Medium 3f7b0bb9919422d0

トランポリンダイエットのデメリットは?メリットや正しいやり方も紹介

最近ではダイエットにトランポリンを活用する人が増えているのをご存知でしょうか?有効にダイエットができるやり方として注目を集めているトランポリンにもデメリットがあるようです。トランポリンダイエットのデメリットとメリット、正しいやり方をご紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエット器具  作成者:ashikakun  投稿日:2018/01/25

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

トランポリンダイエットについて

効果的なダイエットのやり方として、トランポリンを活用する方法があります。最近ではトランポリンでダイエットを目指す方も増えていてとても人気が高まっているのですが、実のところトランポリンを活用するダイエットには注意しなくはいけないことがあるのです。トランポリンダイエットのデメリットとはどのようなものなのでしょうか。

デメリットについてご紹介

運動効果が抜群に高く、楽しくスリムボディが手に入るのがトランポリンを活用したダイエットです。トランポリンはジョギングするよりも3倍もダイエット効果があるといわれています。しかしトランポリンでダイエットするやり方には、いくつかのデメリットが存在するようです。トランポリンダイエットのデメリットにはどのようなものがあるのか探ってみましょう。

関節への負担がある

運動効果に優れているので、ダイエットにはとても効果的なトランポリンなのですが、激しく飛んだり跳ねたりするので腰やひざへの負担が非常に大きいことがデメリットの一つとして挙げられます。ダイエットを志す理由は、体重が人よりも重くなってしまったことが気になったことが一番と言えるでしょう。

重くなった体重でジャンプするのですから、ひざや腰などの関節への負担は図り知れません。加齢によって弱ってしまった状態でトランポリンを使うと、体重以上の負荷がかかってしまうので、関節痛を招いてしまう可能性があります。特に元々ひざや腰などに関節痛を持っているかたは要注意となります。

バストが垂れてしまうことも

Fe3ca753954cdb0b

トランポリンで激しく飛んだり跳ねたりを繰り返すと、普段以上に重力がかかってしまうのでバストが垂れてしまう可能性があるのもトランポリンダイエットにおけるデメリットの一つです。跳ねているときにかかる下Gや、トランポリンのマット面に着地したときにかかる上Gによって、バストが大きく揺さぶられるので、せっかくダイエットできてもバストが垂れてしまうデメリットがあるのです。

怪我をしてしまうことも

トランポリンはキチンとマット面の真ん中を飛び跳ねできていると良いのですが、真ん中を踏み外してしまうと真との外に飛び出し、大けがに繋がってしまう可能性があります。万が一アキレス腱を断裂してしまおうものなら、半年ほど安静を余儀なくされるばかりか、リハビリをしないと社会復帰すらできなくなってしまうリスクは大きなデメリットです。

近所迷惑になってしまう

屋内でトランポリンダイエットに励む場合、トレーニングする場所が1階であればそれほど問題はありません。ところがアパートやマンションなどの2階以上の場合は近所迷惑になり、トラブルの種になってしまうことはデメリットです。

トランポリンを使用するとかなりの騒音が出てしまうものなので、できることなら屋外でトランポリンダイエットに励みましょう。このように、家庭用トランポリンには使用できる場所に限りがあるのも、トランポリンダイエットのデメリットの一つといえます。

萎縮すると大して効果が得られない

トランポリンダイエットは、大きく飛び跳ねることで効果が得られるのが特徴です。ところが身体が宙を舞うのが怖くて萎縮してしまい、大きな動作ができないとカロリーが消費されず思ったようにはダイエットできないのもデメリットの一つです。自分が宙に舞うことが平気な人にはデメリットにはならないのですが、委縮してしまう人はトランポリンダイエットには向かないデメリットがあります。

メリットは?

家庭用のトランポリンでダイエットするやり方のデメリットについてご紹介してきましたが、ここからはトランポリンダイエットのメリットについてみていきましょう。家庭用のトランポリンで行うトランポリンダイエットにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

姿勢が良くなる

さきほどデメリットの「怪我をしてしまうことも」のところでお話ししましたが、トランポリンはジャンプするマット面の真ん中を飛んだり跳ねたりしないといけないので、体幹を固定していないとうまく行きません。そのため体幹が鍛えられて姿勢が良くなるメリットがあります。

体感が鍛えられて姿勢が良くなれば、垂れさがった内臓が持ち上げられるので、必然的にウエストが引き締まってきます。またお腹周りのインナーマッスルも鍛えられるので、トランポリンダイエットはダイエットにはとても効果的な運動となります。

むくみが改善

トランポリンダイエットはかなり激しい運動なので、血行が促進されるメリットがあります。血行が促進されると、細胞活動が活発になり美肌効果も期待ができます。血行が促進されると、老廃物や余分な水分が排出されるのも助けるので、むくみの改善効果が高くなります。むくみ改善の効果はトランポリンダイエットにとって大きなメリットとなっています。

楽しく続けやすい

どのようなダイエットにも共通していえるのは、長期に渡り継続しないと効果が出ないデメリットがあるということでしょう。その点、トランポリンダイエットの場合は非常に楽しく運動できるので、継続がしやすくダイエットの実感を得やすいといえます。

ストレスを発散できる

楽しい運動をするのでストレスの発散にもなり、うつ症状が軽減されることにも期待が持てるのもメリットといえます。先ほどご紹介したように、宙を舞うことを楽しめずに委縮してしまう人にはデメリットとなってしまいますが。

短時間でもダイエット効果が高い

トランポリンダイエットでは、激しい運動効果があるので短時間で脂肪燃焼にまで至ります。しゃがんでジャンプを繰り返すことでいわばスクワットのような運動になっているのです。人の身体にある筋肉で最も体積が大きいのは下半身なので、スクワット運動を繰り返すトランポリンダイエットは、脂肪燃焼にはうってつけのダイエットのやり方といえます。

また一番大きな筋肉を鍛えるので基礎代謝も大きくなり、消費カロリーが増えていくためダイエットの効果がますます高まっていきます。楽しみながらどんどん痩せるのでずっと継続したくなるでしょう。逆にトランポリンを長時間すると速筋よりも遅筋が働くようになり筋肉が細くなるので、ダイエットには向いていません。短時間で楽しく行うようにしましょう。

スポンサーリンク

正しい行い方は?

トランポリンダイエットでは、トランポリンで激しい運動をすることになるのですが、さきほどもご紹介したように、大きなけがをしたり、大して効果が得られなかったりするデメリットがあるのです。このようなデメリットを回避するためにも、トランポリンダイエットの正しい行い方について学んでおく必要があります。ここではトランポリンダイエットの正しい行い方をご紹介します。

バストをしっかり固定する

デメリットのところでご紹介したように、トランポリンダイエットを行うと胸に対して激しい縦Gがかかるので、バストが垂れてしまう可能性があります。せっかく頑張ってトランポリンダイエットで体重を落とすことに成功しても、バストが垂れてしまうと台無しです。このデメリットを克服するためには、バストをしっかりと固定するスポーツブラジャーを着用しておくことが有効です。

食後すぐ行わない

食後すぐにトランポリンダイエットで飛び跳ねてしまうと、胃の中のものが逆流してしまう可能性があります。また食後は身体の血液が胃に集中するので、貧血で気分が悪くあってしまうことも考えられます。このようなデメリットもあるので、トランポリンダイエットは食後すぐに行わないようにしましょう。

反対に食前にトランポリンダイエットを行うと、消耗した身体にエネルギーを補給することができ、また傷ついた筋肉の超回復(筋肉が大きくなること)の手助けにもなるのでとても有効です。トランポリンダイエットは食前に行うか、食後しばらくたってから行うようにしましょう。

トランポリンを行う前に軽いストレッチを行う

身体への負担が大きいトランポリンダイエットを行う前には、身体に「これから運動をする」ということを認識させておくことが重要です。そのためにもストレッチを行うようにしましょう。ストレッチは影を予防するためにはとても重要なファクターとなります。

「ストレッチ」と表現するとすぐに身体をじっくり伸ばすことをイメージしがちなのですが、ここで必要なストレッチはじっくりと伸ばすストレッチではありません。はじめはトランポリンに乗らずに軽くジャンプを数回繰り返します。そこからトランポリンに乗って、小さなジャンプを繰り返し徐々にジャンプを大きくして身体をトランポリンに慣らしていく準備運動をしましょう。

トランポリンダイエットの正しいやり方を紹介

さていよいよここからは、トランポリンダイエットの実践編に入っていきます。どのようにすれば効果的にトランポリンを活用したダイエットができるのか、トランポリンダイエットの正しいやり方についてご紹介していきます。

  1. トランポリンに乗る(肩の力を抜く)
  2. 肩を上下に動かしながら軽くジャンプを200回繰り返す※割り箸をくわえた状態で行うと顔のリフトアップにも効果的!
  3. 両手を広げてツイストジャンプを行う(200回)※肩甲骨が動くので肩こりにも有効!
  4. トランポリンに乗ったままランニングする(手足を200回動かす)※手足の動作を大きくすること

ポイント

④のランニングでは膝を高く上げることがポイント!
この時腕を大きく後ろまで振り上げることで姿勢が改善される
②~④の回数は200回にこだわらず、300回でも400回でもOK!
このエクササイズは、朝出勤前に行い一日を爽快な気分で過ごすようにしましょう!

どんなトランポリンがオススメ?

トランポリンダイエットを行うには、トランポリンを購入する必要があります。ではどのようなトランポリンを選ぶのが良いのでしょうか。ここからは手軽に自宅で行うトランポリンダイエットに有効なトランポリンについてご紹介していきましょう。

B4MAKEミニトランポリン

B4MAKEミニトランポリンは、自宅でも本格的なトランポリンダイエットが行える商品で、体重100kgまで耐久します。床への振動や衝撃などを吸収する脚キャップ付きです。床に傷が付く恐れがある場合はマットなどを敷いて使用しましょう。

B4MAKEミニトランポリン
通販サイト 価格 送料
楽天市場 6,480円 無料
Yahoo!ショッピング 6,480円 無料

タンスのゲン トランポリン補助手すり付き

タンスのゲン トランポリン手すり付きは、初心者でも安心で飛んだり跳ねたりする時の恐怖心から委縮することなくダイエットに取り組める商品です。子供・大人兼用となっており、家族でトランポリンエクササイズを楽しむことができます。体重120kgまで耐久します。

トランポリン手すり付き
通販サイト 価格 送料
楽天市場 5,537円 無料
Yahoo!ショッピング 3,780円 無料

トランポリンダイエットと一緒に摂ろう!

トランポリンエクササイズでダイエットを試みるときには、ダイエットサプリメントを一緒に摂取する方が効果が格段に上がってきます。おすすめのサプリメントをご紹介します。

ジェシカズ・フォーミュラ

ボディメイクプロテインの「ジェシカズ・フォーミュラ」は、高たんぱく(56%)で美味しく毎日飲める飲みやすさでプロのトレーナーが絶賛するプロテインです。トランポリンダイエットの強力なサポート役としておすすめの商品となっています。

リピア

トランポリンでエクササイズで疲労した筋肉をマッサージで癒してあげましょう。リピアのマッサージクリームなら疲れた筋肉をマッサージで癒すだけでなく、代謝を高めて脂肪燃焼を促すダブルの効果が得られます。

トランポリンダイエットのデメリットは?メリットや正しいやり方まとめ

トランポリンを活用したダイエットは、短時間で相当の運動量が得られ、とても楽しいので毎日続けられるダイエットのやり方です。ただやり方を間違うと近所迷惑になったり大きなけがをしたりする危険も持っています。効果的にダイエットするためにも正しいやり方を学んで、サプリメントやマッサージクリームを一緒に活用して楽しくダイエットしてきましょう。

人気記事