Medium bcc43f40a99f913f

脂肪燃焼ジュースの作り方!ダイエット・美容に効果的なレシピ紹介

身体の内側に貯まった脂肪を健康的に燃焼するには、脂肪燃焼を目的に行う運動とその運動をする前後に脂肪燃焼ジュースを飲む生活習慣を継続することが、ダイエットには大切です。今日は脂肪燃焼が必要な理由と、人気の美容にも良い手作り脂肪燃焼ジュースのレシピを紹介します。

カテゴリー:食べ物弁当・レシピ  作成者:christal001  投稿日:2017/12/27

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

なぜ脂肪はついてしまうのか?

どうして食べたい物も食べていないのに脂肪はついてしまうのでしょうか。皆、そう思っています。その理由は大きく分けて、3つあります。一つは生まれ持っている遺伝子のこと、次に生まれてから得た生得的な要因、そしてもう一つは環境要因です。まず最初に遺伝子のことについて、エネルギー倹約遺伝子というのを聞いたことがありますか?

エネルギー倹約遺伝子とは

生まれつき日本人は太りやすいのです。日本人の3~4人にひとりが「エネルギー倹約遺伝子(肥満遺伝子)」を持っていて、余分なエネルギーを燃やしにくく、欧米人より太りやすい体質なのです。日本人の先祖の一部は北米からアリューシャン列島を経て陸伝いでやって来ました。イヌイットといい、アラスカなど北米の狩猟民族でアザラシやオットセイなどの狩りをしながら移動して暮らしていました。

主な食料は狩猟による肉食でした。常に獲物を獲得できるとは限らず、獲物がない時は自分に蓄えられた脂肪で生きてきたため、遺伝子上で脂肪を蓄える機能を備えることになりました。これがエネルギー倹約遺伝子です。この遺伝子の機能が今も約25パーセント程度の日本人に備わっています。そのため今の十分過ぎる栄養豊富な食事と狩りをしない運動不足の暮らしでは脂肪が貯まりがちになるのです。

生得的な要因

生得的な要因として、最初に挙げられるのが年齢による基礎代謝の低下です。基礎代謝量とはただ寝ているだけでも使われるエネルギー量を言いますが、女性がだいたい15歳、男性で18歳をピークに低下していききます。成長期を過ぎて成人となると、身体を維持するだけ以外のエネルギーはほとんど必要なくなります。そして、老化と共にエネルギーを使う行動や機会もどんどん減っていきます。

同じ生活様式で同じ摂取カロリーを摂っていても、使う機会がなくなり、いわゆる摂取カロリーより消費カロリーが上回る機会がなく、余った摂取カロリーが身体に脂肪となって貯まります。そして、生得的な要因として、もう一つどうしても避けられない事象が、女性では更年期によるホルモンバランス変化による体重増加、男性では年齢上昇に伴う社会的役割の変化と体格の関連があります。

女性は閉経に伴い、ホルモンバランスが大きく変化し、悪玉のLDLコレステロールが増加して、体脂肪まで貯め込んでしまいます。男性は30歳を過ぎると社会的な役割が変わり、家庭を持ったり、職場での地位が変わったりし、体型が変わり始めます。原因として基礎代謝の低下に伴って運動不足と多すぎるストレスによって、お腹周りに脂肪が集まるような状況が顕著です。

環境要因

環境要因の第一には便利になった暮らしがあります。24時間営業のレストラン・コンビニ・スーパーマーケットの存在や、ほとんど手を加えなくても良い加工食品の流通がある暮らしです。いつでもどこでも現代社会では食べることの出来る環境があります。以前なら、冷蔵庫がなかったので毎日買い物にも行きましたし、夕方になると食事の準備のために火をおこすことから始まりました。

以前は、食材の入手、準備にも相当な労力と時間がかかっていました。そんな心配は今はありません。さらに、便利になった交通機関の整備のおかげで流通のみならず、通勤、通学は大変楽になりました。脚を使って移動する必要は益々減少しています。通勤・通学での相当な労力は今は一部を除いて短縮の一方です。その代り座り過ぎから運動不足に悩まされて太り過ぎるのです。

脂肪燃焼に効果的な食材は?

脂肪燃焼する食材をジュースで

Aa055542ba9a2d6b

摂取した脂肪や身体に貯まっている体脂肪の脂肪燃焼のためには、しっかりと食事からビタミンB群やミネラル成分を摂取することが必要です。そのためには、脂肪燃焼しやすくする食品を摂ることです。食品に含まれるビタミンやミネラルは熱によって活性が無くなりますので、出来れば生で食べることが望ましいです。脂肪燃焼で最も簡単な摂取法はジュースです。

脂肪燃焼する食材①大根

消化・脂肪分解酵素が多く含まれます。特に大根に含まれるイソチオシアネートという成分が代謝を高め、脂肪燃焼を促します。ジュースのほかにおすすめなのが大根おろしです。消化酵素のジアスターゼがたくさん含まれているので食欲のない時や風邪や胃腸の具合の良くない時にも良いですね。

脂肪燃焼する食材②りんご

中性脂肪、血糖の低下に効果があります。脂肪燃焼に効くのはプロシアニジンという成分で、さらに脂肪の蓄積を防止します。リンゴの皮に含まれるウルソル酸には、有益な筋肉や褐色脂肪を増やし、肥満を予防できる可能性があります。ジュースに入れる時も、皮ごと入れるのをおすすめします。

脂肪燃焼する食材③にんじん

中性脂肪燃焼とベータカロチンによる抗酸化作用と、アンチエイジング効果があります。皮膚や髪の毛の新陳代謝を活発にして美肌や美髪にも期待できます。甘味があるのでジュースに甘味が欲しい時に入れるとお子様にも飲みやすくなります。

脂肪燃焼する食材④セロリ

カリウムが多く含まれ、代謝促進とむくみ防止作用があります。さらに、豊富な食物繊維によるお通じ促進作用や、中性脂肪燃焼促進し、イライラを抑える作用もあります。ジュースにいれると独特の風味がありますが、食物繊維を粉砕して丸ごと食べるとなによりの便秘予防になります。

脂肪燃焼する食材⑤しょうが

身体を温め代謝を上昇し、脂肪燃焼に向けます。さらに、脂肪燃焼にはジンゲロールという成分があり、加熱の場合はあまり加熱しすぎずレンジで瞬間加熱をおすすめします。生でも加熱したものでもジュースにピリッとしたアクセントづけになります。

スポンサーリンク

脂肪燃焼に効果的な食材を使ったジュース紹介

脂肪燃焼ジュースの作り方・飲み方の注意

ダイエット大国米国人気サイトの脂肪燃焼にも美容にも良いダイエットジュースレシピです。分量はすべて2回分(グラス2杯)です。ジュースを作る際には野菜やフルーツも丸ごと使うとより栄養素を豊富に摂り入れることができます。ブレンダ―に入れる際の野菜は適宜カットしてください。

また、ジュースには糖分や甘味もここでは入れません。お子様やお年寄り、甘いのがお好みの方ははちみつやメープルシロップなどを出来たてのジュースに入れてください。全てをブレンダ―またはミキサーに一度にいれて粉砕してジュースは作ります。

手作りジュースで無理なくダイエットを継続しましょう。ジュースを飲むタイミングは、朝起きてすぐ、あるいは食事の前に飲みましょう。ジュースに含まれる食物繊維が食事での血糖の上がり過ぎを防いでくれます。また、運動の前後でもジュースで水分補給をすると良いですね。

脂肪燃焼ジュースレシピ①究極のグリーンジュース

材料(グラス2杯分)
青りんご 2個
セロリ 3本(葉は入れない)
きゅうり 1本
ケール 8枚
レモン 1/2個(皮をむく)
しょうが 1片
お好みでミント 少々

ジュースの作り方(全てのレシピに共通です)

  • 材料は適宜きざんで、すべてブレンダ―(ミキサー)に入れてブレンドしてください。滑らかな口当たりの良い人は長めの時間ブレンドしてください。

脂肪燃焼ジュースレシピ②トロピカル人参ジュース

材料(グラス2杯分)
リンゴ 1個
パインジュース 1/4缶(400g程度)
にんじん 2本
しょうが 2片

脂肪燃焼ジュースレシピ③レッドスマッシュ朝ごはんジュース

材料(グラス2杯分)
レモン 2個
にんじん 2本
リンゴ 2個
ビーツ 2個

脂肪燃焼ジュースレシピ④グリーンレモネード

材料(グラス2杯分)
ホウレン草 1カップ
セロリ 2本(葉ごと)
ケール 4枚
しょうが 1片
リンゴ 2個
レモン 1個

脂肪燃焼ジュース⑤お子様にもOKなグリーンジュース

材料(グラス2杯分)
オレンジ 2個(皮は取る)
レモン 1個(皮は取る)
青りんご 1個
ベビーリーフ(ホウレン草) 1カップ
ケール 1枚

脂肪燃焼におすすめなダイエットサポート商品紹介

シボヘール

年齢と主に気になるお腹周りの脂肪(内臓脂肪、皮下脂肪)を減らすのを助ける機能性表示食品です。脂肪合成を抑制し、脂肪の分解をサポートします。

DCH

BCAA、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つの必須アミノ酸、および、HMB、必須アミノ酸、ロイシンの代謝物、そして、クレアチンを配合した筋肉サポートアプリです。運動パフォーマンスの向上や疲労回復などに効果があります。

脂肪燃焼ジュースの作り方!ダイエット・美容に効果的なレシピ紹介まとめ

F8f5ec634ebe0821

脂肪燃焼する食品は大根、りんご、にんじん、セロリ、しょうがです。脂肪燃焼に良い栄養成分であるビタミンBやミネラルは出来るだけ生で摂りましょう。そのためにはジュースにするのが最も簡単な摂り方です。脂肪燃焼する生活習慣には脂肪燃焼する食品をバランスよく摂りましょう。脂肪燃焼するには運動が最も良いです。運動の前後に脂肪燃焼ジュースを飲み無理なくダイエットを継続しましょう。

人気記事