Medium b4a1622ef349645c

難消化性デキストリンのおすすめまとめ!人気メーカー・商品の効果とは?

ダイエッターだけでなく、健康意識の高い人々の間で注目を集める難消化性デキストリンですが、どのメーカーのものを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、おすすめの難消化性デキストリンの商品を取り上げます。上手にダイエットに活用しましょう。

カテゴリー:ダイエットの基本栄養素  作成者:ganbaremyself  投稿日:2018/01/08

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

難消化性デキストリンとは何か

水溶性食物繊維の一種

難消化性デキストリンは、ダイエットに関心の高い人ならば、一度はその名を耳にしたことがあるでしょう。しかし、肝心の難消化性デキストリンの何たるかを知らない人も多いのではないでしょうか。そこでまずは、それについて解説していきます。実は、難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種なので、ダイエットに限らず、健康に良い効果がありますよ。

より詳しく説明すれば、難消化性デキストリンはトウモロコシなどのでんぷんからとれた水溶性食物繊維であり、デキストリンとはブドウ糖が連結してできた分子の総称です。また、難消化性デキストリンには、小麦やジャガイモ由来のでんぷんから精製されたものもあります。

難消化性デキストリンとデキストリンとの違い

トウモロコシ由来のでんぷんには、難消化性デキストリンの他にデキストリンがあります。このデキストリンは糖質と食物繊維であり、体内でゆっくり消化されますので、ダイエット中には要注意です。一方で、難消化性デキストリンは水溶性食物繊維であり、体内での消化吸収が困難なため、ダイエットにおすすめできるのです。

αシクロデキストリンもおすすめ

αシクロデキストリンという、難消化性デキストリンの中でも特徴的な成分があります。環状オリゴ糖の別名の通り、オリゴ糖の性質を兼ね備えた食物繊維です。その他の難消化性デキストリンと違って、脂質の吸収も抑制する効果を持っています。このαシクロデキストリンですが、脂肪を吸着して排出され、1gあたりで9倍の脂肪を吸収します。

45gの脂質は405kcalありますが、つまりはたったの5gでこれだけ脂肪の摂取量を減らすことができるというわけです。ゆえに、減量が必要な人や、食事制限が困難な人そしてダイエッターには最適の成分です。まだまだこの成分の商品は多くはありませんが、もし見かけたら入手することが推奨できる成分なのです。

難消化性デキストリンのダイエットや健康への効果

食後の血糖値上昇の抑制効果

難消化性デキストリンを高炭水化物・高脂質の食事に合わせて摂取することで、食後の血糖値の上昇が穏やかになります。普通の場合、食事をすると血糖値が上がるにつれて、すい臓からのインスリンの分泌が促進されます。このインスリンは糖からエネルギーを作りますが、その際に過剰な糖は内臓脂肪に変換されるため、肥満の原因になります。

そこで、血糖値を上昇しにくくする難消化性デキストリンの出番です。つまり、難消化性デキストリンの摂取によってインスリンの分泌を抑制できるため、ダイエットや健康保持の効果につながるのです。たとえ減量の必要がなくても、血糖値が気になる人には、難消化性デキストリンというサプリメントは推奨できます。

食後の中性脂肪の上昇を和らげる効果

糖質や炭水化物や脂肪、そしてアルコールの過剰摂取は、中性脂肪の体内量の増加につながります。もっとも、人間にとって中性脂肪は絶対に必要なものですが、摂取された脂肪や糖質の無駄な分は体内で中性脂肪に変わります。よって、脂肪の吸収を遅らせる難消化性デキストリンが有益です。食後の中性脂肪値の上昇が緩やかになりますよ。

便秘解消・整腸の効果

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維であり、ゲル化して水分を抱え込むという特徴があります。よって、腸内で大便の量を増やして柔らかくします。しかも、腸内の善玉菌を増やす効果もあるため、軟便まで解消してくれます。腸内の環境が良くなれば、新陳代謝があがりますので、これがダイエットをはじめとして健康増進に貢献します。

コレステロール減少や高脂血症対策の効果

難消化性デキストリンの健康への効果として、コレステロールが高い状態の高脂血症を改善する効能もあげられます。ここで注意しておきたいことは、短期的な即効性は期待できないということです。必要なことは長期的に摂取することです。これによってコレステロール値が下がり、高脂血症の対策になるというわけです。

難消化性デキストリンの有効性はまだまだある

内臓脂肪の蓄積を抑える効果

メタボリックシンドロームまたはメタボとも呼ばれる症状は、内臓脂肪症候群とも言います。このメタボがなぜ健康上の問題になるかといいますと、内臓脂肪が蓄えられることで、高血圧や糖尿病などの病気を誘発するからです。さらに厄介なことには、脳梗塞や心筋梗塞まで引き起こす可能性があります。

そこで、この内臓脂肪の減少に有効とされている難消化性デキストリンが、健康の観点からもおすすめできます。この際に重要なことは、即効性は希薄であることを念頭に置いておくことです。数週間かけて摂取すると、内臓脂肪が徐々に減少していきますので、長期的に継続することが必要です。

空腹感や睡魔から解放される効果

難消化性デキストリンには血糖値上昇抑制の効果がありますが、これは空腹感抑制にもつながります。そもそも食欲には、血糖値の急激な上昇で増進する傾向があります。そして、血糖値の低下によって睡魔に襲われるという研究結果もあります。血糖値上昇が抑えられれば、急激な低下もまた避けられます。空腹感と眠気という、ダイエッターの敵に勝つための武器なのです。

ミネラルの吸収の促進の効果

カルシウムやマグネシウム、鉄や亜鉛などのミネラルを吸収しやすくする効果もあることが、難消化性デキストリンの魅力です。多くの食物繊維はミネラルの吸収の邪魔になるとされてきましたが、難消化性デキストリンは話が別で、大腸におけるミネラルの吸収を促します。特に、マグネシウムの不足は疲れやすさや月経不順などあらゆる不調を招きます。

そこで、ミネラルの吸収を促す難消化性デキストリンの摂取がおすすめできます。食事に気を付けてミネラルを積極的に摂取したとしても、吸収されなければもったいないですよね。ミネラルは体内で作られないため、摂りいれるということは健康のために非常に大事なことで、ここでも難消化性デキストリンは有益なのです。

上手な難消化性デキストリンの選び方

ポピュラーな粉末タイプがおすすめ

難消化性デキストリンの最大の特徴は、液体に溶けやすくて無味無臭であるということです。よって、あらゆる食べ物や飲み物に混ぜやすい粉末タイプが最も売れています。粉末の難消化性デキストリンを自分で飲食品に混ぜれば、安上がりなのでおすすめです。ただ、金銭的に余裕がある場合は、配合された飲料を買いだめしても良いでしょう。

高配合の商品を選ぶ

成人の食物繊維の一日の必要量は、男性が19gで女性が17gとされています。しかし、若い世代の実際の摂取量は一日に13gほどです。よって、難消化性デキストリンで不足分を補うことが推奨されます。一日当たりの摂取目安の量は5gから10gですので、その数字を目安にして、難消化性デキストリンの飲料や粉末を食事の際に摂取しましょう。

食品添加物を避ける

大量生産や利潤をはじめとして、あらゆる目的のために食品添加物が使用されています。この食品添加物の中には、海外において発がん性のリスクから禁止されているのに、日本で使用可とされているものもあります。難消化性デキストリンだけでなく、健康食品を選ぶ際には、配合成分を気にすることが重要です。

人工甘味料にも注意

シュガーレスの飲み物は、砂糖の数百倍の甘みを持つ人工甘味料が使われています。人工甘味料の特徴はごく微量で砂糖と同等の甘みを出せることですが、その摂取が肥満や糖尿病などのリスクを高める可能性があります。やはり、配合成分表に記載されている表示を確認することと、カロリーゼロでも飲み過ぎは避けることが大事です。

難消化性デキストリンの飲み方のコツ

飲むタイミングは?

ここで、難消化性デキストリンを飲むタイミングはいつが最適かについて解説します。もちろん、いつ飲むかは人それぞれですが、最も効果的なタイミングは食事の前です。次いで効果が高いのは、食事と同時に摂取することなので推奨できます。一番重要なことは、糖質や炭水化物の前に摂取することですから、ここだけは守ることをおすすめします。

そして、一日のうちでは夕食の前に摂取することが有効です。朝食や昼食後には、体を動かすためにカロリーが比較的消費されやすいのですが、夕食のカロリーは脂肪に変換されがちです。これが夕食前に摂取することを推奨する理由ですが、やはり一番継続しやすい時間帯に摂取することに越したことはないでしょう。

長期的な継続が必要

言うまでもなく、難消化性デキストリンは食品であって、医薬品ではありません。糖質や脂肪の吸収を和らげはしますが、完全にブロックするわけではありません。難消化性デキストリンの摂取による、糖・脂肪の吸収量の違いは、およそ10パーセントとされています。ダイエットのためには、少量ずつ毎日摂取し続けることをおすすめします。

摂取を控えた方が良い場合

難消化性デキストリンには、体調や体質によって便が緩くなるという副作用もあります。また、栄養の吸収を妨げる作用があるため、低栄養の情況においては摂取を避けた方が良いといわれています。自分の身体と相談しながら、目安量を守って摂取することがリスクを回避するために必要です。

おすすめの難消化性デキストリン・粉末前編

オリヒロ ダイエタリーファイバー

スポンサーリンク

ここから、人気の難消化性デキストリンの商品を、メーカー名をあげて紹介します。まずは、オリヒロのダイエタリーファイバーです。これは、顆粒状の難消化性デキストリンを200g単位で袋詰めにしたものです。200g入りの大きさですので、袋が小さくて中身が取り出しやすい点が特長です。

また、袋にはチャックが付いていますので、湿気による劣化防止もなされている点がありがたいです。一日当たり5gの摂取量ならば40日も持つため、価格の安さと相まってコストパフォーマンスはなかなかの商品です。

NICHIGA α-シクロデキストリン

次に、NICHIGA α-シクロデキストリンの600g入りの商品を取り上げますが、これは強力なαシクロデキストリンを高配合していることが魅力です。先ほども紹介した通り、αシクロデキストリンはその他の難消化性デキストリンと比べて強力な脂肪の排出作用を持っています。健康増進やダイエットの効果が一層期待できるため、おすすめします。

ヘルシーカンパニー 難消化性デキストリン

ヘルシーカンパニーの難消化性デキストリンの中でも、大容量の2kg入りのものをおすすめします。食物繊維は長期的に継続して摂取することが推奨されますが、その際には大容量のもののほうがより効率的です。もっとも、使いやすさの点では、別の容器に移し替えて使用するとよいでしょう。小麦由来ですが、タンパク質は除去されていますので安心できますよ。

大塚製薬 賢者の食卓 ダブルサポート

そして、大塚製薬の賢者の食卓に触れますが、この商品の最大の魅力は個包装になっていることです。この特長のおかげで、外出先でも使いやすくなっています。外食では、甘いものや油っこいものを食べる機会が多いため、個包装のありがたみは大きいのではないでしょうか。6gの個包装が30包入っていますので、1箱で1か月持ちます。

おすすめの難消化性デキストリン・粉末後編

ノンメタファイバー

ノンメタファイバーの利点は、難消化性デキストリンの中のシクロデキストリンを含有している点です。シクロデキストリンは脂肪を排出すると先述しましたが、付け加えて解説すると、悪玉の脂質のみを選択的に排出するというメリットがあります。普通の難消化性デキストリンと違って、過酸化脂質だけを吸収します。

もう一つのノンメタファイバーの特色として、携帯に便利な個包装になっている点があげられます。もちろん無味無臭で、好みの料理や飲み物に合わせやすいので、無理なく継続して摂取しやすい難消化性デキストリンとしての魅力は健在です。

ヘルシーカンパニー αシクロデキストリン

ここでシクロデキストリンの商品をもう一つ取り上げます。ヘルシーカンパニーのシクロデキストリンはFDA認可された工場で生産された一級品です。トウモロコシ由来の成分を、98%の純度に仕上げられています。500g入りで、シクロデキストリンを思い切り使えますので、美容と健康のために推奨できる商品です。

NICHIGA 難消化性デキストリン

粉末型の難消化性デキストリンの最後に、NICHIGAの難消化性デキストリンをおすすめしようと思います。アメリカ産のトウモロコシ由来の製品ですが、400g入りの粉末型の中では最安値という利点があるのです。良質なサプリメントを製造しているNICHIGAのデキストリンですので、迷った場合にはこれを選べば良いでしょう。

おすすめの難消化性デキストリン・炭酸飲料編

三ツ矢サイダーW

粉末型の商品の次には、難消化性デキストリン入りの炭酸飲料を紹介します。三ツ矢サイダーWは保存料と着色料が使用されていないため、健康志向の人にも推奨できます。健康に気を使いながら、炭酸飲料の爽やかな味わいを楽しめることが、この商品の魅力です。すっきりとした甘さがちょうどいいという感想もあります。

​ペプシスペシャル

もう一つの難消化性デキストリン入りの炭酸飲料として、サントリーが開発に携わったペプシコーラスペシャルを取り上げます。ペプシコーラの爽快な味わいはそのままに、490mlあたり5gの難消化性デキストリンが配合されています。ペプシコーラが特に好きでない人にも、高く評価される製品ですので、炭酸の刺激と食物繊維を味わってみましょう。

炭酸飲料好きの人のために、楽しく難消化性デキストリンが摂取できる製品が、最近では多数販売されています。この他にもそのような製品が色々ありますので、好みの炭酸飲料でダイエット中の生活を、少しでも楽しいものにしてみてください。

おすすめの難消化性デキストリン・その他編

大塚製薬 ネイチャーメイド 食物繊維

難消化性デキストリンの商品は、粉末や炭酸飲料だけではありません。ここから、様々な種類の難消化性デキストリンを取り上げていきます。ここで紹介する大塚製薬・ネイチャーメイドの食物繊維は、錠剤型のユニークな製品です。気になる難消化性デキストリンの含有量は、1粒当たり300mgで、1日に10粒ほど摂取することを想定してあります。

すぐ飲めて利便性が高いのが、大塚製薬・ネイチャーメイドの食物繊維のメリットです。混ぜるのが面倒くさい人や、粉末型の製品が好きでない人におすすめできます。持ち運びがしやすい点もありがたい錠剤型ですので、幅広い場面で活用できます。

善玉元気

次は、ゼリータイプのサプリの善玉元気の解説をします。この製品は乳酸菌発酵エキスと、無農薬栽培の大豆で作られています。生きた乳酸菌を直接口から摂取する方法では、胃酸で多くの乳酸菌が死に絶えてしまいますが、乳酸菌発酵エキスは腸に届いて善玉菌を増やす効果があるため、腸内環境の改善に有効です。

善玉元気のうれしいところは、合成着色料や合成保存料、防腐剤や防カビ、酸化防止剤、合成香料、人工甘味料といった食品添加物が使用されていないことです。ポリフェノールも摂れて、美味しいスティック型のゼリーですので、難消化性デキストリンを無理なく継続して摂取できる、ダイエットや健康維持の強い味方です。

十六茶W

人気の難消化性デキストリン製品シリーズの最後に、アサヒ飲料が発売している十六茶Wを取り上げようと思います。ご存知アサヒの十六茶の難消化性デキストリン強化版で、特保に認定されています。通常の16種類の原料と難消化性デキストリンで、健康増進の効果の高いお茶になりました。カフェインがゼロという点も特徴であり、幅広く支持されています。

このカフェインゼロというポイントは、不眠症の人をはじめ多くの人にありがたい要素であるようです。またお茶であることも、炭酸飲料が苦手な人にもおすすめできるため、メリットだといえるでしょう。

すっきりレッドスムージー

レタス1個分の食物繊維が摂れるスムージーをご存知ですか?後藤真希さん愛用の「すっきりレッドスムージー」という商品です。赤の野菜・果物は健康と美容に良いと評判ですよね。そんな赤の力を詰め込み、1日不足分の野菜と果物も摂ることができる優れものです。毎日飲むことで健康的になることに加え、置き換えなどの工夫でダイエット効果もあり大人気なスムージーなのです!

まとめ:難消化性デキストリンで健康的に痩せよう!

手軽で継続しやすいことが魅力

人気の難消化性デキストリンの商品の数々は、それぞれダイエット中に上手に活用できるように工夫された逸品です。これで減量中でも、糖質や脂肪を無理に我慢することなく、楽に過ごすことができます。適度な運動をはじめとした、全体的な生活の見直しはもちろん必要ですが、食生活での苦行の必要がなくなることは大きいでしょう。

難消化性デキストリン入りの飲料も

やはり粉末を混ぜるのが面倒くさい、持ち歩くのもかったるい、そのような人のために、難消化性デキストリンを配合した飲料も多様に商品展開がなされています。炭酸飲料からお茶まで、自分の好みに合わせて選べますよ。もっとも、高価な製品が多いため、そこは惜しいと言えましょう。それでも、奮発したければ飲料の商品を購入してみてはいかがでしょうか。

自分に合った方法で難消化性デキストリンをチャージ

難消化性デキストリンは味がごく薄いために、料理を作る際に混ぜることもできるため、一人一人が自分好みの方法で取り入れやすいことが最大の魅力です。錠剤に抵抗がなければ、少数ながら売られている錠剤も良いでしょう。健康的なダイエットが簡単にできる、難消化性デキストリンをぜひ一度お試しください。

人気記事