Medium 7a224ee9e31cc1eb

カロリー消費を簡単に行う方法!日常生活やジッとしていてもできる事

ダイエットに必要なことはカロリー消費です。痩せる方法はたくさんありますが、日常生活をしていて気軽に取り入れられる簡単なものがいいですよね。激しい運動をしないと痩せられないと思っている人が多いです。ところがカロリー消費ができる簡単な方法があります!

カテゴリー:ダイエットの基本カロリー  作成者:megane3  投稿日:2018/01/04

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

運動する気が起きないなら生活の中でカロリー消費!

7fc29452fb585803

カロリーを消費するには運動で汗をかかなくてはいけない!そう思っている人は多いでしょう。たしかに運動できる人はそのほうが、効率的にダイエットができるのは間違いありません。しかしながら現実は仕事の影響や家事が忙しくて、時間をあけることが難しくなります。となると運動に時間をさくのは、ダイエットをする人からすると現実的ではないということです。

ところがそんなことを言っているとカロリー消費ができるわけがなく、痩せるどころかダイエットに失敗してしまいます。このままではダメだと思っている人は安心してください。激しい運動だけがカロリーを消費する方法というわけではありません。それ以外でもカロリーを消費するやり方があるので、おすすめの方法を紹介します。

消費カロリーとは?その内訳は?

ダイエットに大きな影響が出るといわれる消費カロリーは、激しい運動以外でも痩せることができるということを最初に紹介しました。これを聞いて本当にダイエットができるのか疑問に思う人がほとんどでしょう。この秘密を知るためには消費カロリーの特徴を、知っておく必要があります。そこでカロリー消費について具体的に紹介するので参考にしてください。

消費カロリーについて

1e473a0f8ad82631

消費カロリーとは消費されるカロリーの量のことです。その名前にあるカロリーとはどのようなものなのかご存じでしょうか?カロリーとは体に使われるエネルギーのこと。要するに消費されるエネルギーのことを消費カロリーというわけです。食べ物を習慣的に食べなければ人間は生きていくことができない生き物です。

この食べ物を食べることでできるエネルギーが体の中に蓄積されて、これを消費しなければエネルギーが体の中にたまってしまいます。このエネルギーの単位のことをカロリーといい、消費されるエネルギーのことを消費カロリーというわけです。消費カロリーを増やすには、激しい運動以外にも体の中の内臓などが活発であれば勝手に消費カロリーが増えていきます。これをうまく使うのがおすすめです。

基礎代謝と運動による消費カロリー

3e4c6e029b461a0c

先ほど紹介した体の中で自然とカロリーが消費されることを基礎代謝といい、これを上げることで痩せることができます。ちなみに運動をすることでも基礎代謝を上げることが簡単です。もちろん激しい運動をすることで基礎代謝がいっきに上がりますが、マイペースにゆっくりダイエットをしたい人には相性がよくありません。

ではどのような運動を使って基礎代謝を上げていく必要があるのか?とにかく言えることはどんな方法であろうと、体を動かすことは必要であるということです。カロリー消費には簡単な運動をおりまぜると効果的になります。とにかく体を動かすことが重要なので、カロリー消費をするなら続けやすい簡単な運動を取り入れましょう。

カロリー消費を簡単に行う方法:日常編(移動中)

B06339d9ecd9833d

ダイエットを成功するためには、日常的に軽い運動をするように意識することが大切です。この軽い運動ができるおすすめの状況があります。それは移動をしているとき。当たり前かもしれませんが意外にもただ移動しているだけの人のほうが多く、ダイエットをしようと思うなら無駄な時間になっています。この無駄な時間を軽い運動に費やすだけでも効果的に痩せることが可能です。

移動中にカロリー消費を簡単に行う方法:楽をしない

247d4ae542848396

日常生活をしていて体を動かす機会が少なくなっていることが、少し周りを見渡してみるだけでもかなりたくさんあります。その代表格がエレベーターやエスカレーター。とにかく乗っていれば上に登れてしまうので、ダイエットをする身としてはこれほどの誘惑はありません。人間は楽なほうを選んでしまうからです。

とにかく体を動かす方法を選ぶように心がけるだけでも、ダイエットは成功します。エレベーターやエスカレーターは避けて、上の階に登るときは階段を使うようにしてみましょう。さらになにか作業をするときの場合はイスに座らずに、立って作業するなどの工夫をすると効果的。というのも体の筋肉を使うことが目的なので、楽をしないように意識して移動をしましょう。

移動中にカロリー消費を簡単に行う方法:爪先立ち

  1. 爪先立ちになり、なるべく早足で歩くように心がける
  2. あごを引いてお腹を引き締めるイメージで歩く

歩いて移動するだけでも運動になっていいことはたしかです。しかしながらそれだけでは大きな変化はありません。そこでつま先立ちで常に移動することを意識するのがおすすめです。ただ爪先立ちで歩くだけでは効果的ではありません。筋トレの一種だと意識しながら腹筋を引き締めながら、なおかつ足に負荷をかけやすくするために早歩きにするだけでも効果抜群です!

痩せるためには筋肉をつけることが大前提ですが、足に筋肉をつけるというのが大きなポイントになります。足というのは重力に逆らっている場所。ということは血液の循環が悪くなりやすいことでも有名です。つま先立ちはとくにふくらはぎの筋肉がつきやすいので足の血行がよくなり、代謝がアップします。すると体全体の代謝が上がりやすくなり、カロリー消費しやすい体質に変わるということです。

移動中にカロリー消費を簡単に行う方法:お腹を凹ませる

  1. あごを引いて背筋を伸ばした状態で歩く
  2. お腹を凹ませたまま30秒ゆっくり呼吸をする

女性にはとくに悩みが多いお腹の脂肪。それを移動中に解消できるのが今から紹介する方法になります。ちなみにすごく簡単なので実践してみましょう。この方法はインナーマッスルまで届く筋トレ法で、普段よりも正しい姿勢でお腹に力を入れることが重要です。さらに呼吸法を取り入れることで有酸素運動となり、カロリー消費しやすくなります。

要するに移動をするときにお腹に力を入れるだけの方法となるので、誰にも気づかれることなくどこでもトレーニングができるわけです。ということは筋トレの効果を持続させることでカロリー消費が簡単にできます。常に移動する時間が長い人にはとくにおすすめの方法です。お腹に自信がない人は挑戦してみましょう。

カロリー消費を簡単に行う方法:日常編(オフィス)

Ac763d7959c5c1f5

よく言われる日本人は働きすぎ。これは労働時間が外国と比べて長いので、こんなことを言われているわけです。ということは痩せようと思っているあなたも、オフィスにいる時間が長くて運動する時間が取れないと思っていないでしょうか?それは大きな間違い!なぜなら軽い運動ならオフィスでもすることは可能だからです。そのおすすめの方法を紹介するのでやってみましょう。

オフィスでカロリー消費を簡単に行う方法:姿勢をただしてコアを意識

  1. 頭を上に向かって引き上げられている感じで、首を上にあげる
  2. 胸をはりながらお尻にも力が入るように意識する
  3. そのままの姿勢で骨盤を中心にゆっくりまわすと効果的

コアというのは体の奥のほうにある筋肉のこと。要するにインナーマッスルです。ここを鍛えるときは、普段の姿勢を変えるだけでも効果的。オフィスに誰かがいても気にせずトレーニングができます。この方法をするときのポイントはあくまでインナーマッスルの強化です。骨盤まわりの筋肉を鍛えているイメージで姿勢をただすことが重要になります。

姿勢をただしつつ骨盤をグルグル回しましょう。これだけでも普段使っていない筋肉を鍛えていることになります。ということは、長時間オフィスにいたとしてもトレーニングの時間を作ることなく、ダイエットができているというわけです。ちなみにインナーマッスルを鍛えるということはカロリー消費しやすくなることから、積極的にこの方法を取り入れると痩せやすくなります。

オフィスでカロリー消費を簡単に行う方法:足を閉じて太ももを鍛える

  1. イスに座った状態で膝の間に雑誌などのものを挟む
  2. 挟めたものを落とさないように、しっかり太ももに力を入れる
  3. くるぶしやかかとをくっつけるとさらに効果的

オフィスにいる場合、座って作業をしていることが多いでしょう。ただ長時間座っているだけの場合は筋肉が使われていないため、代謝が落ちてカロリー消費されません。それを防ぐためには膝の間にものを挟みましょう。それだけでも太ももの筋肉である「内転筋」を鍛えることができます。この内転筋というのは足を閉じる筋肉のため、簡単にカロリー消費に繋がります。

というのも足を閉じる動作というのは、普段から意識しないと使われることがありません。つまり足痩せできない人の多くは、太ももの筋肉がうまく使えていないということです。もちろん物を挟むことができない環境なら、くるぶしやかかとから膝までを閉じる意識を持つだけでも効果抜群。イスに座っているときだけでも挑戦してみましょう。

カロリー消費を簡単に行う方法:日常編(自宅)

E5f2367dd3a97462

会社でいる時間や移動中などすべての時間を計算しても、自宅でいる時間のほうが圧倒的に長くなります。さらに誰の目も気にすることなくダイエットに励めるのも大きなメリットです。ということは自宅で今から紹介する簡単な方法を取り入れるとカロリー消費することができます。この方法は簡単なので実践してみましょう。

自宅でカロリー消費を簡単に行う方法:半身浴&ストレッチ

  1. お湯の温度は40度前後くらいのぬるめのお湯に設定
  2. 心臓に負担がかかってはいけないので、おへそ付近にお湯がくる程度に量
  3. 浴槽に浸かって息を吸いながら、両膝をつけた状態で膝を立てる
  4. 息を吐きながら、両膝を立てたまま右へ倒す
  5. 息を吸いながら、両膝を立てたまま左へ倒す

半身浴は体の代謝が上がるだけでなく、リラックス効果やデトックス効果があがるためカロリー消費されやすい状態になります。もちろんそれだけでも効果的なのですが半身浴の特徴は長い時間お風呂に入ること。この特徴をうまく利用してストレッチをするとさらにカロリー消費することができておすすめです!

しかしお風呂の中でできることは限られてくるので、簡単なストレッチの方法を紹介します。ただ膝を曲げて左右に足を傾けるだけ。これだけでも体をひねる動作になって、普段使わない筋肉を使うことができます。さらに深く息をする呼吸法を取り入れると体の中に酸素をたくわえられて効果的です。半身浴をしているからこそのストレットと思っていいでしょう。

自宅でカロリー消費を簡単に行う方法:ダイナミックな動きで家事を行う

E87332833ebb6388
  • 洗濯:105kcal(30分)
  • 床の雑巾がけ:91kcal(30分)
  • お風呂の掃除:91kcal(30分)

スポンサーリンク

生活していく上で必要な家事は毎日しなければいけないことのひとつ。それに時間を割かれて運動ができないと思っている人も多くいるといいます。しかしながら家事もカロリー消費をしていることを忘れないようにしましょう。とくに洗濯は意外にも体を動かす重労働。逆にこれを利用して「スクワット」をおり交ぜるとさらにカロリー消費できます。

  1. 洗濯籠から洗濯物を取り出すときに背筋を伸ばして膝を曲げる
  2. 背筋をのばしたまま立ち上がって洗濯物を干す
  3. この動作を繰り返す

洗濯物を干すときは必ずといっていいほど、自分よりも高い位置に物干し竿があります。これを利用してスクワットをしましょう。背筋を伸ばすことが重要です。さらに消費カロリーが多くなるお風呂の場合は、腰をひねりながら浴槽を洗うと効果的。雑巾がけも全力で走ることでカロリー消費できます。うまく家事と付き合うことがダイエットに成功するカギになります。

カロリー消費を簡単に行う方法:日常編(食事)

17d08c7ae35c6636

日常で避けては通れないのが食事。これを心がけなければダイエットで成功することはできません。というのも食事は毎日摂取するので消費カロリーを増やす食べ物を選んでおけば、自然と脂肪を燃焼してくれるわけです。その中でもおすすめの消費カロリーを増やす食べ物を紹介するので、参考にしてください。

食事でカロリー消費を簡単に行う方法:タンパク質を多く摂取する

416ce7599399a2bb
  • 納豆
  • 牛乳
  • ツナ缶

体に必要と言われるタンパク質。カロリー消費をするのに重要な栄養です。それはタンパク質が筋肉の材料だから。要するに代謝をアップしてくれる特徴をもっているので、カロリー消費が目的ならおすすめの栄養です。しかしながらカロリーが高い食べ物は脂肪として吸収されやすいので、納豆などのヘルシーな食べ物をおすすめします。

カロリー消費を簡単に行う方法:サプリ編

E21cf4a51f7897fd

大幅にカロリー消費をするなら食べ物や軽い運動だけでは、期待することができません。なるべく今から紹介するサプリを使うことでダイエットに成功しやすくなります。というのもサプリというのは、効果が出やすいようにうまく栄養を組み合わせて作っているんです。飲むだけでは痩せることはできませんが、今まで紹介した方法と組み合わせて使ってみてください。

脂肪燃焼を助けてくれるサプリ:シボヘール

シボヘールは葛の花由来のイソフラボンが入っていることで、消費カロリーを増やすことができる機能性表示食品です。機能性表示食品とは国の機関である消費者庁が認可する食品のこと。科学的データがない限りは許可が出ません。それだけでも安心ですが葛の花イソフラボンが消費カロリーを上げるだけでなく、脂肪を抑制してくれる効果まであるので痩せることができます。

脂肪燃焼を助けてくれるサプリ:ラ・キュット

同じくカロリーの消費を助けてくれるサプリのラ・キュット。このサプリも脂肪を燃焼する成分がたくさんの入っているため、簡単にダイエットをしようと思う人にはおすすめです。脂肪を燃焼して消費カロリーを増やす「ブラックジンジャー」や、代謝アップの手助けをする「ブラジル酵素」、さらに腸内細菌を整えるビフィズス菌まで入っています。

脂肪燃焼を助けてくれるサプリ:デュアスラリア

脂肪を燃焼してくれる成分と抑制してくれる成分の両方が入っているサプリメントのデュアスラリア。カプサイシンやビタミンB群で脂肪を燃焼してカロリー消費します。さらにイソフラボンやガルシニアエキスなどの成分で脂肪の吸収までブロック。要するにダイエットをしている人ならうれしい効果ばかりのサプリメントなわけです。

カロリー消費を簡単に行う方法:エステ編

175b576785315e90

簡単にカロリー消費するなら、なにも自分ですべてする必要はありません。今から紹介するエステサロンに通って食事に気をつけるだけでも、カロリー消費されやすい体質に変わります。エステでダイエット?と思うかもしれませんが、ダイエットに詳しいエステティシャンが施術をしてくれるからこそ効果的なわけです。さらにダイエットの相談にものってくれるのでおすすめです。

おすすめ痩身エステ:ミスパリ-ダイエットセンター

ミスパリ-ダイエットセンターはエステサロンですが普通のエステはしてくれません。要するに痩身エステサロンになるので注意してください。そのかわりダイエットに詳しい専門のカウンセラーがサポートしてくれるうれしいサービスが付いています。その人のあったプログラムを組んでくれるので、安心してサービスを受けられるのが大きな特徴です。

おすすめ痩身エステ:キレイサローネ

ダイエットに熱心な人なら一度は聞いたことがある痩身エステサロンがキレイサローネ。というのも有名人が通っているほど効果を実感できるのが大きな特徴です。なぜ効果が高いのか?それは最新機器を揃えていることでリンパや代謝が上がりやすくなるから。高額になりそうなイメージですが、定額制の料金プランもあるので気軽に通えます。

おすすめ痩身エステ:たかの友梨(TAKANO式キャビボディ)

痩身エステ業界でも有名なたかの友梨。その中のプランであるTAKANA式キャビボディは、気軽にダイエットをしようと思っている人にはおすすめです。それはたかの友梨のエステティシャンの技術が高いからです。振動によって脂肪を燃焼する最新機器を使い、さらに技術力の高いエステの技術で大きなカロリー消費をしてくれます。体の代謝を上げたい人はたかの友梨がおすすめです。

太らないように日常的に避けるべき行動・食事

9ed39650102d77a7

カロリー消費に気をつけた生活を送っていても、気を抜いていしまったらすぐにダイエットに失敗してしまう人は多くいます。それは今から紹介する行動や食事をとっている可能性が高く、必ずこれらのことを守ってダイエットをしましょう。どのようなことを守らなければいけないのか?頭にいれてダイエットに取り組みましょう。

太らないように日常的に避けるべき行動:睡眠をしっかり取らない

D1a0ab0c17f1fd01

ダイエットに関係ないと思いがちな睡眠。じつはその逆で睡眠をしっかりとっていないと脂肪を燃焼しにくい体になってしまいます。というのも睡眠がとれていないと交感神経が活発になり、代謝が上がりにくくなってしまうからです。交感神経とは緊張状態に強くなる神経のこと。体中の血流が悪くなり冷え性になりやすくなるといわれています。

これを解消するには、睡眠をしっかりとってリラックス状態に強くなる副交感神経にする必要があります。睡眠というのは最高のリラックス状態であり、リラックス状態というのは体中の血液の循環がよくなること。睡眠をなるべく深くしていくことで自然と代謝が上がっていき、カロリー消費しやすい体質に変わっていくので、しっかり睡眠をとりましょう。

太らないように日常的に避けるべき食事:カロリーや栄養素を考えていない食事

Da0502f9f6fbdfd6
  • 皮がついていない鶏肉全般
  • 豚もも
  • ボンレスハム

摂取カロリーをおさえることはダイエットをしている人では常識。しかしなかなかそれを実行できないのが現実です。カロリーをおさえるだけでなく、高たんぱくな食べ物を摂取するとさらに代謝がアップしておすすめ。カロリー消費の手助けになります。毎日とる食事をそのように変えていくことでダイエットを成功しやすい体に変えていきましょう。カロリーの少ないお肉がとくにおすすめです。

太らないように日常的に避けるべき食事:タイミングを意識していない食事

05f063e35748ca9b

カロリー計算や運動を心がけていたとしても食べる時間を意識していないと、これもダイエットに失敗する原因になってしまいます。とくに糖質や脂質が高いものは取扱いに要注意。夜はもってのほかですが、朝でも吸収しやすいので食べるとしてもなるべく日中にしましょう。カロリー消費しやすい昼間は影響をうけにくいからです。

まとめ:日常生活でカロリー消費を簡単に行う方法

772a03431d145fa6

カロリー消費は簡単な方法ですることもできますが、実際のところ気をつけるべきポイントがたくさんあります。これらのポイントをしっかりおさえることで、簡単な運動だけでもダイエットに成功するわけです。低カロリー高たんぱくな食べ物を取り入れつつ、空いた時間に軽い運動をするように心がけましょう。

人気記事