Medium eb018595d0305c56

ビール酵母の効果について調査!期待できる効能・実際に痩せるのかまとめ

ビールを作るときに欠かせないビール酵母は、ダイエットや健康に効果があると言われています。「ビール酵母って何?」「どんな効果があるの?」という人のために、ここではビール酵母の効果について調査しました。期待できる効能や実際に痩せるのかについても紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品  作成者:トト  投稿日:2017/12/12

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ビール酵母とは?

ビールを作るときには、水と麦汁、さらにビール酵母が必要です。ビール酵母はパンづくりでも使われるイースト菌などの酵母菌の一種で、麦汁を発酵させるために使われます。非常に小さく、大きさは約10ミクロン(1ミクロン=1/1000mm)しかありません。

ビール酵母の細胞壁にはグルカン、マンナン、細胞内部には必須アミノ酸、ビタミンなどの栄養素が詰まっています。

ビール酵母ができるまで
①ビール大麦を選ぶ ビールと「ビール酵母」がこの麦で育つ
②大麦を麦芽にする 1の「ビール大麦」に水と空気を与えて発芽させて乾燥させ「麦芽」にする。このとき麦の中のでんぷんを糖に変える酵素活性が高まる
③麦汁を選ぶ 「麦芽」をこなにしてでんぷんなどの副原料とともに煮て「麦汁」を作る。
④ビール酵母を入れて発酵させる 発酵層の「麦汁」に純粋培養した生きた「ビール酵母」を入れる。「ビール酵母」は増殖しながら麦汁の糖分をアルコール+炭酸ガスに変えてビールを作る(アルコール発酵)
⑤ビール完成、ビール酵母は底に沈む 発酵を終えたビール酵母は沈殿する。上澄みがビール

ポイント

麦汁+酵母→「アルコール発酵」→ビール+ビール酵母

似ているけど違う!酵母と酵素

酵母は生き物

4645497fe06b09d9

漢字が似ているのでよく勘違いされますが、酵母と酵素は全く違うものです。酵素は「タンパク質からなる物質」なのに対して、酵母はいろいろなところに生息している「生き物」です。酵母は主に発酵を促す微生物として利用されています。

酒造りに使われる米麹も酵母の一種ですし、ヨーグルトに使われる乳酸菌、大豆を発酵させる納豆菌なども酵母です。食物に含まれる糖質をエサにしてアルコール+炭酸ガスに分解しながら成長していく過程が「発酵」です。

発酵させることで食物の栄養価が高まり、消化吸収もしやすくなります。発酵食品は腸内の善玉菌のバランスをの整えてくれることでも有名です。

じゃあ酵素って?

Ef1302d48617d678

酵素は私たちが生きていく上で行うほぼ全ての生命活動で必要なものです。酵素には体内で分泌される体内酵素(消化酵素・代謝酵素)と食べ物から摂取する食物酵素があります。酵素はその時々で必要な働きをしてくれます。

健康に必要なビタミンやミネラルも、酵素がないと十分に作用しません。つまり、酵素がなければ人間は生命活動を行えないということです。

酵母と酵素の違い
酵母 食物に含まれる糖をエサにする微生物
酵素 生命活動の源。タンパク質からできている物質

酵素摂取はサプリがおすすめ

ビール酵母に含まれている成分一覧

0438cf396427b168
成分 概要 効果・効能
アミノ酸 ビール酵母のおよそ半分を占める 体の材料になる
食物繊維 ビール酵母のおよそ30%を占める 腸内環境を整える
ビタミン類 代謝に関わるビタミンB群が特に多い 新陳代謝を活発にする、高血圧改善
核酸(DNA、RNA) 体の遺伝情報を伝える働き 新陳代謝を活発にする
グルタチオン 抗酸化作用やデトックス効果 アンチエイジング、生活習慣病予防
グルカン 免疫細胞のT細胞、NK細胞、マクロファージなどを活性化 免疫力アップ
エルゴステロール 紫外線を浴びるとビタミンDに変化 骨を丈夫に保つ、筋肉の収縮をスムーズにする

ビール酵母から得られる食物繊維は、特定保健用食品(トクホ)に認められています。ビール酵母を摂取すると腸内の善玉菌が増えて、ぜん動が活発になることで便秘解消やお腹の調子を整える効果があると言われています。

他にも体を作る素になるアミノ酸や代謝に関わるビタミンB群など、普段の生活で不足しやすい栄養素も入っています。そのほかの珍しい成分も含まれているのが魅力です。以下では特にダイエットに関係があるアミノ酸、食物繊維、ビタミンB群、核酸の効果について詳しく見ていきます。

ビール酵母効能①アミノ酸の効果

ビール酵母には体内で合成できないため、外部から摂取する必要がある必須アミノ酸9種類が全て入っています。また、体内で合成できる非必須アミノ酸も含めると合計19種類のアミノ酸を含んでいます。アミノ酸をビール酵母で摂取することで、新陳代謝や筋力アップ、疲労回復などの効果が期待できます。

脂肪燃焼効率アップ

アミノ酸を摂取すると、体脂肪が燃えやすくなり痩せやすくなります。なぜなら、脂肪分解酵素リパーゼはアミノ酸から作られるからです。体脂肪を燃やすためには、まずリパーゼが体の脂肪を分解して脂肪酸に変える必要があります。この脂肪酸が血液に送り込まれてエネルギーとして使われます。

アミノ酸の量が十分足りていると、リパーゼが増えて働きが活発になるので脂肪の分解が促進されて痩せやすくなります。

代謝が上がって痩せやすくなる

A70e1c7ef5a5b5bf

痩せ体質になるためには、基礎代謝を上げることが大切です。基礎代謝は内臓を動かすなどの働きのために最低限必要なエネルギーのことです。基礎代謝を上げるには、運動をして筋肉を発達させることが効果的です。そして、筋肉を発達させるために必要なのがアミノ酸です。

いくら筋トレを頑張っても、筋肉の材料になるアミノ酸が足りなければ逆に筋肉が分解されてしまいます。これを防ぎ、筋肉を増やすためにもビール酵母のアミノ酸は効果的です。筋肉が増えることで血流が良くなり、体温が上がることでさらに代謝アップ効果も期待できます。

美肌効果も期待できる

B8fe65c1807b818f

肌にハリやツヤを与えているのは「コラーゲン」です。年齢とともに肌にハリやツヤがなくなっていくのは、コラーゲンの生成量が減ってしまうからです。アミノ酸はコラーゲンを形成する成分であり、ビール酵母からアミノ酸を摂取することで体にコラーゲンを生成しやすくする効果が期待できます。

また、代謝がアップすれば肌のターンオーバーも正常化されて新しい皮膚に生まれ変わる速度が早くなるので、美肌や美白効果も期待できます。シミやシワが気になる人にもビール酵母のアミノ酸は嬉しい成分です。

美味しくアミノ酸摂取するならこちらもおすすめ

ビール酵母効能②水溶性食物繊維β-グルカンの効果

ビール酵母に含まれている食物繊維には、特にβ-グルカンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。以前まではβ-グルカンはきのこに含まれる食物繊維として有名でしたが、最近では大麦に含まれる水溶性食物繊維としても知られています。

整腸・免疫力アップ効果

F5fd9e1fa7c5a0d1

ビール酵母に含まれるβ-グルカンは、水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は体内で水に溶けてゲル状になり、便を軟らかくする効果があります。また、善玉菌のエサになり、善玉菌を元気にすることで悪玉菌の勢力を抑える効果も期待できます。

便秘が解消され、さらに善玉菌の働きが活発になれば腸内環境は改善していきます。腸内環境が整うことで、免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞やマクロファージなどの働きが高まり免疫力が高まる効果も期待できます。

血糖値の上昇を緩やかにする

2c2ecf5c36d1c710

β-グルカンのような水溶性食物繊維は、体内でゲル状になって糖質を包み込み、ブドウ糖の消化・吸収を緩やかにする効果があります。これにより血糖値の急上昇が抑えられます。血糖値が急上昇すると、血糖値を下げるためにすい臓から分泌されるインスリンというホルモンが増えます。

インスリンは血糖値を下げるだけではなく、余った糖質を脂肪に変換させて蓄積させてしまう働きがあります。これに対して、血糖値の急上昇を抑えることができれば食事から摂取した糖質が脂肪として蓄積されてしまうのを抑えることができます。

血糖値が急上昇しなければすい臓から大量にインスリンを分泌する必要がないので、すい臓の負担を減らすこともできます。そのため、ビール酵母にはすい臓を酷使することで起こる2型糖尿病を予防する効果が期待できます。

コレステロール値の上昇抑制

ビール酵母のβ-グルカンには血中コレステロールの上昇を抑える効果があります。β-グルカンは消化吸収されずに、コレステロールを吸着して便と一緒に体外に排出してくれるからです。その結果、血中のコレステロールが減り、動脈硬化や高血圧の予防効果が期待できます。

ビール酵母の効能③ビタミンB群の効果

スポンサーリンク

5855f850e9e63747

ビタミンB群は健康維持に欠かせないビタミンで、人間の代謝に深く関わっています。B群というだけあり、1つではなく8種類揃ってビタミンB群と呼ばれています。ビール酵母にはビタミンB群の8種類全てが含まれていて、天然の食材の中ではビタミンのレベルが高いです。

ビタミンB群の種類 特徴
ビタミンB1 糖質代謝、疲労回復。ご飯、スイーツ好きに欠かせない
ビタミンB2 脂質代謝、美肌。ダイエットに欠かせない
ナイアシン アルコール分解に関わる。お酒好きに必須
ビタミンB6 タンパク質代謝、ビタミンB2と一緒に摂取
ビタミンB12 葉酸と協力して赤血球合成、貧血予防
パントテン酸 イライラ解消、三大栄養素の代謝サポート
ビオチン コラーゲンの生成に関わる、美肌、風邪防止
葉酸 ビタミンB12と協力して赤血球合成、DNAを作る手助け

ビタミンB群は互いに協力しあって働くので、どれか一つだけを摂取するのではなく色々な種類を摂取することが大切です。ビール酵母にはビタミンB群全てが含まれているので、相互に作用して効果を発揮してくれます。特にビタミンB1とビタミンB2、ビタミンB6はダイエットに効果的なビタミンです。

糖質をエネルギーに変えるビタミンB1

C82732fbf31548bb

ビタミンB1は糖質の代謝に関わっています。米や小麦などの糖質が多い食品を摂取する人は積極的に摂取する必要があります。また、アルコール代謝にも関わります。ビタミンBが不足すると、糖質を摂取した時にエネルギーに変換されずに体脂肪として蓄積されて肥満の原因になります。

また、脳はブドウ糖を栄養素にするのでビタミンB1が働かないと脳にブドウ糖が供給されなくなり、イライラや不安の原因になります。ダイエット中のイライラを緩和するにもビタミンB1は大切です。

脂質代謝に欠かせないビタミンB2

C2eb1d1313f5313b

ビタミンB2は三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)全ての代謝に関わっていますが、特に脂質の代謝には欠かせないビタミンです。脂っこい食事を食べるときにビタミンB2を一緒に摂取すると脂質の分解がスムーズになり、太りにくくなります。

また、あらゆる代謝に関わるビタミンなので激しい運動をする人も積極的に摂取したほうがいいです。ビタミンB2は代謝に関わるので、肌のターンオーバーを促進する作用もあります。ビール酵母ダイエットだと肌の材料になるタンパク質やコラーゲンの生成を促すビタミンB6もまとめて摂取できます。

筋力アップに欠かせないビタミンB6

Be6967773306373a

ビタミンB1が糖代謝、ビタミンB2が脂質代謝ときたら、ビタミンB6は残りのタンパク質の代謝に欠かせないビタミンです。ビタミンBは6はタンパク質からエネルギーを取り出したり、筋肉や血液に作り変える時に必要です。

食べ物では肉、魚、ご飯などにも含まれているので摂取する機会は多いですが、肉好きや筋トレ中でプロテインを飲んでいる人は特に意識して摂取することが必要です。また、ビタミンB6はビタミンB2の協力がないと働かないので、ビール酵母で一緒に両方摂取するといいでしょう。

ビール酵母の効能④核酸(DNA、RNA)の効果

7ebaf1fa79f26448

ストレスや紫外線の影響で体内で増えてしまう活性酸素は、遺伝子に傷をつけて細胞の再生を邪魔したり、正しく機能しない異常細胞(がん細胞など)を生み出してしまいます。この活性酸素の害を食い止めて細胞内の遺伝子を守り、細胞の生まれ変わりをきちんと行わせるには「核酸」が必要です。

ビール酵母には核酸も含まれていて、消化されると「ヌクレオチド」や「ヌクレオシド」に分解され吸収されて血液によって体じゅうに運ばれます。そして細胞を修復するための材料になります。また、体の調整役である補酵素としても働きます。

ビール酵母の核酸が補酵素として働くことで、消化酵素や代謝酵素の働きがスムーズになるので代謝アップ効果も期待できます。

ビール酵母ダイエットの良い口コミ

1f2f5f7c19b2265e
  • ヨーグルトにビール酵母を混ぜて食べ始めたら、過食気味だったのに空腹感がかなりなくなりました
  • トースト1枚+コーヒー+ビール酵母ヨーグルトで2ヶ月弱で3kg減に成功。リバウンドもなしです
  • ビール酵母のサプリを飲んでます。疲れにくくなった気がします
  • ビール酵母+カスピ海ヨーグルトを朝食前に摂取。昼までほとんどお腹が空きませんし便通もいいです

ビール酵母ダイエットの良い口コミでは、ヨーグルトにビール酵母を混ぜて食べる方法を実践した人が多かったです。「空腹感を感じにくくなった」「便通が良くなった」「痩せた」などの口コミがありました。ビール酵母のサプリを飲んで手軽にダイエットしている人もいました。

ビール酵母ダイエットの悪い口コミ

D5a0cfc4a38f0e79
  • ビール酵母ヨーグルトは寒い時期になると食べる気がしないのでおすすめしない
  • ビール酵母の粉末はまずいし、すぐにお腹が空く
  • 粉末をもらって飲んでみましたが、お腹が張る感じがして気持ち悪く3日で挫折

ビール酵母ダイエットの悪い口コミでは「ビール酵母の味が苦手」「ビール酵母ヨーグルトを食べるのが大変」「お腹が張る」などの口コミがありました。ビール酵母は独特の味がするので、それを苦手と感じる人も多いようです。味をどうするかがビール酵母ダイエットの成否を左右するようですね。

ビール酵母ダイエットのやり方①ヨーグルトに入れる

Fc6ae0d6276eb8b2

ビール酵母ダイエットのやり方で最もポピュラーなのが、ビール酵母をヨーグルトに混ぜたものを食事と置き換えたり、食前に食べる方法です。ビール酵母がお腹の中で膨れることで、少量でもお腹いっぱいになり自然と食べる量を減らすことができます。

ビール酵母ヨーグルトダイエットのやり方
食事の量を減らしたい 食事の30分前にビール酵母入りヨーグルトを食べる
ダイエット効果を高めたい 食事をビール酵母入りヨーグルトに置き換える(1日1食まで)
間食の習慣がある おやつの代わりにビール酵母入りヨーグルトを食べる

ビール酵母は栄養価が高い食べ物ですが、ビール酵母だけでは栄養バランスが崩れるので1食をビール酵母入りヨーグルトに置き換えた場合は他の2食の栄養バランスに注意しましょう。

ビール酵母入りヨーグルトの作り方

1回に食べるヨーグルトは180gまでが上限です。180gのプレーンヨーグルトの場合はビール酵母を大さじ2(約10g)入れてください。ビール酵母は苦味があるので、苦味がきになる場合は慣れるまではフルーツなどを加えて食べやすくするといいです。ジャムや砂糖はカロリーが高いので少量にしてください。

材料(1人分)
プレーンヨーグルト 90g
粉末ビール酵母大さじ1 (約5g)
  1. プレーンヨーグルト90gに対して粉末ビール酵母大さじ1を加えてよく混ぜる

ビール酵母ダイエットのやり方②ビール酵母サプリを飲む

ビール酵母は粉末タイプもありますが、もっと手軽に摂取するならサプリメントを利用するといいです。各メーカーからビール酵母入りサプリが販売されているので、使いやすいものを選んで飲むといいでしょう。メーカーによって1日の目安摂取量は異なりますが、だいたい15粒が平均です。

ビール酵母サプリを飲む場合は、1度にまとめて飲むよりも小分けにして飲むのがおすすめです。ビール酵母に含まれているビタミンB群は水溶性のビタミンなので、多く摂取しても多すぎる栄養素は水に溶けて尿から排出されてしまうからです。

小分けにして飲めばビタミンB群の栄養素を無駄にせずに吸収することができます。飲むタイミングは決まっていませんが、食前に飲むと血糖値の急上昇を抑える効果が期待できます。また、食前に飲むとビール酵母サプリの水溶性食物繊維でお腹が膨れて満腹感を感じるので食べ過ぎを防ぐことができます。

ビール酵母サプリに限らず、サプリメントは規定量よりもたくさん飲めば高い効果が期待できるものではないので飲み過ぎには注意してください。飲みすぎるとお腹の調子が悪くなるなど不快症状が現れる恐れもあります。

最初のうちは1日の目安摂取量よりも少なく飲み、徐々に量を増やしていくといいでしょう。「調子がいいな」と思える量がわかったらその量を継続して飲んでみるといいです。サプリの効果が実感できるまでには3ヶ月くらい必要です。

ビール酵母サプリだと、ビール酵母ヨーグルトダイエットの時のような苦味を感じずに飲むことができます。ビール酵母入りヨーグルトが苦手で食べられない人はサプリでビール酵母ダイエットをするのがおすすめです。サプリはほぼノンカロリーなので余計なカロリーを摂りたくない人にも向いています。

まとめ:ビール酵母の効果について調査!期待できる効能・実際に痩せるのかについて

D9621e898c821242

以上、ビール酵母の効果について期待できる効能、実際に痩せるのかどうか調査してきました。ビール酵母に入っている栄養成分で痩せる効果が期待できるのは以下の成分のおかげです。

成分 効果・効能
アミノ酸 脂肪燃焼効率アップ、代謝アップ、美肌
食物繊維 整腸作用、免疫力アップ、血糖値の上昇抑制、コレステロール値の上昇抑制
ビタミンB1 糖質代謝、疲労回復。ご飯、スイーツ好きに欠かせない
ビタミンB2 脂質代謝、美肌。ダイエットに欠かせない
ナイアシン アルコール分解に関わる。お酒好きに必須
ビタミンB6 タンパク質代謝、ビタミンB2と一緒に摂取
ビタミンB12 葉酸と協力して赤血球合成、貧血予防
パントテン酸 イライラ解消、三大栄養素の代謝サポート
ビオチン コラーゲンの生成に関わる、美肌、風邪防止
葉酸 ビタミンB12と協力して赤血球合成、DNAを作る手助け
核酸 細胞の修復、代謝アップ

ビール酵母ダイエットを実践した人の口コミでは「ビール酵母入りヨーグルトを食べたら空腹感を感じにくくなった」「食べる量が自然に減らせた」などの声が寄せられました。悪い口コミでは、効果が感じられないというよりも「ビール酵母の苦味が苦手で続けられない」という声が多かったです。

ビール酵母はダイエットや美容に効果的な栄養素が豊富に含まれているので、粉末をヨーグルトに混ぜたり、サプリを飲めば健康体になり痩せる可能性があります。空腹感を感じにくくしてくれる、ビタミンB群の働きで代謝が高まるなどの効果が痩せる理由のようです。

人気記事