Medium 36ecf494ad53dde2

脂肪分解酵素リパーゼを多く含む食べ物は?ダイエットにもおすすめ?

太っているのは摂り過ぎた脂肪のせいです。脂肪は脂肪分解酵素リパーゼを活性化させて消化し燃焼しましょう。そのためには脂肪分解酵素リパーゼを多く含む食品を食べ、運動で体温を上げるのがおすすめです。今回は脂肪分解酵素リパーゼの働きや多く含まれた食品のご紹介です。

カテゴリー:その他ダイエット法酵素ダイエット  作成者:christal001  投稿日:2017/12/23

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

脂肪分解酵素リパーゼとは

脂肪分解酵素リパーゼとは、主に胃から出される胃液や膵臓から出される膵液に多く含まれ、脂肪を脂肪酸とグリセリンという吸収しやすい成分に分解する酵素です。酵素とは、身体で起こる様々な化学反応に対して触媒の役割つまり反応をより活性化する助けをする分子のことです。脂肪分解酵素リパーゼはまた食品の中にも含まれているので、食事をして摂取することも可能です。

脂肪分解酵素リパーゼはひとつは消化の際の脂肪分解と、もうひとつは身体に貯まっている脂肪、体脂肪の分解の両方の仕事をしています。肥満と深く関係する酵素ということです。脂肪分解酵素リパーゼは、通常の体温より1~2℃高くなると活性化するといわれています。リパーゼによって分解された脂肪酸はエネルギーとして利用されますが、使い切れなかった脂肪酸は体内に蓄積されます。

脂肪分解酵素の働き

消化と脂肪分解の両方の役割をする酵素であるリパーゼを活性化すると、食べた脂肪を消化し、さらに身体に貯まっている脂肪も分解できるので「痩せる」という風に考えられます。ダイエットに不可欠な脂肪の分解に重要な役割を担う脂肪分解酵素リパーゼを適切に発現し活性化するには次の大事な点があります。

  • 十分なミネラルを摂取する
  • L-カルニチンを活動前に摂取する
  • 運動するときにアドレナリンを出すようにする
  • 食事で消化ならびに脂肪分解酵素リパーゼを含む食品を積極的に摂る

脂肪分解酵素の活性化にはミネラルをたくさん摂ることが必要です。脂肪分解は代謝に深く変わりがあります。ミネラル成分は、食事で摂った脂肪を適切に分解し、活動エネルギーへと変える助けをします。ミネラルは体内で作ることができません。脂肪をエネルギーに変える時に必要なミネラル成分である、鉄分、カリウムなどを摂るには、野菜や海草類、レバーなどがおすすめです。

次に、脂肪分解酵素リパーゼを活性化するには、Lカルニチンを活動前に摂取することです。Lカルニチンとは身体に必要な必須アミノ酸のような分子で、エネルギー変換時の脂肪酸の乗り物のような役割で、脂肪代謝には最も大事な物質です。Lカルニチンが主に含まれる食材は肉類です。さらに、体温を通常より1~2℃上げると脂肪分解酵素を活性化させることができます。

それにはアドレナリンを発現する運動が良いです。勝敗のあるスポーツや、自己記録の更新などを目指しましょう。歩数計アプリなどで順位を競ったり、日々の記録をすると自己達成感にも繋がります。さらに、食事で消化並びに脂肪分解酵素を含む食品を摂ると、簡単に摂取出来ます。脂肪分解酵素リパーゼは食事の際に摂る脂肪の分解だけではなく、すでに貯まった体脂肪の分解にも活躍します。

脂肪分解酵素が体脂肪を分解するのはどんな時?

脂肪分解酵素リパーゼが働くと身体に蓄えられた中性脂肪が遊離脂肪酸に変わります。遊離脂肪酸になると脂肪は燃焼しやすくなり、褐色脂肪細胞がそれを熱に変えて消費します。リパーゼが働き始めるのは空腹時と活動時で、摂取しているエネルギーが消費エネルギーを下回っている状態、つまり摂取エネルギーが消費エネルギーより足りない時に活躍し始めます。

摂った脂肪を余すことなくエネルギーに変えるには摂取エネルギーをどんどん使うこと、つまり運動することです。アドレナリンを発現出来て、自分が出来る最も迅速で安全な方法は運動です。それには有酸素運動のウォーキングがおすすめです。背筋を伸ばして少し汗をかくくらいの早さで歩きましょう。週に90分程度のウォーキングを習慣化すると良いです。運動を継続すると体温も自然と上がります。

そしてもう一つは脂肪を分解させる代謝を活性化させるホルモン(インスリン、グルカゴン、ノルアドレナリン、アドレナリン、副腎皮質刺激ホルモンなど)を分泌させることなのです。これらのホルモンは身体が必要とした時に出て働き始めます。つまり、活動をしてエネルギーが必要な時こそ、身体に蓄えれらえた脂肪は分解され始めるのです。

また、カフェインの摂取でも脂肪分解酵素リパーゼが活性化されます。カフェインの含まれた飲み物としてはコーヒーや紅茶がおすすめです。コーヒーや紅茶はなるべく砂糖やミルクは入れずにストレートが良いです。ストレートコーヒーや紅茶を運動30分前に摂取しましょう。脂肪分解が進み、運動のための集中やパフォーマンス向上にも役立ちます。

食物酵素としてリパーゼを摂取して消化酵素を節約しつつ、代謝酵素としてのリパーゼを活性化させていきましょう。普段の食品から食物酵素を摂りにくいと感じているようであれば、酵素ドリンクを活用してみるのも一つの手です。

スポンサーリンク

酵素も野菜も栄養も!!!

脂肪分解酵素が不足するとどうなるの?

脂肪分解酵素リパーゼの不足する時はどういう時かというと、多すぎる脂肪の摂取のためにその分解が追い付かない時です。運動や日々の活動をしている時、食事によって栄養素を摂って活動をしています。まず最初に活動エネルギーになるのは糖質です。糖質は消化酵素によって分解されエネルギーとなります。

次に脂肪を使います。脂肪は糖質の次に控えとしてエネルギーになります。つまり活動量が多い時、食事によって摂った最初に糖質、次に脂肪を消化および脂肪分解酵素によって分解してエネルギー化します。さらにその後のエネルギーとして控えているのが体脂肪です。運動すると良いのは糖質、脂肪、体脂肪と順に使っていきます。脂肪はエネルギーにする時にも糖質よりエネルギーをたくさん使います。

また、脂肪はエネルギーとして使われる際にも糖質よりたくさんのエネルギーを生み出します。つまり、脂肪は活動のための力を生み出す最終兵器のようなものです。使って良し、使われて良しの脂肪を分解し使い、さらにエネルギーが足りなくなった時に控えの体脂肪を脂肪分解酵素によってエネルギーかすると、結果として体脂肪が減って痩せに繋がります。

この脂肪分解ですが、体内で作られる脂肪分解酵素リパーゼだけに頼っていると身体にも負担がかかりますし、たくさん脂肪を食べる人は未消化物質となる可能性も否めません。また身体に脂肪を蓄えている人はより多くの脂肪を分解したいものです。太っている人は自分の身体が作る脂肪分解酵素リパーゼに加えて、補うように消化・脂肪分解酵素リパーゼを含む食品を積極的に食べましょう。

脂肪分解酵素リパーゼを摂取する方法

太っている人は積極的に脂肪分解酵素リパーゼを多く含む食材を食べましょう。大根、セロリ、トマト、カリフラワー、グレープフルーツ、イチゴ、いちじくなどには脂肪分解酵素が含まれています。ただし、この脂肪分解酵素は熱によって活性が失われます。可能なら生の状態で摂るのが望ましいです。さらに、脂肪分解酵素リパーゼをより活性化させるために十分なミネラルを摂ることが必要です。

食事で栄養素成分のミネラルを摂るには、鉄分やカルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどの含まれた野菜や海草類をまんべんなく食べましょう。鉄分は主に、パセリ、枝豆、小松菜などに含まれています。またカルシウムやカリウムなど小松菜、春菊、ねぎ等に多く含まれています。野菜に含まれるミネラル成分は加熱によって活性が失われる心配はいりません。

野菜をまんべんなく摂取するには野菜成分が多く、酵素成分がしっかり摂れる酵素ドリンクを利用しても良いでしょう。

野菜酵素なら優光泉!!!

まとめ:脂肪分解酵素リパーゼを多く含む食べ物はダイエットにおすすめ

脂肪の消化と燃焼に関係する脂肪分解酵素リパーゼを活性化するには有酸素運動を行って体温を上げましょう。また、消化酵素や脂肪分解酵素の多く含まれる野菜を摂取しましょう。脂肪分解酵素の多く含まれる野菜にはビタミンB群、ミネラル、食物繊維が含まれています。ビタミンB群は熱によって活性が失われることが多いので出来れば生が良いです。

またミネラルはエネルギー代謝に大きく関連しています。さらに食物繊維は食事の際の血糖調節、そしてお通じにも関連しています。つまり、脂肪分解酵素リパーゼを含む食べ物はダイエット向け食品であることがわかります。脂肪分解酵素の含まれた野菜などの食材をたくさん食べて運動し、脂肪分解とカロリーオフして健康にダイエットを継続しましょう。

人気記事