Medium d937149673536c37

レモン水はポッカレモンで作っても大丈夫?代用する方法と効果を紹介

レモン水によるダイエットについて、詳しくご紹介していきます。レモン水はポッカレモンでも代用できるのか、その方法や効果についても取り上げていきます。自宅で気軽にできるダイエット法として、レモン水やポッカレモンに興味のある方は、どうぞ参考にしてください。

カテゴリー:飲み物  作成者:たつお  投稿日:2018/03/26

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

レモン水とは?

レモン水とはその名のとおり、水の中にレモンを絞った状態の絞り汁を加えた飲み物を表し、コールドドリンクとしても楽しめますし、ホットドリンクとしても楽しむことができます。レモンの絞り汁だけでなく、レモンを輪切りにしたものと水を混ぜ合わせても美味しく味わうことが可能です。レモンのすっきりとした甘さと水が上手く絡まり合うことで、あっさりとした味わいの飲み物となります。

レモン水では酸っぱくて飲みにくいという方は、ハチミツなどの甘味料と合わせて飲むのもおすすめです。レモンの酸っぱさと、甘味料の甘さが見事に融合したコク深い味わいを楽しむことができます。レモン水はホットでもコールドでも、自宅で簡単に作ることができるので人気があります。もちろん市販のレモン水を買っても良いですが、自分でレモン水を作った方が経済的と言えます。

レモンには、健康やダイエットにも効果的で身体に良い成分が豊富に含まれているため、レモン水がダイエット飲料として取りざたされるようになってきました。日常生活において、レモンをそのまま食べる人はそれほど多くなく、そのまま食べると酸っぱすぎるという理由もあるので、レモン水という形で飲みものとしての人気が高まってきたと言えます。

レモン水ダイエットはポッカレモンでも大丈夫?

レモン水は、ダイエット飲料としても人気のある飲み物ですが、ホットドリンクであるポッカレモンでも十分にダイエット効果を期待することができます。ポッカレモンにも十分な量のビタミンCやクエン酸が含まれており、ダイエットにも効果的です。ポッカレモンは100%レモン果汁で作られているので、レモンを絞りすぎなくても大丈夫です。

ポッカレモンにレモンの絞り汁を入れる際は、小さじ2杯程度の10cc~15cc程度の絞り汁を入れれば問題ありません。ポッカレモンをそのまま飲んでも構いませんが、多少なりともダイエット効果や健康効果を気にするのであれば、レモンの絞り汁を入れた方が良いでしょう。ただし、絞り汁を15cc以上入れると、酸っぱくなり過ぎて飲みにくくなってしまうので、注意が必要です。

ポッカレモンの場合、ホットなので、身体の内側から温まりやすいという効果もあります。特に冬の寒い時期や冷え性の方などは、レモン水よりもポッカレモンを味わう方が、トータルで見てメリットが大きいと言えます。もちろん、夏の暑い時期などは、キンキンに冷えたレモン水を味わうことで、健康効果やダイエット効果だけでなく、暑さ対策にもつながっていきます。

ポッカレモンでの代用方法

ポッカレモンには、レモンの絞り汁を10cc~15cc程度入れると効果的だとご紹介しましたが、そのまま飲んでも構いません。あるいは、ポッカレモンを利用する際には水と合わせて飲む方法も効果的です。ちょっとぬるい温度でレモン水を味わいたいという方は、水とポッカレモンを混ぜることで、ちょうど良い温度のレモン水を楽しむことができます。

ポッカレモンと水の適度な割合

  • 水 200ml
  • ポッカレモン 50ml

また、代用するポッカレモンは自ら作ることもできます。水とレモンを2分の1個(半分)準備して、水を温めてから、絞ったレモンの果汁を入れれば完成です。この時、レモンの酵素効果を残しておくという意味でも、水を48℃以上に温めないように気をつけてください。熱くしすぎてしまうと、レモンの絞り汁を入れても、酵素が分解されてしまい、思ったような効果を得にくくなってしまいます。

ポッカレモンを自ら作る時の割合

  • 水 200ml (48℃以下に温める)
  • レモン 2分の1個

純粋なレモン水に比べてポッカレモンの場合は、その酸っぱさや苦味が多少緩和されているところに飲みやすさがあると言えます。冷えたレモン水に比べて、温めたお湯の中にレモンを入れることで、レモンの酸っぱさが上手く分散され、飲みやすさを増長してくれるのです。そういった意味で、レモン水だと酸っぱすぎるという方は、その代用としてポッカレモンで楽しむのもおすすめです。

レモン水やポッカレモンの健康効果

ここからは実際に、レモン水やポッカレモンの健康効果についてご紹介していきます。レモン水やポッカレモンを飲むことで、主に美肌効果やリフレッシュ効果、疲労回復効果といった健康効果を期待することができます。そういった効果を意識しながらレモン水やポッカレモンを味わうことで、より一層効果が高まっていきます。それではそれぞれの効果について、有効成分も含めながら見ていきましょう。

美肌効果

まず最初に挙げられるのが、レモン水による美肌効果です。レモンには、ビタミンCが豊富に含まれており、そのビタミンCがコラーゲンの生成に効力を発揮して、肌の張りを維持させてくれます。また、ビタミンCには、シミの元とも言えるメラニンの生成を抑える効果もあり、コラーゲンの生成と合わせて、張りやツヤのある肌作りに貢献してくれます。

リフレッシュ効果

レモン水を飲むことで、リフレッシュ効果を期待することも可能です。レモンなどの柑橘系と呼ばれるフルーツには、シトラールやリモネンといった成分が含まれており、アロマにもよく使われるほどリラックス効果がある成分としても有名です。そういった有効成分を含むレモンの味わいや香りを楽しむことで、ストレス解消やリラックス効果へとつながっていきます。

ストレスを上手く解消していくことで、肌への好影響を期待することもできて、一石二鳥の効果をもたらしてくれると言えます。また、レモンに含まれるリモネンには、体内時計を調節する効果もあると言われており、夜更かしが多い方など、生活リズムが乱れがちな方が規則正しい生活へと戻す際の助けにもなってくれます。

スポンサーリンク

疲労回復効果

レモン水には、疲労回復効果を期待することもできます。レモンにはクエン酸と呼ばれる成分も豊富に含まれていり、そのクエン酸を体内に摂り入れることで、食べ物の消化を促進する効果と疲労回復効果につながっていきます。特に、お酒がお好きな方は、お酒を飲む前や飲んだ後にレモン水を飲むことで、二日酔いを軽減してくれる効果もあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

レモン水やポッカレモンのダイエット効果

ここからは、レモン水やポッカレモンによるダイエット効果についてご紹介していきます。レモン水やポッカレモンはダイエットにも最適であり、自宅で手軽にできるところにもメリットがあります。実際に、レモンには、エリオシトリンと呼ばれるポリフェノールが豊富に含まれており、そのポリフェノールが脂肪の吸収を抑えてくれて、太りにくい体質作りをサポートしてくれるのです。

脂肪の代謝と血流促進

またレモンに含まれるクエン酸には、脂肪の吸収を抑えて、脂肪を燃焼させる効果に期待することができます。クエン酸が脂肪の代謝を促進することで、余分な脂肪の燃焼につながり、代謝の良い身体作りをサポートしてくれます。余裕があれば、ウォーキングや軽いジョギングなどを定期的に行うことで、クエン酸によって良くなった代謝を利用して、さらなるダイエット効果につなげることができます。

脂肪を溜め込みにくくする

レモンにはペクチンと呼ばれる食物繊維も含まれており、ペクチンを体内に摂り入れることで、血糖値の上昇を抑えることができます。血糖値の上昇を抑えることで、脂肪を溜め込みにくい体質作りをしていくことが可能で、ダイエットにも効果をもたらしてくれます。血糖値をコントロールすることで、空腹感を覚えにくくするという効果もあり、余計なつまみ食いを防げるというメリットもあります。

便秘解消にもつながる

レモンに含まれるペクチンには、便秘解消効果を期待することもできます。ペクチンは水溶性の食物繊維の一種であり、腸内で善玉菌のえさとなって腸内環境を整えてくれます。腸内環境を整えることで、便通も良くなり、食べたものを外に出すという習慣が身につきやすくなっていきます。そうすると、食べてもしっかりと体重を元に戻すことが当たり前となり、ダイエットにも最適な状態となります。

レモン水ダイエットの効果的な飲み方

ここからは、レモン水ダイエットに効果的な飲み方についてご紹介していきます。レモン水やポッカレモンは、基本的にいつ飲んでも健康効果やダイエット効果を期待することができますが、少し工夫することで、さらなる効果を得ることにつながっていきます。まず、レモン水を飲むタイミングとしては夜に飲むのがおすすめです。

夜にレモン水やポッカレモンを飲むことで、脂肪の蓄積を抑えて脂肪燃焼効果を高めてくれるからです。夕食というのは、一日の中でもカロリーが高くなりがちであり、食事に合わせてレモン水を飲んだり、食後にレモン水を飲んだりすることで、脂肪の代謝を促す効果を期待することができます。そうすることで結果的に脂肪が蓄積しにくい体質へと変わっていき、ダイエットへとつながっていくのです。

朝のレモン水は控えよう

また、できれば朝にレモン水を飲むのは控えた方が良いと言えます。レモンにはソラレンと呼ばれる物質が含まれており、そのソラレンには「光毒性」があると言われています。光毒性があるソラレンを体内に摂り入れると紫外線のダメージを受けやすくなり、シワやしみの原因になってしまいます。したがって、日中に仕事がある方や外に出て活動する方は、朝にレモン水を飲むのは控えるのが賢明です。

レモン水ダイエットの口コミ

ここからは、レモン水ダイエットの口コミについてご紹介していきます。レモン水ダイエットやポッカレモンダイエットは、自宅で気軽にできるということもあり、実際に行っている人は数多く存在します。そういった人たちが投稿する口コミから、いろいろなことが見えてくるでしょう。これから、レモン水ダイエットに挑戦するという方は、良い口コミも、良くない口コミも参考にすると効果的です。

レモン水ダイエットの良い口コミ

  • レモン水は純粋に美味しいので、無理しているという感覚が全くなく気軽に続けることができています。
  • レモン水を飲み始めて、痩せているわけではありませんが、太ることもなくなったので、今後も飲み続けていこうと思います。
  • レモン水を飲み始めてから便通が良くなりました。毎朝すっきりした気持ちで仕事に向かえるのは嬉しい限りです。
  • レモン水を飲むようになってから、肌のツヤが良くなったような気がします。顔にも張りが出てきて、毎日活き活きと生活できるようになりました。

レモン水ダイエットの良くない口コミ

  • レモン水は酸っぱくて飲みにくいので、私には合わないかなと思いました。
  • レモン水を飲んでいるだけでは全く痩せなかったので、途中でやめてしまいました。
  • 毎朝、レモン水を飲んでいたのですが、顔にシミが多くなった気がします。やっぱり、朝にレモン水を飲むのは良くないみたいです。
  • レモン水を作るのが面倒だったので、毎回ポッカレモンを買っていましたが、続けていくとけっこう出費になるので、途中でリタイアしました。

良い口コミと良くない口コミの双方の視点から、レモン水ダイエットについて見ていくことで、より客観的な視点でその良さや欠点を分析していくことができるでしょう。こういった口コミも参考にしながら、実際にレモン水ダイエットを行うとしたら、どういった方法が良いのか、シミュレーションしてみるのもおすすめです。

まとめ:レモン水ダイエットについて

レモン水ダイエットについて、健康効果やダイエット効果、ポッカレモンでの代用方法、レモン水の効果的な飲み方などを中心にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。レモン水ダイエットは自宅で気軽にできるという点でおすすめのダイエット法です。ウォーキングやジョギングなどと組み合わせることで、さらに効果が期待できますが、まずはレモン水を飲み始めるのが良いでしょう。

ダイエットにおいては、何事も続けることが大切であり、レモン水を作るのが大変になってきたらポッカレモンを買いだめしておくのも効果的です。自分で作る日とポッカレモンで代用する日を上手く回していくことで、無理なくダイエットを継続していくことができます。また、レモン水ダイエットは即効性があるものではないので、長期的な視点を持ってコツコツと継続していくことがポイントです。

人気記事