Medium 4959b6b912ea3826

ジャスミン茶の効能で男性にメリットはある?ダイエットなど効果まとめ

香りの良いジャスミン茶を飲む時間は何物にも代えがたいリラックスタイムですね。ジャスミン茶の豊かな効能にはリラックス効果をはじめ男性へのメリットも沢山あります。気になるダイエットりや体臭、日々のパフォーマンスについて今回はジャスミン茶の男性への効果をまとめます。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:christal001  投稿日:2018/01/11

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ジャスミン茶とは?

ジャスミン茶とは、中国語では茉莉花茶(モーリーフアチャー)または香片茶(シャンピェンチャー)と言い、中国茶のひとつです。フレーバーティーの一種とされます。茶葉にモクセイ科ソケイ属のマツリカ(茉莉花、アラビアジャスミン)の花の香りを吸着させたもので、最も有名な花茶です。一般的には元の茶葉は緑茶が用いられ、高級品には上質な白茶や烏龍茶が用いられます。

ジャスミン茶の元の茶葉の緑茶や白茶には多くの身体に良い成分が含まれ数えきれないほどの効能があります。最も代表的なカテキンですが、抗酸化作用、発がん抑制作用、抗菌作用、脂肪吸収抑制作用、血圧上昇抑制作用の効能があります。次に、カフェインには、覚醒作用、利尿作用など、フラボノイドには、口臭予防、血栓形成抑制作用など、サポニンには、去痰作用、消炎作用などの効能があります。

ビタミンCには 風邪の予防、美肌効果、ストレス解消など、ビタミンEには、抗酸化作用、発がん抑制作用、動脈硬化抑制など、フッ素には、虫歯予防、そして、亜鉛には、味覚機能向上、疲労回復作用などの効能があります。こんなに多くの成分と効能に恵まれたジャスミン茶は日々ストレスと戦う男性の強い味方でもあるのです。お茶一杯の効能はなんといってもリラックス効果ですね。

今は、茶葉から入れるジャスミン茶に加えて、飲料メーカーからジャスミン茶のペットボトル飲料も発売されており手軽に飲めるのが何と言ってもメリットです。中国料理には大変良く合いますし、その他の食事にも合いやすく大変人気があります。沖縄地方などで一般的に飲んでいるさんぴん茶と同じです。

男性にもおすすめのジャスミン茶効能その1・脂肪対策

ジャスミン茶の男性への効能としては、まず含有されるカテキンによる抗酸化作用、発がん抑制作用、抗菌作用、脂肪吸収抑制作用、血圧上昇抑制作用です。特に脂肪燃焼や脂肪吸収作用についてはペットボトル緑茶飲料による痩せ体質作りなどがあげられますが、緑茶を含むジャスミン茶を飲むと同様の効果が期待できます。ペットボトル飲料茶の効能では何より手軽に水分補給ができることが良いですね。

しかし、気になる点は緑茶のカテキンの健康障害に関する情報です。海外で高濃度カテキン含有緑茶ペットボトル飲料から健康障害があり話題になっています。その点に関し厚生労働省は国の機関で健康への影響に関する検査を行い、その安全性を確認しています。さらに複数の疫学研究からも緑茶飲料の摂取から健康への悪影響が生じないことが報告されています

一方、ジャスミン茶にはストレス解消やがん予防など様々な生活習慣病の予防に効能のある物質が含まれています。とくに、フラボノイドには血栓形成抑制作用もあり、アンチエイジング作用として動脈硬化や高血圧、肥満や心臓病など生活習慣病予防への効能にも期待できます。今は中高年男性の約3分の1が肥満という現状で、中年以降になってお腹まわりが脂肪太りしている男性が多いのです。

この気になるお腹周りの脂肪は内臓脂肪で生活習慣改善だで解決しやすい肥満です。生活習慣改善にはジャスミン茶を飲む習慣が良いです。痩せる体質に向けるダイエットへの効能とリラックスへの効能を毎日の生活に取り入れましょう。また体臭のことを気にしている男性は多いと思います。体臭ですが、若い頃の体臭と中年以降の体臭では理由が違います。中年男性の体臭は生活習慣病と関連があります。

男性にもおすすめのジャスミン茶効能その2・臭い対策

中年男性の体臭は実は生活習慣に関連しています。いわゆる男性で中年太りや肥満の場合、人によっては体臭が強くなります。そんな時にもジャスミン茶の脂肪吸収抑制作用の効能が効きます。男性は30歳を過ぎるあたりから内臓周辺に脂肪がついてきます。これは生物学的に成熟することで避けにくいことです。さらに、中年以降男性は社会的な立場や、家族を持ったり、ストレスの多い状態になります。

男性は18歳頃を頂点として基礎代謝が落ち、これまでの運動習慣を取れない状況から、身体に脂肪が貯まってきます。このどうしても貯まる脂肪によって男性は肥満傾向になりがちです。生活習慣では食生活を変え、運動習慣を持つための工夫が必要なのです。ジャスミン茶ぐらいでと考えるかもしれませんが、お茶を飲んでから歩いたり食事するといった日常の繰り返しがダイエットに効果があります。

まず、ジャスミン茶のカテキンやフラボノイドの作用で肥満傾向である脂肪燃焼に向かう体質になりましょう。運動時間が取りにくい人は帰宅時にウォーキングしましょう。一駅前から自宅までの間のウォーキングする時にでも、ジャスミン茶を飲めば脂肪燃焼の効能を得られます。今まで気軽に飲んでいた自動販売機での飲み物を糖分ゼロのジャスミン茶に変えるようなちょっとした気遣いが重要です。

男性の太り気味の場合は汗をかきやすく、女性のようにお化粧直しなどをしにくく、汗をかいても、それが渇いてそのままということが多いと思います。特に渇いた汗とその他の臭いと一緒になって気になることがあります。さらに男性でタバコを吸う人はタバコと体重との臭いが重なりますね。男性の中年太りは少し減量するだけて汗の質が変わりますし、汗自体かきにくくもなります。

スポンサーリンク

もう一点、肥満対策として今流行の糖質制限ダイエットを熱心に行っている場合、この時も実は体臭に繋がっている可能性があります。ケトン体のことは糖質制限ダイエットを行っている人は知っていると思います。脂肪をケトン体に変えて活動エネルギーにして使ってしまうのが糖質制限ダイエットの極みですが、ケトン体が体臭になって体外に排出される人がいます。

それが糖質制限ダイエットの実は困った点でもあるので、心当たりのある人は、炭水化物をある程度撮るようにして、たんぱく質一辺倒だったエネルギー摂取の仕方を変えると少しは解消されることがあります。治療で糖質制限を行っている場合は相談してみることをおすすめします。

男性にもおすすめのジャスミン茶効能その3・パフォーマンス対策

ジャスミン茶に含まれるカフェインですが覚醒作用、利尿作用などの効能があることは知っていますね。また、カフェインには活動のパフォーマンスや集中力を上げる効能もあります。仕事の前や休憩時にジャスミン茶を飲んで眠気を覚まし集中力をあげましょう。また仕事後にジャスミン茶を飲み、しばしストレス解消しましょう。オンとオフを切り分け、仕事のパフォーマンス維持に努めましょう。

さらに、カフェインには脂肪を分解する酵素リパーゼの活性を高める効能があり、食事前に摂取するとダイエット効果が期待できます。食事前のジャスミン茶は空腹を一時的であっても満たせるのでドカ食いや早食いを抑える効果もあります。仕事が立込んで食事が摂れない場合もジャスミン茶を飲み食事と食事の時間の開き過ぎを補いましょう。

ところでカフェインの摂り過ぎには注意が必要です。カフェイン含有量もベースとなるお茶によって多少異なり、ジャスミン茶150ml当たり、緑茶の場合で30mg、ウーロン茶なら40mgです。WHO(世界保健機関)では健康的なカフェイン摂取は1日300㎎までとしています。緑茶ベースのジャスミン茶なら、緑茶1杯当たりのカフェイン含有量は30㎎程度なので、10杯/日を限度を目安としましょう。

ジャスミン茶を飲むタイミング

ジャスミン茶を飲むタイミングは、仕事や運動の前後の他、いつでもよいのですが、カフェインを含んでいるので、眠る前に濃いジャスミン茶を飲むと眠りを妨げる可能性があります。眠る前の水分摂り過ぎはトイレに起きることもあります。朝のジャスミン茶も良いですね。就寝している間にコップ1杯程度汗や呼吸によって脱水している状態です。起床後ジャスミン茶で補給するのも最適です。

含まれる成分やその効能はともかく、日々多忙な時間を過ごす男性には、ジャスミン茶やコーヒーなどを飲む一瞬が、貴重なストレス解消できる時間になることは確実です。一杯のジャスミン茶でひと時自分を解放できると良いですね。

伊藤園のカテキンジャスミン茶がおすすめ

ジャスミン茶を飲もうにも、どの商品や種類のものが良いのか悩んでいる方は、飲料会社でも有名な伊藤園のカテキンジャスミン茶を是非お試しください。

男性にもおすすめのジャスミン茶まとめ

ジャスミン茶には多くの健康に良い成分が含まれています。脂肪吸収抑制作用では、脂肪を吸収しがちな中年男性へダイエット効果が期待できます。またジャスミン茶は血圧上昇抑制作用や抗酸化、アンチエイジング作用に優れ、中年以降の太り気味の人の高血圧や鉱脈効果、心臓病、脳血管疾患などの生活習慣病予防にも期待できます。

中年男性の気になる臭い対策には、太り過ぎを解決することです。そのためにもジャスミン茶のダイエット効果が期待出来ます。男性の中年以降の生活習慣を改善するためには、オンとオフの切り替えを行いストレス解消に努めましょう。そのためには出来る限りすきま時間に運動をする習慣をつけ、栄養バランスの良い食生活を送り、太り過ぎを解消しましょう。

人気記事