Medium b6858b0d0231b378

メディキュットが痛い?履いた足が痛む原因や正しい対策法を調査

足のむくみや下半身痩せに効果的なメディキュット。しかしメディキュットを履いていて痛いと感じる方が多いようです。なぜ痛いのか?考えられる痛みの原因と、その際に試してほしい正しい対策法を調査してまとめてみました。むくみの根本的な予防法も掲載しています。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットグッズ  作成者:  投稿日:2017/12/21

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

メディキュットとは?

メディキュットとは着圧ソックスと呼ばれるもので、履くだけで脚のむくみやだるさを解消してくれる商品です。長時間のデスクワークや立ち仕事によって脚の血流やリンパの流れが滞ることでむくみやだるさを感じるようになります。また、脚は心臓から最も遠い位置にあるため、もともと血流やリンパの流れが悪く、水分や老廃物が溜まりやすいのです。

メディキュットは脚の筋肉を圧迫することで、流れの悪くなった血液やリンパの流れを改善して、溜まった水分や老廃物を除去してくれます。このおかげで、脚のむくみやだるさを解消してくれるのです。また、脚痩せなどのダイエット目的で使用されている方も多くいらっしゃいます。

メディキュットを履いた足が痛む理由

C72f38643a5be76b

脚のむくみやだるさから開放してくれるメディキュットですが、「初めてメディキュットを試してみたけど痛い」「メディキュットが痛すぎて履くのを辞めた」という声をチラホラ耳にします。確かにメディキュットは脚への圧迫によって血流やリンパの流れをよくする商品ですが、我慢できないほど痛いと感じる商品ではありません。

もしかしたら最初はみんなこんなもので、痛いのを我慢していたら慣れてくるのかと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、痛いと感じたまま履いていても逆にむくみの原因になる可能性もあります。

ではなぜこんなにも足が痛いと感じる方が多いのでしょうか?いくつかの原因が考えられますので、1つずつ見ていきたいと思います。

サイズが間違っている

メディキュットの起源はイギリスの医療用ストッキングで、着圧はイギリスの圧力値標準規格を参考に設定されています。メディキュットの各商品には、その圧力の強さを示すhPa(ヘクトパスカル)という単位が使用されています。hPa(ヘクトパスカル)の数値が大きいほど、圧迫感が強くなります。

メディキュットの各商品は、血流やリンパの流れを脚の下の方から上の方に促すように設計されているため、脚の下のほうが圧力が最も強く、上にいくほど圧力が弱くなっていきます。サイズも数種類用意されていて、身長や脚の長さで最適なサイズが変わってきます。当然間違ったサイズを選ぶと脚に過度の圧力がかかってしまうため、それが足が痛いと感じる原因になっていることがあります。

また、間違って大きいサイズを購入してしまい、新しく購入することをためらって、大きいからといってストッキングを折り返して使用していないでしょうか。折り返して使用すると、その部分が二重、三重になってしまって圧力が強まってしまい、痛みが強く出ることがあります。

使用シーンが間違っている

Cf2ae6c7d20cfc3a

メディキュットは使用シーン別に「寝ながら」「おそとで」「おうちで」「くつろぎ」「働きながら」という5種類に分けて販売されています。中でも「寝ながら」「くつろぎ」タイプのものは、他の3つのものよりも圧力が弱いのが特徴です。仮に就寝中に「寝ながら」以外のメディキュットを履いていると、余計な圧力が脚にかかってしまうことになり、痛みが出てくる可能性があります。

長時間使用している

メディキュット公式サイトを見てみると、メディキュットを1日何時間履いても問題はないと記載されています。ただ、脚のふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ、血液を循環させるためのポンプの役割を果たしています。そのふくらはぎを長時間圧迫させることで却って血流が悪くなって痛みが出ることがあります。

かぶれている

メディキュットは脚に圧力をかけるために密着するように設計されています。通気性には配慮されているものの、汗で蒸れたりすることによって、かぶれなどの皮膚トラブルが起こる可能性もあります。

痛みを解消するための正しい対策法

E7fde7f883eca7dc

メディキュットが痛いと感じる原因の多くは、「サイズ違い」「使用シーンが違っている」「長時間使用している」のいずれかであると考えられます。メディキュットを使用していて痛いと感じた場合は、まずはどれかに該当していないかを確認してみましょう。そして以下に挙げるような正しい対策法を行ってみて下さい。

正しいサイズを選ぶ

メディキュットは身長や脚の長さによって、M・L・LLの3つのサイズが用意されています。まずはサイズ表をしっかり確認して、自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

サイズ表を確認してもしMとLの2つのサイズにタブっている場合は、スパッツ・ストッキングタイプは身長を基準にして、ひざ下・ロング・ハイソックス・寝ながらメディキュットの場合は足首を基準にして選ぶようにして下さい。

使用シーンに合ったものを選ぶ

メディキュットには、使用シーンに合った最適な圧力になるように設計されたストッキングが用意されています。間違った使用シーンのタイプのものを履いても、効果が出ないだけでなく痛い思いをするだけになってしまいます。どのようなシーンで利用したいのかを考えてから購入するようにしましょう。

メディキュットの購入を検討されている方の中には、就寝中と職場で利用したいと考えておられる方もいらっしゃると思いますが、そのような場合は「寝ながら」と「働きながら」の2種類を購入するようにしましょう。他にも複数のシーンでのご利用を検討されている方は、そのシーンに合ったものを複数購入するようにして下さい。

圧力が弱いものを選ぶ

6976203158d9c1a2

メディキュットは、血流やリンパの流れをスムーズにするために脚の筋肉へ外部から圧力をかけるストッキングです。外部から圧力をかけることで流れの勢いが増すというのは容易に想像できると思います。しかし、圧力が強ければ強いほど、流れがスムーズになって脚にとって良いという間違ったイメージを持ちやすいです。

しかし過度の圧力は脚の筋肉に対する負荷が大きくなります。また、適切な圧力というのは個人差があって当然のものです。正しいサイズを選んだのにどうしても脚が痛い場合は、無理をせずに使用を控えるようにしましょう。そして今まで使用していたものよりも圧力が低いものを選ぶようにしてみて下さい。

正しい履き方をする

正しい履き方をしないとストッキングがねじれたりダブったりして、本来の適度な圧力がかからなくなったり、かかる圧力が大きなったりして痛みの原因になります。ストッキングのタイプによって若干の差はありますが、基本的には足の先から段々と上に向かって履くようにします。以下の正しい履き方を参考にして下さい。

  1. 両手でストッキングを全てたぐりよせる
  2. つま先を入れる
  3. 足首まで引き上げて踵(かかと)の位置を揃える
  4. 両手の親指をストッキングに入れて均等に引き上げる
  5. ダブりやねじれがないか確認する

長時間の使用は控える

履いておくだけで足のむくみやだるさから解放されるメディキュット。それならば、ずっと履いておけばいいと考えがちですが、長時間の使用は逆効果になります。脚の筋肉が圧迫され続けて血管が収縮し、血流やリンパの流れを妨げることになってしまいます。脚の筋肉を休ませてあげることも重要なのです。

また、メディキュットは脚全体に密着しますので、皮膚にダメージを与える原因にもなります。綺麗に洗濯していたとしても長時間使用すると、どうしてもムレたりしますのでかぶれたりしてきます。夏場などは特に履きっぱなしにならないように注意しましょう。

むくみを根本的に予防する

メディキュットを利用する方の大半の目的は脚のむくみやだるさを解消することでしょう。そのためにメディキュットを履くのですが、そのせいで痛みを感じて不快な思いをしていたのでは本末転倒です。まずは、脚がむくまないように根本的に予防することも考えましょう。

6259e567db4716f0

足がむくむ原因は様々ですが、主に運動不足や睡眠不足、ストレス、過度の冷え、ヒールの高い靴、締め付けの強い下着などによって引き起こされます。まずはこうした生活習慣をなるべく改善していくことが大切です。また、血流やリンパの流れを良くするために、水分を意識して多めに飲んだり、カリウムを多く含む食材を食べるようにしましょう。

まとめ:メディキュットが痛い?履いた足が痛む原因や正しい対策法を調査

F4c4ad18e00294cd

メディキュットは脚のむくみやだるさの解消、脚痩せなどのダイエットにも欠かせない商品です。しかし間違った選び方や使用方法だと痛みを感じるだけでなく、逆効果になってしまいます。

もしメディキュットを履いて痛いと感じたら、サイズを見直してみたり、弱い圧力のものに変更するなどの対策法を試してみて下さい。そして、メディキュットを正しく使用しながら、足のむくみを根本から予防していくことが大事なのです。

それでも合わないと感じたらエクスレッグスリマーがおすすめ

サイズなどを見直しても、メディキュットが痛いと感じたら、同じ着圧ソックスのエクスレッグスリマーがおすすめです。エクスレッグスリマーは、脚を締め付けるのではなく、脚の構造を徹底的に分析した加圧構造をしているので、痛みを感じにくい構造です。

人気記事