Medium 90126c9b840c4c2f

二の腕痩せできるEMSの効果的な使い方!器具の基礎・正しい貼り方は?

ストレッチしたりマッサージしたり、二の腕痩せができる方法にはいろいろなやり方がありますが、その中の一つにEMSと呼ばれる器具があります。今や世界中で大人気となっているEMSとはどのようなものなのでしょうか。二の腕痩せのために正しい貼り方と基礎をご紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエット器具  作成者:ashikakun  投稿日:2018/01/13

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

EMSとは

EMSで二の腕ダイエットに入る前に、まずはEMSとはどのようなものなのか、その基礎を学習していきましょう。Electrical Muscle Stimulation(エレクティカル・マッスル・スティムレーション)の略語であるEMSは、電流を筋肉に流し込み筋肉を動かしている神経を刺激することで、効果的に筋肉の収縮を促進する器具です。

筋肉には種類がある

二の腕でもどこでも筋肉には「遅筋」と「速筋」と呼ばれるものがあります。表面筋の多くは速筋であり、瞬発系の運動をするときに力を発揮します。また遅筋は身体の深いところにある筋肉(インナーマッスル)で、長時間の連続運動をするときに力を発揮するものです。短距離界ののスーパースター「ウサイン・ボルト選手」は速筋が人より発達していることがいえます。

今のEMSはインナーマッスルも鍛えることができる

昔から電流を利用する筋肉増強器具(EMS)はたくさんありましたが、そのほとんどは電流の周波数が低すぎて、インナーマッスルに影響を与えることができませんでした。最近のEMSから出る電流は千渉波と呼ばれるもので、複数の周波数が組み合わされた電流が流れ出すようになっており、従来品に比べると広範囲に影響が行き渡り、身体の奥底のインナーマッスルにまで届くようになっています。

ポイント

EMSを使用すると、二の腕に限らず速筋と遅筋を両方同時に鍛えることができるので、短期間で効果的に脂肪を燃焼させることが期待できる

運動とEMSの違い

通常二の腕の運動をするときには、頭の中の脳から発する命令信号によって二の腕の筋肉に刺激を与え、肘を曲げたり肩を上げたりするようになっています。逆にEMSは、器具から発する外部信号によって直接二の腕の筋肉に刺激が与えられ、脳の意識とは無関係に二の腕運動がなされることになっています。

つまりEMSを二の腕に貼り付けるだけで、二の腕が強制的に運動することになり、二の腕を部分痩せすることが可能になるのです。

運動で痩せるメカニズム

二の腕に限らず運動で痩せるためには、まず30分以上の有酸素運動をしてから、筋トレを行うことが必要です。有酸素運動ではインナーマッスルが血中エネルギーから消費していきます。血中にエネルギーがなくなった状態で筋トレを行うと、筋肉が体内の脂肪をエネルギーに変えてパワーを出すことになります。こうした流れで体脂肪率が下がっていくことに繋がります。

体脂肪率が下がるということは、体重における脂肪の比率が下がるということです。体重が落ちても一緒に筋肉量が落ちてしまうと体脂肪率は下がりません。筋肉量が落ちると基礎代謝量が落ちるので、摂取カロリーを消費カロリーが上回ることができためダイエットには至らないのです。二の腕運動をして筋肉量を上げながら体脂肪率を落とすことが二の腕ダイエットのカギとなります。

EMSで痩せるメカニズム

EMSは二の腕に貼り付けているだけで、二の腕痩せのための運動「有酸素運動と筋トレ」を同時に行うことができます。EMSを二の腕に使用していると、二の腕の奥部にあるインナーマッスルに刺激が届くので、血中のエネルギーをドンドン消費してくれます。また同時に二の腕表面にある速筋にもガンガンアプローチがかかり、二の腕の速筋が皮下脂肪を積極的に代謝してくれるようになるのです。

またEMSをお腹に使用すると、インナーマッスルと表面筋を同時に鍛えることになるので、体内の内臓脂肪の代謝も行われることになります。その結果、筋肉量の増加と脂肪の減少が同時に促進され、体脂肪率の減少が著しく進捗することに繋がります。しかもただお腹にEMSを貼っているだけで痩せることができるようになるのです。二の腕だけでなく足やお腹の大きな筋肉も一緒に鍛えましょう。

危険性はないの?

さきほどからお伝えしているように、EMSは電流を直接身体に流し込む器具です。そのため身体に何か危険があるのではないのかといった心配が出てきます。そこのところについて説明しておきましょう。

スポンサーリンク

EMSから発する電流で感電する心配は全くありません。人の身体には元来微弱な電流が流れており、電気自体が身体には悪いものではないのです。高圧線や雷のような強力なものは別です。またEMSの電流は電磁波をださないため無害なので、リハビリなどの医療現場でも多く使用されています。そのような見地から考えてみても、その安全性には疑いの余地はないでしょう。

おすすめのEMSと正しい使い方

EMSの基礎や運動との違いを学習してきたところで、ここからは二の腕痩せに効果的なおすすめのEMSについてご紹介していきたいと思います。また二の腕痩せのための正しい使い方や効果的な使用時間についてもご紹介していきます。

SIXPAD

SIXPADは、サッカーの世界的スーパースターの「クリスティアーノ・ロナウド選手」が広告塔になり、世界的な大流行となっている最新型EMSです。1回の使用中に「ウォーミングアップモード・トレーニングモード・クールダウンモード」と自動的に3パターンの出力に入れ替わっていくのが大きな特徴です。二の腕痩せするためには1日1回23分間のエクササイズを行うのが効果的です。

SIXPADの使い方(二の腕痩せ)

  • 二の腕が渇いた状態で、正しい位置に貼る(二の腕が塗れているときは乾燥したタオルで拭き取る)
  • 付属のベルトでしっかり固定する
  • 二の腕には1日1回の使用として、2回以上は使用しない
  • 汚れていないジェルシートを使用する
  • 必ずメーカー純生のジェルシートを使用する
  • 徐々にレベルを上げていく
  • ある程度の期間毎日二の腕に使用する(効果が出るまで2カ月程度といわれている)
  • 二の腕のサイズや変化量を計測しながら続けると、継続の意欲がわきやすい

エレコム

話題のワイヤレスEMSエレコム「エクリアリーン」は、脂肪を効率的に燃焼させてくれる遅筋(インナーマッスル)を集中的に鍛えてくれるのが特徴的な商品です。比較的皮下脂肪が少ない二の腕痩せに最適な周波数が選ぶこともできます。もちろん脂肪が多いお腹にも最適な周波数が選べるので部位別に電流の周波数を変えることができるのが大きな特徴のEMSです。

エクリアリーンは、ワイヤレスなので貼り方も簡単で、ワイヤレスパッドも水洗いができるのでコスパにも優れています。8つのストレッチポーズが書かれたエクササイズブックも付いてくるので、誰でも簡単に二の腕エクササイズに取り組むことができます。

エレコムの使い方(二の腕痩せ)

  • 二の腕にエクリアリーンを貼り、2秒間の長押しで電源を入れる
  • 二の腕に貼った状態で、2,000Hzで15段階ある強度レベルを自分の二の腕に合うレベルにする
  • 二の腕ストレッチと組み合わせて使用すると二の腕痩せには効果的
  • 使用後はパッドを水洗いする(300回まで使用可能)
  • 片腕の二の腕に1日あたり15分を2セットで30分の使用でOK

パーフェクト4500HOT

「パーフェクト4500HOT」は、脱毛器具では最もポピュラーな人気美容家電メーカの「エムロック」が提供する最新版EMSです。パーフェクト4500HOTの電流は4,000~4,500Hzで、二の腕痩せの効果と安全性は業界でも最高レベルといわれています。「深く・広く・強く」刺激が届くので二の腕痩せには効果的な商品となっています。

パーフェクト4500HOTなら二の腕の皮膚への刺激もなく、二の腕の筋肉が飽きることがない多彩なバリエーションを持ち、「温熱」+「干渉派」の2重の作用でより短期間でより効果的に二の腕痩せが実現できるENSです。

パーフェクト4500HOTの使い方(二の腕痩せ)

  • 二の腕の筋トレをしながら使うと良い
  • 二の腕に電極パッドを貼り付けてスイッチを押すだけ
  • 温熱パッドを使うと血行が良くなるので効果的
  • 出力は弱い状態から徐々に上げていくのが効果的
  • 1日30分程度で毎日使用する方が効果的
  • 二の腕の筋肉痛がキツい時や体調が悪いときは中止すること

二の腕痩せできるEMSの効果的な使い方!器具の基礎・正しい貼り方まとめ

二の腕痩せに効果的な方法として話題のEMSは身体の表面にある大きな筋肉だけでなく、身体の深部にあるインナーマッスルまで同時に鍛えることができるマシンです。両方の筋肉が比較的浅いところにある二の腕は、EMSの効果が出やすい部位と言えるのではないでしょうか。今や世界的大流行の「SIXPAD」ならマッチョにもスリムボディにも対応できる二の腕痩せマシンとなっています。

人気記事