Medium a371533f8a7e39d4

糖質オフのカレーはある?制限ダイエット中でもOKなレシピ・食べ方まとめ

カレーダイエットについて、そのやり方や健康効果、ダイエット効果などを中心に紹介していきます。また、糖質オフカレーも販売されているので、合わせて取り上げていきます。カロリー制限中でもおすすめな糖質オフカレーのレシピも紹介するので、どうぞ参考にしてください。

カテゴリー:食事制限糖質制限ダイエット  作成者:たつお  投稿日:2017/12/04

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

カレーダイエットのやり方

カレーでダイエットができるということに対して、喜びを感じる方も多いのではないでしょうか。カレーは国民的に愛される食べ物であり、美味しく食べることができる代表的な料理と言えます。そんなカレーと、ダイエットを効果的に行う方法についてご紹介していきます。カレーでも、食べ方や作り方さえ工夫すれば、十分にダイエット効果を期待することができます。

カレーダイエットの基本的な食べ方としては、2~3日おきにカレーを食べると効果的です。いくら糖質オフのカレーとは言え、毎日カレーを食べてしまうと、ダイエットには不向きと言えるので、適度に感覚を空けながらカレーを食べるようにしてください。カレーダイエットにおいては、ルーだけでなく、スパイスも自らの手で調理することで、さらにダイエット効果を高めることができます。

また、カレーの食べ方として、ルーを普段の半分から3分の2程度まで減らしたり、スープ状にしてとろみ感を出したりすることで、さらなるダイエット効果を期待することができます。カレーで効果的にダイエットを行うためには、食べる量を減らす必要があります。カロリーを摂りすぎてしまっては、ダイエット効果を期待することができないので、ご飯の量も含めて、制限をかけていきましょう。

また、カレーダイエットにおいては、ご飯の代わりにパンを用いるのも効果的です。ご飯に比べて、パンの方がカロリーが低く、量を抑えられるという効果があるので、ご飯に飽きてきた方はパンにつけながらカレーを食べるのもおすすめです。あくまでもご飯の代用として用いるのが最適であって、ご飯と一緒にパンを食べないように気をつけてください。

カレーに含まれる健康成分

カレーには多くの健康成分が含まれており、それらの成分が私たちの身体に良い影響をもたらしてくれています。また、カレーのルーだけでなく、スパイスやその他の調味料も上手く混ぜ合わせることで、さらなる健康効果やダイエット効果を期待することができます。そういった効果を意識しながらカレーを作ることで、より一層良い影響を享受することができると言えます。

ニンニク

まず、カレーに含まれているニンニクには、スコルジニンと呼ばれる健康成分が豊富に含まれています。このスコルジニンがビタミンB1の吸収を効率的に行ってくれます。そうすることで、疲労回復効果や新陳代謝を高める効果を期待することができます。特に、疲れやすいと感じる方や運動不足の方にもおすすめの成分です。新陳代謝を高めることで、余計な脂肪分を除去する役割も果たしてくれます。

しょうが

カレーにはしょうがも含まれていますが、しょうがには免疫力を高めてくれる効果があります。身体の内側から、身体を温めてくれる効果を期待することもできて、全体的に新陳代謝も活性化されていきます。とりわけ、しょうがは、寝ている間の体温の維持にも貢献してくれる成分であり、健康を内側からサポートしてくれます。新陳代謝を良くすることで、脂肪燃焼効果を期待することもできます。

ターメリック

カレーに含まれるターメリックは、別名でウコンとも呼ばれます。スパイスとして用いられるターメリックはカレーにもよく合います。ターメリックもニンニクやしょうがと同様に、体内の新陳代謝を高める働きをしてくれて、脂肪燃焼に効果を発揮します。また、ターメリックにはクルクミンと呼ばれる成分も含まれており、そのクルクミンが、脳のストレスを緩和する働きをもたらしてくれます。

じゃがいも

カレーにじゃがいもを入れて調理する方も多いでしょう。じゃがいもには、カリウムが豊富に含まれており、そのカリウムには体内の塩分のバランスを安定的に保ってくれる働きがあります。体内の塩分バランスを良くすることで、動脈硬化や高血圧などの健康被害から身を守る効果をもたらしてくれます。日本人は伝統的に塩分を好む傾向があるので、そういった意味でもじゃがいもは健康的な食材です。

また、じゃがいもにはビタミンCも豊富に含まれています。ビタミンCはグレープフルーツやオレンジといった果物に豊富に含まれる成分であり、肌のうるおいを保ってくれて、シミやそばかすなどの予防にも効果的です。また、ビタミンCを摂取することで、血管の強化や神経の強化にも役立ちます。そういったビタミンCの働きが、年齢とともに衰えてくる身体的機能の老化防止へとつながっていきます。

05e7dc43b680eaed

にんじん

カレーにはにんじんが含まれることも多いですし、にんじんを入れて調理する方も多いでしょう。にんじんいは、B-カロテンと呼ばれるビタミンAに相当する成分が豊富に含まれています。B-カロテンを適度に摂取することで、身体の免疫力を高めて、風邪の予防や血圧上昇予防、冷え性の予防などにつながっていきます。まさに、内側から身体を守ってくれる有効的な成分と言えます。

にんじんには、ほのかな甘みもあってカレーにピッタリの食材と言えます。野菜嫌いの方や野菜が苦手な子供でも、カレーと一緒であれば食べられるという方も多いのではないでしょうか。そういった意味でも、カレーに積極的ににんじんを使うことで、さまざまな健康効果を享受することができます。にんじんに含まれるB-カロテンには、貧血予防効果もあるので、ぜひその効果を実感してみてください。

カレーの健康効果

カレーには、さまざまな健康成分が含まれることをご紹介してきましたが、そういった成分が体内でいろいろな働きをして、多くの健康効果をもたらしてくれます。カレーを上手く味わうことで、健康にも良い影響をもたらしてくれるので、ダイエットと合わせてその効果を実感していきましょう。スパイスや調味料の使い方を工夫することで、より一層、健康効果を享受することが可能です。

脂肪分解効果

まず、カレーに含まれる具材や調味料などを味わうことで、脂肪分解効果を期待することができます。これは糖質オフカレーでも同様のことが言えるので、積極的に食べると良いでしょう。カレーにしょうが、ニンニク、唐辛子などを加えることで、体内の新陳代謝を高めることができます。新陳代謝を高めることで、体内での脂肪燃焼効果が発揮されやすくなり、結果的に肥満防止へとつながっていきます。

もちろん、新陳代謝を高めることだけでも十分な効果を期待することができますが、余裕があればウォーキングやジョギングなどといった、適度な運動と組み合わせることもおすすめです。活性化された新陳代謝の働きを利用するという点においても、適度な運動でさらにその効果を享受することができます。そうすることで、脂肪分解と同時に、体力面におけるスタミナ強化にもつながっていきます。

便秘解消効果

続いてのカレーの健康効果として、便秘解消効果を期待することができます。カレー自体が温かい料理であり、内側から身体を温めてくれて、冷え性の改善やお腹の調子を整えてくれる食べ物と言えます。そこに、クミンやナツメグといったスパイスを加えることで、さらに便秘解消効果を得ることができます。クミンやナツメグには腸の働きを整える働きがあり、それが便秘解消へとつながっていくのです。

また、ナツメグには腸の環境を整えるだけでなく、美肌を保つ効果もあると言われており、アンチエイジングにも役立つスパイスとして重宝されています。身体の内側から温めてくれるカレーとともに、適度にスパイスを味わうことで、より良い健康効果を享受することが可能です。ぜひ、カレーに合わせて、クミンやナツメグといったスパイスを利用してみましょう。

気分を安定させる効果

カレーとスパイスの組み合わせによっては、気分を安定させる効果を期待することもできます。とりわけ、カルダモンと呼ばれるスパイスを利用することで、その効果を一気に期待することが可能です。カルダモンには、交感神経の働きを良くする効果があり、リラックス効果に役立つとされています。疲れやストレスを感じている方にも、それを癒してくれる効果を期待することができます。

また、カルダモンには腸を整える働きもあり、便秘解消にも役立つと言われています。そういったスパイスをカレーと一緒に味わうことで、その効果を体感してみてください。また、シナモンにも交感神経の働きを良くする効果があり、リラックス効果や気分を安定させる効果を期待することができます。リラックス効果を感じることで、日々の生活も活性化されていくので、生活リズムに張りが出てきます。

カレーのダイエット効果

ここまでご紹介してきた、カレーに含まれる成分や健康効果を上手く利用することで、ダイエット効果を期待することも可能です。カレーはダイエットには適さない食品と言われることもありますが、工夫次第で、そういった声はいくらでも覆すことができます。カレーと共に、スパイスや調味料を工夫することで、ぜひそのダイエット効果を実感してください。

カレーにターメリックや唐辛子といったスパイスを加えることで、脂肪を分解する効果が発揮されます。合わせて、ナツメグやクミンなどのスパイスを入れることで、便秘解消効果が期待できます。そういった脂肪分解と便秘解消効果によって、身体の内側から徐々に太りにくい体質作りを行っていくと良いでしょう。食べたものを体内に置いたままにするのではなく、外に出すという身体作りが大切です。

また、ニンニクやしょうがといった食材を合わせることで、新陳代謝を高めることができます。新陳代謝を活性化することで、日中起きている時間帯の動きの量がそのまま、ダイエットに結びつくと言えます。いくら運動しても痩せにくいという方は、新陳代謝が鈍っている可能性が高いと言えます。そういった意味でも、カレーに含まれる食材を利用して、新陳代謝の働きを高めることが効果的です。

カレーダイエットのコツ

カレーダイエットを効果的に行っていくには、コツがあり、そのコツを頭に入れて行っていくことで、より一層効果を体感しやすくなります。そのコツとは、朝食にカレーを食べることです。朝食にカレーを食べることで、交感神経の働きを活性化しやすくなり、その日一日の身体の動きをよりスムーズにしてくれるという効果を期待することができます。

一日のリズムを良くすることで、カレーを食べることによって良くなった新陳代謝の動きをさらに効果的に利用することができて、それがダイエットにも結びついていくのです。また、朝食にある程度のカロリーを摂取しても、そのカロリーを一日の間に消化し切ることができるので、余計な脂肪分が体内に留まる心配もありません。日中の活動量が多ければ、朝食にカレーを食べるのは最適と言えます。

また、昼食や夕食にカレーを食べることがあっても、糖質オフカレーと呼ばれるカロリーや糖質を抑えたカレーを食べることで、太りにくい体質作りを進めていくことができます。カレーがダイエットに効果的ではないと言われるのは、カレー自体に問題があるわけではなく、カレーやご飯を食べ過ぎてしまうからです。そういった意味でも、糖質オフカレーであれば健康的にカレーを楽しむことができます。

糖質オフのカレーレシピ

それでは、ここからは実際に、糖質オフカレーのレシピについてご紹介していきます。糖質オフカレーであれば、カロリー制限中の方でも安心して食べることができます。もちろん、糖質制限中の方でも大丈夫です。いったんレシピを覚えてしまえば、糖質オフカレーを定期的に味わうことができて、健康的にも良い生活を送ることができるので、ぜひ頭に入れて実際に作ってみることをおすすめします。

糖質オフキーマカレー

準備する材料

  • カレー粉 大さじ2~3
  • たまねぎ 200g
  • トマト缶 200g
  • ほうれん草 400g
  • 鶏ひき肉 200g
  • いため油 大さじ3
  • すりおろしニンニク 大さじ1
  • すりおろししょうが 大さじ1
  • バター 30g
  • 塩   小さじ1
  • お好みに応じてスパイス・調味料

調理方法

スポンサーリンク

  • ほうれん草を茹でて、その間に玉ねぎをみじん切りにします。
  • 炒め油、すりおろしニンニク、すりおろししょうがと玉ねぎを合わせて、フライパンで炒めていきましょう。
  • その後、玉ねぎが透き通ってきたら、カレー粉を入れて1分ほど炒めます。
  • さらにトマト缶を入れて、かきまぜながら、5分~10分程度炒めます。
  • その後、ほうれん草と鶏ひき肉を入れて、火が通るまで炒めます。
  • 火が通ったら、お水を適量入れて10分ほど煮込んでいきましょう。
  • 最後に塩で味付けをして、軽く2~3分ほど煮込んでいけば、糖質オフキーマカレーの完成です。
  • お好みに合わせて、ナツメグやターメリックといったスパイスを加えて美味しくいただきましょう。

糖質オフキーマカレーのレシピについてご紹介しました。カレーと言うと、何かと時間がかかるイメージがあるかもしれませんが、糖質オフキーマカレーのように、短時間でも美味しくカレーを作ることができます。材料もシンプルで家庭にあるもので、余裕をもって作れるので、お財布にも優しい健康的な料理です。ニンニクやしょうがの風味も楽しみつつ、糖質オフの味わいをどうぞ実感してください。

糖質オフドライカレー

準備する材料

  • トマト 250g
  • ナス 200g
  • 玉ねぎ 200g
  • ピーマン 100g
  • にんじん 200g
  • 豚ひき肉 400g
  • カレー粉 大さじ2
  • コンソメ 大さじ1
  • お好みに合わせてスパイス・調味料

調理方法

  • まずは、トマト、ナス、玉ねぎ、ピーマン、にんじんを全て食べ頃サイズに切っておきましょう。
  • その後、フライパンで豚ひき肉と玉ねぎを炒めていき、豚ひき肉がほぐれ始めた時点で、野菜を全てフライパンの中に投入して炒めていきます。
  • 野菜に火が通ってきたところで、カレー粉とコンソメを混ぜ合わせていけば、糖質オフドライカレーの完成です。
  • お好みの調味料やスパイスを加えて、美味しくいただきましょう。

糖質オフドライカレーは、用意する材料もそれほど多くなく、調理方法もそれほど難しくないので、カレー作り初心者の方でもおすすめです。初めてカレー作りに挑戦されるという方は、まず糖質オフドライカレー作りから試していくのが良いのではないでしょうか。糖質オフドライカレーには、野菜もたくさん含まれており、さまざまな健康効果を享受することができる、おすすめの一品と言えます。

糖質オフのカレーレシピ2

糖質オフ豆カレー

準備する材料

  • カレー粉 大さじ2
  • 牛ひき肉 100g
  • すりおろしニンニク 大さじ1
  • すりおろししょうが 大さじ1
  • 豆 120g
  • トマト缶 400g
  • 玉ねぎ 100g
  • パプリカ 100g
  • コンソメ 大さじ1
  • 塩こしょう 適量
  • しょうゆ 適量
  • お好みの調味料・スパイス

調理方法

  • まず、フライパンにすりおろしニンニクとすりおろししょうがを入れて、香り立つまで炒めていきます。
  • その後、香りが出てきたら、パプリカと玉ねぎを入れて、玉ねぎが透き通るまで炒めていきます。
  • 玉ねぎが透き通り始めたら、ひき肉を入れて肉に火が通るまで炒めていきます。
  • その後カレー粉を混ぜて、さっと炒めていきましょう。
  • さらに、豆とコンソメ、トマト缶とお水を適量入れて煮込んでいきます。
  • 煮込み始めて、フツフツと煮立ってきたら、弱火にしてしょうゆを加えて、さらに15分ほど煮込んでいきます。
  • 煮込み終わったら、最後に塩とこしょうを加えて味を調整すれば完成です。
  • お好みの調味料とスパイスを加えて、美味しくいただきましょう。

豆カレーは健康にも良く、美味しい味わいを楽しめる糖質オフには最適な料理です。豆には、植物性タンパク質やビタミン、ミネラルといったダイエットに効果的な成分が豊富に含まれており、健康的な食材としても有名です。その豆とカレーを組み合わせることで、カレーの味わいも楽しみつつ、豆の健康効果も享受できるという一石二鳥の料理です。ぜひ、実際に調理してその効果を実感してください。

糖質オフ鶏肉のバターカレー

準備する材料

  • 鶏モモ肉 500g
  • トマト缶 400g
  • すりおろしニンニク 大さじ1
  • すりおろししょうが 大さじ1
  • 玉ねぎ 200g
  • バター 60g
  • ケチャップ 大さじ1
  • カレー粉 大さじ1.5
  • 塩、こしょう 少々
  • 生クリーム 適量

調理方法

  • まず、鶏肉を食べやすいサイズに切っておきます。
  • その後、フライパンにバターを大さじ2入れて加熱していきます。
  • バターがフライパンに浸透したら、鶏肉を入れて、塩、こしょうを加えて味付けしながら炒めていきます。
  • 5分から10分程度炒めて、鶏肉に火が通り始めたらすりおろりニンニク、すりおろししょうが、玉ねぎを加えて、玉ねぎが透き通るまで炒めていきます。
  • その後、カレー粉を加えて、中火か弱火で5分程度炒めていきます。
  • 最後に、トマト缶のトマトを汁ごとすべて入れて、ケチャップ、塩も合わせながら、全体に火が通るまで炒めていきます。
  • 火を止めてから生クリームを加えて、10分から15分ほど煮込んでおけば完成です。
  • お好みの調味料やスパイスを加えて、おいしくいただきましょう。

糖質オフ鶏肉のバターカレーは、糖質オフキーマカレーや糖質オフドライカレー、糖質オフ豆カレーなどと比べれば多少カロリーが高めの料理と言えます。バターや生クリームを利用している分、カロリーはありますが、それでも普通のカレーに比べれば、かなり糖質オフに成功しているカレーです。多少カロリーはとりたいけど健康も気にしたいという方には、糖質オフ鶏肉バターカレーをおすすめします。

お米の代わりに使える食材

糖質オフカレーでのダイエットを進める上では、ご飯の代わりとなる食材を使ってカレーを楽しむのも効果的です。もちろん、味の美味しさは保ったまま、さらにカロリーを抑えてカレーの味を楽しむことができます。ご飯はそれなりにカロリーがあるので、ご飯の量を減らすか、ご飯の代用となる食材を使うことで、効果的にダイエットに励んでいきましょう。

豆腐

まず、ご飯の代用となる食材として、豆腐を挙げることができます。豆腐カレーと呼ばれるカレーも出てくるなど、豆腐とカレーの相性はとても良いと言えます。豆腐を適度な大きさに切ってから炒めていくことで、ご飯風の食感を楽しむことができます。また、豆腐は焼くことで、お肉のような食感も楽しむことも可能で、いろいろな食感を楽しみながら味わえる貴重な食材と言えます。

おから

ご飯の代用として、おからで糖質オフカレーを楽しむのもおすすめです。カロリーを抑えるという点でもおからはおすすめであり、おからにタンパク質も豊富に含まれるので、その健康効果を期待することもできます。また、おからには食物繊維も豊富に含まれており、便秘解消効果にもつながりやすい食材と言えます。低カロリーの食材ではありますが、満腹感を得やすいという点でおからはおすすめです。

キャベツ

ご飯代わりの食材として、キャベツを千切りにして、その上に糖質オフカレーをかけて味わうのもおすすめです。キャベツのシャリシャリした食感と、カレーの味わいが絶妙にマッチして美味しくいただくことができます。キャベツはいくら食べても、それほどカロリーを気にする必要のない食材なので、ダイエットという点においても効果的です。生の野菜をそのまま食べられるというメリットもあります。

糖質オフのレトルトカレー

糖質オフカレーについて、自分で料理するのは大変だという方には、糖質オフのレトルトカレーでも、その効果を享受することができます。レトルトカレーであれば、温めてご飯にかけて食べれば良いだけなので、忙しい方でも簡単にダイエットを行うことができます。普通のレトルトカレーではなく、糖質オフカレーを楽しむことで、身体の内側から無駄のない身体作りを進めていくことができます。

トップバリュー糖質オフカレー

イオンで発売されているトップバリューの糖質オフカレーであれば、糖質がわずか8g以下に抑えられており、その効果を実感しやすいと言えます。トップバリューからは、キーマカレーやレッドカレー、グリーンカレー、野菜カレーの4種類が発売されており、4種類とも糖質が8g胃亜kということで、その健康効果を享受することができます。味にもこだわりを持った製品なので、美味しく食べられます。

糖質オフカレーダイエットの注意点

ここからは、糖質オフカレーダイエットの注意点についてご紹介していきます。いくら糖質オフとは言え、その食べ方を間違えるとダイエットとは逆効果になってしまうので、最低限の注意点は頭に入れておきましょう。まず、その注意点として挙げられるのが、糖質オフカレーは、朝食や昼食に食べるのが最適であって、夕食には用いないということです。

夜はとりわけ、副交感神経が活性化される時間帯と言われており、血管や筋肉が緩みやすくなる時間帯です。そうなることで、胃や腸といった消化器系の動きが活性化されて、体内に栄養が吸収されやすくなります。栄養が吸収される分には問題ありませんが、同時に活動量の少ない夜はエネルギーが余りやすくなるという特徴があるのです。その余ったエネルギーが脂肪に変わって蓄積されてしまいます。

脂肪が体内に蓄積されれば、当然、太りやすく肥満体質になっていくことは明らかです。そういった意味で、糖質オフカレーとは言え、夜に食べるのは禁物です。栄養を吸収しつつ、エネルギー消費も効果的に行える朝や昼の時間帯に食べることで、糖質オフの意味と効果を実感することができるのです。糖質オフカレーに関わらず、夜に何かを食べ過ぎるのはリスキーな行為なので、気をつけてください。

また、糖質オフカレーでは、食べる量にも注意が必要です。じゃがいもやたまねぎ、にんじんなどといった具材は健康にも良く、おすすめの食品ではありますが、食べ過ぎてしまってはダイエットになりません。糖質オフカレーダイエットを楽しむのであれば、ご飯の量が200g、カレーのルーが200g程度がちょうど良いと言われていますので、その数字を目安として味わうようにしてください。

糖質オフカレーダイエットの口コミ

それでは、実際に糖質オフカレーダイエットを行っているという方々の口コミについて見ていきましょう。実際の声を参考にすることで、より一層ダイエットのモチベーションが上がるという効果も期待できます。糖質オフカレーダイエットをこれから始めるという方も、口コミを参考にしながら、ダイエットに対する気持ちを高めていきましょう。

口コミ

  • 自らスパイスを作成して、2週間ほど糖質オフカレーダイエットを続けていくと、3kgほど痩せたので、今でも定期的に糖質オフカレーを楽しんでいます。
  • 朝食にカレーを食べ始めてから、身体が引き締まったような感じがします。昼食と夕食は特に変えていませんが、その効果を実感しています。
  • 私は野菜がそれほど好きではありませんでしたが、ダイエットのために糖質オフカレーを試し始めて、野菜も積極的に食べるようになりました。その結果、お通じも改善したような気がして、毎日スッキリとした気持ちで仕事に向かうことができています。

実際に、糖質オフカレーダイエットを行っている人たちの口コミを参考にすることで、ぜひモチベーションへとつなげていってください。糖質オフカレーは即効性のあるものではありませんが、継続的に行っていくことで、徐々に身体の内側から体質改善を進めていくことができます。野菜が苦手という方でも、カレーと合わせることで、食べやすくなるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

また、コリアンダーやクミン、シナモンなど、市販のスパイスを利用するのも良いですが、自らの手でスパイスを作ってみるのも効果的です。いろいろなスパイスや調味料を混ぜ合わせて、独自のスパイスを作っていくことで、さらなる健康効果を期待することも可能です。そういった食材作りを楽しみながら行うことで、ストレスを感じることなく、糖質オフカレーダイエットを続けていくことができます。

まとめ:糖質オフカレーについて

糖質オフカレーダイエットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。本文中でご紹介したレシピを参考にしながら、実際に糖質オフカレーを作ってみるのも効果的です。カレーという食べ物自体が、多くの人から愛される食品ですが、そのカレーでダイエットができるとなれば、やりがいもあるでしょう。他のダイエット法と比べても、楽しみながらできるという点でおすすめです。

また、糖質オフカレーダイエットを行うことで、便秘解消、脂肪分解、気分を高めてくれる効果が期待できるなど、人体にも良い影響を与えてくれます。そういった好影響を体感することで、ダイエットへのモチベーションが上がるという良いサイクルを期待することができます。そのサイクルを体感することができれば、体質改善も楽しみながら行っていくことができるので、ぜひチャレンジしてください。

人気記事