Medium ef608bba060d6b23

酢しょうがの効果についてまとめ!ダイエット・脂肪燃焼の効能の他には?

酢にしょうがを漬けるだけで作れる酢しょうがは、ダイエットや脂肪燃焼効果があると言われています。ここでは酢しょうがの効果について、ダイエットや脂肪燃焼以外の効果もあるのかについて見ていきます。酢しょうがの他の健康効果を知りたい人は参考にしてみてくださいね。

カテゴリー:食べ物調味料  作成者:トト  投稿日:2017/12/15

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

酢としょうがの主な薬効

酢しょうがの効果を知るには、酢としょうがそれぞれが持つ効果を見ていけばわかります。酢しょうがは主にダイエット効果を期待して食べる人が多いですが、酢しょうがはそれ以外にもたくさんの効果を持っています。

しょうがと酢の効果
しょうが
・ジンゲロール 血管拡張、免疫力向上、鎮痛・抗炎、コレステロール値抑制、抗菌、抗酸化
・ショウガオール 温め効果・代謝向上、血流促進、うつ・不眠改善
・食物繊維 便秘予防・解消
内臓脂肪を減らす、中性脂肪を減らす、血圧低下、血糖値上昇抑制、鉄分不足解消、骨粗しょう症予防

ダイエット効果は主に酢から、脂肪燃焼効果は主にしょうがからきている効果です。また、お互いの血流改善効果によって体が温まることでダイエットや脂肪燃焼効果が高まります。以降ではこれ以外の効果について見ていきます。

酢しょうが効果①体を温め代謝をアップ

A4f148e56b9ff3f0

「冷え」は食生活の乱れや運動不足、ストレスによってもたらされます。男性でも冷え性の人はいますが、女性の方が筋肉量が少ないので冷えやすいです。冷えると体のあちこちの不調につながります。酢しょうがのしょうがは、温め効果が強力です。

しょうがに含まれる「ショウガオール」という成分は、交感神経に働きかけて血流を促す効果があります。この成分のおかげで体の内側から温まります。その効果は昔から知られていて、体を温めて臓器の動きを活発にさせるとして漢方薬の7割にしょうがが使われています。

西洋医学では「冷え」という概念はありませんが、東洋医学では「冷えは万病のもと」と言われています。酢しょうがのしょうがが体を温めることで代謝がアップし、体の様々な体調不良を改善してくれます。

また、しょうがを皮ごと熱することで「ショウガオール」は「ジンゲロール」という成分に変化して、温め効果がより一層強くなります。なので、酢しょうがを使った料理を作るときは温かい料理に使ってあげると冷え改善効果がより高まります。

ショウガオールとジンゲロール

E8c0dfa9ac3ca393

「ショウガオール」はしょうがの辛味成分のひとつです。しょうがを乾燥させたり、加熱した時に生しょうがに含まれる「ジンゲロール」の成分が一部変化することで生じます。分子構造としては「ジンゲロール」の水分子が外れると「ショウガオール」になります。

この2つは名前こそ似ていますが、全く違う成分で働きも異なります。ただし、どちらも体を温める作用は共通しています。ただし温め方が異なります。

ジンゲロールとショウガオールの温め方の違い
ジンゲロール 体の深部の熱を手足や指先に運ぶ 体を冷やすという説も
↓(加熱、乾燥)
ショウガオール 体の深部の熱を作り出して温める 冷え性改善にはこちらの方が効果的

生しょうがに多く含まれる「ジンゲロール」は、体の深部の熱を手足や指先に運んで体の末端を温めます。血流を改善させて深部の熱を運ぶので、深部の熱は奪われていきます。結果的には末端が温まり体を冷やすことはないのですが、体を冷やしてしまう可能性があるという説もあります。

これに対して、しょうがを乾燥、加熱した時に得られる「ショウガオール」は体の深部に熱を作り出して体を温める作用を持っています。深部体温を上げる作用が高いので、体を芯から温めたい場合はショウガオールの方が効果が高いと言われています。

酢しょうが効果②コレステロールの低下

Db5ea5aadcdbcfbe

酢しょうがには悪玉コレステロールを低下させる効果も期待できます。コレステロールは細胞膜を生成するために必要な要素で、生きていくために欠かせない脂質です。しかし、悪玉(LDL)コレステロールの値が高いと血管が弾力を失って脆くなる動脈硬化のリスクが高まります。

動脈硬化は糖尿病の合併症として起こることが多いです。動脈硬化自体が狭心症、心筋梗塞、脳梗塞といった病気の原因になります。しょうがに含まれる「ジンゲロール」は、コレステロールの原料になる胆汁を排出させる作用があります。

「ジンゲロール」が新しい胆汁の生成を促すことで、体内のコレステロールが消費されやすくなり、コレステロール値の改善に役立ちます。

酢しょうが効果③むくみ解消

塩分過剰により起こるむくみ

965ef95387d0d555

水分の摂りすぎや運動不足で起こるのがむくみです。人間の体は60%が水分でできています。例えば体重50kgの人なら、およそ30kg(30L)分は水分でできているということになります。この30Lのうち、細胞の周りにあるのはおよそ7.5L分です。

むくみというのは細胞の周りの水が増えすぎた状態です。細胞周りの水分量が増える原因で多いのが、塩分の摂りすぎです。血液の塩分は常に一定になるように調整されています。なので、塩分の多い食事を続けていると血中の塩分濃度が高くなり、それを薄めようとして大量の水が入ってきます。

塩辛いものを食べた時に喉が渇くのは、脳が血液の塩分を薄めようとするからです。ところが、ここで水分を過剰摂取すると血管から周囲の細胞に余分な水分が排出されてしまいます。血液のバケツから水が溢れ出て細胞周囲に流れ込むようなイメージです。

体が温まるとむくみが取れる

酢しょうがは、このむくみの状態を改善してくれる効果もあります。しょうがの「ジンゲロール」が交感神経に働きかけて血流を促進すると、体の内側から温まって滞っていた水の流れが良くなります。体が温まると尿を作る腎臓の機能も高まり、余分な水分は尿と一緒に排出されます。

むくみ解消ならサプリもおすすめ

酢しょうが効果④高血圧改善

3b4da34ccf700627

心臓病と脳卒中はがんの次に亡くなる人が多いと言われています。この主な原因になるのが高血圧、つまり心臓から送り出す血液が血管にかける圧力が高い状態です。自覚症状がないことも多く「サイレントキラー」とも呼ばれています。

酢しょうがのしょうがに含まれる「ジンゲロール」は、血管を広げて血流を改善する効果が期待できます。また、酢しょうがの酢にも同様に血管を広げる効果があるので、酢としょうがのダブルのパワーで高血圧を改善します。

ただし、酢としょうがの血管を広げる効果は長く続かないので、こまめに摂取することが高血圧改善には必要です。

減塩効果

51fba76a8bb1504f

高血圧改善には塩分摂取量を減らす必要がありますが、これにも酢しょうがが役立ってくれます。なぜなら、同じ温度の塩水なら酢を加えたものの方が塩辛く感じるからです。そのため、料理に酢を使うと塩分を控えても十分満足感が得られると言われています。

高血圧が気になって減塩中の人は、酢しょうがを使うことで味気なさを感じずに美味しく減塩することができます。これも高血圧の改善には効果的なことです。

酢しょうが効果⑤糖尿病予防・改善

F9631ea5325717b7

血液中の糖の濃度(血糖値)をコントロールしているのは、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンです。インスリンは体の中で唯一血糖値を下げる作用を持っています。このインスリンの作用が十分機能しなくなって起こるのが2型糖尿病です。

ちなみに、1型糖尿病はインスリンが完全に作用しなくなってしまう病気です。インスリンが十分に機能しないということは、血糖値が下がらずに慢性的に血糖値が高い状態が続いてしまうということです。血液の中が砂糖漬け状態になると、血管が脆くなり神経がやられてあらゆる合併症のリスクが高まります。

血糖値をあげる原因のひとつとして、肝臓の働きがあります。肝臓が「グリコーゲン」という成分を分解するために血糖値が上昇します。しょうがには肝臓の機能を抑制する効果があります。また、インスリンを作るのに欠かせない亜鉛も豊富に含んでいるので、インスリン分泌を促す効果も期待できます。

また、酢には血糖値の上昇を緩やかにする作用があるので、酢しょうがは糖尿病の予防や改善に対してダブル効果を発揮してくれます。

酢しょうが効果⑥腸内環境の改善

7dc873fffb446cd8

酢しょうがのしょうがに含まれる「ジンゲロール」は、胃腸の内壁を刺激して血行を良くして消化吸収を促進する作用があります。また、腸の内容物を押し出すために必要なぜん動運動(ミミズのような収縮運動)を活発にさせるので、便秘の予防や改善にも効果が期待できます。

また、しょうがに含まれている「ジンジベイン」という成分はタンパク質の消化をサポートする働きがあります。肉や魚料理にしょうがを使うと柔らかくなるのは、このジンジベインがタンパク質を分解するからです。しょうが焼きは理にかなった食べ物なのですね。

肉類の食べ過ぎは消化に負担をかけて腸内の悪玉菌を増やす原因になりますが、消化吸収を良くしてあげることで胃腸を健やかに保つことができます。しょうがに含まれる食物繊維も便秘解消に一役買ってくれます。

酢しょうが効果⑦デトックス

7e881aafd9c62339

酢しょうがのしょうがには、強い発汗作用をはじめとして循環機能を活性化させる作用や、排尿や排便を促す作用があります。これにより体内の不要なものを排出する解毒(デトックス)効果が得られます。酢しょうがを食べることで体内の毒素が排出され、浄化されます。

スポンサーリンク

すると体外から入ってくる異物に対しての防御反応が高まり、様々な疾病を予防する効果が期待できます。

体の毒素とは?

10f2af225735cc74

体の毒素というと非科学的な感じがしますが、東洋医学では血液の汚れが病気の原因になると考えています。血液の汚れは目に見えませんが、食べ過ぎによって消化吸収がうまくいかなかったり、内臓の機能が低下してしまうことで起こります。

東洋医学では、体の毒素を排出するための血液浄化法として「瀉血(しゃけつ)」が推奨されたこともありました。女性が男性よりも長生きなのは、生理によって月に1回瀉血が行われることで体の毒素が排出されているからとも言われています。

流石に瀉血をして毒素を排出するというのは難しいですが、酢しょうがを食べて汗や尿、便から毒素を排出すれば血液を浄化して健やかな血の状態を保ちやすくなりそうですね。

酢しょうが効果⑧免疫力アップ

88b6cd9c51eeef76

免疫力とは、体内に入ったウィルス、細菌などの異物から体を守るための力です。担当しているのは主に白血球です。免疫力が低下すると深刻な病気の原因になります。酢しょうがのしょうがに含まれている「ジンゲロール」には、白血球の数を増やして免疫機能を活性化させる働きがあります。

また、気管支炎など炎症を引き起こす細菌を攻撃するパワーもあり、直接細菌を撃退するのにも役立ちます。さらにしょうがを加熱、乾燥させた時に生じる「ショウガオール」が体温を上げると免疫力がアップします。

酢しょうがのしょうがには様々な作用の相乗効果によって、免疫力をアップさせる効果が期待できます。腸内環境を整える効果も、免疫力をアップさせるのに役立ちます。

酢しょうが効果⑨疲労回復

42d9cef3e2b0f64b

酢しょうがの酢の酸味成分のクエン酸は、疲労回復を促してくれる効果が期待できます。スポーツなどの後に体が疲れを感じるのは、エネルギー不足が原因です。疲労回復のためには、グリコーゲン(肝臓が蓄えている糖分)を供給する必要があります。

グリコーゲンを糖分に変えてエネルギー源とするのがクエン酸回路というメカニズムです。このクエン酸回路を回す際にクエン酸が十分にあると、クエン酸回路がスムーズに回って速やかにエネルギーが供給されるようになります。

疲れた時に酸っぱいものを食べて疲労回復するというのは、理にかなったことだったんですね。酢には血液をサラサラにして栄養や酸素が全身に届きやすくしてくれる効果もあるので、相乗効果で疲れを回復させることができます。

酢しょうが効果⑩うつ・不眠の改善

D901631b3e06da6b

漢方では、しょうがは「気を開く」つまり「うつ」を改善させる働きがあると言われています。これに関わっているのが、しょうがが持つ血流促進作用です。肉体的、精神的なストレスが生じると、ホルモン(体の総指揮者のようなもの)の働きで血流が悪くなり脳の働きが鈍ってしまいます。

免疫力も低下してしまいます。これが抑うつ、だるさ、疲労感、睡眠障害などの原因になります。酢しょうがのしょうがに含まれる「ショウガオール」が血流を促すと、脳にまで栄養が行き渡って頭がスッキリします。しょうがは体だけではなく心の健康にも寄与します。

酢しょうが効果⑪カルシウムの吸収促進

29363a026e815f9b

酢しょうがの酢には、カルシウムの吸収を促進してくれる効果があります。小魚やチーズ、牛乳などのカルシウムが入っている食品と酢しょうがを一緒に食べることで、カルシウムの吸収を良くしてくれます。カルシウムの不足は骨がもろくなる骨粗しょう症の原因になります。

特に女性は生理が終わって更年期に入ると、女性ホルモンの関係から骨粗しょう症のリスクが高まります。骨粗しょう症は寝たきりの原因にもなります。これを防ぐにも、毎日の酢しょうが習慣を身につけておくと良さそうですね。

酢しょうが効果⑫アンチエイジング

Ed83935814fc77f6

活性酸素が増える原因には、不規則な生活、ストレス、激しい運動、紫外線、などが挙げられます。活性酸素は体外からのウィルスや細菌をやっつける作用もあるので健康維持には必要ですが、大量に発生すると逆にDNAを傷つけて異常細胞ができやすくなったり、肌の老化や体の老化につながります。

活性酸素はあらゆる病気の原因につながります。酢しょうがに含まれているしょうがの「ジンゲロール」や「ショウガオール」には、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。抗酸化物質が体に溜まった活性酸素を除去することで、老化を防ぐ効果があります。

また、酢に含まれるクエン酸も酸化防止には有効なので、酢しょうがを日常的に摂取すればアンチエイジング効果も期待できます。加齢とともにシミやシワが気になってきたという人は、日常的に酢しょうがを摂取してみるといいでしょう。

酢しょうが効果⑬痛みを和らげる

C65ab4fbbf1fd75a

「1日に10〜30gの生しょうがを投与すると、リウマチや関節炎に効果があった」という実験報告があります。しょうがに含まれる「ジンゲロール」は、抗炎症作用を持つためと考えられています。現在では多くの研究で関節炎の痛み止めとしてしょうがが勧められています。

一般の痛み止めを長期にわたり服用すると腎臓や肝臓、さらには腸閉塞などの重大な副作用が起こる恐れがありますが、しょうがは安全に使えると言われています。また、しょうがには胃壁を守る作用もあるので、安心して摂取することができます。

酢しょうが効果⑭防腐・抗菌

D13b2d10f70591ce

酢しょうがの酢の主成分である「酢酸」には、防腐・防菌効果があります。これにより食材を傷みにくくしてくれます。また、しょうがの「ジンゲロール」も抗菌作用があります。酢しょうがを料理に使うと、食品の保存期間を長くすることができます。

夏場のお弁当など、食べ物が傷みやすい時期に酢しょうがを使ったレシピを入れてあげることで、普通よりも長い時間保存できるようになります。

酢しょうがはどれくらい食べればいい?

B62e4af08e6d891a

酢しょうがの効果・効能を期待して食べるなら、食べる量は少なくても毎日食べ続けることが大切です。酢しょうがは食品であって薬ではないので、どれくらい食べれば今まで見てきた効果が得られるとははっきりわかりません。

酢しょうがのしょうがの温め効果は長くても3時間なので、毎日こまめに食べるのがおすすめです。1回あたりの酢しょうがの摂取量は、しょうがなら親指大のもの2つくらいが目安です。大量に食べるのではなく、毎日少しずつ食べる習慣を身につけましょう。

ただし、酢しょうがの酢の酸味は胃腸を刺激するので、胃腸の弱い人は酢しょうがの摂りすぎには注意しましょう。

酢しょうがは加熱しないと効果が薄い?

5cd9861c2326d556

酢しょうがのしょうがに含まれている「ジンゲロール(体表面を温める)」は、加熱や乾燥すると「ショウガオール(体の中を温める)」に変化します。どちらも体を温める効果はありますが、ジンゲロールは発汗を促す作用があるので食べ過ぎると体を冷やすことがあります。

酢しょうがを使う場合に、体を温めて痩せる、脂肪燃焼させるという目的で摂取ならば加熱料理に使ったほうがいいかもしれません。とはいえ「ジンゲロール」も食べ過ぎなければ体を強力に冷やしてしまうわけではないので、そこまで気にする必要はありません。

料理が面倒ならドリンクに

4a91ecfffaa98500

手軽に酢しょうがの効果が欲しいなら、飲み物にして摂取するのがおすすめです。冷たくても温かくても好みでいいですが、体をしっかり温めたいときは温かい飲み物を選ぶ方がいいです。白砂糖は体を冷やす性質があるので、黒砂糖など体を温める甘みを使うのがあおすすめです。

まとめ:酢しょうがの効果についてまとめ!ダイエット・脂肪燃焼以外の効能について

9c943f3b657ce9d7

以上、酢しょうがの効果についてダイエット・脂肪燃焼以外の効能について見てきました。今回は酢しょうがのダイエット・脂肪燃焼以外の効能を14個紹介しました。

しょうがと酢の効果
しょうが
・ジンゲロール 血管拡張、免疫力向上、鎮痛・抗炎、コレステロール値抑制、抗菌、抗酸化
・ショウガオール 温め効果・代謝向上、血流促進、うつ・不眠改善
・食物繊維 便秘予防・解消
内臓脂肪を減らす、中性脂肪を減らす、血圧低下、血糖値上昇抑制、鉄分不足解消、骨粗しょう症予防
  1. 体を温め代謝をアップ
  2. コレステロールの低下
  3. むくみ解消
  4. 高血圧改善
  5. 糖尿病予防・改善
  6. 腸内環境の改善
  7. デトックス
  8. 免疫力アップ
  9. 疲労回復
  10. うつ・不眠の改善
  11. カルシウムの吸収促進
  12. アンチエイジング
  13. 痛みを和らげる
  14. 防腐・抗菌

酢しょうがを毎日の生活に取り入れることで、健康や美容、心の健康にも効果が期待できるのは嬉しいですね。もちろん、酢しょうがは薬ではないのですぐにこれらの効果が期待できるわけではありません。毎日色々な料理や飲み物に取り入れることが大切です。

上手に酢しょうがを生活に取り入れて、体と心の健康をキープできるようにしましょう。美味しく食べることが大切ですよ。

サプリでしょうがを摂取するのもおすすめ

人気記事