Medium cc7510da26939c77

麦茶ダイエットの正しいやり方!痩せる効果・結果を出す飲み方は?

麦茶ダイエットと呼ばれるダイエットのやり方があります。このやり方はただ毎日麦茶を飲んでいるだけで痩せることが期待できる方法なのです。効果的にダイエットの結果が出せる飲み方とは?麦茶ダイエットにおける麦茶の正しい飲み方を探ってみましょう。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:ashikakun  投稿日:2018/01/03

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

麦茶ダイエットとは?

夏になると飲みたくなる飲み物の一番は冷たい麦茶ですが、その麦茶に痩せる効果があるとしたらびっくりする方も多いのではないでしょうか。毎日ただ麦茶を飲むだけで、効果的にダイエットができることが最近話題になっているのです。

麦茶の種類

麦茶には二条麦茶と六条麦茶と呼ばれる種類があります。大麦品質により二条大麦と六条大麦に分けられています。二条大麦を原料にした麦茶は、六条大麦を原料にした六条麦茶よりもほんのり甘みがあるのが特徴です。どちらの麦茶でも麦茶ダイエットには有効です。

麦茶ダイエットの効果3つ

普段何も意識することなく美味しく飲んでいる麦茶には、ダイエットを成功に導くために大切な3つの効果があります。まずは麦茶ダイエットが身体に与える3つの効果についてご紹介していきましょう。

むくみ予防

天然アミノ酸の一種GABA(ギャバ)は、血圧を下げるのに役立つ栄養素なのですが、麦茶にはこのギャバがたくさん含まれているのです。ギャバには腎機能を向上させる力もあるので、老廃物や身体に要らない余計なものを排出することに有効に働きます。そのため麦茶を飲むとむくみの予防になり、ダイエットには効果的なやり方になるのです。

血流を促進

麦茶には血行を良くする効果がある「ピラジン」と呼ばれる成分がたくさん含まれています。血液の流れがよくなると、身体中いたるところに酸素や栄養が供給されるようになり、新陳代謝を促すようになります。新陳代謝が活性化されれば、痩せやすい身体に進化することができるのでダイエットには有効です。

カロリーを抑える

麦茶のカロリーはコップ1杯200mlで2kcalです。市販の野菜ジュースなどは糖分が多いものが多いので、麦茶の方が断然カロリー制限には役立ちます。摂取カロリーが抑えられれば、ダイエットの天敵である脂肪の蓄積を妨げることができます。低カロリーな麦茶で効果的にダイエットをしましょう。

麦茶ダイエットの方法と作り方

麦茶ダイエットで思ったような結果を出すために有効なやり方にはどのようなものがあるのでしょうか。ダイエットを成功させるためにも、麦茶ダイエットの正しいやり方やおいしい麦茶の作り方などを知っておく必要があります。市販の麦茶との比較もしてみましょう。

麦茶ダイエットのやり方

麦茶をただ飲むだけなので、いたって簡単なのが麦茶ダイエットのやり方です。麦茶は糖質・脂質がどちらもゼロなのも大きな特徴といえます。ダイエットのやり方としては、1日当たりに麦茶を1.5リットル飲むことだけです。

血糖値の急上昇を抑制できる

麦茶ダイエットでは、普段の食事をするときに麦茶を飲むだけでダイエットの効果が得られます。食事をして血糖値が上がると、糖質が脂肪に変換されてしまいます。ダイエットを目指すにあたり血糖値の急上昇を抑えることは非常に大切なファクターです。麦茶は血糖値の上昇を抑制する力を持っているので、ダイエットするにはうってつけの飲料なのです。

麦茶の作り方

毎日継続したい麦茶ダイエットなので、美味しい麦茶であることは必要不可欠なことです。市販のものも多いのですが、自宅でもとても簡単に作れるものなので、作り方を知っておくと便利です。ダイエットに有効なおいしい麦茶の作り方をご紹介しておきましょう。

おいしい麦茶の作り方

  • やかんでお湯を沸かす
  • 沸騰したら火を止めて、煮出し用の麦茶パックをやかんに入れる
  • 5分間寝かす
  • 麦茶パックを取り出す
  • 水を張った桶などにやかんごと浸す※水道の水をやかんに充てながら冷やすのもあり
  • 麦茶が冷えたらボトルなどに入れて冷蔵庫で冷やす

麦茶は夏に冷たく冷やして飲むイメージが強いですが、ダイエットのためには身体を冷やさないことが秘訣になります。やかんで作った麦茶を常温に冷まして飲むのも良いでしょう。また食事と一緒に飲む麦茶なら熱いままでも良いかもしれません。効率的なダイエットのためにも、魔法瓶のボトルに入れておくのも良いやり方です。

市販の麦茶の場合

市販の麦茶だと、ペットボトルで低価格で販売されているので、手軽に麦茶ダイエットにチャレンジすることができます。コンビニエンスストアなどでは、冷やした状態で売られていることが多いのですが、自宅に持ち帰って湯飲みに移し、レンジで温めて飲むと良いでしょう。ペットボトルごと温めるとふにゃふにゃになってしまうこともあるのでちょっと不便です。

麦茶を飲むタイミングは?

ダイエットのために麦茶を飲むのには、どのタイミングで飲むのが一番効果的なのでしょうか。ここは麦茶ダイエットにチャレンジしてダイエットを成功させるためにも知ってきたいポイントです。ダイエット効果を高めるために麦茶を飲むタイミングを探っていきましょう。

空腹時

食事制限によるダイエットにチャレンジすると、いつもお腹がすいている状態になってしまいます。お腹がすいた状態でカフェイン飲料を飲むと、刺激が強すぎて吐き気などを起こす恐れがあります。麦茶にはカフェインが混入していないので、安心して飲むことができます。ダイエット時には麦茶がおすすめです。

食前

さきほどもお伝えしましたが、麦茶はノンカフェインなのです。そのため胃に優しく、胃炎や胃潰瘍などの予防にも役立つ飲料です。食前に胃に優しい麦茶を飲んで血糖値の急上昇を抑制しておけば、効果的なダイエットのサポートになります。カフェインが含まれていないことはとても安心です。

運動前

運動時には発汗によって体内からミネラルが奪われていきます。ミネラルは身体の中で自力で生成できない成分なので身体の外から補給する必要があります。麦茶にはナトリウムやカルシウム、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれているので、運動する前に麦茶を飲んでおくことでミネラル補給になります。

スポンサーリンク

また麦茶には身体を冷やす効果もあるので、運動によって上昇した体温を下げて心拍を落ち着かせることにも効果を発揮します。夏場の運動は熱中症になりやすいので、ミネラルが豊富な麦茶を飲めば、熱中症対策としても有効です。

麦茶ダイエットをもっと効果的にするコツ

ダイエットにとても有効で簡単にできる麦茶ダイエットは、麦茶を空腹時や食前、運動前などに飲むと良いことがわかりました。この他にもまだまだもっと麦茶ダイエットを効果的にするコツがあるので、ご紹介していきましょう。

長期的に継続しよう

麦茶でダイエットするのだと意気込んでみたところで、実は麦茶は直接脂肪燃焼する力を持っていません。しかも今飲んで今痩せる実感が得られるという即効性がある代物でもありません。麦茶ダイエットはあくまでもダイエットを支えるサポート役として位置づけ、長期に渡り継続して飲み続けることが重要です。

どのくらい飲む?

麦茶ダイエットの1日あたりのおすすめ量は1.5リットルです。1回当りに200~300ml程度を飲んで、1日トータルで1.5リットルを飲むことがおすすめです。1回当りに飲む量としてはせいぜいコップ1杯か1杯半くらいとなります。

麦茶の飲み過ぎは危険?注意点を解説

ダイエットのために麦茶を飲むのが麦茶ダイエットなのですが、ついついハマってしまい麦茶を飲み過ぎてしまう方も出てくるかもしれません。健康を害することになってしまっては大変なので、ここでは麦茶を飲み過ぎてしまうとどうなるのか検証してみましょう。

冷えに注意

「どのくらい飲む?」のところでご紹介しましたが、麦茶の1日当たりのおすすめ量は1.5リットルです。それ以上を飲むんだからといって、極端に身体を害してしまうことはありませんが、麦茶には身体を冷やす効果があるので、あまりにも過剰な飲み方をすると体調を壊してしまうことも想定されます。胃腸を冷やしてしまってお腹を壊すとダイエットどころではなくなってしまいます。

クマやイノシシなどが秋になると大量に捕食して脂肪をたくわえているのは、冬の寒さに耐える身体を作るためといわれています。動物は本能的に「冷え」を感じると脂肪をたくわえる性質を持っているのです。

特に冬はホットがおすすめ

冷たい麦茶ばかりを飲んでいると、内臓に脂肪をたくわえようとしてしまうのでダイエットに歯向かう形になってしまいます。夏場は少々冷たい麦茶を飲んでも大丈夫ですが、特に冬場に飲む麦茶はダイエットのためにもホットにしておきましょう。

飲み過ぎに注意

いくら麦茶がうくみの解消に効くからといっても、異常に飲み過ぎてしまうと水分超過になりむくみを生んでしまいます。血流を促進するからと飲み過ぎると、冷えが出てしまって反って血行を悪くすることにもなるのです。昔の人は良くいったもので「過ぎたるはことを仕損じる」にハマってしなうことになるのです。

たくさん飲んだから脂肪が分解されるなどの効果はない

ダイエットのためには脂肪を分解して体外に排出したいのですが、麦茶をたくさん飲んだからといっても余分に脂肪を分解するような効果はありません。むしろダイエットに逆らうことになってしまうことが想定されるので、1日1.5リットルのおすすめ量を守るように努めましょう。

脂肪と糖の分解ならサプリがおすすめ

さきほどからお伝えしているように、麦茶を飲むだけではダイエットにはなりません。目的をダイエットにするのであれば、サプリメントを利用した方が効果が実感しやすくなるでしょう。例えば、大手企業の富士フィルムから発売されている「メタバリアS」であれば、食事から摂取した糖質や脂肪の吸収を妨げてくれるので効率的なダイエットができます。

妊娠中は成分に注意

ダイエットに効果がある麦茶ですが、市販されているものにはいろいろなものがあります。その中には少量のカフェインを含んでいる商品もあるので、パッケージの成分表示を充分にチェックしてから購入する方が安心です。特に妊娠中や授乳中の女性には要注意事項です。

麦茶ダイエットの口コミを紹介!

麦茶ダイエットをこれからやろうとしている方や実際にやってみた方の口コミを見ていきましょう。すでに行動している方の口コミを見ればどの程度の実感が得られているのかが把握できます。

麦茶ダイエットにチャレンジする人の口コミ

  • 麦茶はとても飲みやすいので、楽しみにしている
  • 利尿作用は間違いないので今後のダイエット効果にも期待している
  • 自宅で飲んでいたお茶に飽きたので麦茶に変更してけど、ダイエットになるみたいなので期待している

麦茶によるダイエットの期待に胸を膨らませている方々の口コミを見ているとこちらまでワクワクしてきそうです。みなさんがダイエットに成功すると良いのですが、麦茶ダイエットには根気が必要なのです。

麦茶ダイエットの良い口コミ

  • とにかく美味しいので毎日飲むことが苦にならない
  • 安いのが嬉しい
  • お肌に潤いが感じれるようになった
  • 便秘の解消に感激している
  • クセがないので飲みやすい
  • 麦茶ダイエットをするようになって肌にハリを感じるようになった

便秘が解消すると、ダイエットに繋がっていきます。もちろんそこからは美肌や美髪の効果も期待ができるのでとても良い実感を感じれるようです。何より飲みやすいことは継続のカギになります。

麦茶ダイエットの悪い口コミ

  • 飲んですぐに体重が減るわけでもないので続ることができない
  • 1日1.5リットルも飲めないのでやめてしまった

麦茶ダイエットには即効性はありません。麦茶ダイエット以外のダイエットのやり方にも即効性があるものはほとんどありません。長い年月をかけて蓄積した脂肪を除去するには、やはり長い時間が必要です。薬に頼らずに体重を落としてダイエットを成功するためには根気が必要です。

麦茶ダイエットのやり方まとめ

麦茶ダイエットは、1日に1.5リットルの麦茶を毎日飲んでいるだけでダイエット効果が期待できます。血行を促進して新陳代謝を高めたり、血糖値の急上昇を抑制したりする効能を持つ麦茶で無理なく痩せることができるのであれば、チャレンジする価値は充分にあるといえるでしょう。ただし飲み過ぎると健康を害する可能性もあるのでご注意ください。

人気記事