Medium 41e13fc10600c7f9

顔痩せにはランニングが効果的?おすすめの理由・ポイントと注意点まとめ

「体全体のダイエットをしたいけれど、とくに顔痩せしたい」という人は多いでしょう。顔痩せの効果的な方法のひとつに、ランニングがあります。全身運動であるランニングで、なぜ顔痩せできるのでしょうか?この記事では、顔痩せのためのランニングのポイントについて解説します。

カテゴリー:運動ランニング  作成者:MOON  投稿日:2018/01/07

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

顔痩せにはランニングが効果的?

Dfd3ca7756c8cab3

顔痩せしたい場合、ランニングはもっとも効果的で、かつ手軽にできるダイエット方法のひとつです。これは、習慣的にランニングをおこなう人の顔はみな引き締まっていることを見れば明らか。走ることで脂肪の燃焼をうながすだけでなく、代謝が高まって余分な水分が体外に排出されやすくなったり、体全体の筋肉が引き締まるなどの効果も期待できます。

顔痩せマッサージやエクササイズの効果は?

顔痩せと言えば、さまざまなマッサージ方法や顔のエクササイズなどが紹介されています。それでも、本格的に顔痩せしたい場合は、確実に脂肪を燃焼させるランニングがおすすめなのです。

マッサージや部分的なエクササイズでは、実は顔痩せしているのではなく、顔のむくみを取っている場合がほとんど。実際マッサージや部分的エクササイズでは、自分で見て「顔が少しスッキリした気がする」という程度の効果はあっても、他人から「痩せたね」と言われるほどの顔痩せ効果が得られることは少ないのではないでしょうか。

しっかりとした顔痩せ効果を得るには、むくみを取ることも重要ですが、やはり顔についている脂肪を燃焼させる必要があるのです。マッサージや部分的エクササイズでは顔の脂肪を燃焼させることはできないため、真の意味で「顔痩せが可能である」とは言えません。

顔に肉がつく原因

E8c9322a0b4dab87

「顔に肉がつく原因は、太ったから」と思う人も多いかもしれません。しかし、顔に肉がつく原因は、実はさまざま。主に、以下の3つが考えられます。

むくみ・血行不良

就寝時には頭部が低い位置にあるため、頭部への血流や水分の循環量が増えます。この結果、起床時には顔がむくんでいます。活動量の多い人は、日中に体を動かしているうちに、顔のむくみは解消されていきます。しかし、活動量の少ない人や、代謝が下がっている人では、顔のむくみがなかなか解消せず、慢性化している人も。

脂肪太り

体全体が太るとき、当然顔にも脂肪がつきます。体には、特定の部位から順番に脂肪がついたり落ちたりするといわれています。顔に脂肪がつくのは、上半身や下半身に脂肪がついたあと。つまり顔が太ったときには、すでに体も太っていると言えます。

筋肉のたるみ

「顔に肉がついた」と感じるとき、それは顔の皮膚や筋肉のたるみが原因である場合もあります。皮膚や筋肉がたるむ理由には、加齢のほか、運動不足や、栄養価にとぼしい食生活などが挙げられます。

ランニングの顔痩せ効果3つ

脂肪燃焼効果

体には、体脂肪が分解される部位に順番があるとされます。男女や体質などにより異なりますが、体脂肪が分解される体の部位の順番には、一般的な傾向があるといわれています。

B3aaeac8e582d941

ダイエットをおこなったときに脂肪が最初に落ちるのは、顔であるといわれています。次に腕や胸などの上半身、下腹部から、太ももやふくらはぎなどの下半身といった順番で脂肪が落ちていきます。

ダイエットにランニングを取り入れると、代謝が高まり、脂肪燃焼が促進されます。このときに、真っ先にダイエット効果が出やすいのが顔なのです。このことから、ランニングは顔痩せの効果的な方法であると言えます。

水分代謝の改善

ランニングでは、顔の脂肪をピンポイントで燃焼させることはできません。しかしランニングは全身運動であるため、筋肉を動かし、血流をうながすことで、全身の代謝が高まります。この結果、滞っていた水分の体外への排出もうながされ、顔のむくみが改善する効果が期待できます。

ランニングを継続しておこなうことにより代謝が高まり、むくみやすい体質が徐々に改善されるとともに、脂肪も燃焼しやすい体になっていくことが期待できます。

筋肉の引き締め

ランニングが習慣になると、全身の筋肉が引き締まります。定期的に筋肉に負荷をかけたあとに、筋肉の材料となるタンパク質などの栄養素を摂取することで、破壊された筋肉が修復されます。この繰り返しにより、筋肉はより強くなっていくのです。

顔痩せに効果のあるランニング方法

顔痩せのために、継続して実践する習慣をつけたいランニング。しかし顔痩せ効果を効率的に得るためには、押さえておきたい以下のようなポイントがあります。

ランニングは20分以上行う

脂肪燃焼を目的として、ランニングなどの有酸素運動をおこなう場合は、最低でも20分間以上継続しておこなう必要があるとされています。これは、有酸素運動を開始すると、最初に体内のグリコーゲンがエネルギー源として使われ、グリコーゲンが枯渇したのち、体脂肪が分解されはじめるといわれているためです。

4fdb0ae7ea08a2ab

成長ホルモンの分泌により分解された脂肪は「遊離脂肪酸」となり、細胞内で燃焼されます。この燃焼時には、大量の酸素を必要とします。このため、まず無酸素運動で脂肪の分解をうながし、つぎに酸素を体内に大量に取りこむ有酸素運動をおこなうと、遊離脂肪酸の燃焼がより効果的におこなわれるとされています。

おすすめのランニングのタイミング

ランニングの顔痩せへの効果がわかったところで、次に気になるのはその実戦方法。効果的に顔痩せするためには、1日のどのタイミングでランニングをおこなえば良いのでしょうか?

1日のなかでランニングをおこなう理想的なタイミングは、朝か夜だと言われています。これには、仕事をしている人でも実践しやすい時間帯であることのほかにも、生理的な理由があります。

朝にランニングをおこなって体温を上げると、代謝も上げることができます。朝から代謝と体温を意図的にあげておくことで、目がスッキリと覚めることのほかにも、その日1日の代謝も上がると考えられています。

一方、夜にランニングをおこなうメリットは、日中に溜めこんだストレスを発散できること。ストレスを発散しておくことは、質の良い睡眠につながります。そして、質の良い睡眠では、脂肪分解をうながす成長ホルモンが十分に分泌されるため、ダイエット効果が期待できるのです。

ただし、あまり夜遅くにランニングをおこなうと、交感神経が優位になり、興奮して寝つきが悪くなることも。ランニングを夜におこなうときは、就寝時間の3時間前には終えているように計算しておこないましょう。

2ヵ月以上継続する

ランニングで顔痩せをめざす場合、2ヵ月以上は継続しておこなうことを目標としましょう。これは、顔の脂肪が落ちたり、全身の水分代謝が改善されるまでには、一定の時間が必要であるためです。

運動などで体がエネルギー源を必要とするとき、たくわえられている体脂肪が分解されて燃焼し、エネルギー源として使われます。しかし、このとき分解される体脂肪は「そのとき動かしている体の部位」の体脂肪ではなく、体全体の体脂肪なのです。動かしている部位やマッサージしている部位の脂肪がピンポイントで分解されるわけではありません。

スポンサーリンク

このため、部分痩せのためのマッサージやエクササイズは、実は無意味なのです。顔痩せするには、全身の脂肪を落としていくなかで、顔の脂肪も落ちるのを辛抱強く待つのが唯一の方法なのです。

ランニングをもっと効果的にする方法

ランニングに慣れてきたら、さらに負荷をかけて、ランニングをより効果的にする以下のような方法もあります。

サウナスーツを使用する

体内に溜めこまれた余分な水分の排出をうながしたい場合は、サウナスーツを着用してランニングすることが効果的です。サウナスーツは、体が発散する熱を閉じ込めることで体温を上げ、発汗をうながすしくみになっています。このため、汗をかきにくい体質の人がむくみを解消したい場合などに適しています。

298942ee4cff04fc

ただしサウナスーツを着用しての運動では、発汗はうながされますが、代謝が高まったり、脂肪の燃焼がうながされるわけではないことは知っておきましょう。

重りをつけて効果アップ

ランニング時に、手首や足首に巻くことのできる重りが市販されています。「リストウェイト」「アンクルウェイト」などと呼ばれるこれらの重りをつけて走ると、筋肉にかかる負荷が大きくなるため、同じ時間のランニングでより大きな運動量をこなすことができます。

ただし、重りをつけて走るときは、脚が受ける衝撃も高まるため、怪我や、関節を痛めるリスクも高まります。体の反応を確かめながら、無理をしない程度に重りを使用しましょう。

ランニングで痩せた体験談!

2b8383bfa1e0ddff

ランニングは、実際に顔痩せにどの程度の効果があるのでしょうか?口コミから、ランニングの顔痩せへの効果をさぐってみましょう。

ランニングの効果があった口コミ

ランニングで「顔痩せ効果があった」と考えている人たちは、以下のような口コミを寄せています。

  • ランニングと筋トレで、体全体が引き締まったので顔も痩せた!単にダイエットしても、引き締まらなければ顔痩せは無理 。体は痩せてるのに、顔は太っている人もいるのがその証拠。
  • ランニングを始めて5日目で、すでに顔のむくみがほとんどなくなった。しばらく続けてみる!
  • 走ったあとは、顔がかなりスッキリしている気がする 

ランニングで効果が出なかった人も......

一方で、「ランニングでは顔痩せ効果は得られなかった」という人たちも存在します。やはり、顔痩せにいたるまでランニングを継続できるか否かが、成功の分かれ道のようです。

  • ランニングで顔痩せは可能なのかもしれないけれど、顔が痩せる前に挫折してしまった・・・
  • ランニングだけでは、顔痩せできませんでした。やはり食事の総摂取カロリーが、消費カロリーを上回っていたのが原因かもしれません。

エステの顔痩せは即効性あり?

ランニングでの顔痩せは、ランニングを根気よく継続することが必要。しかし、運動を根気よく続けることが苦手な人も多いでしょう。そんな人には、エステに頼って顔痩せのきっかけをつくるのも有効な方法。顔痩せの実感を得ることで、その後、自分で努力を続けるモチベーションを得ることができます。

Cd15aec63390950c

編集部のおすすめ顔痩せエステは「ヴィトゥレ」。全国各地に支店があり、3,000円から体験できる手軽さがおすすめの理由です。

ランニングを行う際の注意点

ランニングは手軽に実践できる反面、間違った方法でおこなうと、逆に健康を損ねてしまうことも。ランニングで健康的に顔痩せ効果を得るためには、以下のような注意点に留意しましょう。

水分補給を忘れずに

ランニング時には、水分をしっかりと補給することが重要。運動では汗をかくため、体内の水分やミネラルが大量に失われます。体内で水分が不足すると血流が悪化し、全身への酸素の供給がとどこおります。この結果、有酸素運動をおこなっていても、脂肪が効率的に燃焼できない事態に。

D4079f33916246f9

「のどが渇いた」と感じたときには、体内ではすでに水分が不足しているといわれています。ランニング時には、のどの渇きを感じる前に、こまめに水分を補給しましょう。ダイエット中には糖分が入っている飲み物ではなく、ミネラル分の豊富なミネラルウォーターなどを選ぶと良いでしょう。

ランニングシューズを着用する

ランニングで起こりやすいトラブルは、ひざなどを痛めてしまうこと。足への負担を減らすために必要なのが、ランニング専用のランニングシューズを着用することです。

ランニングシューズには、足が受ける衝撃を吸収し、けり出しなどの足の動作をサポートするなどのさまざまな機能が設計されています。サイズや足の形に適したランニングシューズを着用することが、足への負担を減らし、なるべく疲れずにランニングを継続できることにつながります。

軽く息があがる程度の速度をたもつ

ランニングは、走りながら会話ができ、軽く息があがる程度の速度でおこなうことが推奨されています。この状態では、心拍数は毎分120~130程度に上がっているはず。

速度が速すぎたり、長時間などの強度の高すぎるランニングをおこなうと、筋肉の破壊が起こります。遊離脂肪酸は筋肉内の細胞で燃焼するため、筋肉量が減ると、脂肪が燃焼しにくい体になってしまいます。ダイエットにおいて筋肉量を減らさないことが重要であると言われるのは、このことが理由です。

このため、ランニングは軽く息があがる程度の速度で20〜30分間、長くても1時間以内にとどめることが効果的であるとされています。

ランニングで顔痩せまとめ

50a8a02e094c5a14

顔痩せするためには、全身の脂肪を燃焼させていくなかで、顔の脂肪も燃焼する順番がくるのを待つ必要があります。継続しやすい有酸素運動であるランニングは、顔痩せの方法としても最適です。効果的なランニング方法を知り、顔痩せを実現して、皆からうらやましがられる小顔を手に入れましょう。

人気記事