Medium 1901ebfa799991ef

ゼロカロリーは太る?太らない?その原因・理由について徹底調査

ダイエットを希望する人は、積極的に砂糖を控えてゼロカロリーにするよう心がけています。ところがブラジルの研究グループがゼロカロリーの方が太るとの研究結果を発表しました。カロリーがないものなのに本当にゼロカロリーで太るのか、検証していきましょう。

カテゴリー:食べ物ゼロカロリー食品  作成者:ashikakun  投稿日:2018/01/10

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

人気のゼロカロリー食品

コーラや缶酎ハイなどの飲料、あんみつやプリンなどの食品類など今や大人気のゼロカロリーですが、その名前のとおり、ゼロカロリーはカロリーがゼロなのです。カロリーがゼロなら摂取するカロリーもゼロになるので、太るはずがないと思われます。ところがなぜかゼロカロリーで太ることになってしまった人もいるようなのです。

豊富なゼロカロリー飲料、ゼロカロリーゼリー

ゼロカロリー食品はジュースやおやつ類だけではありません。調べてみると冷やしラーメンなども発売されていて、その種類の豊富さには驚いてしまいます。代表的なゼロカロリー食品をご紹介しておきましょう。

  • コカ・コーラ ゼロ
  • ゼロカロリー黒糖あんみつ
  • マンナンヌードル 和風冷やしこんにゃく麺
  • おいしくってゼロゆずドリンク
  • ブルボン粉ジュレ・シリーズ
  • ゼリーdeゼロ 杏仁豆腐風味

ゼロカロリーなのに太った!という人も・・・

ゼロカロリーの評判を調べていてわかったことは、ダイエットを意識してゼロカロリー食品にこだわっているのに、かえって太ることになってしまった人も実在しているようです。ゼロカロリーで太ることになってしまった人の口コミを検証してみましょう。

ゼロカロリーで太った人の口コミ

  • ゼロカロリーをいくら食べても満腹にならない
  • せっかくゼロカロリーにしているのになぜか太ることになってしまった
  • ゼロカロリーに変えてから甘いものを食べないと気が済まなくなった
  • 血糖値が上がってしまった
  • ますます食欲旺盛になってしまい太ることになった

ゼロカロリーはカロリーがゼロなだけに満腹感が出ないようです。またゼロカロリー食品を食べすぎると甘いものから逃れられなくなってしまうようです。そのことで場合によっては健康被害も出てしまう可能性があります。後ほどそのメカニズムについても解説します。

ゼロカロリーの秘密は人工甘味料

ゼロカロリーなぜ甘いのか疑問に思うところですが、その秘密は人工甘味料にありました。ゼロカロリーは人工的に生成する化学物質の力で甘さを演出しているのです。その人工甘味料には「サッカリン」「サッカリン酸ナトリウム」「アスパルテーム」「ソルビトール」「キシリトール」「エリスリトール」などいろいろな種類があります。

代表的な甘味料、アスパルテーム

アスパルテームは、現時点では世界で最も多く利用されている甘味料といわれている成分です。日本では主にガムに配合されており、逆にこのアスパルテームが配合されていないガムはほとんどないといわれています。その他にもダイエット飲料などにも良く配合されていて、アスパルテームを配合した商品は約600種類にも上るといわれています。

アスパルテームは太る可能性あり

アスパルテームは正式には「α-L-アスパルチルーL-フェニルアラニンメチルエステル」とややこしい別名があります。アスパルテームはダイエット系のお菓子やジュースによく使用される成分です。「アスパラギン酸・フェニルアラニン」の2つのアミノ酸が主な成分で、新陳代謝を制御してしまうインスリンとレプチンを分泌させるので、太ってしまう可能性があります。

アスパルテームは危ない成分?

アスパルテームを構成するフェニルアラニンは、脳内において合成されドーパミンやノルアドレナリンに変換します。フェニルアラニンは体外から過剰摂取すると脳細胞を強く刺激し、場合によっては死亡する可能性を持つ興奮性の毒物であることがわかっています。蓄積すると脳障害や血液のガンが増加したり、暴力的になってしまう場合もある神経毒なのです。

他にもたくさんの人工甘味料が使用されている

サッカリンは水に溶けない成分なので、ガムにのみ使用されています。いろいろな加工食品に配合するのは水溶性に優れる「サッカリン酸ナトリウム」ですが、発ガン性の懸念があるため現在の日本では食品にへの使用を規制されており、歯磨き粉などに多く利用されています。日本のゼロカロリー食品には「スクラロース」「アセスルファムカリウム」なども使用されています。

スクラロース

アスパルテームは健康を害する恐れがあるとの評判が広がって、その代替成分として急速に広がったのがスクラロースと呼ばれる成分です。スクラロースは比較的後味がすっきりしていて単独使用ができるため、飲料に多く配合されている成分です。

スクラロースも危険?

スクラロースには人体に著しく有害な塩素が含まれています。この塩素がスクラロースに含まれている炭素と化学結合するとオルガノクロライドと呼ばれる物質に変換するのですが、この物質はDDTやPCB、ダイオキシンと呼ばれる有害な性質を持つものに非常に近いものとなってしまうのです。DDTは猛毒とされる農薬の一種で使用を禁止している国も多い成分です。

アセスルファムカリウム

アセスルファムカリウムも砂糖の200倍の甘さを持つ化学成分でゼロカロリーです。アスパルテームよりも低価格なので利益を求めるメーカから絶大な人気を得ている物質といえます。アセスルファムカリウムは酢酸(お酢)を原料に生成される物質です。

アセスルファムカリウムの危険性は?

アセスルファムカリウムは、塩化メチレンと呼ばれる物質を含んでいます。塩化メチレンが体内に吸収されると、発ガンの可能性が相当高まるといわれています。呼吸から3gのアセスルファムカリウムを吸収するだけで、ガンになる確率が高まってしまうといわれています。報告されている副作用に「ガン・肝臓腎臓疾患・頭痛・吐き気」などがあります。

キシリトール

今やガムの代名詞とも呼べるほどポピュラーなキシリトールもゼロカロリー成分の一つです。期待できる効果には「虫歯の予防」「再石灰化の防止」「歯を丈夫で健康ものにする」などがあります。歯科医師協会においても積極的に推薦されている成分です。

キシリトールの摂りすぎ

キシリトールを過剰摂取すると下痢を起こすことがあるようです。こちらはキシリトールの唯一の副作用とされています。キシリトールの原料はトウモロコシの芯が主流です。輸入されているトウモロコシのほとんどが遺伝子組み換え原料であるとされているので、この部分はキシリトールの不安要素と言えることろでしょうか。

人工甘味料で血糖値が上がる

スポンサーリンク

人工的に製造されるゼロカロリーですが、私たち人体への影響はどのようなものがあるのでしょうか?口から体内に入れるものなので、人体への影響は気になるところとなります。人口甘味料が人体に与える影響についてご紹介します。

一時広まった、人工甘味料で血糖値が上がるニュース

ボストン大学医学部の研究チームが「ゼロカロリーの人工甘味料を摂取すると、膵臓が反応して大量のインスリンを分泌させる」と発表したとネット記事が掲載され、一大ニュースとなりました。インスリンの分泌量が上がると血糖値が上がることになります。このため「ゼロカロリー」が身体に悪いとのうわさが急速に広まったとされています。

出所が不明なデータが多く、信憑性に欠ける

さきほどのネット記事には全く根拠が示されておらず、また出所も不明なデータばかりで信憑性に欠けているのだそうです。糖質制限食の権威「江部康二先生:高雄病院」はその論文を実際に検証し「サッカリンがブドウ糖負荷時におけるインスリンを分泌抑制」するということを結論付けています。

人工甘味料の摂りすぎによる悪影響

どのような食品でも、食べすぎると身体に良くありません。特にゼロカロリーの人工甘味料は、人工的に生成された化学物質なので、食べすぎには要注意です。ゼロカロリーを過剰摂取した場合に起こる影響について検証しておきましょう。

甘いもの依存になる可能性

さきほど口コミにもありましたが、ゼロカロリーの人工甘味料を長期にわたって摂取し続けていると、甘いもの依存症になってしまう可能性を秘めています。アスパルテームは砂糖と比べて約200倍を超える甘さを持っているといわれています。また最新の人工甘味料のネオテームに至っては、砂糖の13,000倍もあるといわれています。

一番怖いのは甘いもの中毒

これほどの甘さを持っているゼロカロリーの人工甘味料を摂り続けると味覚が狂ってしまうことが一番怖いことです。フルーツや野菜の本来の甘さで満足できなくなってしまい、甘いもの中毒になってしまう可能性があるのです。

血糖値を上げない事が悪影響になるという仮説も

ゼロカロリーの人工甘味料は血糖値を上げないことが立証されています。しかし人工甘味料の強い甘みにより味覚が狂ってしまうことが想定されています。また最近では腸内細菌に悪影響を与えてしまい、糖代謝に異常をきたす可能性も指摘されています。ゼロカロリーは慢性的な健康障害も意識して利用することが望まれます。

飲み過ぎ、食べ過ぎは良くない

さきほどからお伝えしているように、ゼロカロリーには化学物質の人工甘味料が配合されており、その食べすぎや飲み過ぎには注意が必要です。食べすぎや飲み過ぎで身体が不調になるのは、ゼロカロリー食品に限ったことではありませんが。

ゼロカロリーだからといって、好きなだけ食べるのはNG

甘みを感じるのは舌だけではなく、胃腸や膵臓にも甘みを感じるセンサーがあるといわれています。胃にあるセンサーが甘みを察知すると「グレリン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。グレリンは脳に働きかけて食欲を増長させる力を持っているので、食欲が旺盛になり肥満に傾いて行ってしまうのです。ゼロカロリーといえども、食べ過ぎてはいけません。

甘味料は完全にゼロカロリーではない可能性も

ゼロカロリーの定義は「食品100mlあたりのカロリーが5カロリー未満のもの」とされています。また低カロリーやカロリーオフなどと謳うことが許されているのは「食品100mlあたりのカロリーが20カロリー以下のもの」です。

つまりゼロカロリーと表示されていても全くのゼロカロリーであるとは言い切れないのです。もちろんカロリーオフなどよりもゼロカロリーに方が圧倒的にカロリー量が低いので太るのを抑えたい時や、ダイエットしたいときにはゼロカロリーの商品を選ぶ方が良いとされています。

ゼロカロリー食品を食べるだけで太る訳ではない

強烈に甘いゼロカロリーを食べると食欲が旺盛になる可能性は高くなり、太ることもあるかもしれません。しかし一概にゼロカロリー食品を食べるだけで太る訳ではありません。ゼロカロリーにこだわっていても太るのには他にも原因があるのです。

太る理由はその人の生活スタイルが大きい

太らないようにするためにはゼロカロリーでカロリーを摂取しないようにするだけではなく、日々の暮らしを改善しないとまた太ることになってしまいます。ゼロカロリーを飲んでいるからと、炭水化物や油物ばかりを食べていてはいけません。野菜やフルーツ、魚や赤身の肉などをしっかりと食べる食生活を送ることも太ることを防ぐ力になります。

食べる順番も意識してみると良い

しっかり食べても太りにくい簡単な方法に食べる順番ダイエットがあります。汁物⇒野菜やフルーツ類(食物繊維)⇒主食(魚や肉類)⇒炭水化物(ごはんや麺類)の順番で食べることを意識するだけで太らないでいることができます。タレントの磯山さやかさんは、実際に食べる順番ダイエットで効果を実感していることも有名です。

太らないためにも軽い運動も必要

また毎日無理をしない程度に運動をすることも、太ることを防ぐ要因となります。ゆっくりとジョギングしたり散歩したりを1日30分程度行いましょう。有酸素運動は体内の血中カロリーを消費するのにとても有効な手段です。しっかり汗を流すとデトックスできるので美肌や美髪にも効果的です。

ゼロカロリーは太る?太らない?まとめ

ゼロカロリーはその強烈な甘さで味覚異常が起きてしまい、甘いもの依存症になる可能性があります。また甘いものには食欲を増長するホルモンを分泌させる力があるので、ゼロカロリーの食べ過ぎは決して良くありません。普段の食生活を見直して、毎日軽い運動をしながら併せてゼロカロリーを適量摂取することが望まれるのです。

人口甘味料不使用の甘いお茶もおすすめ

ノンカロリーでノンシュガー、ノンカフェインなのに甘くておいしい「美甘麗茶」は、砂糖3杯分の甘さを持ちながらダイエッターの大きな味方になります。美甘麗茶なら飲むだけで美容や健康に役立ち、太る身体を太らない身体に簡単に変身させることができます。

人気記事