Medium a11d021a75a1f917

顔痩せに効果的な食べ物まとめ!小顔になれる毎日の食生活を調査

スレンダーな身体のみならず小顔は女性の憧れですね。顔痩せするには脂肪のついた原因を解決しすっきり小顔になりましょう。今回は顔痩せに良い食べ物や小顔になれる食生活を調査し、顔やせに必要な栄養素と運動習慣について紹介します。

カテゴリー:部分痩せ顔痩せ  作成者:christal001  投稿日:2018/01/08

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

顔に肉がつく原因3つ

脂肪太り

小顔は整った顔と同様に大変人気があり、顔痩せはダイエットの究極の目標です。顔がなんだか太って見えるということがありませんか。その理由の一つに、摂り過ぎた脂肪による肥満、つまり皮下脂肪と内臓脂肪の両方が考えられます。いわゆる摂り過ぎた脂肪が内臓について、さらに溢れた脂肪が顔についている状態となり太って見えることがあります。脂肪は顔にもつきます。顔痩せは切実な悩みですね。

筋肉のたるみ

さらに第二の原因は筋肉のたるみです。顔痩せしたいばかりに短期間に減量することばかり気にして間違ったダイエットをして、必要な栄養や摂取カロリーすら不足してしまい、そこに運動不足が重なっている可能性があります。栄養不足と運動不足の両方で筋肉が減り、必要な筋力が保てず顔の筋肉も重力に耐えられないので落ちきている状態が考えられます。顔痩せより今必要なのは栄養のバランスです。

むくみ・血行不良

そしてもう一つの原因はむくみや血行不良によるものです。直接的には身体の中のミネラル成分、カリウムとナトリウムのバランスがうまくいっていない状態、つまりカリウム不足になり水分を取り込み過ぎて、身体の中の水分で顔が膨らんだ状態になり太って見えることが考えられます。そのむくみの原因は運動不足による血液の流れが滞っている状態から起こる血行不良です。

また、間違ったダイエットによる栄養不足の時に起こりがちな味覚障害やストレスから塩辛い食べ物ばかり食べてしまうことがあります。そのためにナトリウムの摂り過ぎになり、対応するカリウムの不足という栄養バランスの偏りがあります。さらにダイエットのし過ぎからカリウムの含まれている食物が絶対的に足りていない場合等が考えられます。いずれにしても栄養バランスの偏りですね。

そして、便秘はむくみにつながります。お通じによって身体にとって不必要なものを定期的に排泄することは生理的に不可欠なことです。身体中の循環にも関わり、体内の代謝機能の不良や自律神経のバランスの低下にさえ及びます。体重の65%は水で構成されて出来ています。その水分のバランスが偏っている可能性があり、身体の不調に及ぶ可能性も否めません。

顔痩せしたい原因の肥満もむくみもいずれにしても元は太り過ぎと運動不足ですから、顔痩せが目的ならば最初にするべきことは生活習慣の改善です。そのためには運動不足の解消です。まず歩きましょう。間違ったダイエットを中止し、栄養バランスの整った食生活を行いましょう。そのためにはミネラルを摂取し、それらを役立てるためのビタミンが豊富に含まれた野菜やフルーツを摂りましょう。

顔痩せに効果的な野菜

セロリ

顔痩せやむくみに良い作用がある野菜ではセロリがおすすめです。セロリにはカリウムが多く含まれます。カリウムには摂り過ぎたナトリウムを体外に排出する効果があります。 ナトリウムが体内に貯まるとむくみが生じ、血管やリンパ管が圧迫されて循環が悪くなります。 カリウムを摂取すると体内のカリウムとナトリウムのバランスが良くなり、むくみが消えると顔痩せに向かいます。

生姜

顔痩せに繋がる食べ物としてもう一つ代表的なものが生姜です。生姜を摂ると余分な水分を体外へ排出する作用があり顔痩せに向かわせます。生姜は身体を温める作用があり、体温を中から上昇させ自律神経のバランスが調整される可能性があります。最も体温上昇に貢献するのは運動です。運動と食物による体温上昇効果によって温められた血液は体中を循環し血行を改善します。

血行の改善は水分バランスを調整し余分な水分を排出します。運動によって規則正しい心臓の拍出がされ血液が脚から頭の先まで循環し、酸素が全身に運ばれます。体中の細胞に酸素が行き渡り細胞レベルで新陳代謝が亢進し、身体の全体状態が良くなります。余分な水分を排出し、体温が上昇し、自律神経のバランスが改善され、それらの良い循環から代謝機能が改善され、結果として顔痩せに繋がります。

顔痩せに効果的なフルーツ

グレープフルーツ

むくみ解消に効果のある栄養素のうち、最も有効な作用があるのがカリウムです。カリウムは、むくみの主原因となる体内に増えすぎたナトリウムの排出を促進し、体内の水分量を一定に保つ働きをしてくれます。つまりカリウムには塩分排出と利尿作用の両方の作用があり、それに最も貢献するフルーツがグレープフルーツです。

オレンジ

スポンサーリンク

もう一つのかんきつ類のうちで、オレンジがカリウム含有に優れます。このオレンジはバレンシアオレンジなどネーブルオレンジなどのかんきつ類を指します。豊富なカリウムと、ビタミンC、ビタミンA、B群、カルシウム他が含まれています。補酵素であるビタミンが多いと代謝の改善のみならず血行を改善し血圧降下に向かわせます。糖質や脂質の代謝、美肌作りにも良く顔痩せに向かわせます。

顔痩せに効果的なその他の食べ物

海藻類

顔痩せに向かうには体内の水分バランスを調整し血行改善するのが最も効果的です。そのためにはカリウムが多く含まれた食べ物を積極的に摂りましょう。最もカリウムが多く含まれる食べ物はずいき(小芋の茎)で、次が海藻です。海藻類には昆布、わかめ、あらめ、ひじき、てんぐさ(ところてん)、あおさ、その他数多くの種類があります。

これら海藻類は低カロリーで、食物繊維と亜鉛やマグネシウムその他ミネラルが豊富なダイエット食品です。ミネラルは代謝に関係する重要な栄養素です。体内の水分バランス調整のみならず、疲労回復や代謝機能をもつ海藻類を食べて脂肪燃焼や代謝上昇に努め、すっきり顔痩せして小顔になりましょう。

大豆などを含む食品

大豆もまたカリウムを多く含む食べ物の代表です。枝豆、大豆を原料にしている豆乳、豆腐、納豆などはたんぱく質も豊富で、また食物繊維を多く含むダイエット食品です。大豆製品は、ダイエットでどうしても不足しがちなたんぱく質が摂れて、しかも低カロリーで低脂肪という栄養バランスに優れています。大豆製品を積極的に摂ってミネラルを補い、健康的なダイエットを進めて顔痩せしましょう。

小顔になるための食生活は?

塩分の多いものは避ける

顔痩せして小顔になるにはとにかく、むくまないようにすることが大事です。塩分の多い食べ物はナトリウムが多く含まれています。体内のカリウムとナトリウムのバランスが偏ることでむくみは生じるので、基本的にはナトリウムの摂取を控えるのが最も簡単な方法です。顔痩せのために塩辛い食べ物を控えましょう。また夜に水分を摂りすぎると顔がむくむで止めましょう。簡単な顔痩せ習慣です。

脂肪分や糖分も顔痩せには不向き

糖質も脂肪も顔痩せや肥満の敵ですね。太りすぎの状態を避けるには余分な糖質も脂肪も摂るのを控えて、栄養バランスの良い食事を摂りましょう。糖質や脂肪の食べ過ぎはさらなる食欲が出てより糖質や脂肪を多く含む食べ物が食べたくなります。顔痩せに向かうためにはとにもかくにも食欲の暴走を止めましょう。食欲を抑えるためには生活習慣を改善することです。顔痩せには地道な努力が必要です。

食習慣を整えるためには、きちんと三食食べて、満腹感を感じるよう良く噛んで食事をしましょう。欠食をせず、栄養のバランスを摂るとドカ食いや早食いを抑え、満腹感はイライラを抑えます。またイライラを解消し良い睡眠が取れると食欲を抑えます。食事は野菜から食べて次に主食を摂り、満腹感を満たすとおかずの脂肪やたんぱく質の摂り過ぎを抑えます。間食も取らなくて済むようになるのです。

食生活のバランスを取るとともに、運動不足の解消に努めましょう。座り過ぎによる運動不足は副交感神経を優位にし食欲を亢進します。お腹がすいたらむしろ動くべきです。そうすると食欲は減退します。また運動しにくい人にはニート(非運動性熱産生)という運動とまではいかないようなちょこまか動きがおすすめです。コピー取りや階段上り、すきま時間にスクワットするなどで無駄に動きましょう。

運動は小間切れで行っても効果があります。歩数計で測定して一日の歩数を記録しましょう。無駄に動いてもあっという間に3千歩くらい稼いでしまいます。一歩が65cmとすると2km以上になります。2km歩くと30分はゆうにかかります。この積み重ねと地道な努力が脂肪の減少と顔痩せに繋がります。生活習慣を改善すると必ずダイエットに繋がり、見違えるように顔痩せします。

サプリで糖質と脂質を抑える

毎日美味しい食事をしながら、上手に糖質をオフすることが大事です。健康的にダイエットするためには偏った栄養バランスは良くありません。生活習慣に上手にサプリを組み合わせるとダイエットに効果的です。富士フィルムから発売されている「メタバリアS」は、脂肪と糖の吸収を抑えるダブルの機能を持った機能性表示食品です。毎日の生活習慣にプラスしてみませんか。

顔痩せに効果的な食べ物まとめ

顔痩せには身体に余分な水分を貯め込まないことが重要です。そのためには水分を取り込む原因となるナトリウムの摂取しすぎに注意し、積極的にカリウムを多く含んだ食べ物を摂りましょう。また、顔痩せに向かう生活習慣のためには運動不足を解消し、栄養バランスの良い食生活を送ることです。顔痩せは太り過ぎの解消で解決できます。健康に良いダイエットを進め生活習慣改善を継続しましょう。

人気記事