Medium e0f63e80e72ffa49

緑茶を飲むと痩せる?ダイエット・脂肪燃焼効果と正しい飲み方まとめ

緑茶を飲むとほっこりしますね。緑茶は日本の文化であり長く飲まれた歴史ある健康飲料です。最近では緑茶を飲んで運動をするとより脂肪燃焼して痩せる作用がある事に関する研究も進んでいます。今回はスイーツやお菓子、料理に人気のある緑茶の効果と健康に良い飲み方の解説です。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:christal001  投稿日:2018/01/03

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

緑茶ダイエットとは?

普段皆さんが飲んでいる飲み物を、緑茶に変えてみませんか?緑茶には数えきれないほどの効果効能があります。なによりダイエットに嬉しい効果が沢山つまっているのです。緑茶は日本だけでなくアジアに広く飲む文化があり、長い歴史に裏付けられた安全な健康飲料です。最近では、緑茶に多く含まれる健康成分のうち、特に減量効果である痩せる作用を検証する研究が進んでいます。

とくに緑茶を飲んで運動して痩せるという緑茶ダイエットが話題です。緑茶ダイエットとは緑茶を運動する前に飲んで脂肪燃焼をより進め脂肪を減らし痩せる体質になることを目指すダイエットです。緑茶には発がんの抑制や血液をさらさらにするなど、その他様々な成分や効果効能が認められています。緑茶に含まれる成分とその効能についてちょっと挙げてみましょう。

緑茶に含まれる成分と効能
物質名 効能
カテキン 抗酸化作用、発がん抑制作用、抗菌作用、脂肪吸収抑制作用、血圧上昇抑制作用など
カフェイン 覚醒作用、利尿作用など
フラボノイド 口臭予防、血栓形成抑制作用など
サポニン 去痰作用、消炎作用など
ビタミンC 風邪の予防、美肌効果、ストレス解消など
ビタミンE 抗酸化作用、発がん抑制作用、動脈硬化抑制など
フッ素 虫歯予防
亜鉛 味覚機能向上、疲労回復

何と言っても、緑茶に甘いお菓子でほっこりすると本当にリラックス効果がありますね。また緑茶の覚醒効果に加えて、甘い物に含まれる糖質は脳のエネルギーになります。緑茶でうがいをして風邪予防にしたり、朝の目覚ましのための一杯の緑茶や、儀式や儀礼での緑茶の作法といい、日本の文化からは切り離せないほど自然の恵みである緑茶には安心で安全な効果効用があります。

最近では緑茶を飲むことによる脂肪を燃えやすくする成分が動物実験で認められ緑茶のダイエット効果について広く研究がされています。緑茶ダイエットでは、運動の前に緑茶を飲むことで脂肪燃焼して痩せる体質になるほか、食事の後に温かい緑茶を飲む方法で、食事で摂取した脂質や糖質の吸収を抑制する作用に期待できます。また食前に温かい緑茶を飲む事によって、満腹感も得られますね。

さらに、温かい緑茶を飲むと身体を体内から温め、ドカ食いや早食いを抑え、食欲の抑制にも効果があります。緑茶にはカロリーがほとんどないので太る心配がありません。また緑茶の天然由来のダイエット成分なら安心ですね。この他、緑茶のビタミンCには風邪予防や美肌効果も期待できます。緑茶に含まれる亜鉛には疲労回復や味覚を正常に戻す作用もあります。

緑茶のフラボノイドには血栓形成抑制作用もあり、アンチエイジング作用として動脈硬化や高血圧などの生活習慣病予防にも期待できます。緑茶成分にある、痩せる体質に向けるダイエット効果のみならず数え切れない効果効能を毎日の生活に取り入れましょう。緑茶は茶さじ一杯にお湯を入れて出すだけです。一杯の緑茶を味わう何よりのリラックス時間を生活習慣に取り入れたいですね。

緑茶ダイエットで得られる効果は?

カテキンの作用

カテキンに含まれる作用は、抗酸化作用、発がん抑制作用、抗菌作用、脂肪吸収抑制作用、血圧上昇抑制作用などで、特に脂肪燃焼の作用についてクローズアップされています。ペットボトルなどの緑茶飲料での脂肪分解などについてのコマーシャルが有名ですね。緑茶を色んな時間に飲み脂肪燃焼に向け痩せる体質作りを推奨しています。水分補給、パフォーマンス向上や集中力の向上にも良いでしょう。

緑茶を含むお茶全般に、ストレス解消やがん予防など様々な生活習慣病の予防に効果のある物質が含まれていると言われています。確かに、緑茶にはカテキンを代表として脂肪を分解する働きのある成分や吸収を阻害する成分が含まれますが、その効果が実際に期待できるほどの量の緑茶を飲むのは現時点では難しいと思われます。

もう一つ、緑茶のカテキンの健康障害に関する情報が気になります。海外での高濃度カテキン含有緑茶ペットボトル飲料による健康障害について、厚生労働省は国の機関による90 日間以上の反復投与試験等の成績より既存添加物から健康に影響はなく安全性を確認しています。複数の疫学研究からも家庭で入れた緑茶や市販されている緑茶飲料の摂取から健康への悪影響が生じないことが報告されています。

カフェインの作用

緑茶のカフェイン成分には覚醒作用、利尿作用があることは有名です。夕方に濃い緑茶を飲むと眠りにくくなったり、夜中にお手洗いに起きたりすることがあります。また一方で、和食のレストランや割烹などでは、食前のお茶が緑茶で、食後のほうじ茶など色々と工夫されています。食前の緑茶にはカフェインによる覚醒作用を起こして食事を楽しませる役目もあるようです。

カフェインには脂肪を分解する酵素リパーゼの活性を高める効果があり、運動の前に摂取することが効果的だとしています。つまり、体脂肪をより多く燃焼することができるので脂肪が減って痩せるというダイエット効果があると言われています。カフェインには運動のパフォーマンスや集中力を上げる作用もあります。運動前に緑茶を飲んで運動による脂肪燃焼効果を上げ、痩せる体質を目指しましょう。

緑茶ダイエットの正しいやり方

いつ飲めば効果的?

スポンサーリンク

緑茶を飲むタイミングですが、基本的にいつ飲んでも良いですが、カフェインの覚醒作用を得たい場合、朝食前に飲むと良いです。集中作用を得る場合、仕事や勉強の前も良いですね。また食事での脂肪代謝というのなら、食事の前に飲み、食後にも飲むとより脂肪燃焼が進むのでおすすめです。飲み過ぎても摂取カロリーの心配のない緑茶はダイエッターの強い味方です。

緑茶に含まれるカフェインが脂肪代謝を促進するので、運動前に緑茶を飲むと、活動エネルギーを体熱に変換し発散させると、褐色脂肪細胞の活性が高まり、脂肪燃焼が進むというロジックです。また、カフェインは身体に貯まった脂肪を優先的にエネルギーにするよう働きかけるので脂肪燃焼がより進むのです。運動の約30分前の緑茶の飲用が効果的です。運動前の水分補給としても最適ですね。

運動前にはもちろん糖質による適切なエネルギー補給が必要です。糖質は最初に活動エネルギーになりますので運動する場合には欠食せず、ご飯やパンなどの糖質を摂りましょう。そうすると身体に蓄えられている体脂肪が代謝され、エネルギー化しやすい形に変換されます。その際発熱され、脂肪をため込んだ褐色脂肪細胞が次々と白色脂肪細胞(脂肪)をエネルギー化していきます。

褐色脂肪細胞とは脂肪細胞の一種です。褐色脂肪細胞は特殊な役割を持っていて、脂肪を燃焼して消費カロリーを増やしてくれます。この褐色脂肪細胞のおかげで身体に貯まっている脂肪をエネルギー化してくれるわけです。この時脂肪をエネルギーにするためのエネルギーと、脂肪燃焼のためのエネルギーとの両方が使われます。脂肪代謝で痩せる作用が大きいのはこの理由からなんですね。

飲む量はどれくらい?

緑茶ペットボトル健康飲料の1日当たり摂取目安量は350ml/本です。1本に含まれる茶カテキン量540mgは、緑茶10杯に相当する1000~1500mgを下回っています。また緑茶にはカフェインが含まれています。WHO(世界保健機関)では健康的なカフェイン摂取は1日300㎎までとしています。緑茶1杯当たりのカフェイン含有量は30㎎程度なので、10杯/日を限度に緑茶摂取の目安としましょう。

緑茶でもコーヒーでも敏感な人は夜眠れなくなりますので夕方からの摂取は控えましょう。また夜眠る前に緑茶を飲むとお手洗いに起きて安眠出来なくなる可能性もあります。緑茶の効果効能をよく理解して飲みたいですね。最近水出しの緑茶も人気があります。水出し緑茶の場合、お湯での緑茶に比べて冷蔵庫保存で日持ちしやすく、煎茶特有の苦みがなく、味もまろやかになります。お試しください。

緑茶の他にもダイエット効果のある飲み物紹介

ハーブティーでアンチエイジング

青の花茶

美容大国タイで昔から愛飲されているハーブティバタフライピーを配合しています。おいしい甘さで飲みやすく、しかも、ゼロカロリー、ゼロシュガー、ゼロカフェインです。

いつもの飲み物をダイエットプーアール茶に

ダイエットプーアール茶は緑茶を長期間醗酵させた醗酵緑茶です。 緑茶の成分カテキンは渋み成分でもあるのですが、醗酵させることによりマイルドな味わいになると同時に「重合カテキン」 や「没食子酸」に変化します。ダイエットプーアール茶に含まれる没食子酸は緑茶の18倍です。おいしく続けられるお茶ならプーアール茶の醗酵パワーです。

緑茶を飲むと痩せる?ダイエット・脂肪燃焼効果と正しい飲み方まとめ

緑茶に含まれる脂肪燃焼作用により身体に貯まった体脂肪を運動して減らし痩せる体質になりましょう。緑茶のダイエット効果を得るためには、運動の30分前に緑茶を飲み運動を継続することです。なお、健康的なダイエットに良い緑茶の飲用は、一日に10杯程度を目安にどうぞ。緑茶で健康的に痩せる体質に向かうにはバランスの良い栄養を摂り、適度な運動を行う生活習慣を継続しましょう。

人気記事