Medium ff13cf79abe3f747

寝る前にチーズを食べると太る?ダイエット中でも大丈夫なもの・ダメなもの

「寝る前に何か食べたい!」と思った時、冷蔵庫を開けたらそこにチーズが…というシチュエーションになったら、あなたは食べますか?ここでは、寝る前にチーズを食べると太るのか、ダイエット中でも大丈夫な食べ物とダメなものについて紹介します。

カテゴリー:食べ物  作成者:トト  投稿日:2018/01/17

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

寝る前にチーズを食べると太る?

ご飯にもおつまみにも、おやつにも便利な食べ物と言えばチーズですよね。最近では小分けタイプのものが多く、さっと取り出して一口チョコ感覚で食べられるようになっています。寝る前に小腹が減った時にもすぐに食べられます。

ただ、ダイエット中の人は「寝る前にチーズを食べたら太るのでは?」と心配になるかもしれません。果たして寝る前のチーズは本当に太る原因になるのでしょうか?

チーズのカロリーはどれくらい?

チーズのカロリー

一口にチーズのカロリーと言っても、チーズの種類によってカロリーはだいぶ変わってきます。ここでは、代表的なチーズ100gあたりのカロリーをチェックしていきます。

チーズ カロリー(100gあたり)
カッテージチーズ 105kcal
カマンベールチーズ 320kcal
プロセスチーズ 340kcal
クリームチーズ 345kcal
ブルーチーズ 355kcal
チェダーチーズ 415kcal
パルメザンチーズ 480kcal

ご飯1杯が約250kcalなので、カッテージチーズ以外は高カロリーですね。ただ、チーズはあまりたくさん食べることができないので、その点も考慮すると寝る前に食べるのはNGではなさそうです。カッテージチーズならかなり低カロリーで安心感があります。

チーズの成分

ナチュラルチーズの成分

スライスチーズや6Pチーズに加工される前の段階のチーズをナチュラルチーズと言います。ここでのチーズの成分は、ナチュラルチーズの成分を見ていきます。

ナチュラルチーズ100gあたり栄養素
カロリー 356kcal
炭水化物 1.4g
食物繊維 0g
糖質 1.4g
脂質 25g
タンパク質 29g
カルシウム 660mg

ナチュラルチーズの成分で多いのが、タンパク質と脂質です。カルシウムの含有量が多く、糖質はほとんど含まれていません。チーズの種類によって含有量は異なりますが、この割合をベースとして考えれば良さそうです。

寝る前にチーズを食べても太りにくい

糖質がない

11d6a2c2a568b27e

寝る前にチーズを食べても太りにくい理由として大きいのが、糖質が少ないからです。糖質を摂取すると、血液中のブドウ糖の量が増えて血糖値が上がります。この糖がいつまでも血液中にあると血管にダメージを与えてしまいますし、各組織にエネルギーが供給できません。

そこで登場するのがすい臓から分泌される、インスリンというホルモンです。インスリンは血中のブドウ糖を肝臓や筋肉などに運び、エネルギーを供給し血糖値を下げる働きがあります。しかし、血中のブドウ糖が多すぎたり、筋肉などで使いきれないとインスリンは脂肪細胞にブドウ糖を運びます。

これがいわゆる「太る」ということです。チーズの場合は糖質が少ないので、血糖値がほとんど上がりません。なのでインスリンが脂肪細胞を膨らませて太るリスクが低いのです。

たんぱく質が筋肉を修復する

9cf653ebfe39daf1

運動や筋トレで痩せようとする人が陥りがちなのが、たんぱく質不足による筋肉量の低下です。運動をすると普段よりたんぱく質が多く必要になります。ダイエットのために肉や魚などのたんぱく質を避けていると、たんぱく質が不足してしまいます。

たんぱく質が不足すると、筋トレなどでダメージを受けた筋肉を修復することができなくなります。さらに悪いことに、エネルギーまで不足してしまうと体は筋肉を分解してエネルギー源として使ってしまいます。せっかくトレーニングをしても、たんぱく質不足では効率が悪いです。

チーズなら適度にカロリーが摂取できますし、筋肉の修復に必要なたんぱく質も摂取できるので効率よく筋肉を成長させることができます。筋肉が増えると基礎代謝がアップし、痩せやすく太りにくい体になります。

食事制限系のダイエットでリバウンドしてしまうという人は、制限のせいで筋肉が減っていることが多いです。それよりもチーズのような食品から効率よくたんぱく質を補給して筋肉量を増やしたほうが長い目で見ればダイエットに成功しやすいです。

寝れない時にもチーズはおすすめ

チーズにはリラックス効果がある

412b0e7840d9e845

寝る前にチーズを食べるメリットとして、リラックス効果が得られるということがあります。寝る前に不安やイライラの感情があると、交感神経が優位になって寝つきが悪くなります。睡眠の質が下がれば翌日のパフォーマンス低下につながり、活動量ダウンで代謝量ダウンにつながります。

また、睡眠中は成長ホルモンの作用で脂肪燃焼が促進されるのですが、うまく眠れないと成長ホルモンの分泌量が減って脂肪が燃えにくくなります。寝つきを良くするためにはリラックスすることが必要です。それに効果的なのがチーズに含まれているカルシウムです。

牛乳もカルシウムが豊富な飲み物ですが、それを凝縮して加工したチーズは100gで600ml分の牛乳のカルシウムを含んでいます。手軽にカルシウムが補給できるので、寝る前にリラックスしたい時にもおすすめです。

ただし、食べ過ぎはNG

チーズは糖質が少なく、たんぱく質やカルシウムがいい影響を与えてくれると書きましたが、食べ過ぎはNGです。チーズのカロリーは高いです。脂質も多めなので、食べ過ぎればカロリー過多で太る原因になります。

寝る前のチーズの食べ過ぎは太る原因にもなるので、市販の6Pチーズであれば1〜2個くらいを目安にしましょう。ゆっくりよく噛んで食べれば、1個でも満足できますよ。

おすすめチーズ

雪印メグミルクさけるチーズ

割いて食べるのが楽しいさけるチーズは、寝る前のチーズとしておすすめです。2本セットになっていますが、全部食べると160kcalなので最初に点線で切り取っておいて残りは別な日に食べましょう。1本なら80kcalと寝る前のカロリー摂取量としても許容範囲です。

プレーンやスモーク、そのほか限定の味もあるのでいろんな味を楽しめます。ただ、唐辛子味は寝る前には刺激になるので避けたほうがいいかもしれませんね。ちなみに、コンビニでは2本セットではなく1本ずつのものも販売しています。

明治モッツァレラ6Pチーズ

モッツァレラチーズは、チーズの中でも低糖質&高たんぱく質でダイエットに嬉しい条件を満たしています。明治のモッツァレラ6Pチーズは、三角形の6個入りのチーズで1個あたりのカロリーが49kcalに抑えられています。

6Pチーズは厚みもあるので1個でも満足感があります。もちもちした食感のモッツァレラチーズをよく噛んで食べれば、寝る前のお腹も大満足です。

他にもダイエット中でも大丈夫なもの、ダメなものはある

8555e5f926a0ca53

チーズはダイエット中の寝る前でも食べてOKな食べ物ですが、他にも寝る前に食べていいもの、ダメなものがあります。まずはいいものから見ていきましょう。

寝る前に食べていいもの

スポンサーリンク

はちみつ

790ab80f61fe8c0a

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、別名「脂肪分解ホルモン」と呼ばれています。成長ホルモンを分泌するために必要なのが糖質です。糖質が不足していると、成長ホルモンの分泌量が少なくなり、脂肪燃焼効率が落ちてしまいます。

寝る前にはちみつで糖質を摂取しておくと、糖質の不足を防ぐことができます。もちろん、たくさん糖質をとれば脂肪になるので逆効果です。寝る前に脂肪燃焼効率をアップさせる目的なら、大さじ1杯程度を摂取するといいです。

ヨーグルト

4d5bd85d9b81fc11

ヨーグルトを寝る前に食べるメリットは、整腸効果が朝食べるよりも高くなることです。腸が最も活発に動く時間は夜22時〜深夜2時の間で、この時間にヨーグルトで乳酸菌を摂取しておくことで、整腸作用が働きやすくなります。翌朝のお通じの効果も期待できます。

また、ヨーグルトに含まれているカルシウムはストレスを緩和してくれたり、脂肪の燃焼をサポートしてくれる働きもあります。便秘やストレスはダイエットの大敵ですから、寝る前にヨーグルトを食べてこの問題を解消してみるといいですよ。

バナナ

3ca549a4e5e3a7e0

バナナはカロリーが高い果物というイメージがありますが、食物繊維が多めで腹持ちが良く、寝る前の空腹を癒してくれるのに適しています。水分量が少ないので、身体を冷やしにくいのもメリットです。また、むくみ解消効果があるカリウムも豊富に含んでいるのでむくみ太りの解消にも役立ちます。

また、バナナには幸せホルモンの「セロトニン」や睡眠ホルモンの「メラトニン」の材料になる「トリプトファン」というアミノ酸も含まれています。材料になるトリプトファンが不足しているとイライラしたり不安になったり、寝つきが悪くなるなどの問題が起こることがあります。

バナナを食べるとセロトニンやメラトニンの材料を供給することができるので、イライラや不安、不眠などの問題を解消することができます。睡眠の質が上がれば、成長ホルモンの分泌が促進されて細胞の修復もはかどります。

修復の際には脂肪がエネルギーとして使われますが、バナナに成長ホルモンを作るのに必要なアルギニンというアミノ酸も含まれています。寝る前でもバナナ1本くらいであればむしろダイエットにはプラスの働きをしてくれます。

白湯

Eab56e08fd0b8b6c

寝る前の飲み物としておすすめなのが白湯です。白湯はお湯を沸かしてものを冷ましたもので、自宅で簡単に作れます。白湯を寝る前に飲むメリットは、身体を内側から温めることができるからです。お腹がポカポカ温まると、副交感神経が優位になって眠りの質が高くなります。

冷え性で夜寝つきが悪いという人も、白湯を飲む習慣をつけることで寝つきを良くすることができます。寝る前の白湯は100〜200mlくらいをすするようにして時間をかけて飲むのがおすすめです。

太りにくいお菓子

太りにくいお菓子を選ぶなら「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」がおすすめです。1包あたりたったの19.25kcalで、美味しく野菜不足を解消できるので寝る前に食べても罪悪感がありません。健康に役立つ以下のような成分が配合されています。

  • 北海道生まれのクマイザサ
  • お腹の調子を整える乳酸菌+イソマルトオリゴ糖
  • 約40種類の植物原料を発酵させた特別エキス

お腹の調子を整えてくれる成分が入っているので、寝る前に食べると翌朝のスッキリも期待できます。味にもこだわっており、食のプロも認めた美味しい味に仕上がっています。

寝る前に食べたらダメなもの

辛いもの

22dc9d50b500e13b

寝る前に食べたらダメなのが、辛いものです。辛いものは胃腸に刺激を与えますし、交感神経を活発にしてしまうので寝つきが悪くなります。翌日の胃もたれや寝不足の原因になります。辛いものが好きな人でも、寝る前は辛いものは避けましょう。

お菓子

スナック菓子なども寝る前は避けたほうがいいです。糖質やカロリーを意識せずに作られているお菓子のほとんどは、糖質と脂質の塊です。寝る前は日中よりも脂肪を蓄えやすくなっているので、このタイミングでお菓子を食べるということはあえて脂肪を蓄える手伝いをするようなものです。

糖質と脂質が多く、カロリーが高いお菓子は寝る前はもちろん、ダイエット中なら日中も避けたほうが無難でしょう。

アルコール

8328025972bdb688

お酒を飲むと寝つきが良くなるという人もいますが、寝る前にアルコールを摂取すると寝ている間に肝臓がアルコールの分解のために活動しなければならなくなります。肝臓は解毒だけではなく代謝も行う臓器なので、解毒でフル回転していると疲弊してしまいます。

カフェインが入っているもの

カフェインは交感神経を刺激してしまうので、寝つきが悪くなります。コーヒーはわかりやすいですが、緑茶や烏龍茶にもカフェインが含まれているので寝る前は控えましょう。ハーブティーや白湯ならむしろ寝つきを良くしてくれるのでおすすめです。

寝る前にやってはいけないこと

寝る直前までPCやスマホを見る

Ec059f9eab799b53

スマホのブルーライトは睡眠ホルモンメラトニンを減らしてしまいます。光の刺激は睡眠の質を下げる原因になるので寝る前は避けましょう。寝る前にたくさんの情報を頭に入れるのもストレスになります。

お腹いっぱいになるまで食べる

寝る前にお腹いっぱいになるまで食べると、寝ている間に消化器官がフル回転しなければいけなくなります。また、寝る前は脂肪がつきやすい時間帯なので太る原因になります。

身体に負担をかける運動や入浴

369490be89dd2509

軽いストレッチならいいですが、身体に負担をかける運動は避けたほうがいいです。入浴は身体を温め寝つきをよくする効果もありますが、熱すぎるお湯は逆効果なのでできれば食事の前に済ませてしまったほうがいいです。

寝る前にチーズを食べると太る?まとめ

Ca2374429e9891bf

以上、寝る前にチーズを食べると太るのか、ダイエット中でも大丈夫なもの・ダメなものについて見てきました。チーズは糖質が少ないので、寝る前に食べても太りにくいです。たんぱく質が多いので寝ている間の筋肉の修復にも役立ちます。

食べ過ぎに気をつければ、リラックス効果もあり寝つきをよくしてダイエットをサポートしてくれます。チーズ以外に食べても大丈夫なもの、ダメなものを最後にまとめておきます。

  • はちみつ
  • ヨーグルト
  • バナナ
  • 白湯
  • 太りにくいお菓子(黒糖抹茶青汁寒天ジュレ)
  • 辛いもの
  • お菓子
  • アルコール
  • カフェインが入っているもの

寝る前のチーズは太りにくいですが、6Pチーズなら1〜2個くらいを目安に食べてくださいね。食べ過ぎなければ身体にプラスの働きが期待できますよ。

人気記事