Medium 8ea20930e0c3eb3f

ジャスミン茶とさんぴん茶の違いとは?味や効能・注意点など比較

ダイエットのためにお茶を飲んでいるは、たくさんいると耳にします。その中で気になるのは、ジャスミン茶とさんぴん茶。ダイエットにいいそうです。しかしこの2つのお茶は何が違うのでしょうか?ジャスミン茶とさんぴん茶の味や効能などの違いや注意点を調べてみました。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:megane3  投稿日:2017/12/08

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

ジャスミン茶とさんぴん茶の味や効能の違いはあるのか?

06dddd2d387a8c34

健康茶はダイエットにいい効果が出ることから、人気が高まっています。その中でもジャスミン茶やさんぴん茶が注目されているようです。ジャスミン茶は有名ですが、さんぴん茶はもの珍しい名前で気になってしまいます。しかしこの2つのお茶に違いがあることをご存じでしょうか?詳しく調べてみました。

ジャスミン茶とさんぴん茶の違い

ジャスミン茶はスーパーやコンビニでもよく見かけるお茶ですが、さんぴん茶の名前を知ったのはここ最近という人は少なくありません。どちらも健康になるといわれる健康茶になります。それぞれ特徴がありそうですが、その違いはどこにあるのでしょうか?ジャスミン茶とさんぴん茶をそれぞれ比較してみましょう。

基本的には同じお茶

5a19233c928ec5ad

名前がそれぞれ違うジャスミン茶とさんぴん茶。基本的に違うのは名前だけで、同じ成分でできています。発祥はどちらも古代中国から来たものです。ジャスミン茶は中国から伝来したのですが、ジャスミン茶を中国語では「シャンピェンツァー」といいます。沖縄にジャスミン茶が伝わると、なまりがきついので「さんぴん茶」と定着してしまったのが名前の由来です。

ジャスミン茶の一種がさんぴん茶

48aabacafba9c66a

沖縄でのジャスミン茶の呼び方はさんぴん茶。ということは起源が同じなので、ジャスミン茶とさんぴん茶は同じものということになります。細かいことを言えば若干違うのですが、これは後で詳しく説明します。要するにジャスミン茶とさんぴん茶は、ジャスミン茶の種類の中にさんぴん茶があるという違いしかありません。

ジャスミン茶とさんぴん茶の共通する効能

9e4f62797bb6c117

ジャスミン茶とさんぴん茶は同じですがどちらもジャスミンの花の香りをつけた、他の健康茶にはない独特のお茶です。香りがいいことでジャスミン茶もさんぴん茶も女性の間では人気が高くなっています。おしゃれな雰囲気があるのにダイエットにも効果的なジャスミン茶とさんぴん茶。どのような効果があるか説明します。

ベンデルアセテートで脂肪燃焼

09325bc3b7938039

ダイエットは脂肪をいかに落とすかがすごく重要です。ジャスミン茶とさんぴん茶には、2つとも脂肪を燃焼する効果が高い「ベンデルアセテート」が入っています。よくジャスミン茶とさんぴん茶の匂いをかぐことでリラックスすると言われていますが、この成分が大きい影響を出してくれます。そのリラックス効果から血行がよくなることで、脂肪が燃焼できるわけです。

脂肪抑制効果カフェイン

55f62c80e0df9b33

一般的なお茶にも入っていることが多いカフェインも、ジャスミン茶とさんぴん茶には入っています。目覚めがよくなることで知られるカフェイン。脂肪を抑制する効果もあるので、ダイエットと相性抜群です。さらに他のお茶に比べてジャスミン茶とさんぴん茶は、カフェインの量が微量。とくにさんぴん茶は100mlのうち15mlしか入っていないので、少しなら寝る前に飲んでも安心です。

脂肪を吸収させないタンニン

健康的な効果が期待できるポリフェノールの一種であるカテキン。この中に含まれているのがタンニンです。ジャスミン茶とさんぴん茶には、この成分も含まれています。タンニンは体の中の脂肪を吸収する働きがありダイエットにも効果的です。さらに体脂肪を少なくさせる効果もあるので、タンニンの効果を上げるには食事の前後に飲むことをおすすめします。

リラックス効果をあげるリナロール

857643d8db3ae15a

先ほどのベンデルアセテートでリラックス効果を上げられると紹介しましたが、リラックスする成分はそれだけではありません。それはリナロール。右脳を刺激させることで、自律神経の緊張を緩ませてリラックス効果を上げられます。血行が促進されてダイエットの効果も高くなるんです。同じリラックス効果を高める成分が2つもあるジャスミン茶とさんぴん茶。ダイエットにおすすめです。

ジャスミン茶とさんぴん茶の違いは味

92b21c4217ee5fa2

ジャスミン茶の一種がさんぴん茶と説明しましたが、少しだけ違いがあります。沖縄で飲まれているさんぴん茶。地域の違いがあることから味が少しだけ違うんです。それでもジャスミン茶とさんぴん茶の種類は同じなので、大きな差はありません。どのような味の違いがあるのでしょうか?具体的に説明します。

スポンサーリンク

さんぴん茶は日本人向けの薄めの味

03ad94b4e51cb252

ジャスミン茶のルーツは中国です。海外で作られたお茶は日本にはない独特の味がします。しかしさんぴん茶は沖縄で改良されたジャスミン茶。日本人に合うようにできているので若干味が薄いのが特徴です。ジャスミン独特の花の香りがジャスミン茶にはしますが、さんぴん茶は味と同様にそれも薄い印象です。

味に違いが出るのは半発酵茶だから

F31f94478da9c6f9

ジャスミン茶とさんぴん茶の若干のその違いは作り方が違うから。さんぴん茶は茶葉をある程度発酵させて加熱する半発酵茶です。それに引きかえジャスミン茶は発酵させずに加熱する緑茶ベース。発酵の度合いによって味や香りの薄さが出ているわけです。ウーロン茶など茶葉が茶色なのは発酵させているお茶。さんぴん茶も茶葉が違うだけで同じ作り方をしています。

ジャスミン茶とさんぴん茶の効果的な飲み方

A26c7ea27a870e33

脂肪の燃焼や吸収を抑える効果のあるジャスミン茶とさんぴん茶。効果的な飲み方をするとさらにダイエットを成功させやすくなります。普通に飲んでいても効果を実感することができますが、おすすめの飲み方があるので参考にしてみてください。それぞれの成分の特徴をうまく取り入れた飲み方になります。

食事をしながら飲む

Dfe52c386d32a316

ダイエット効果の高い成分であるタンニンの効果をうまく出すには食事中に飲むことです。それは脂肪の吸収をおさえる効果が高いから。食事で吸収される脂肪を少なくすることができます。脂肪の吸収が大きいと体に蓄積されやすくなり、とくに女性はお腹周りを中心に脂肪がついてしまいます。普段飲んでいるお茶を置き換えるだけなので簡単にできるのでおすすめです。

30分前に飲んで運動をする

7dea0065904b0530

脂肪を燃焼してくれるベンデルアセテートの効果をうまく出すためには運動する前にジャスミン茶とさんぴん茶を飲んでおきましょう。運動によるダイエット効果は血行を促進すること。ベンデルアセテートの効果と相性が抜群です。この成分を摂取後の30分を超えて効果が出始めるので、忘れずに準備しておくといいでしょう。

温めて飲むと効果的

96d0edfe67c081db

血行が促進されることでダイエット効果を高めるジャスミン茶とさんぴん茶。温めてホットにすることで、さらに効果を上げられます。冷え性の人にはとくにおすすめの飲み方で体を温める効果で内臓の働きを活発にすることが可能です。リラックス効果まで高められるので食事中にホットにして飲むことをおすすめします。

ジャスミン茶とさんぴん茶を飲むときの注意点

Ceb2fb1d9dc9343d

ジャスミン茶とさんぴん茶はいいことばかりのように見えますが、効果が高いことで注意することもあります。味が独特でハマってしまう人は、とくに注意してください。同じ成分からできているので守るべきことはジャスミン茶もさんぴん茶も同じです。今から紹介することに気をつけてダイエットに活用しましょう。

生理に悩んでいる人は飲みすぎに要注意

2431da6b669f5262

女性特有の悩みである生理。ピークの時にはつらい思いをすることもありますよね。ジャスミン茶やさんぴん茶はホルモンバランスを整える効果もあるので摂取するのはいいことですが、飲みすぎには注意してください。それはタンニンが原因。抗酸化作用もあっていい成分ですが鉄分が不足することがあります。貧血気味になる生理には要注意なわけです。

カフェイン中毒にも気をつける

B61ee383b77c26ab

味がおいしくてガブガブ飲んでしまうこともあるジャスミン茶とさんぴん茶。とくにペットボトルで販売されているので気軽に飲めるジャスミン茶には要注意。それはたくさん飲みすぎるとカフェイン中毒になりこともあります。微量しか入っていないと紹介しましたが、逆に安心して飲みすぎる人もたくさんいます。程よく飲むのがちょうどいいでしょう。

ジャスミン茶とさんぴん茶の味や効能の違いまとめ

2d09d3a590bde0cd

名前の違いから特徴も違いがあるのかと勘違いやすいジャスミン茶とさんぴん茶。じつは種類は同じで大きな違いがありません。しかしダイエット効果が高いことはどちらも同じです。正しい飲み方をしていると痩せることも可能なので、挑戦してみましょう。たくさん飲みすぎると体調不良の原因になるので、ほどほどにしてくださいね。

人気記事