Medium af84f52aa28e67e7

マッサージオイルおすすめまとめ!高保湿の潤いと癒しの人気商品は?

痩せるためのマッサージオイルはたくさんありますが、本当に売れているものはよい商品です。マッサージオイルは痩せるためだけでなく、美肌効果、リラクゼーション効果も期待できます。ダイエット効果、美肌効果のある人気マッサージオイルをまとめます。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットグッズ  作成者:めりー  投稿日:2017/12/11

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

マッサージオイルとは

ダイエットをサポートするおすすめアイテムの一つがマッサージオイルです。マッサージオイルは、植物などを原料に、マッサージを行う時の潤滑剤として皮膚に塗り込む、専用の化粧用品のことです。ダイエットではむくみやセルライトを取る目的で、ご自身でマッサージをする方がよく使われていますが、美容成分の多いものもありますので、コスメとしても人気の化粧品です。

Ca4d390fd43d17ab

マッサージオイルの主な成分は植物から作られた天然の油です。植物油というと食品の方の「サラダ油(ナタネ油)」「オリーブオイル」などが有名ですが、化粧品用のオイルでも同じものから作られたものがあります。これらの他にも、「アボカドオイル」「ライスオイル(米油)」「アルガンオイル」「グレープシードオイル(ブドウ種子油)」など、その種類は星の数ほど存在します。

20eb69404f4f947f

基本的には植物由来なので、口に入れても安心な成分が使われています。原料の植物の種類は多く、お米の油(ライスオイル)や、人参の種子(キャロットシード)、ブームになったココナッツオイルまで、有名なものも、マニアックなものも、たくさんあります。油の中に原料植物の美容成分や保湿成分が含まれていますので、高級な植物オイルではそれだけで美容液として使うことができます。

マッサージオイルが美肌によい理由

市販されているマッサージオイルは、食用の油と比べると分子が小さくなっています。食用油はドロッとした粘性がありますが、化粧用オイルはそれに比べてサラサラしていて、手触りもあまりべたつきません。これは油の分子が小さいため、肌の角質の隙間を通って浸透していくためです。全身用の化粧品と合わせることで、さらに保湿効果を高めることができます。

70b486a91431dd1c

また、マッサージオイルは、食用油とは抽出方法も違うため、無香料のものは匂いがありません。食用のゴマ油は独特の芳ばしい香りがありますが、化粧用のセサミオイルには香りが全く含まれていません。そのため、香料専用の植物から抽出した、香りの強いアロマオイルとミックスさせて、オリジナルのマッサージオイルを作ることもできます。

Ff991599db037a91

肌は層になっていて、一番奧では新しい肌が作られています。一番外層が「角質」という層で、古くなると自然に剥がれ落ちていく仕組みになっています。約20日をかけて入れ替わっていきますが、肌を作っている細胞に、直接栄養を与えられるのもマッサージオイルのよいところです。マッサージオイルはよく浸透しますので、奥まで染み込んでいき、成分を肌の細胞に届けることができます。

A06073a2f7a4e776

肌は普通は皮下の毛細血管から栄養をもらっていますが、特に寒くなってくると乾燥のために潤いがなくなり、傷んできます。肌の水分量の20〜30%が失われると、トラブルが起きると言われています。肌自体にも潤いを保つ機能がありますが、寒さで血流が悪くなったり、乾燥で水分が消失すると、それだけでは補なくなり、冬にカサつきなどの原因となります。

0bbcfd43bf8b60a5

また、肌の下にはハリを保つ成分が存在し、潤いを保っています。ヒアルロン酸や、コラーゲンというもので、大変有名です。これは肌の細胞のさらに下にありますが、年齢で少なくなり、シワやたるみの原因となります。マッサージオイルなど化粧品の多くにはこのヒアルロン酸やコラーゲンが含まれているものがあるのは、こういった理由です。

9069efed43a4e88d

他にもビタミンやタンパク質など、肌に必要な成分は様々ありますが、化粧品の多くはこういった成分を奧まで浸透させる働きを持っています。浸透肌の細胞は水を弾く機能があり、栄養は油に混ぜないと届きません。化粧水などには油とも馴染む成分が入っていますが、ダイレクトに油であるマッサージオイルは、肌の奥まで栄養を届ける働きがあります。

歴史の古いマッサージオイル

古代では主な医学はハーブを飲んだり、マッサージをすることでした。今のように外科手術やハイテク治療、白い薬剤の無かった時代は、マッサージが医学の中心的存在でした。紀元前の時代に、マッサージクリームが開発されましたが、その主成分は現代とほとんど変わりません。古代からマッサージオイル、クリームは人類に無くてはならないものでした。

Bc25ae610e1b939c

ちなみに世界初の人工マッサージオイル(マッサージ滑剤、マッサージの時に滑りをよくするもの)はクリームでした。9世紀ごろ、アラビア地方のお医者さんがアルコールと油を混ぜ、医学的な薬剤として、クリームを作りました。肌に塗った時に水分が蒸発するため、少し冷たくなることから、「コールドクリーム」と名付けました。これは現存する化粧品クリームの原型で、今だに存在しています。

300a4e34bed6dad9

マッサージの文化は今でも残っていて、世界各地で医療として、ホームケアとしてマッサージが親しまれ、たくさんのマッサージオイルが利用されています。一般の方でも、ダイエットの運動のケアや、むくみを取るサポートとして、ご自身で簡単にマッサージを行うことができます。効率のよい痩せるダイエットのサポートとして、ぜひおすすめです。

ダイエットとマッサージオイル

マッサージオイルにはたくさんの種類があり、成分や形状も様々です。最近では「痩せるクリーム」のような商品名は無くなりましたが、適切なものを選ぶことで、ダイエットをサポートすることができます。ダイエットのおすすめはセルライト対策のマッサージオイルや、スクラブ入りのマッサージオイルです。むくみを流すことを助ける成分が入っていたり、スクラブ刺激が皮膚の血行を改善します。

B76b58dfcbc3f09b

ダイエットでは発汗作用のある成分を混ぜたマッサージオイルもおすすめです。唐辛子、クローブ、ターメリック、ブラックペッパーなど、熱感を感じるような成分が入っており、お風呂場などでマッサージしていると、汗がよく出てオイルが柔らかくなります。血流が良くなりますので、むくみを流したり、新陳代謝を高める働きがあります。

24eb725db3816a50

マッサージオイルは室内でスキンケアとして使えるものと、発汗させたり角質を取ったりするために、洗い流すものがあります。発汗系のマッサージオイルは、揉んでいる場所だけでなく、全身から汗がたくさん出ますので、室内で使うことはできません。お風呂場で、湯船に浸かることと合わせて行うことで、より発汗効果を高めることができますので、おすすめです。

E443ed692b167645

ダイエット専用のオイルで注意することは、発汗や血流促進作用のある成分、素材は、刺激が強い、ということです。敏感肌、乾燥肌、アレルギー、他の化粧品で反応が出た経験のある方は、慎重に使うようにしましょう。また、一日置き、週末だけなど、感覚を開けて使うことで、肌へのダメージを減らすことができます。安全な成分が含まれてはいますが、念のために注意しましょう。

スキンケアのためのマッサージオイル

マッサージオイルはたくさんの種類がありますが、目的を絞って成分が配合されている場合が多いです。例えば美容成分の多い美容液タイプのマッサージオイルもあれば、アトピーなど特殊な体質に効果的なタイプのものもあります。アトピー、ニキビなどの肌トラブルの方は、肌質が敏感であることが多く、マッサージオイルの選定には注意が必要です。

5abacad76a34d6f3

肌トラブルは顔だけでなく、背中や二の腕など、全身で起きることがあります。普通肌の人でも、環境によってじんましんができたり、肌荒れや乾燥したりしますから、ご自分の肌の状態をよく観察することも重要です。肌の状態に何かあれば、できるだけ低刺激のオーガニック製品を使うことが無難でしょう。オーガニック製品は、一つ持っておくとケアに便利なアイテムなので、おすすめです。

2259e830912d990d

痩せるためのマッサージオイルでは、発汗成分や温熱成分が入っていることがありますが、こうした成分には一部刺激性がありますから、ダイエット目的の人でも、痩せるためのマッサージオイルとは別に、天然成分の純正のマッサージオイルをケア用に持っておくことをおすすめします。同じ人でも、季節や環境、年齢によって、身体は刻々と変化していっているのです。

リラックスのためのマッサージオイル

マッサージの効果の一つには、リラックス効果もあります。「なでる」作用によって、皮下の血流がよくなり、リラックスの神経が活性化されます。マッサージオイルには香料も入っておりますので、香りを通して自律神経に働く効果もあり、よりリラックス効果が高まります。触る・見る・嗅ぐという複数の五感を使うことで、精神的なケアを補います。

3e855d52c87f8f68

香りは軽視されがちですが、化粧品の香料はとても重要なポイントです。添加物としての香料には合成のものもありますが、品質のよい化粧品に使われる香料は天然由来成分で、花や樹木、果実など、植物から抽出された香料が使われています。化粧品を使う時に、こうした香りを嗅ぐことにより、リラックスの神経を刺激して、作用を高めることができます。

ダイエットにもケアにも、リラックスが大切

リラックスする仕組み

人の身体には、体調をコントロールするための神経が二種類あります。興奮する神経(交感神経)と、リラックスする神経(副交感神経)です。日中、活動する時には興奮する神経が働き、身体が活発になりますが、夜眠る時にはリラックスする神経に切り替わり、眠くなります。この二つの神経がお互いに作用しているから、人間は活動できるのです。

866615dade7ea73c

この二つの神経がうまくバランスを取れなくなることがよくあります。「自律神経失調症」という状態です。必要な時に興奮したり、リラックスしたりすることができないので、夜眠れなくなったり、日中動悸がしたりなど、生活に不便な症状が出ます。ダイエットについても、自律神経が正しく働かないと、ホルモンバランスが崩れて太りやすくなりますので、このコントロールがとても大切です。

Afad0361cb97c2f7

興奮するための神経は、健康な人は活動するだけで切り替わるので問題視されることがあまりありませんが、リラックスするための神経は、なかなか意識することができません。ストレスが多かったり、悩んでしまうことの多い人では、なかなかリラックスできずに、不眠や肌トラブル、精神不安定などの原因となります。

痩せるために、ストレス解消は大切

興奮する神経が働きっぱなしだと、食べ物の消化が悪くなったり、ストレスに対抗するホルモンがたくさん出て、太りやすくなります。ストレスを軽減することは、痩せるためにとても大切です。ダイエット自体がストレスになってしまうと、うまく痩せることができません。ダイエットを楽しむために、ケアとしてマッサージオイルを使うと、リラックス効果により痩せることをサポートできます。

8faa0a5e2e7089a2

マッサージはリラックス作用があります。ゆっくりと、マッサージオイルのよい香りを感じながらセルフマッサージをすることで、ストレス発散になり、満足感も得られます。また、マッサージの「手でなでる」という刺激がリラックスの神経を刺激し、興奮を抑えます。緊張の多いお仕事の方や、ストレスを抱えている方ほど、セルフマッサージでケアすることがおすすめです。

マッサージオイルの選び方

痩せるためには食事制限や運動が欠かせませんが、ケアとしてマッサージすることも大変重要です。美容目的でマッサージオイルを使う方が多いですが、最近ではむくみやセルライト対策のためのマッサージオイルも販売されています。家庭用が多く見られますが、エステサロン等でプロも使っているものは、信頼もあり、おすすめです。

Ddde4f0b6ddeca02

選ぶ時のポイントは、自分の使用目的をハッキリさせることです。痩せるためなのか、美容のためなのか、リラックスのためなのか、自分の好みと生活状況を分析してから、何を買うか考えます。痩せるためなら痩身作用のあるものが良いですし、美容のためなら美肌効果を重視して選びます。いつ使うか、を考えるのも大切です。

20b4cd34b4ba6833

お仕事が忙しく、平日にマッサージのための時間を取れない方は、オールインワンのマッサージオイルがおすすめですが、毎日ケアする時間があるという方は、痩せる用、美容用など、いくつかの種類を同時に使うことがおすすめです。美容成分の多いものは、夜間の利用の方が効果的ですから、マッサージを行うスケジュールも考えてから決めましょう。

407da76a65c5abfc

マッサージオイルはたくさん販売されていますが、無添加の植物オイルは業務用の大容量の販売が多くなります。エステサロンなどの消費の激しいところでは大変便利ですが、個人で使うと使い切れずに悪くなることがありますので、注意が必要です。マッサージオイルは放って置くと、空気中の酸素と混ざってしまい、臭いが出たり、変質することがあります。

0dfeeebfbc81ffe5

使用期限ですが、商品によってばらつきがあるものの、大体3ヶ月〜半年を目安に使い切るようにしましょう。冷暗所で保管していても、徐々に酸化していきますので、毎日使う方は大きめを、週末だけの方は小さめのものにするなど、自分の使用ペースに合った容量を買うことをおすすめします。

マッサージオイルを自分へのご褒美に

スポンサーリンク

香り高いマッサージオイルは豪華な化粧品として、満足度が高いものです。普段忙しくてケアができないという方でも、特別な化粧品は自分へのご褒美になります。値段は様々ですが、高級なものほどよい成分と香料が使われていますので、少し高めのよい商品を買うことをおすすめします。痩せるためか、美容のためかで選び方は変わりますが、一番は、ご自身の好きなものを買うようにしましょう。

Cfd5f99bca87b88c

売れてるおすすめの痩せるマッサージオイル

バンビウォーター

楽天ランキングトップの痩身用マッサージジェルです。むくみやセルライトに効果的なアイテムです。温感成分が入っていて、マッサージしているうちにぽかぽかと暖かくなってきます。ベースも美肌成分もオーガニック成分なので肌に優しい美肌効果があります。洗い流す必要が無いので、眠る前や朝出かける前など、合間に使えるのもおすすめのポイントです。

クラランス ボディ フィット

新植物成分を配合した引き締め専用美容液です。化粧品の産地であるフランス製で、フローラルウッディの香りがあり、リラックスにも効果的です。肌浸透を考えた設計なので、素早く肌に入り、引き締め効果とうるおい作用があります。全身に使える美容液ですから、寝る前のケアにおすすめです。

ヴェレダ ホワイトパーチ

こちらも世界的に信用の高いドイツ製の化粧品です。ヨーロッパの製品は全体的に香り高いものが多く、マッサージ中のリラックス作用が大きく出るのでおすすめです。オーガニック成分がふんだんに使われていて、ホワイトパーチ(シラカバ)のエキスが保湿効果を高めます。ヴェレダは非常に人気で、雑貨店やコスメショップでもよく販売されている有名なブランドです。

ヴェレダはマッサージ専用ブラシをセット販売しています。適度な刺激が皮下の血行を良くし、代謝を促進しますので、ダイエットのケアとしておすすめです。道具を使うと、手だけでは物足りない方、もっと痩せるマッサージをしたいと思っている方などに、満足になる刺激ができます。こういったオプションアイテムも、合わせて使うことをおすすめします。

無印良品 ホホバオイル

安いと評判の無印良品のホホバオイルです。本当にこれ以上コスパのよいマッサージオイルは無いかもしれません。無添加のマッサージオイルは業務用が多く、大容量で個人では使いきれないことがありましたが、少ない量を手ごろに買える、数少ない販売店の一つが無印良品ですので、大変おすすめです。

無添加のホホバオイルは長持ちする反面、寒い冬はよく固まります。温めるとすぐ溶けますが、少し手間があるので、夏に使うことをおすすめします。冬には同じ無印良品のセサミオイルやオリーブオイルが、固まらないので使いやすいです。

マッサージオイルを買うにはどこがいい?

マッサージオイルはブランド商品は専用のショップへ行かないと買うことができなかったり、無添加オイルは店頭に販売されていなかったりと、お店で入手しにくいものが多いですが、ネット通販を行うのが一般的ですので、ネットで購入することが一番便利です。最近では送料が無料になったり、お試し製品があったりと、手軽に買うことができます。

Ab385e6f3d57ff97

ネット通販の大手サイトでは、たくさんの種類を一覧することができ、ポイントが貯まるので大変便利ですが、商品によってはやや値段が上がることがあります。一番安く手に入れる方法は、ダイレクトにそのブランドのページから買うことです。しかしレビューがなかったり、送料が発生したりと、不便なこともあります。

29984a8e9f4d1cfe

ネットでマッサージオイルを買う人は、大手サイトから購入することが多いようです。商品に送料をプラスすると、どちらも同じような値段になり、大手ではポイントがありますので、総合的にはお得になります。さらに、ほかの種類の商品も合わせて購入することができ、便利です。これから初めて使うという方は、十分調べてから、お得な方法を選びましょう。

マッサージオイルおすすめの使い方

  1. お風呂やシャワーで身体と手を清潔にする。
  2. 全身の水気をとり、化粧水などで整える。
  3. 適量を手に取り、両手になじませる。
  4. 手のひら全部を密着させ、優しくなでながらオイルを伸ばす。
  5. 関節などの細かい場所は、親指と人差し指で密着させる。
  6. 終わった時に、オイルが多いようなら、軽くタオルドライする。

身体の清潔はとても大切です。不潔なままマッサージオイルを塗ってしまうと、手からマッサージオイルにバイ菌が移ってしまいますので、注意しましょう。バイ菌が増えると肌トラブルの原因となります。化粧品を取り扱う時に、手や身体の清潔を保つというのは鉄則です。清潔といっても、普通にお風呂に入ったり、手を洗ったりしていれば問題ありません。

C09070f1159487bf

シャワー後は水気を適度にとってから、化粧品を使います。濡れたまま使う方もおられますが、水が飛び散ると片付けるのが大変なので、水気はとってしまった方がよいでしょう。入浴後には皮膚の水分が多少失われていますので、化粧水で整えます。オイルを塗る前に化粧水を使うことで、水分を補給してから保湿効果を出し、潤いを高めます。

7d1500d1d08aa600

マッサージはゆっくりと、軽い力加減で行います。疲れるようなやり方はいけません。ポイントは、手のひら全面を密着させることです。最初はうまくできないかもしれませんが、慣れると手が吸い付くようになっていきます。マッサージは強く行いがちですが、リンパなどを流すためには、弱い力加減の方が効果的です。

9d94d60340bce27c

立ち仕事、歩きすぎなど、疲労のためのだるさでは、筋肉の血行をよくすると効果的ですから、足が疲れているという方は、ふくらはぎなどやや力を入れます。しかし、痛みを感じるほどの力は入れてはいけません。筋肉が壊れてしまうので、痛みや腫れの原因となり、翌日に残ることがあります。力を入れる時は、痛みを感じない程度に優しくしましょう。

Fed1e70e280a5908

足の裏、手のひらなどは、強くもんでも痛くなることが少ない部分ですので、強めにマッサージします。特に足の裏のマッサージは、神経の興奮を抑える働きがありますので、強く行うことをおすすめします。手のひらでは力が弱いので、親指を重ねるなどしてしっかりと力を入れます。ツボ押し棒のようなアイテムもあり、強く行う時にはおすすめです。

美容や保湿目的のあるマッサージオイルは、洗い流さないタイプが多いですが、オイルが多すぎても服やシーツに付くなど、洗濯が大変になってしまいます。無理してそのままにしないで、タオルやティッシュなどで軽く拭いてドライしましょう。この時に肌をこすってはいけません。余ったオイルを染み込ませるように、軽く肌に当てる程度にしましょう。

Ac3241b0e2aea0ef

オイルのベタつきが苦手という方には、マッサージ後にベビーパウダーなどを軽く振ることをおすすめします。パウダーがベタつきをとり、サラサラとした肌触りで心地よくなります。エステサロン、リラクゼーションなどでプロも行なっている手法です。潤いを保ったまま、マッサージ後の洋服を着る時に、肌にくっつかなくなるので、おすすめです。

マッサージオイルのオプションアイテム

マッサージオイルを使う時に、マッサージ専用のアイテムなどを合わせて使うこともおすすめです。ボディ用のマッサージブラシや、足裏用のツボ押し棒がありますが、セルライト対策としてのボディシェイプ効果のあるマッサージブラシもありますので、身体の部位によって使い分けるとよいでしょう。形状も様々ですが、安いものは100円ショップでも買うことができます。

ブラシにオイルがついたままになると、滑って使いにくくなったり、酸化して臭いの原因になりますので、定期的に軽く拭いたり、洗ったりするようにします。多くのものはお風呂の中でも使えますので、マッサージオイルの時も、ボディソープをつけている時にも使えます。痩せるためのお腹周りのマッサージではマッサージブラシの方が、手よりも血流促進できますので、おすすめです。

Acadfb432bfd231b

お腹など範囲の大きい場所では、木製で、目の粗いブラシを使います。マッサージブラシにはヘッド用もよく見られますが、ブラシが粗いか、細かいかで使い分けることができます。一般に、ブラシの細かいものはヘッド用です。木でできた大きめのブラシは、身体で使うのに便利でおすすめです。中には豚毛のついた、身体を洗うためのマッサージブラシもあります。

F415dae09eb67fff

マッサージブラシは筋肉の少ない部分で使うことがおすすめです。腕の先や膝下などの比較的筋肉の多い場所で行うと、力を入れすぎて痛みの原因となることがあります。力を入れてもいい場所は、お腹などの柔らかくて筋肉の少ないところや、足の裏です。マッサージ後に身体が痛くなってしまうことを、「もみ返し」と言います。

Df800c64e6656718

筋肉はもみ返ししやすい場所ですが、全身で最ももみ返ししにくい場所が、足の裏です。足裏は普段体重が強く乗りますので、相当な力を入れてももみ返しがあまり出ません。そのためリラクゼーションサロンの足つぼマッサージは非常に強い力で行われます。ご自身で行うときも、力を入れても問題ない部分ですので、もちろん無理はいけませんが、しっかりとマッサージしましょう。

マッサージオイルで効果的に痩せる

ダイエットには色々な要素が含まれます。食事制限だけではいけませんし、運動だけでもいけませんし、マッサージだけでもいけません。それぞれを同時に行うことで、効果的に痩せることができます。マッサージ自体に痩せる効果はそれほど期待できませんが、食事制限や運動と共に行うことで、効果的なサポートになります。

6d289ff3272bbb42

マッサージには血流を良くしたり、神経の働きを整えたり、ホルモンバランスを調節するなど、様々な効果があります。マッサージオイルの美容成分や香りも同時に利用することで、その効果をより強く発揮させることができます。ダイエットでは身体の働きを整えることが大切ですので、マッサージを取り入れると効率的になります。

1f1b2592e6fc6836

食事制限では胃腸の調子を整えることと、食欲を抑えることが大切です。ダイエットで食べる低カロリー食は質素なものが多いですが、刺激が少ないぶん胃腸を整えることも重要になってきます。食べる量が減るとその分、出る量も減りますので、便秘になりやすくなりますから、マッサージすることで胃腸を刺激し、便通を促進します。

Dd03db5747099c5e

運動では身体に疲労物質が溜まり、筋肉痛や翌日のだるさの原因となることがあります。マッサージの血流促進効果を利用することで、筋肉に溜まった疲労物質を流し、素早い疲労回復効果を得ることができます。同時に、運動で代謝が良くなった時にマッサージすることで、さらに代謝を高め、脂肪燃焼を早めたり、美肌効果を得ることもできます。

06a3569c8795b8ae

あくまで、マッサージはサポートな効果しかありませんが、ストレスのないダイエットをするため、体調をコントロールして効率的に痩せるために、セルフケアはとても大切です。ジムやサロンなどでプロに行ってもらうこともできますが、お仕事の合間に簡単にできるセルフケアとして、マッサージオイルを使うことをおすすめします。

ダイエットを楽しもう

F1635d970631103f

ダイエットは好きなものを食べられなくなったり、我慢しなければいけなかったりと、苦しいことがつきものです。食べることを抑えなければいけないのは悲しいことですが、その分違うもので楽しさを発見する機会でもあります。ご自分のことをよく考え、楽しく、美しく変身するきっかけとして、マッサージオイルなどのアイテムも利用し、楽しくダイエットすることをおすすめします。

人気記事