Medium 6d5ebb9176638237

ボニックプロが痛い時の原因・理由は?注意点と正しい使い方を紹介

手軽に痩せることができるダイエット機器のボニックプロ。効果も気になるけど痛いっていう話も聞くし心配、という人も多いのではないでしょうか。そこで今回はボニックプロの正しい使い方を知って、痛みを感じることなく楽にダイエットしましょう。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットグッズ  作成者:satotomiko  投稿日:2018/02/01

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

ボニックプロを使うと痛くなる?

ボニックプロとは

ボニックプロとは、キャビテーションを搭載しているEMSマシーンです。さらにRADIO FREQUENCY機能もついているので、よりEMSの効果が出るような仕様になっています。キャビテーション?RADIO FREQUENCY?何それと思う人もいるかもしれませんね。まずはこの機能についてみてみましょう。

  • キャビテーション︰空洞現象という意味で、液体に圧力を加えることで起こる気泡の発生と消滅。この気泡が消滅する衝撃で脂肪を破壊する機能。
  • EMS︰electrical muscle stimulationの略で、電気的筋肉刺激といいます、電気刺激で筋肉を動かす機能です。
  • RADIO FREQUENCY︰RFと略され、ラジオ波と言います。振動で脂肪に熱を加えることで溶かす機能。

つまり、ボニックプロはRFでいらない脂肪を溶かし、キャビテーションでその脂肪を破壊しながら、EMSで筋肉に刺激を与えて鍛え、楽に痩せることができる機器です。これらの機能はエステでも取り入れられている機能なので、ボニックプロを使うことで自宅でもエステを受けているような効果を得ることができます。

ボニックプロはRFとキャビテーションを組み合わせたHOTモードと、EMSとキャビテーションを組み合わせたSHAPEモードが使えます。まずHOTモードでSHAPEモードに適した状態にし、SHAPEモードで筋肉刺激を行います。ボニックプロはこの3つの機能を組み合わせて効率よくダイエットできます。

中にはボニックプロで痛みを感じている人が

F474eb743928a37d

そんな楽に痩せることが出来るボニックプロですが、使い方や体型によっては痛みを感じる人がいます。間違った使い方、自分に合わない使い方をしている人も痛いと感じてしまいます。ではボニックプロをどんな使い方をしたときに痛いのか、どんな体型の人がボニックプロを使うと痛いのか詳しくみてみましょう。

ボニックプロが痛い時の原因・理由

痛い原因はEMS刺激

D56a381a875b1d2f

ボニックプロが痛いのは、EMSの刺激によるものです。先にお伝えしましたが、EMSとは筋肉に電気刺激を与えることです。このEMS刺激を強く感じると痛いと感じます。またEMSは低周波から中周波程度の周波数で刺激を与えています。人は高周波より低周波で痛みを感じるので、EMSで痛みを感じる場合があります。

ボニックプロのEMSは可変式で、一定のリズムではなく変化をつけたリズムで刺激を与えるので、痛みを感じにくくなっています。そのリズムは「押したりする感覚」「揉んだりする感覚」「叩いたりする感覚」の3種類です。またEMSの強さが3段階と調整が可能なので、初めて使うときにはレベルが1番低いものから試して自分に合うレベルで使ってください。

脂肪や筋肉が無い所にEMSを当てると痛い

337fd352ff459da5

ボニックプロに搭載されているEMSは、筋肉を動かす程の刺激をあたえるので、筋肉や脂肪がない部分に働くと刺激を強く感じてしまいます。またボニックプロは筋肉のなかでも、インナーマッスルに刺激を与えることができるので筋肉や脂肪かあまりない部分では痛みを感じてしまいます。

つまり、ボニックプロをお腹や太ももなどの脂肪がついている部分に使うと痛くないし、効果も感じられると言うことです。

ジェルが少ない

B589b0b6750897cd

ボニックプロを使う際には専用のジェルが必要です。ジェルを使用せずにボニックプロを使うと、肌への刺激は強くなり、逆に筋肉への刺激が不十分になります。そうするとしっかり筋肉は動かず効果はでません。そのため、乾いたりしないようにたっぷり使い、もしボニックプロの使用中に痛みを感じたらジェルを追加する必要があります。

EMS刺激は人によって感じ方が違う

同じ刺激でも、痛く感じる人と痛く感じない人がいる

スポンサーリンク

C0dc35a798ba973d

ボニックプロの口コミをみていると、痛みがあるという人と痛みもないし気持ちがよかったという人がいます。具体的に口コミをみてみましょう。まずはボニックプロは痛いと感じている口コミです。

  • ボニックプロのEMSを使うとピリピリして痛くて我慢ができなかった
  • 1番弱い強さでボニックプロを使ってみたけど、痛かった

痛みを感じている口コミを見ると、ボニックプロのEMS刺激がかなり強く感じているようです。1番弱い刺激でも痛いと言う人もいます。次に痛みを感じなかった口コミをみてみましょう。

  • ボニックプロのEMSはタンタンとリズミカルで気持ちがいい
  • 痛くはないけど、効いてるって感じの強さでちょうどいい

ボニックプロのEMS刺激は可変的で一定ではないので、痛くない人はそれが気持ちいいと感じています。人それぞれ感じ方が違うのはやはりボニックプロの使い方に違いがあるのではないでしょうか。ボニックプロの正しい使い方をしっかり覚えて使いましょう。

ボニックプロの正しい使い方

ボニックプロを使って痛みを出さないために、正しい使い方をお伝えしたいと思います。痛みを感じる原因は「金肉屋脂肪が少ない場所にボニックプロを当てる」、「ボニックプロ専用のジェルを少なく使う」でした。

筋肉にしっかり当てる

EMSは筋肉に電気刺激を与えることで、収縮させて鍛えることができる機能とお伝えしました。つまり目的の筋肉がある部分にボニックプロをしっかり当てる必要があります。

筋肉を鍛えるときには、鍛える筋肉を意識したほうが効果がみられます。なので、お腹であれば腹直筋や腹斜筋、お尻であれば殿筋群、二の腕であれば上腕三頭筋といった具合に意識してボニックプロをあてるほうがいいです。

自分に合った強さを選ぶ

ボニックプロのEMSの強さは3段階あります。まずは一番弱い段階から徐々に上げて自分が1番持ちいいと感じる段階に調整してください。強いほど効果があるというわけではないので、注意してください。また使っているうちにボニックプロのEMS刺激に慣れてくるので、その都度確認しながら行ってください。

そして、ボニックプロを当てる部位でも使い分けるとさらに効果がみられます。お腹や太ももは強め、二の腕は1段階弱くしてボニックプロを使うなど、自分で調整してください。

ボニックジェルを使う

ボニックプロ専用のジェルには役割は大きく分けて2つあります。1つは「電気刺激を身体に伝える」、2つめは「肌を保湿し引き締める」です。そのため、ジェルを塗ることでボニックプロの電気刺激を効果的に伝えることができます。ボニックプロを使うとき、ジェルか少ないと痛いとお伝えしましたが、痛みを引き起こすだけでなく、効果が出なくなってしまう可能性があります。

その為、ボニックプロを使っている最中に乾いてしまい、滑りが悪くなってきたときにはジェルを追加してください。さらにジェルには引き締め成分や美容成分が入っているので、筋肉だけでなく肌に対してもいい効果をより感じることができるようになっています。

ボニックプロ専用のジェルは2種類あります。ボニックプレミアムリフトジェルとボニックスキニーホットジェルです。ボニックプレミアムリフトジェルにはボニックプロをサポートする引き締め成分が配合されており、伸びがいいのでマッサージジェルとしても使うことができます。

ボニックスキニーホットジェルは温感引き締め成分と保湿成分が配合されています。肌がしっとりしているとRFやEMSが伝わりやすくなるので、ボニックプロの効果をアップさせてくれます。

ボニックプロが痛い時の原因・理由まとめ

Dc20553d3e39ae06

今回はボニックプロを使うときに痛いと感じる原因、理由、正しい使い方について見てきました。痛みを出さないように自分にあった強度で、痩せたい部位を意識してボニックプロを当てて、ジェルをたっぷり使うのが大事です。注意点をしっかり確認して、引き締まった身体を目指しましょう。

人気記事