Medium 799c70003889dfd1

アーモンドミルクはどんな味?美味しいかどうか人気商品を徹底比較

美容や健康・ダイエットにいいと話題のアーモンドミルク。どんな味がするのか気になっている人も多いはず。本当に美味しいの?どのアーモンドミルクも同じ味なの?そんな疑問を解決するために、アーモンドミルクの人気商品5種類を徹底比較してみました。

カテゴリー:飲み物  作成者:yukisan39  投稿日:2017/12/16

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

アーモンドミルクとは?

アーモンドミルクとは、水に浸したアーモンドを細かく砕き、かすなどの固形物を取り除いた飲料。色味が白くミルクのような見た目から「アーモンドミルク」と呼ばれています。アーモンドからできているため、もちろん植物性。美容や健康・ダイエットにいいと話題の飲み物です。

植物性のアーモンドミルクの特徴として、コレステロールが含まれていない点があげられます。牛乳のような動物性ミルクと比べると、とてもヘルシーな飲み物といえますね。また、血中の中性脂肪やコレステロールの値を調節してくれる働きを持つ「不飽和脂肪酸」が豊富なのも特徴です。

アーモンドミルクの味を比較する前に、まずはアーモンドミルクに含まれる栄養素と効果についておさらいしておきましょう!

アーモンドミルクに含まれる栄養素と効果

アーモンドミルクは牛乳と比べ、とってもローカロリーなのをご存知ですが?牛乳がコップ1杯当たり134kcalなのに対し、アーモンドミルクはたった40kcaしかないのです!

カロリーは控えめですが栄養価はとても高いため、ダイエットに最適な飲み物といえます。そんなアーモンドミルクには、どのような栄養が含まれているのでしょう?その効果とともにみていきましょう。

コレステロールを抑制するオレイン酸

アーモンドミルクには不飽和脂肪酸であるオレイン酸がとても豊富。オレイン酸とは一価不飽和脂肪酸に分類される油です。血中の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)を抑制してくれる効果が期待できるので、高齢の方や健康志向の方でも安心して飲むことができます。

抗酸化作用で美肌に導くビタミンE

さまざまビタミン類が含まれているアーモンドミルクですが、特に多いのがビタミンEです。抗酸化作用のあるビタミンEは、「若返りビタミン」とも呼ばれており、老化や肌トラブルの原因にもなる活性酸素を抑制する効果が期待できます。

また、ビタミンEには血行促進効果もあります。血行が良くなることで、肌のターンオーバーが活性化。肌の生まれ変わりのサイクルが正常になるため、美肌にもつながるという訳です。アンチエイジングや美肌対策にアーモンドミルクは最適ですね。

体の調子を整えてくれるミネラル成分

ミネラル成分もアーモンドミルクには含まれています。具体的にはカルシウムやマグネシウムなど。骨や歯の成分になったりする大切な栄養素です。これらのミネラル成分は体内で作ることができないもの。アーモンドミルクを飲むことで、効率よく摂取できるのは嬉しいですね。

便秘を解消してくれる食物繊維

アーモンドそのものに比べると、食物繊維が含まれる量は少なくなりますが、アーモンドミルクにも食物繊維は含まれています。飲むことで便秘を解消し、腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。

また、体内の余分な糖分や脂質を排出してくれる作用もあるため、アーモンドミルクはダイエットに最適な飲み物といえますね。

しっかり食物繊維を摂取したい人はこちらもおすすめ

アーモンドミルクはどんな味?

栄養が豊富でとってもヘルシーなアーモンドミルク。ダイエットや美容目的で飲み続けるためには、美味しいかどうかは大きなポイントです。一般的な意見としては「ほのかに甘くて優しい味」のようですが、美味しいと感じる人もいれば、そうでない人がいるのも事実。

最近では、さまざまな種類のアーモンドミルクが販売されており、メーカーや種類によっても味に違いがあるようです。アーモンドミルクを習慣化するためには、自分好みの味を見つけられるかどうかが、とても重要になりそうです。

人気のアーモンドミルク5種類を徹底比較!

一口にアーモンドミルクといっても、いろいろな種類が販売されています。純粋にアーモンドの風味を楽しめる砂糖不使用のプレーンなものから、甘味を加えた加糖タイプ、コーヒーなどの風味を加えたフレーバータイプなど種類は豊富。

砂糖不使用のプレーンタイプでも、メーカーによって、味や口当たりなどに違いがあるようです。今回は人気商品5種類を徹底的に比較してみました。自分好みの味を見つけるために参考にしてみてくださいね。

【その1】グリコ アーモンド効果

スポンサーリンク

あっさりした口当たりで、さらさらと飲みやすいアーモンドミルクです。香ばしいアーモンドの香りと味が美味しいという口コミが多数あります。味の種類は「オリジナル」「カロリーlight」「黒ゴマ」「香ばしコーヒー」「チョコレート」の全5種類。

「カロリーlight」と「黒ゴマ」は砂糖不使用のため、甘みはわずかに感じる程度ですが、どの種類も口の中に一口含むと、アーモンドの風味が広がり、ごくごく飲めてしまうとのこと。アーモンドそのものが好きな人なら絶対ハマると評判のアーモンドミルクです。

容量:200ml 参考価格:125円

【その2】ブルーダイヤモンド アーモンドブリーズ

癖のないすっきりとしたのどごしが特徴のアーモンドミルク。飲んだあと、鼻からスーッとアーモンドの香りが抜けるのがいいという口コミもあります。味の種類は、「砂糖不使用」「オリジナル」「バナナ」「チョコレート」「コーヒー」「紅茶」の6種類。

砂糖を使用していないプレーンタイプでも、ほのかにアーモンドの甘みを感じることができるようです。ただ好みはわかれるようで、加糖タイプのオリジナルでも「甘みが足りない」との声も。そういう方は、「バナナ」や「チョコレート」などのフレーバータイプを試してみるのがおすすめです。

容量:200ml 参考価格:113円

【その3】筑波乳業 濃いアーモンドミルク

ネーミングの通り濃厚なアーモンドミルクです。濃い味ですが、後味はすっきり。アーモンドの香りがそのまま活きていてコクがあるという口コミもあります。パックタイプでの味の種類は「ほんのり黒糖入り」「香ばしロースト」の2種類。

後からくる、アーモンドと黒糖の香りが良い感じ。どちらもの種類も、やさしい甘さで飽きない味です。アーモンドが苦手でも美味しく飲めたという声もあるようです。フレッシュなアーモンドの風味を楽しみたい方におすすめのアーモンドミルクです。

容量:125ml 参考価格:138円

【その4】カルディ オリジナルアーモンドミルク

粉末タイプのアーモンドミルクです。お湯や水にも溶けやすく、コクのある口当たりが特徴。コーヒーや紅茶、ココアなどに牛乳代わりに入れて飲んでいる方が多いようです。単体で飲む場合も、自分好みの濃さに加減ができるのでGOOD。その点も人気の理由でしょうか。

砂糖入りで優しい味わいのアーモンドミルクです。香ばしいロースとアーモンドの香りがよく、まろやかな甘さで飲みやすいという口コミもあります。粉末タイプなので賞味期限が長めなのも嬉しいですね。ファンが多く在庫切れになることもあるようです。

容量:粉末130g 参考価格:410円

【その5】キッコーマン アーモンドファーム

アーモンドミルクに豆乳をブレンドしたタイプ。豆乳入りなので、女性に嬉しい大豆イソフラボンが含まれています。渋みや苦みもなく飲みやすいアーモンド飲料です。味の種類は「オリジナル」「砂糖不使用」「コーヒー」「バナナ」の4種類。

砂糖不使用のプレーンタイプでも、アーモンドの風味と豆乳の甘みで美味しく飲めます。豆乳をわずかに感じるという声が多いようです。加糖タイプの3種類には、「甘くて美味しい」という声がある反面「甘すぎる」という声も。

「コーヒー」「バナナ」に関しては、フレーバー感が強く、アーモンドの風味はあまり感じないという意見もあるため、「美容と健康のためにアーモンドミルクを飲みたいけど、アーモンドは苦手」そんな方には逆に飲みやすいアーモンドミルクといえますね。

容量:200ml 参考価格:120円

好みの味をみつけてアーモンドミルクで綺麗を目指そう

Eb6f59922e280ff7

いろいろな種類の商品が販売されているアーモンドミルクですが、味の違いについて参考になったでしょうか?さっぱりしている口当たりや濃厚な濃い味タイプ、砂糖不使用のもののほかに、甘さを加えた飲みやすいフレーバータイプまでさまざまな種類があります。

初めてアーモンドミルクを試してみる方は、フレーバータイプから飲んでみるのがいいかもしれません。自分の好みにあうアーモンドミルクが見つかれば、無理なく続けられますね。

アーモンドミルクは美容や健康・ダイエットの効果が期待できる栄養豊富な飲み物。毎日の習慣にして綺麗を目指してみてくださいね。

着るだけで、アーモンドミルクのダイエット効果がアップ

アーモンドミルクでダイエットをしたい方は、着るだけで体幹ケアができる「エクスレンダー」と併用すれば、よりダイエット効果がアップします。自宅で下着の代わりに着るだけなので、運動が苦手な方も安心。継続しやすいのが魅力です。

人気記事