Medium 1823c92a9d1fd979

痩せる飲み物でコンビニで買える商品!ダイエットに効果的なドリンクとは?

ダイエットのために効果的な飲み物を、通販や百貨店など特別なルートで買っている方が多いです。実は痩せる効果が望める飲み物は、コンビニで購入できるものも多数あります。どのような飲み物がダイエットに効果的か、また痩せる理由も紹介します。

カテゴリー:飲み物  作成者:浅井ももこ  投稿日:2018/01/12

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

コンビニでも買える!ダイエットに効果的な飲み物とは

少しでも時間ができたら、入ってしまうコンビニ。最近はイートインコーナーもあるコンビニも増えました。店内のイートインで買った飲み物とお菓子で、一息つく方も多いです。しかし、その一息で食べたお菓子と飲み物が、痩せることの邪魔をしていることもあります。コンビニで買える、ダイエットを効果的にする飲み物を紹介します。

痩せる効果があるブラックコーヒーや水はコンビニでも買える

ダイエットを心がけている方が積極的に飲んでいるミネラルウォーター、また砂糖もミルクも含まない上に脂肪を分解する酵素を含むブラックコーヒーはコンビニでも買えます。ダイエットに効果が望めるということで、特別な商品をネットなどでチェックすることが多いですが、身近な飲み物で痩せる効果があるものもあります。

痩せるにはコンビニで買った飲み物は常温で飲む

あまりにも冷たい飲み物は、身体の代謝を低下させます。コンビニでは飲み物は、常温で販売されていることもあります。本気で痩せたいなら、飲み物は温かいもの、または常温で飲んでください。温かい飲み物を飲むことで体温が上がり、代謝が上がり、より痩せやすい身体になると言われています。

飲み物とコンビニのお菓子でより効果的に痩せる

ダイエットに励んでいる間は、痩せるためにカロリー計算や運動量を増やすことに意識しすぎて心理的なストレスが強い状態になることもあります。コンビニでは近年ナッツやドライフルーツに加えて、低糖質のダイエットをする方を意識したスイーツも販売しています。飲み物と一緒に買って、より楽しいおやつの時間をとることで効果的に痩せてみませんか。

痩せる効果があるコンビニでも買える飲み物をご紹介

通販などで、より高いダイエット効果が望める食品や飲み物を定期購入している方は多いです。その多くの方は有効成分が豊富に含まれているとか、特別な食材が使われているなど、より高い痩せる効果を期待して購入しているようですね。しかし身近なコンビニでも、ダイエット効果がある、効果的に痩せる飲み物が購入できます。その中の主なものを紹介します。

コンビニによっては痩せると話題のオリジナルの飲み物も

コンビニによっては、コンビニならではのオリジナルの飲み物が充実しています。現在、ダイエット効果があると話題のバターコーヒーやスムージーなど種類は豊富です。また、その飲み物や食材のブームがくるたびに取り扱いを始める場合もあります。こまめにコンビニを回って、痩せる飲み物をチェックすることをおすすめします。

コンビニで飲み物を選ぶときは成分とカロリーに注意

コンビニで飲み物を買う場合は、カロリーと含まれている成分に注意してください。ノンシュガーであっても人工甘味料が使われていたり、味や良く飲みやすくてもカロリーが高い場合もあります。コンビニで飲み物は手軽に買えますが、この2点に十分注意して飲み物を選んでください。効果的に痩せる第一歩です。

どのコンビニでも買えるミネラルウォーター

水は飲むことで身体の代謝を上げ、デトックス効果もあることで知られています。とくにミネラルを豊富に含むミネラルウォーターは、その効果が水に比べると高いと言われています。水を飲むことはダイエットに効果が期待できるだけでなく、飲み込むという行為で心理的にもストレスが軽減される効果もあるそうですよ。

硬水と軟水など自分の体質に合うミネラルウォーターを選ぶ

ミネラルウォーターはマグネシウムとカルシウムを含む量で、軟水と硬水に分けられます。これらを1リットルにつき100ミリグラム以下を含む水は軟水。100ミリ以上を含む水は、硬水です。一般的に日本の水道水は軟水です。硬水は便秘などにも効果があると言われているので、本気で痩せたい方は要チェックです。

食欲を抑えて痩せる!スパークリングウォーター

飲むと満腹感を覚える方が多いスパークリングウォーターも、コンビニで買える痩せる飲み物です。イタリアでは、料理と一緒に飲むことで口の中をさっぱりさせ、食べすぎを防止する習慣がある方もいるそうです。また、スパークリングウォーターならではのシュワシュワした口当たりが、心理的ストレスを和らげる効果もあるそうですよ。

柑橘味などのスパークリングウォーターで食欲を抑える

スパークリングウォーターを飲むときは、無糖のものにしてください。しかし、スパークリングウォーターによっては炭酸が強すぎる、美味しくないという声もあります。ただ無糖のものでも、オレンジやハーブの香りを加えているものも多く出回っています。スパークリングならではのシュワシュワした飲み心地と一緒に、香りも楽しめます。

身体を温めることで痩せる効果があるジンジャーティー

強壮効果があるというブラックジンジャーほどではありませんが、ジンジャーには身体を温める効果があります。このジンジャーを、やはり身体を温めて痩せる効果があるという紅茶に香りとして加えたものがジンジャーティーです。コンビニでは、ペットボトルか自宅で淹れて楽しむティーバッグの形で販売されています。

ジンジャーティーにはハチミツを加えて相乗効果も

身体を温め代謝を上げることで、痩せる効果が期待できるジンジャーティー。このジンジャーティーにミネラルが豊富なハチミツを甘味に加えることで、より効果的なダイエット効果を狙ってみませんか。ハチミツもジンジャー同様、代謝を上げる効果があります。ジンジャーとハチミツの相乗効果を実感してください。

マテ茶でコレステロールや脂肪の吸収を抑えて痩せる

マテ茶の多くは、コンビニではペットボトルで売られています。痩せたい方やダイエットに励んでいる方の多くは、食事のたびに、また水分補給に積極的に飲んでいるようです。マテ茶の原料のマテは南米で栽培されている植物で、ビタミンやミネラルが豊富なため、野菜をあまり食べない南米の人たちのビタミン源となっています。

マテ茶にはビタミンに加えて強壮作用も

スポンサーリンク

肉食がおもで野菜を食べる機会が少ない南米の人たちは、マテ茶をビタミン源にしています。マテ茶はビタミンが豊富なだけでなく、コレステロールや脂肪の吸収を抑える効果もあると言われています。マテ茶の茶葉はダイエットサプリとして販売もされています。またマテ茶は、パフォーマンスを上げる効果もある、痩せたい方におすすめの飲み物です。

脂肪を分解する酵素で痩せる!ブラックコーヒー

身体のパフォーマンスを上げるというカフェインを豊富に含む、コーヒーには砂糖やミルクを加えてカロリーを上げてしまうことが多いです。コーヒーはこのどちらも加えないと、カロリーは0です。さらにコーヒーにはリパーゼと呼ばれる体脂肪を分解する酵素が、豊富です。パフォーマンスを高めるために、運動前に飲む方もいます。

パフォーマンスを高め脂肪を燃焼するコーヒーはブラックで

コーヒーに含まれるカフェインは、身体のパフォーマンスを高めるとともに利尿効果や発汗効果がありデトックス作用が望めます。加えて、リパーゼの働きで効果的に痩せる効果も期待できます。苦いと言う方が多いコーヒーですが、ぜひブラックで飲むことをおすすめします。より高いダイエット効果を狙ってください。

食欲を抑えて痩せる効果があるというココア

チョコレートを溶かしたような味のココアは濃厚な味わいから、ダイエットに効果がないのではと思う方も多いでしょう。ココアは、飲んだときの心理的な満足感から食欲を抑える効果があると言われています。また、ココアに含まれる成分のカカオバターはアンチエイジングの効果もあると、近年、話題になっています。

コンビニのココアを飲むときはカロリーに注意

純ココアダイエットも、ブームになっています。ココアはカフェインに加えて、マグネシウムなどダイエットサプリにも含まれている成分が豊富で低カロリーなのです。とくにカフェインと、飲んだときの満足感からダイエット効果が期待されているのです。飲むときには、砂糖やミルクは控えることが望ましいでしょう。

コンビニのトマトジュースや豆乳、スムージーでも痩せる

以上は、お茶などの飲み物をおもに紹介してきましたが豆乳やトマトジュースも、コンビニで買えるダイエット効果が期待できる飲み物と言えます。とくにダイエットサプリにも使われているトマトに含まれるリコピンや、豆乳のイソフラボンによる女性ホルモンを活性化させる作用は、痩せたい女性におすすめです。その特徴を紹介します。

リコピンやカリウムを豊富に含むトマトジュース

脂肪を燃焼する成分と、抗酸化作用のあるリコピンを豊富に含むトマト。近年では、朝、もしくは夕にトマトをメニューに加えるダイエットも話題です。こちらは、生でもジュースでも良いという便利なダイエットです。ただ、トマトは夏野菜のためか身体を冷やす可能性があるので、その点は気を付けてください。

女性らしい身体のラインを目指すなら豆乳がおすすめ

女性ホルモンの流れを活発にするという、イソフラボンが豊富な大豆。女性の肥満の原因は、ホルモンバランスに関係があると言われています。大豆を加工した豆乳でホルモンの流れをスムーズにすることで、痩せる効果を狙ってみませんか。また、飲んだときの満足感も抜群です。痩せても、女性らしい身体のラインを保ちたい方におすすめです。

置き換えダイエットに最適なスムージーもコンビニで

スムージーは、ビタミンやカリウムが豊富な野菜や果物をミキサーにかけて飲みやすくしたものです。食欲が落ちたときの栄養補給やダイエット、痩せるために食事の代わりに飲んでいる方も多いです。自宅では作るのが面倒。または作る際に出る絞りカスの処分が面倒という方は、ぜひ買って、飲むことをおすすめします。

ここは注意!コンビニで買う飲み物で痩せるには

コンビニに入ると、つい飲み物やお菓子を買ってしまう方は多いです。ダイエットに励んでいる方でも買う飲み物に注意していれば、効果的に痩せることができます。ここで、痩せたい方のために必ず避けてほしいコンビニで買う飲み物を紹介します。だめな理由も紹介しますので、ぜひチェックして実行してください。

コーラなどの糖質が豊富な炭酸飲料は高カロリー

痩せたいと思い方は、コーラなどの糖分がたっぷり入った炭酸飲料は絶対に避けてください。このような炭酸飲料はカロリーが高い上に、ハンバーガーやスナック菓子などが食べたくなることが多い方もいます。加えて、炭酸飲料は筋肉の細胞を刺激してより、太りやすい体質になる方もいるそうですので、十分に気を付けてください。

塩分と糖分が多いスポーツ飲料はエネルギー補給に

淡泊な味で飲みやすいスポーツドリンクは、糖分と塩分を豊富に含んでいてかなりの高カロリーです。スポーツドリンクは、真夏やスポーツの前後の水分とカロリー補給のためのものです。また、成長期の幼児が飲みすぎると小児性の糖尿病になったケースも聞かれます。痩せたい方も、飲むのは控えた方は良いでしょう。

パフォーマンスを上げるエナジードリンクも要注意

レベルの高い身体のパフォーマンスで結果を出したいときに飲んでしまう、エナジードリンク。炭酸のシュワシュワしたのど越しと、独特の味と風味でテンションが上がる方が多いですが、このエナジードリンクは一般の方の想像以上に砂糖を多く含んでいます。また、エナジードリンクならではの成分からカロリーが高い場合もあります。

アルコールは高カロリーの上に食欲も促進する

痩せるという意志のある方には、厳禁なのはアルコール飲料です。糖質、脂質、カロリーが高い上に飲むと食欲が高まります。アルコール飲料と相性が良いのは、揚げ物や肉など高脂質でカロリーが高いものばかりです。コンビニで痩せる飲み物を買いたいと思っている方は、アルコールのコーナーは立ち寄ることをやめましょう。

コンビニで買える飲み物でコスパ良く効果的に痩せよう

100円台から300円台のコンビニにある痩せる飲み物。ブラックコーヒーやココア、豆乳など、意外に身近な飲み物だったのではないでしょうか。普段買っているコンビニの飲み物を、あらためて見直してみませんか。通販などで販売している特別な痩せる飲み物にこだわっていた方も、コンビニの飲み物から痩せるヒントが見つかるかも知れません。

人気記事