気が入って膨れることで、満腹感がでてきます。炭酸の入っている飲み物である炭酸水。市販でも安く手に入れやすいのが特徴で、味がついていません。この特徴を利用して他の飲み物と混ぜることも可能です。手始めに使うならこの炭酸がおすすめです。

ヨーグルト

836f6ac0796840d1

意外に思うかもしれないのがヨーグルト。これはたんぱく質でできていることから、腹持ちがいいといわれています。たんぱく質はお腹の中でとどまる特徴をもっているので、満腹に感じることができるわけです。しかし注意しないといけないのが、液体になっているものだとすぐに腸へ流れてその効果を出せません。固形に近いギリシャ風のヨーグルトを選ぶと効果を上げられます。

野菜やきのこ

F915ec3053c221bd

ダイエットをする人が必ず候補にあがってくるのが野菜。なぜ野菜やきのこは腹持ちがいいのかというと、食物繊維がたくさん含まれているからです。この成分は消化に時間がかかるため、お腹にとどまって少量でも満腹に感じます。さらに水分をたくさんとると膨らむ性質があるので、飲み物として使うとダイエットに最適。今流行っているスムージーはこの原理を使っているわけです。

痩せる効果のある成分

15f3454266c34822

ダイエットをしていて、痩せる効果の成分が入っている飲み物を飲むことは、1番効果が高くでます。腹持ちがいいことも1番重要ですが、飲むだけでダイエットの最終目標である、痩せることができるからです。痩せる成分はたくさんありますが、手に入れやすい成分を紹介するので、飲み物を見つけるときに参考にしてください。

乳酸菌

紹介するまでもないくらい有名な乳酸菌。腸内環境を整えてくれます。腸内環境が整えられることでデトックス効果が高くなり、体のなかの老廃物が少なくなって痩せることが可能です。すると腸がうまく働いて代謝が自然と上がっていくことで、さらにダイエット効果が高くなります。健康的に痩せるときに飲むと効果的です。

カテキン

体にいいといわれるポリフェノールの一種がカテキン。お茶に含まれていることが多く、渋みを感じるのはこの成分が原因です。渋いのは味だけでダイエットには重要になります。脂肪がたまりやすくなってしまうコレステロールをおさえる効果や、血糖値の上昇もおさえることもできます。食事の前に飲むことでダイエット効果を上げられておすすめです。

食物繊維

270a55122858aeab

先ほど紹介した野菜やきのこなどに含まれる食物繊維。腹持ちがいいことも特徴ですが、腸内細菌も整えられて代謝をアップさせることもできます。お腹がすく原因である血糖値の上昇も抑えられることもできてダイエットと相性抜群。飲み物になっていると口にしやすいので気軽に使えます。いろいろな使い方ができるので、積極的に使ってみてください。

カフェイン

2290fdb784e96b7d

ダイエットとは関係なさそうなカフェイン。じつは痩せるにはすごく効果的です。カフェインは代謝を上げる働きがあることから、自然とエネルギーを消費してくれます。エネルギーを消費するとカロリーも消費されるので、自然と脂肪も燃焼されて痩せることができるわけです。さらにその脂肪自体も分解できるので積極的に取り入れましょう。

リコピン

トマトで知られているリコピン。抗酸化効果が高くて美容にもいいと言われています。しかしダイエットに使えるのか疑問です。安心してください。リコピンは抗酸化作用が強いことで、若返った体が代謝をアップさせてくれるので痩せることができます。さらに食物繊維も含まれているので、デトックス効果も高くてダイエットと相性がいい成分です。

痩せる飲み物を選ぶための1番のポイント

2d3311c22118a5e9

毎日の生活で飲み物は必須。正しい選び方をしていないと逆に太る原因にもなります。失敗しないように痩せる飲み物を選ぶポイントを紹介するので、参考にしてください。ポイントになることは、シンプルなので覚えやすいです。痩せるときに使うと効果的なので、今のうちに覚えて活用しましょう。

カロリーが低い物を選ぶ

スポンサーリンク

ダイエットに1番効果的と言われているのはカロリーが低いものを選ぶこと。カロリーは運動で消費されます。消費されなければ体の中に残って太る原因になることも…。ダイエットを成功できません。しかしカロリーが低いということは体に残りにくく痩せることができるということ。1番ダイエットには重要なわけです。

甘い飲み物はやめる

363342c2dcb00fe1

甘いものというのは、糖質がたくさん入っています。ここ最近糖質制限ダイエットが流行っていますが、糖質が消費しきれない場合も体の中に残ってしまうから。ダイエットをする身としてはすごく邪魔になってしまいます。市販で売られている飲み物は甘いものが多く、糖質がたくさん入っています。選ぶ時には注意して選びましょう。

冷え性に1番効果的な飲み物:白湯

白湯とは水を一度沸騰させて、自然に冷ますことでぬるめにした飲み物。甘い糖質はもちろん、カロリーもほとんど入っていないので1番安心できます。ダイエットには最適なのはそれだけでありません。余計なものが入っていないことから、体に吸収されやすく内臓が温められてポカポカしてきます。この効果で代謝が上がって自然と痩せる体質に変わっていくのが白湯の1番すごいところです。

白湯で痩せる方法

  • 朝起きてすぐに飲む
  • 毎食白湯を準備
  • 寝る前に白湯を飲んでおく

お湯さえあればすぐに飲むことができる白湯。気軽にダイエットに取り入れることができます。朝起きてすぐは体が冷えている状態。そんな時に白湯を飲むことで、1番白湯の効果を味わうことができます。さらに食べるときには白湯を毎回準備しておいて飲む。寝る前にもリラックス効果を高めて代謝を上がるために飲む。1日中白湯を飲むことで代謝の高い状態をキープできます。

白湯の効果的な飲み方

  • カップ1杯を15分くらいかけて飲む
  • ゆっくり飲むのがポイント
  • 食後にすぐ飲むのもやめる

気軽に飲める白湯ですが飲み方を守る必要があります。とくに朝の場合は胃腸が目を覚ましていないので、早く飲むのは負担をかけてしまいよくありません。さらに食後にすぐ飲むのも控えましょう。胃の中に水分が入って消化がかなり遅れることになります。白湯の場合はとくに、いつ飲むのか変えるだけでも効果が大きく変わるので、気をつけて白湯を活用しましょう。

食べすぎる人に1番効果的な飲み物:緑茶

日本に昔からある飲み物である緑茶。このお茶にもダイエットに最適な痩せる成分が入っています。それはポリフェノールの一種であるカテキン。さらにカフェインまで入っているのでおすすめです。ダイエットにいい成分が2つも入っているので、脂肪の吸収をおさえて燃焼できることから、食べすぎてしまう人には1番の飲み物です。

緑茶で痩せる方法

  • 運動前に飲む
  • 準備しておいた緑茶を食前に飲む
  • 食事の後にもゆっくり飲む

緑茶は暖めて飲めるお茶。これをうまく利用するとさらに脂肪を燃焼しやすい体に変わります。とくにこの効果をあげるには、運動をする前に飲むこと。これで運動の効果を上げられます。さらに脂肪の吸収をおさえるために食事の前に飲む。脂肪を燃焼させるために食事の後にも飲む。もっと痩せる効果を上げたいのなら、濃い目の緑茶を用意して飲むとさらにおすすめです。

緑茶の効果的な飲み方

  • 温めてから飲むと脂肪が燃焼する
  • 濃く作っておくと効果的

脂肪に関してはすごく効果を発揮する緑茶。この効果を上げるために温かくしてから飲むことで、さらに効果を上げられます。それは内臓が温められるから。緑茶のカテキンとカフェインとは相性がいいわけです。さらにそれらの成分の効果を上げるためには、緑茶を濃くしてから飲むとおすすめ。食べすぎたときは、この2つのことを追加するといいでしょう。

便秘なら1番効果的:スムージー

27fea08ee06937e7

ここ最近人気が高いことで有名なスムージーも、痩せる飲み物のひとつ。1番効果を上げられるのは便秘の人です。それはスムージーには食物繊維がたくさん含まれています。不溶性と水溶性の2種類も入っているので腸内環境が整えられやすく、便秘を解消されやすいわけです。腸が活発に働いてデトックス効果と代謝アップで、ダイエットに成功しやすくなります。

スムージーで痩せる方法

  • 食事の40分前後は飲まない
  • 食事を置き換えて使うのがおすすめ
  • スムージーの後に炭酸を飲む

スムージーはたくさんの食物繊維でできています。痩せるためには正しい飲み方をしたほうが効果的。とくにスムージーを飲む前後は、水分以外口にしないようにしてください。食物繊維などの栄養を吸収しにくくなります。その飲み方をうまく利用して、置き換えダイエットとして使うのもおすすめです。腹持ちをさらによくするために、炭酸を後で飲むと効果的です。

スムージーの効果的な飲み方

  • 焦らず食べ物のようにゆっくり飲む
  • 常温で飲む
  • 甘いスムージーには要注意

さらにスムージーを使って痩せる効果を上げたい人は、ゆっくり時間をかけて唾液と混ぜるように飲むことをおすすめします。それは、唾液に含まれているアミラーゼがダイエットにいい効果をだしてくれるから。体に吸収しやすい状態にしてくれます。さらにキンキンに冷やして飲む人がいますが、それはやめましょう。お腹が冷えてしまうので常温のまま飲むと吸収がよくなります。

断食するなら1番効果的:酵素ドリンク

ダイエットにいい成分がたっぷり入っている飲み物である酵素ドリンク。なぜおすすめかというと野菜や果物を発酵させているので、痩せる成分である食物繊維と酵素がたくさん入っているからです。健康にもよさそうですが、痩せるためにも魅力的な効果がたくさんあります。腸内環境を整えることもできますが、栄養が豊富なことから満腹感がでて腹持ちをよくできます。だから断食に1番いいわけです。

酵素ドリンクで痩せる方法

  • 断食(ファスティング)に効果抜群
  • お腹が空いた時と寝る前に飲む

断食は今ではファスティングと名前を変えていますが、やることはシンプル。食べ物を口にしない代わりに、痩せる飲み物である酵素ドリンクを飲みます。しかし何も食べないとなると、どうしても空腹感に負けて食べ物に手を出しそう…。その不安をなくすためにも酵素ドリンクを効果的に使いましょう。空腹に感じたときは酵素ドリンクを飲むとまぎれます。

酵素ドリンクの効果的な飲み方

  • 決められた量を守ることがポイント
  • その量を10回にわけて飲む
  • 空腹を感じる前に飲むとまぎれる

酵素ドリンクは決められた量を守ることが痩せるコツ。それ以上飲んでしまうと栄養が豊富なので、太ってしまいます。それでもお腹が空いてしまうと人は、お腹が空く前に酵素ドリンクを飲んでおきましょう。少しは満腹感でまぎれます。そしてその酵素ドリンクを10回もわけて飲むことで、常に体の中に酵素が入っている状態で代謝がアップするわけです。

編集部おすすめの酵素ドリンクはこちら!

美肌も目指した人は1番おすすめ:豆乳

777e781b61741bcc

大豆から作られる豆乳。美容にもいいと言われていますが、ダイエットにもいいと聞くと意外に感じます。イソフラボンが有名ですが、痩せる効果があるのはサポニン。糖質や脂質の吸収をおさえてくれます。さらに食物繊維やオリゴ糖が含まれているので便秘にも効果的。正しい飲み方をすれば痩せられるうえに、美肌にもいいので女性にとくにおすすめです。

豆乳で痩せる方法

  • 食事の30分前に飲む
  • 飲んだ後はバランスのいい食事を心がける

豆乳を普通に飲んでいても痩せることはできません。ダイエットのための飲み方をしましょう。まず豆乳の効果を出すためにバランスの悪い食事を改める必要があります。それは脳が勘違いをして糖質などを欲しがるようになってしまい、ダイエットに失敗してしまうからです。さらに脂肪の吸収をおさえるために、食事の30分前に豆乳を飲むとちょうどいいです。

豆乳の効果的な飲み方

  • 1日に200mlを目安に飲む
  • 生理の前に飲むと効果的
  • たくさん飲みすぎない

豆乳の特長といえばイソフラボンの効果。ホルモンのバランスを整えてくれることで有名です。女性の場合は、生理前に飲むことでホルモンバランスを整えられて、ダイエットの効果を上げられます。とくに1週間前に飲むのがおすすめ。さらに豆乳の扱いは繊細で、飲みすぎてしまうと逆にホルモンバランスが崩れてしまいます。1日200mlと決めて飲んでください。

編集部おすすめの痩せる飲み物は美甘麗茶!

1番痩せる効果を出す飲み物とは?

D5c7a8e91b5411f0

結局どの飲み物がいいの?と疑問に思っている人がいるかもしれません。意外に痩せる飲み物がたくさんあります。その疑問を解消するには、今まで紹介した飲み物の特徴を知る必要があります。便秘にいいのか冷え性を解消したいでしょうか?ファスティングをしたいのか値段を安くおさえたいのか…。痩せる飲み物でどう痩せたいでしょうか?

4bd23bc5e4933b65

とにかくダイエットで重要なことはそのダイエット法を続けること。途中で中断してしまったら痩せることができません。1番痩せる飲み物はあなたがどう痩せたいかが1番重要。食べ物も食べたい人は緑茶がおすすめです。本柿的にダイエットがしたいのなら、ファスティングができる酵素ドリンクで置き換えダイエット。便秘の人はスムージーが1番効果的です。

ポイント

自分と相性がいい特徴の飲み物を選ぶことが1番重要

1番痩せる飲み物とは?痩せる効果のある飲み物や飲む方法まとめ

3ae7e85cbb26b63a

痩せる飲み物はたくさんありますが、あなたがどう痩せたいか決めることが1番重要。効果的に痩せることができます。女性の場合は便秘の人が多いのでスムージーが1番効果的ですが、甘いものも多いので慎重に選ぶようにしてください。糖質がたくさん入っていてダイエットに失敗する可能性があるので注意しましょう。

人気記事