Medium 7b96094b0e2ad7c6

ライスミルクはコストコがおすすめ?選び方とダイエットに人気の商品紹介

SNSでもよく話題になるコストコのライスミルクですが、他のライスミルクと何が違うのでしょうか。コストコのライスミルクの栄養や味について、その特徴を調べてみました。また、ダイエットに向くライスミルクの選び方と人気商品についてもご紹介します。

カテゴリー:飲み物  作成者:はなみずき  投稿日:2017/12/08

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

ライスミルクとは?

ライスミルクとは、主にお米と水を原料にして作られた植物性のミルクです。お米を一日以上水に浸しておき、ミキサーで液状になるまですりつぶして作ります。ライスミルクが作られるようになったのは2010年以降で、もとは欧米のベジタリアンや牛乳が飲めない人たちの間で広まったものです。ライスミルクは低カロリーで栄養豊富なため、ダイエットにも良い食品として注目されるようになりました。

10cd00c4f82d7e59

ライスミルクはダイエットにおすすめ

ライスミルクは低カロリーなだけじゃない

ライスミルクはお米を原料とした植物性のミルクなので、脂肪が少なく低カロリーです。ライスミルクのカロリーは牛乳の半分ほどなので、牛乳の代わりに飲み物や料理に使うだけでも、いつもの食事のカロリーカットにつながります。コレステロールもゼロなので、ダイエットしたい人や健康に気を使いたい人にはおすすめの食品です。

Fd04b3f1cdda5f88

ライスミルクの豊富な栄養素

ライスミルクには、食物繊維をはじめとしたダイエットや美容に良い栄養素がたくさん含まれています。食物繊維はダイエット中の便秘を防いでくれるだけでなく、消化に時間がかかるので腹持ちが良のがメリットです。食事の前にライスミルクを飲むことで、食事の量を無理なく減らすことができたり、間食の代わりに飲んで小腹を満たすことができます。

ライスミルクには、ビタミンB群やEなどのビタミン類、鉄やカリウムなどのミネラル類も含まれています。ビタミンB群は脂肪などの代謝に必要なビタミンですし、ビタミンEは若返りのビタミンとも言われ、アンチエイジングに効果的だと言われています。カリウムは体の余分な水分を排出する役割があるので、ライスミルクにはむくみを防止する効果も期待できます。

C6dd4b350f4c1b4e

お米由来の希少な栄養素も含まれる

ライスミルクはお米を原料としているので、お米の持つ栄養素であるGAVA、ガンマオリザノール、セレニウムなどが含まれています。GAVAは脳内の神経伝達物質に関与して、気持ちを落ちつけたりストレスを緩和したりする働きがあります。ガンマオリザノールは、自律神経を整えるほか、美肌の効果も期待できます。セレニウムには、髪を丈夫にして白髪や抜け毛を防ぐ効果があると言われています。

A2ea46f3e70455bd

ポイント

・ライスミルクは、低カロリー、低脂肪、コレステロールゼロ。

・ライスミルクは食物繊維が豊富で腹持ちがよく、便秘防止にも役立つ。

・ライスミルクには、ビタミンやミネラルが豊富でダイエットの栄養補給に最適。

・ライスミルクには、GAVA、ガンマオリザノール、セレニウムなどの希少な栄養素が含まれている。

ダイエットに良いライスミルクの選び方

ライスミルクの選び方

ダイエットにはどんなライスミルクを選んだら良いのでしょうか。ライスミルクに使われている原料や添加物は、商品によって少しずつ違い、それによってカロリーや含まれる栄養も違ってきます。ダイエットには栄養価が高く、砂糖や甘味料が使われていないライスミルクがおすすめです。また、飲みやすさや味も商品によって違ってきますので、自分の好みの味を探してみましょう。

C0f0bcad6f47eeb9

ライスミルクの原材料の違い

ライスミルクには、玄米を原料にして作ったものと、精製した白米を原料にして作ったものとがあります。2つのうちダイエットにおすすめなのは、玄米を原料にしたライスミルクです。お米の食物繊維やGAVAなどの栄養素のほとんどは、米を包むもみや糠(ぬか)のなかに含まれています。精製した白米はそういった栄養素も落とされてしまうので、玄米よりも栄養価が低くなります。

Cc034744457a8ea3

ライスミルクの添加物は?

市販されているライスミルクには、ほとんどの商品に植物油や塩などが含まれています。有機植物油や天然塩を使うといった、原料にこだわった商品もあるので、気になる人は表示を確認しましょう。また美味しくするために糖分や香料を使っているものもありますので、ダイエットを目的として使う場合には、糖分が添加されていないものを選ぶようにしましょう。

Db1ac7e4eac60b74

ポイント

・ダイエットには、食物繊維や栄養が豊富な玄米を原料にしたものがおすすめ。

・糖分が添加されているライスミルクは避けたほうが良い。

コストコのライスミルクの特徴や価格

コストコのライスミルクの特徴

ライスミルクは、最近では日本のメーカー品も見かけるようになりましたが、欧米が発祥ですので輸入品が多くなっています。コストコのライスミルクは、カークランドシグネチャーというコストコの自社ブランドのもので、アメリカの商品です。一本が946㎖入りのものが、12本でワンセットになったものが売られています。容量が多いですが、開封前のものは常温で保存可能です。

コストコのライスミルクはオーガニック

コストコのライスミルクは、有機玄米を原料にしています。玄米以外のライスミルクの原料は、有機植物油、食塩、リン酸Ca、ビタミンA、ビタミンD2、ビタミンB12、葉酸と表示されていて、砂糖や甘味料などは入っていません。香料や保存料も無添加で、有機の原料を使っている点から見ても、ライスミルクの安全性にこだわって作っているのが分かります。

ライスミルクは、玄米で作られたものが栄養価が高くおすすめですが、実は玄米に残っているのは栄養だけではありません。栽培時に使われた農薬などは、モミなどの米の外側部分に多く残るので、精製されていない玄米には農薬が残っている可能性があります。コストコのライスミルクは、アメリカで認定されたオーガニックの玄米を使い、遺伝子組み換えの材料は使われていないことが明記されています。

コストコのライスミルクは価格も魅力

コストコのライスミルクに人気がある原因には、その価格の安さもあります。コストコの販売価格では、946㎖のライスミルクが12本入りで約2000円程度と、1本あたりの価格が160円ほどになっています。他のメーカーのライスミルクが1Lあたり500円から1000円程度しますので、ライスミルクとしては破格の安さと言えるでしょう。

スポンサーリンク

カークランドシグネチャーはコストコの自社ブランドですので、コストコのライスミルクは他のお店で買うことはできません。ネットで売られていることも稀にありますが、コストコで売られている価格の2倍から10倍の値段で売られているので、おすすめできません。コストコの会員になる前にライスミルクを試してみたい場合には、一日招待券を手に入れるなどの方法があります。

095b9a4f5381a8c4

ポイント

コストコのライスミルクの特徴は?

・オーガニックの玄米や植物油を使っている。

・香料などの余計な添加物が使われていない。

・約1Lで1本あたり160円ほどと価格が安い。

・コストコ以外では手に入らないのが難点。

コストコのライスミルクの味や飲みやすさは?

一般的に、ライスミルクには匂いなどにクセが感じられ、味に関しては好き嫌いが分かれるところです。コストコのライスミルクは、牛乳よりも薄くてサラリとした飲み心地です。匂いはあまりありませんが、人によっては糠のような匂いを感じて、苦手と思う人もいるようです。お米のほのかな甘みが感じられ、おかゆや甘酒が好きな人は美味しいと感じることが多いです。

コストコのライスミルクをそのまま飲むのが苦手と感じた人でも、飲み物や料理に使うと味や匂いが気にならなくなっておすすめです。コーヒーや紅茶に牛乳の代わりに入れると、ほのかな甘みが感じられ、砂糖なしでも美味しく飲めます。他にもパンケーキなどの手作りおやつやスープなどにも使えます。ライスミルクは下に沈殿物が溜まるので、飲む時には良く振って均一になるようにしましょう。

ダイエットに人気のライスミルク5選

コストコ以外でダイエットに人気のライスミルクは?

コストコのライスミルクは、オーガニックで価格が安いため人気ですが、近くにコストコのお店がない場合には手に入りにくいのが難点です。ダイエット向きのライスミルクで、ネットやスーパーで手に入りやすいライスミルクを5つご紹介します。栄養豊富な発芽玄米を使用したものや国産の原料にこだわったもの、飲みやすさにこだわったものなどがありますので、好みに合わせた選び方ができます。

45267e657e9a63fd

ギャバライスミルク

原産国はイタリア。オーガニックの玄米とイタリアの天然水で作られた、発芽玄米のライスミルクです。玄米は水に漬けて発芽させることで、GAVAなどの栄養素がより多く含まれるようになります。オーガニックのヒマワリ油とミネラル豊富な海塩以外の添加物は含まれていません。ネットで購入でき、1Lあたり1000円前後と価格は少し高めです。栄養価にこだわる人におすすめです。

ブリッジ ライスドリンク

有機米を原料に作られたイタリア製のライスミルクです。こちらは精製した白米を使ったライスミルクなので、玄米よりも栄養価が劣りますが、飲みやすいので人気がある商品です。ライスミルクが初めての人、玄米を使ったライスミルクが苦手な人におすすめです。ネットで手に入り、価格は1Lあたり600円程度と手ごろなライスミルクです。

ヴィフィット ブラウンライスミルク

タイ製のライスミルクで、ジャスミンライスというタイ米の発芽玄米を使って作られています。発芽玄米のほか、大豆たんぱくと香料が使われていて、比較的飲みやすくなっています。商品のレビューでも、発芽玄米なのに飲みやすいとの口コミが多い商品です。ネットやカルディなどの食料品店でも買うことができ、1Lあたり300円ほどなので、コストコのライスミルクの次に割安な商品です。

キッコーマン 玄米で作ったライスミルク

キッコーマンが国産の玄米と無添加にこだわって作ったライスミルクです。粉末にした玄米に水と酵素を加えて作られていて、油や塩などは入っていません。保存にも便利な使いきりの190㎖の缶で、ライスミルクを少量で試したい人にもおすすめ。砂糖や甘味料は無添加ですが、甘さは強めで甘酒に似た味わいです。ネットや大手スーパーで手に入り、価格は1缶200円ほどで売られています。

ふくれん ライスミルク

九州産の玄米を使用した国産のライスミルクです。米油と食塩の他に、乳化剤と香料が使われています。サラリとした口当たりで、優しい甘さが飲みやすいとの口コミが多い商品です。200㎖の紙パックで、携帯しやすい点も魅力です。大手スーパーで取り扱いがあり、価格は150円前後と手ごろですが、ネットでたくさん買うとさらに割安になります。開封前は常温で保存が可能です。

ライスミルクをダイエットに上手に取り入れるには

ライスミルクは、カロリーが牛乳の半分ほどで、ほんのりとお米の甘さが感じられます。料理や手作りおやつの材料として使うことで、乳製品や砂糖の量を減らすことができ、無理なく食事のカロリーをおさえることができます。ライスミルクの味が気に入った人は、おやつや食事の前に飲むだけでも、空腹感を紛らわせて食事や間食の量を減らすことができます。

ライスミルクは食物繊維が豊富で腹持ちが良いので、主食の代わりにするのもおすすめです。商品によっても多少違いますが、ライスミルクは200㎖で110キロカロリー前後です。ご飯茶碗1杯分(150g)のカロリーは252キロカロリーなので、食事の時のご飯をライスミルクに変えるだけでもカロリーを大幅にカットできます。朝食欲がない人は、朝食としてライスミルクを飲むのもおすすめです。

857d3e229d83637c

ポイント

ライスミルクをダイエットに取り入れるには?

・手作りおやつや料理に使い、乳製品や砂糖を減らしてカロリーをカットする。

・食事やおやつの前に飲んで、食べる量を減らす。

・ご飯などの主食の代わりに飲んで、食事のカロリーを減らす。

コストコのライスミルクとダイエットに人気の商品まとめ

73f165c603bcd244

ライスミルクはお米が主成分の飲み物で、低カロリーで栄養が豊富なため、ダイエットにおすすめの飲料です。食事や間食の前に飲んだり、料理などに使うことで、食事の量やカロリーを減らす効果が期待できます。ライスミルクには、玄米を原料にしたものと白米を原料にしたものがあり、ダイエットには栄養価の高い玄米のライスミルクがおすすめです。

コストコのライスミルクは原料に玄米を使い、オーガニックと無添加にこだわった商品で価格も安く、人気があります。ギャバライスドリンクやブラウンライスミルクは、発芽玄米を使用した栄養価が高いライスミルクです。キッコーマンやふくれんのライスミルクは国産の玄米使用で安心感があります。玄米が苦手な人には、ブッリジのライスドリンクが飲みやすくておすすめです。

人気記事