Medium e339880cb4be3760

ごぼう茶の南雲医師監修・あじかんの口コミ!ダイエット効果の評判は?

ごぼう茶を通販サイトで探すと真っ先に見つかるのが、南雲医師監修・あじかんのごぼう茶です。南雲医師監修・あじかんは、ごぼう茶の定番のような存在です。ここでは、あじかんのごぼう茶の良い口コミと悪い口コミ、ダイエット効果の評判について見ていきます。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:トト  投稿日:2017/12/07

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

南雲医師監修・あじかんのごぼう茶とは?

南雲医師監修・あじかんは「あじかん美食生活」が販売しているごぼう茶です。日本で一番売れしているごぼう茶メーカーの自信作ということで、ごぼう茶といったらコレというくらい通販では有名なごぼう茶です。

ごぼう茶の提唱者である「南雲医師」が絶賛しているから売れているというのが正しいかもしれません。南雲医師監修・あじかんのごぼう茶の対象ユーザーは次のようなタイプの人たちです。

  • 美味しく飲める市販のごぼう茶を探している
  • ごぼう茶ダイエットが気になっている
  • 便秘解消したい
  • 綺麗になりたい
  • 肌が気になる

ごぼう茶あじかんの監修者の南雲医師ってどんな人?

あじかんの監修者「南雲吉則医師(ニックネーム:なぐちゃん)」は、乳腺外科医、医学博士で、東京・名古屋・大阪・福岡にある南雲クリニックの総委員長です。テレビに多数出演している他に書籍に多数執筆しています。

南雲医師は61歳を越えながらも、見た目は30代というアンチエイジングのスペシャリストです。今でこそスリムな体型ですが、昔は173cmで77kgというメタボ体型でした。この体型の時に毎日1時間の不整脈に悩まされたことから「このままではいけない」ということで一念発起して今の生活に目覚めたそうです。

最初はまずタバコをやめて、暴飲暴食を改めるというものでしたが、今やかなりストイックなアンチエイジング法になっています。南雲医師がどんな生活を送っているのか一部見ておきましょう。

あじかん監修者・南雲医師の生活
1日1食 南雲医師が5年間の研究の末たどり着いた食事法。人間は空腹時こそ本来のパワーを発揮する、細胞修復機能が発達して若返りやダイエットにも繋がる
根菜類メインで皮ごと食べる 食事はごぼうや人参などの根菜類がメイン。野菜の皮には栄養が詰まっているので皮ごと食べる
1日摂取カロリーは500kcal 低カロリーかつ1食なので1回の食材の内容にはかなりこだわる。カロリーを抑えることで長寿遺伝子のスイッチがオンになる

アンチエイジングのためとはいえ、かなりストイックな生活をしていることがわかりますね。1日1食で摂取カロリーが500kcalというのは、運動をしている人や成長期の子ども、妊娠中や授乳中の人にはカロリー不足になりかねない生活です。

南雲医師の健康法は全ての人にお勧めできるものではありませんが、実践して実際に体の調子が良くなった人もいるみたいですね。ある程度歳をとって代謝量が落ちている人や、食べる量が多くてほとんど運動しない生活を改めたい人には合っているのかもしれません。

南雲医師監修・あじかんの良い口コミ

81df0a35e0b6cfea
  • 元々の体重が95kgで重めでしたが、2〜3ヶ月飲んで7kg減り、血糖値まで下がっていました
  • ドラッグストアで買いました。とても飲みやすく、お通じが良くなって以前の2倍は出ている感じです
  • 母乳にいいと思って飲み始めました。体重は少しずつ減ってますし、おっぱいも詰まらなかったです
  • ホームページのお試しを見て購入。美味しく飲みやすかったので現品を購入しました
  • 4ヶ月目ですが体重はまだ変わりません。ですが体調が良く、よく歩くようになりました

南雲医師監修・あじかんごぼう茶の良い口コミでは「体重が落ちた」「便秘が解消した」「普通に美味しい」「体調が良くなった」「母乳にもいい感じ」などの口コミが寄せられました。中には2〜3ヶ月飲んで体重が6kg減り、血糖値まで改善したという人もいました。

この口コミの人はもともと体重が90kg代だったので特別効果が出たようですが、他の人も緩やかに体重が落ちたというケースがあるようです。ごぼう茶はノンカフェインなので授乳中の人が飲んで母乳の出がよかった気がするという口コミもありました。

南雲医師監修・あじかんの悪い口コミ

4516669ddd7d59dc
  • 朝昼晩夜飲みましたが、便秘解消も体重減少効果もなしで、普通のお茶と変わらない
  • 匂いがダメでした。1週間飲んでも特に変化なしです
  • 値段が高くて解約を申し出たらオペレーターの対応が一変しました。不愉快なのでもう注文しません
  • 初回は安いけれど3ヶ月定期購入しなければいけないというのは、どうなんでしょう?
  • もともと便通が良かったのに、ごぼう茶を飲み始めたら便秘になりました

南雲医師監修・あじかんごぼう茶の悪い口コミでは「体重減少も便秘解消効果も出ない」以外に「逆に便秘になってしまった」という効果への口コミもありました。「味が美味しくない」という味についての口コミも多かったです。やはりごぼう茶は口に合わない人の方が多いようです。

南雲医師監修・あじかんごぼう茶の販売方法についての口コミでは「3ヶ月定期購入が必要なのがちょっと…」「オペレーターの対応に問題がある」などの意見もありました。最初は1週間お試しセットで600円(1週間分)で始めらるようなので、まずはそれを飲んで様子をみたほうが安心なようです。

南雲医師監修・あじかんごぼう茶のダイエット効果は?

3b7bc1ec7686eae2

南雲医師監修・あじかんごぼう茶のダイエット効果は、人によって差があります。美味しく続けられたという人でも、ダイエット効果は感じられなかったという人もいます。逆に、なんとなく飲んでたら痩せたという人もいました。

南雲医師本人はごぼう茶を飲んで体重が20kg減ったということですが、これはごぼう茶を飲んだだけではなく、1日1食500kcalや野菜メインの生活がプラスされたからでしょう。ただ、ごぼう茶の成分にも確かに健康にいい成分が含まれているのは事実です。

ごぼう茶ダイエットの根拠は?

6b61bf6a8aea613e

では、ごぼう茶にはダイエット効果があると言われている根拠はどこにあるのでしょうか?よく説明で出てくるのが「イヌリン」と「ポリフェノール」です。ちなみに、以前まではごぼう茶にはサポニン(石鹸みたいに油を溶かす)が含まれているから痩せるという説もありました。

ところが、ごぼう茶にはサポニンは入っていないということでサポニンダイエット説は静かに消えたようです。その代わりに出てきたのが「イヌリン」と「ポリフェノール」です。

ごぼう茶に含まれるイヌリンの効果

イヌリンはごぼう以外には菊芋やニラなどに多く含まれる多糖類(単糖類+単糖類…)の一種です。分類状は水溶性食物繊維になっています。イヌリンには糖の吸収を抑制して血糖値の上昇を抑えたり、善玉菌のエサとなって老廃物の排出を促すことで腸内環境を整える効果もあります。

イヌリンは砂糖やデンプンなどの糖類の仲間ですが、人間の消化器官はイヌリンを分解する酵素がないので、摂取しても体に吸収されずにそのまま体外に排出されます。なので元々は糖類だけれども、水溶性食物繊維に分類されています。

イヌリンは腸で水分を吸収するとゲル状に変化して、一緒に食べた糖質の吸収を抑えてくれる働きがあります。そのため「糖尿病の人には菊芋のイヌリンが効く」と話題になったこともありました。現在でも健康食品やダイエット食品にイヌリンが配合されています。

スポンサーリンク

  1. 糖尿病予防
  2. 腸内環境改善
  3. ダイエット

1.糖尿病予防

水溶性食物繊維であるイヌリンは、水に溶けるとネバネバのゲル状になり、胃から小腸への移動を穏やかにする作用があります。すると一緒に摂取した糖質の吸収がゆっくりになるので、食後の血糖値が急上昇してしまうのを抑えることができます。

食後に血糖値が急上昇すると、血糖を回収しようとしてすい臓からインスリン(血糖値を下げるホルモン)が分泌されます。インスリンが間に合うほど緩やかな血糖値の上昇であればいいのですが、一気に上がってしまうとインスリンの働きが間に合わなくなり、すい臓に負担がかかります。

インスリンがうまく効かなくなったり、すい臓で作られるインスリンの量が減ってしまうのが糖尿病です。現代の食生活は主食からの糖質の摂取以外に甘いものやスナック菓子、いも類などから多くの糖質を摂取する生活に偏っているため、糖尿病の発症リスクが高くなっています。

これに対して、水溶性食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、すい臓に負担をかけることで起こる糖尿病のリスクを下げてくれます。ごぼう茶を飲むことで、血糖値のコントロールがしやすくなるというわけです。

2.腸内環境改善

F530546d93a414b1

イヌリンには腸内環境を整える効果が期待されています。イヌリンは多糖類で、腸内で分解されるとフラクトオリゴ糖(ショ糖+1〜3個の果糖)として働きます。フラクトオリゴ糖は難消化性のオリゴ糖(単糖が2〜10個繋がったもの)に分類されます。

人間の町内には100種類、100兆個もの腸内細菌が棲み着いていると言われていて、善玉菌と悪玉菌が常に勢力争いをしています。イヌリンが消化されにくいオリゴ糖として腸内まで達すると、善玉菌のエサとなって善玉菌を元気にして、悪玉菌の勢力を抑えてくれます。

3.ダイエット

Bde65da1a56b6852

イヌリンは水溶性食物繊維なので、腸のぜん動運動に働きかける効果もあります。ぜん動運動というのは、腸にあるものを移動させる収縮運動のことです。これにより便秘解消効果が期待できます。また、元々は糖質でありながら消化酵素で分解されないので、ダイエット効果も期待できます。

ごぼう茶に含まれるポリフェノールの効果

5dd764013f78ad42

ごぼうの皮の中に含まれているポリフェノール(植物の苦味やえぐみ、色素成分)は「クロロゲン酸」や「アルクチゲニン」と言います。ポリフェノールのポリは「たくさん」で、「フェノール」はベンゼン環(炭素原子6つで作られる平面六角形構造)に水酸基(OH)が結合した化合物のことです。

「ポリフェノールには抗酸化作用がある!」と言われるのは、この水酸基(OH)に活性酸素の発生を抑えて除去する働きがあるからです。活性酸素はただの悪者ではなく、外から入ってきた細菌やウィルスをやっつける役目を持っています。問題は活性酸素が増えすぎることです。

活性酸素が増える原因として、精神的・身体的ストレス、喫煙、紫外線など様々なことが挙げられます。活性酸素が体内で増えすぎると、タンパク質やDNAを攻撃してしまい、老化や生活習慣病の原因になります。ポリフェノールはこの活性酸素の増えすぎを抑えてくれるというわけです。

クロロゲン酸とは?

クロロゲン酸はコーヒーにも含まれている健康成分で、近年注目されています。クロロゲン酸は双子葉植物(発芽時に双葉を出す植物)に広く含まれているポリフェノールで、抗酸化作用以外に糖尿病予防やメタボ改善効果が期待されています。

ごぼうをささがきにして水にさらすと、水が茶色く濁ります。これはアクではなく、クロロゲン酸の色です。ごぼう茶はクロロゲン酸をそのまま摂取できるので、クロロゲン酸を効率よく摂取できる飲み物です。

クロロゲン酸の抗酸化以外の効果
糖尿病予防 糖質がブドウ糖に分解されるのを防ぐ作用があるため、血糖値の急上昇を防いで糖尿病を予防する
メタボ改善 試験管レベルの実験では、すい臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害して脂肪の吸収を抑える

ちなみに、ごぼうを普通に調理する程度の温度で加熱したところ、230mg/100gのクロロゲン酸が確認されたそうです。クロロゲン酸=コーヒーの成分というイメージが強いですが、実はごぼうの方がクロロゲン酸の量が多いです。

クロロゲン酸はごぼうの皮の表面2〜3mmのところに多いので、必要以上に皮を剥かない製法で作られたごぼう茶ならクロロゲン酸をしっかり摂取できます。

アルクチゲニンとは?

53ea24c5dc56e084

ごぼうに含まれるアルクチゲニンはセサミンの仲間で、どちらも「リグナン」という物質のグループに属しています。リグナンは植物性ですが、腸内細菌によって代謝されると哺乳類リグナンになります。アルクチゲニンもセサミンもどちらもこの哺乳類リグナンに代謝される物質です。

アルクチゲニンは腸に届いて腸内細菌によって「エンテロラクトン」というフィトエストロゲン(植物由来の女性ホルモンに似た物質)に代謝されます。フィトエストロゲンは乳ガンのリスクを高めるという説がある一方で、国立がん研究所の大規模調査では乳ガンのリスクを下げると言われています。

フィトエストロゲンに対しての研究はまだ途中ですが、最近ではがんを抑制する効果の方が有力になっているようです。

まとめ:ごぼう茶の南雲医師監修・あじかんの口コミ!ダイエット効果の評判について

以上、南雲医師監修・あじかんのごぼう茶の口コミ、ダイエット効果の評判について見てきました。南雲医師監修・あじかんのごぼう茶の良い口コミでは、体重と血糖値が減った、お通じが良くなったなどの効果についての意見がありました。

一方、南雲医師監修・あじかんの悪い口コミではダイエット効果も便秘解消効果も感じられなかった、通信販売サービスに問題があるなどの口コミが寄せられました。南雲医師監修・あじかんのごぼう茶は1週間分のお試しサイズがあるので、まずはそれを飲んで味を確かめた方がいいみたいです。

あじかんのごぼう茶がダイエットに有効な根拠として、水溶性食物繊維の「イヌリン」が大きく関わっていることがわかりました。イヌリンが水溶性食物繊維として働くことで、血糖値の上昇を抑えたり、便秘を解消させるのでダイエット効果が期待できるようです。

あじかんのごぼう茶を飲めば必ずしも痩せるわけではありませんが、飲み物として気に入ったのであれば南雲医師の生活に習いながら続けてみるといいでしょう。

人気記事