Medium 921fe44946977515

ストレッチで痩せる?ダイエット効果のある理由とおすすめのやり方紹介

ストレッチで痩せる!ダイエット効果を引き出すストレッチで痩せる体質を作る!長く続けられるダイエットはストレッチしかない!ダイエット繰り返し挫折症候群をストレッチで卒業です。これであなたも今日から痩せる体質へと大変身しましょう。

カテゴリー:運動ストレッチ  作成者:SN-WORK  投稿日:2017/12/07

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ダイエット繰り返し挫折症候群

21795bd8591e6c2b

これまで、数々のダイエットを試してきたけど効果が出ず挫折ばかりで、「ダイエットなんてもういいや!」ってその時は思ってしまいますが、時間が経てばダイエット始めて、また同じことを繰り返す。どんなやり方も結果は同じと分かってはいるけど止められません。そしてまた効果が出る前に止めてしまう。

人生はダイエットしては挫折し、その繰り返しで生きているようなものです。少なくとも、この記事を読んでいるあなたは、繰り返し挫折症候群に病んでいませんか?でもご安心ください。世の中はそんなに捨てたものでもありません。

無理なダイエットは禁物

92a9b5d8013c8523

ダイエットは苦しいもの?

そんな繰り返し挫折症候群のあなたでも挫折しないダイエットで、痩せるやり方をお伝えしたいと思います。どんな方法でもそうですが、ダイエットで効果を得るにはやはり継続が大事です。筋トレや食事制限などのダイエット効果によって痩せる方法もいろいろとありますが、どれも苦しいものばかりです。

短期間のダイエットは体によくない

それに短期間でのダイエットは健康に支障が出ることも多々あります。無理なダイエットで不健康になって痩せたなんて、とんでもない話です。世の中にちょっとの時間で無理なくできて、毎日楽しく続けられて、そして体にも負担がかからず、さらに出費もなく、密かに誰にも知られることもなく健康的なやり方のダイエットって他にないのでしょうか?

よほどの決意と精神力がなければ、ダイエットを継続させて痩せるなんてできません。効果が出る前に挫折してしまい、結局リバウンドして元より太ってしまったという結果が目に見えています。さらに短期間で効果あり!なんてのも巷にはあるようですが、実際にやってみると〇〇配合食品とか、〇〇〇含有率30%飲料など出費の割には、なかなかダイエット効果がでないのが現実。

あなたもこれで繰り返し挫折症候群を卒業

E1c09f43f525651a

では何が無理なくできて、毎日楽しく続けられて、出費もなく健康的なダイエットで痩せることができる、そんな夢のようなやり方があるのか?もちろんあります。もうお分かりだと思います。

それはこの記事のタイトルにもありますが、ストレッチをすれば痩せることができます。おそらくあなたは、ストレッチで痩せる効果があることを半信半疑、いえ、まったく疑っているのではないでしょうか。

ストレッチでダイエット

では、はっきりと申し上げます。あなたもこのやり方なら痩せることができます。短期間で痩せることはできませんが、痩せる体質を作り上げることができるのです。ここではストレッチで痩せるというダイエット効果の理由とおすすめのやり方をお伝えします。

最後までこの記事を読んでいただければ、なるほどと分かっていただけると思います。これで繰り返し挫折症候群からあなたは卒業できることでしょう。

ストレッチは怪我の予防だけではない

Aa47ebb3eddb7281

ストレッチはスポーツや運動の前や後で怪我予防のために行なうのもでもあります。それは身体の筋肉やスジをほぐし柔軟性を高めることで、激しい運動での衝撃を和らげることができるからです。

だから準備運動(ストレッチ)は、怪我の予防に繋がるというわけです。そしてここからが一番肝心なところですが、ストレッチをすると、もう一つうれしい特典が付いてきます。それは、痩せる体質になるということです。何故ストレッチで痩せる体質になるのか?そのダイエット効果の理由をこれからお伝えします。

筋肉は傷んでる

A276cde3556769af

人間は筋肉の収縮によって体を何かしら動かしています。日々の散歩や通勤などで歩いたり、掃除や洗濯などの家事でも体を動かしています。動物は歩いたり走ったりジャンプしたり、打ったり投げたり逆立ちしたり、寝ているだけでも筋肉は収縮します。

スポーツなど激しい収縮によって筋肉は発達しますが、収縮を繰り返すことで筋硬縮という硬い状態になってしまいます。筋硬縮になると伸びたり縮んだりする弾性を失ってしまうのです。

弾性を失った筋肉は切れやすくなってしまいます。切れやすくなった筋肉は肉離れや筋断裂などの怪我の原因になります。そこで、硬くなった筋肉を伸展させ筋肉に弾力性や柔軟性を取り戻すためにストレッチは重要となります。つまりストレッチは収縮を繰り返し傷めてしまった筋肉を回復してあげるという考え方に基づいています。

ストレッチで痩せる理由はここにあった!

Ccc6deab5348720f

ストレッチにより筋肉に弾性を与えるという事は、血行を良くし、疲労回復につながります。これは血液の循環を改善することで、フレッシュな酸素や栄養物質を筋肉に送りこんでいくことにつながってくるのです。

つまり、ストレッチをすれば→血行が良くなり→熱を放出し→放出された熱を補うために熱を発し→熱を発するためにカロリーを消費する=脂肪の燃焼(痩せる)といったメカニズムによって、ストレッチで痩せる体質を作りダイエット効果を得ることができます。

人間は恒温動物

人間は恒温動物ですから、一定の体温を維持する仕組みを持っています。その仕組みを上手く利用することでダイエット効果を引き出すことができるというわけです。血流をよくすれば、足の先から頭のてっぺんまで血液がいきわたります。血行がよくなることで、冷えた体を元に戻そうと熱を発することでカロリーが消費されます。

ストレッチで痩せる体質改善

Affa71dad2c1a55e

この仕組みができあがれば痩せる体質となり、特に運動をしなくても自然とカロリー消費してくれる体になるというわけです。要するに基礎代謝を活発にさせることでダイエット効果を引き出して痩せるということになります。逆に冷え性の人は熱を発しにくく体の表面まで温まっていないため、カロリー消費しにくいのです。なので、残念ながら痩せにくい体質だということになります。

これで、ストレッチで痩せることができると信じていただけましたでしょうか。ストレッチでダイエット効果のある理由はこのことなのです。しかし、一言でストレッチといっても、いろんなやり方があります。もちろん、部位ごとに効果の違いもあります。では、「ストレッチで痩せるにはどんなやり方が効果があるの?」と思っていることでしょう。

ストレッチでおすすめの方法

08919427d9303dd5

その前に、先ずはストレッチのやり方の全般的なお話からします。ストレッチは何も器具を使用しないで、自分の体だけでできるストレッチがイチオシです。

気軽にできるストレッチ

ストレッチで道具や器具を使用すると場所をとりますし費用もかかります。ジムのような設備なんてストレッチには必要ありませんし、一般の家庭にはそんな広さもありません。ジムのような設備を使いたいのであればジムに行けばいいのですから。

それに何かを準備してストレッチをするとなると準備に疲れて長続きはしないでしょう。痩せるという目的よりも疲れるという方が勝ってしまい、ストレッチで痩せるどころではなくなります。それこそ繰り返し挫折に逆戻りとなります。

ながらでストレッチ

C94c3eddb32ab8e7

まだまだストレッチのメリットはあります。ストレッチは簡単な動きが多いので、ながら運動ができます。自宅でできるメリットを活かし、テレビを見ながら、音楽を聴きながらと精神的にゆとりを持ち、リラックスしてストレッチをすることができます。気軽にできるストレッチで好みの音楽や映画を観ながらダイエットができるなんて、とってもオシャレです。

スポンサーリンク

ダイエットは続けることが大事!

D5a9975eb077c4b2

そして冒頭にもお伝えしましたが、ストレッチを毎日続けることが大事です。継続はチカラなりです。運動量も少なく激しくないので、毎日の習慣さえつけば継続はとても簡単です。例えば、寝る前には必ず5分間はストレッチするとか、朝起きたときとか、生活の一部としてルーチンワーク化すれば抵抗なくできてしまいます。

ストレッチを習慣化させる

毎日お風呂に入ったり、食事したり、歯を磨いて顔を洗ったりすることと一緒です。ストレッチもその中に入れ込んでしまえば、生活の一部として無理なくダイエットができてしまいます。そのためには無理なストレッチはしないことです。無理をするから続かないのです。

ストレッチしてても油断はするな

それから肝心なのはストレッチでダイエットをするときは、食生活に気をつけて睡眠もしっかりとるようにしましょう。あくまでもダイエット効果を引き出すための体質作りということを忘れないでください。厳しい食事制限は必要ありませんが、食べ過ぎてるとカロリー過多となります。

そうしないとストレッチでダイエットするにはとても脂肪燃焼が追いつきません。ストレッチで脂肪燃焼するより、カロリー摂取が多くなり蓄積され、ストレッチでのダイエット効果は半減どころかマイナスになります。そもそもの痩せるという目的があるのに、その目的に反してしまいます。

ストレッチで痩せるためのやり方

368e66dbc0be2ad7

いよいよ、ここから具体的なストレッチでのダイエット効果が出やすいやり方です。ストレッチといっても、さまざまな部位に効果があるやり方があります。なので、ここでは痩せるというキーワードに絞ったストレッチのやり方を、お伝えしたいと思います。

ストレッチは高齢者も安全

どこの部位でもそうですが、基本的にはストレッチをすることで筋肉を柔らかくして、基礎代謝をあげてダイエットします。ですので運動量としては、激しくありません。体を痛めることが少なく体力のない方や高齢の方には、ストレッチダイエットはおすすめのやり方です。

では寝ながら簡単にできるストレッチをご紹介します。このストレッチは夜寝る前でも、朝起きたときでも、どちらでもいいですし、お昼寝のときでももちろんいいです。自宅なので、気兼ねなくできます。そんな手軽さがストレッチダイエットのメリットです。それではこれから簡単なストレッチのご紹介をします。

寝ながらできるストレッチ

Ff2421a8391f8a4a

お腹周りと腰周りに効くストレッチ

寝ながらツイスト(腹筋を鍛えるストレッチ)

  1. 仰向けに寝た状態で腕は真横に広げ、両ひざを曲げて立てます。
  2. 肩の力を抜き、息を吐きながらゆっくりと膝が離れないように左右に倒します。(腰と背骨の境目辺りがねじれる感じを意識して)
  3. そのままの姿勢をキープし、約15秒間自然に呼吸をします。
  4. 反対側も同じようにして、左右交互に10回前後を目安に行いましょう。

寝ながら足組み持ち上げ体操(腹筋を鍛えるストレッチ)

  1. 仰向けに寝て両腕を頭の後ろで組み腹筋運動をする姿勢をとります。
  2. 両脚は組んだ状態にします。(左右どちらが上でも構わない)
  3. 目線は斜め上を見たままで、ゆっくりと両脚を持ち上げます。
  4. 鼻から息を吸って、持ち上げるときに息を吐きます。

※背中は無理のない範囲で持ち曲げましょう。25回を3セット目安にしてください。最初は10回程度で2セットから始めても構いません。徐々に回数を増やしていけばいいのです。

寝ながらお膝をだっこ(ヒップに効くストレッチ)

  1. 仰向けに寝た状態で、足を曲げながら両膝を軽く立てます。
  2. 右足を持ち上げて胸に付けます。そのまま5秒ほど静止します。(膝を腕でだっこするようにして胸につけます)
  3. 今度は逆側の左足を持ち上げて同じように胸につけます。(こちらも同様に5秒間静止します)
  4. 最後に両足を持ち上げて、胸につけます。(こちらも5秒間静止します)

※このストレッチは腰からお尻にかけての伸びを意識しながら行うのが大事です。 股関節の動きを良くするだけでなく、背中~腰のストレッチにも効果があるのでおすすめです。

14a7e9cc64ebfc3c

寝ながらヘソ見(腹筋を鍛えるストレッチ)

  1. 仰向けに寝た状態で両ひざを曲げて立てます。(足は肩幅ほど開きます)
  2. お腹に両手を当てた状態で、ゆっくりと頭と両肩を持ち上げおヘソを見る状態にします。
  3. 腹筋に力が入ったのを感じたらそのままの状態をキープし、約15秒間自然に呼吸をします。
  4. この動作を7~10回、1日2回行いましょう。

寝ながら自転車(腹筋を鍛えるストレッチ)

  1. 仰向けに寝た状態で両足を持ち上げ、自転車をこぐ状態のようにして回転させます。
  2. なるべくゆっくりと30秒間くらいこぐように回転させます。

※腰に負担がかかりやすいので痛くなったらすぐに止めましょう。慣れてきたら秒数を伸ばすようにして、徐々に鍛えるようにすればいいです。

足に効くストレッチ

F7bd89e6f556d1b5

寝ながら足じゃんけん(足をスリムにするストレッチ)

  1. 仰向けに寝た状態で両足を伸ばします。
  2. 片足ごとに、足の指でグー・チョキ・パーをします。(グーのときは指先をぎゅっと丸め、パーのときは指先をいっぱいにひらきます)
  3. 片方の足で10回ほど繰り返したら、もう片方の足を10回繰り返します。(これを3セット)
  4. チョキが難しいようでしたら、グー・パーで繰り返します。

寝ながら正座(太もも前部に効くストレッチ)

  1. 正座した状態で上半身は仰向けにゆっくり倒します。(下半身が正座した状態です)
  2. 10秒間キープし、3回繰り返します。
  3. 膝が痛い人は無理をしないようにしてください。

寝ながら足首運動(ふくらはぎに効くストレッチ)

  1. 仰向けに寝た状態で両足は伸ばします。(両膝がつく感じで伸ばします)
  2. 両足同時に足首から先を伸ばしたり立てたりします。(20回を3セット)
  3. 片足ごとでも構いません。とても簡単なのでおすすめです。

寝ながらVサイン(足全体に効くストレッチ)

  1. 仰向けに寝た状態で両手を横にひらきます。
  2. 足を垂直に立てた状態で開脚し、5秒間キープします。
  3. 閉脚し、両足のかかと内側をくっつけた状態で5秒間キープします。(この繰り返しを10回)
  4. この動作を7~10回、1日2回行いましょう。

ストレッチダイエットのまとめ

Dee8eb8a9eff8b4f

以上が、自宅でできる簡単ストレッチです。ここで紹介したストレッチ以外にも、いろいろとありますが比較的簡単で、毎日できるストレッチを紹介しました。どれも寝ながらの状態でできるストレッチなので、体への負担も軽いしお金もかかりません。

ストレッチは基礎代謝を活発化させることでダイエット効果を引き出すことができます。痩せる体質を作りそして痩せる体質を維持させることで、健康な体と太らない体を作り上げることができます。

簡単なストレッチだから長く続けることができるので、いつの間にか痩せる体質を作り同時に健康な体を手に入れる最高のダイエットのやり方ではないでしょうか。それでは今日からあなたもストレッチで痩せるダイエットを始めてみましょう!

人気記事