Medium 9de0f60a6365fb41

モリモリスリムは妊娠中でも大丈夫?危険な飲み方と安全な便秘解消法まとめ

モリモリスリムは便秘解消効果があるお茶です。妊娠中は下剤などが飲めないので、便秘になった時に使ってみたいと思う方もいるかもしれませんね。しかし、妊娠中に飲むと悪影響を与えてしまう可能性があります。ここではその問題と安全な便秘解消方法についてお伝えします。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:トト  投稿日:2018/01/31

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

モリモリスリムは妊娠中に飲んではいけない

妊娠中に悪影響な成分が含まれている

モリモリスリムは妊娠中に摂取すると妊婦や退治に悪影響を与えてしまう成分が含まれています。特に悪影響を与える可能性があるモリモリスリムの成分は次の2つです。

  • ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ)
  • キダチアロエ

ゴールデンキャンドル

モリモリスリムのゴールデンキャンドルはダイエットや便秘解消茶によく入っている成分で、食物繊維が豊富に含まれています。ビタミンやミネラルも豊富に含まれていますが、そのほかにモリモリスリムには下剤成分のクリソフェノール、アントラキノン、センノシドなどが含まれています。

これらの下剤成分は、黄体ホルモンの機能を低下させてしまう恐れがあります。黄体ホルモンは子宮の収縮を防いで流産を防ぐホルモンで、別名「便秘ホルモン」とも呼ばれています。ゴールデンキャンドルの下剤成分は黄体ホルモンの機能を低下させて下剤を解消する代わりに流産の危険性を高めます。

キダチアロエ

美肌作用や便秘解消効果が期待できるキダチアロエも、妊娠中は摂取しないほうがいい成分です。アロエの皮に含まれるアロインという物質は、子宮を収縮させる働きがあります。黄体ホルモンが子宮を安定させているのに、子宮を収縮させてしまうと流産や早産のリスクを高めてしまいます。

妊娠中に摂取した成分は胎盤を通じてお腹の赤ちゃんにも届くので、アロインが胎児の腸を刺激して子宮内で便を排出させてしまう(胎便)こともあります。すると羊水が混濁して胎児の呼吸がうまくできなくなり、肺炎や肺気腫、肺気胸などの呼吸器系のトラブルを引き起こすリスクがあります。

気づくのが遅れると最悪の場合は窒息死のリスクもあるので、キダチアロエが含まれているモリモリスリムは妊娠中の摂取は控えましょう。

ハーブ類にも注意が必要

モリモリスリムのゴールデンキャンドルやキダチアロエほどは厳しく注意されていませんが、妊娠中はハーブ類の摂取は控えたほうがいいと言われています。モリモリスリムにはバラの花や桃の葉といったハーブが配合されていますが、これらも子宮を収縮させて悪影響を与えることがあるからです。

授乳中も飲むのを控える

母乳は母親の血液から作られる

3f9288e251f666ee

母乳はお母さんの血液から作られます。なので、授乳中にお母さんが摂取した食べ物は母乳を通して赤ちゃんに吸収されます。モリモリスリムは便秘解消効果があるお茶ですが、その成分が母乳を介して赤ちゃんに移行してしまうと下痢や腹痛を引き起こしてしまう恐れがあります。

妊娠中は子宮収縮などによる流産や早産のリスクが問題でしたが、授乳中は赤ちゃんに下剤成分を与えてしまうことが問題です。なので、授乳中もモリモリスリムの飲用は避けたほうがいいです。

妊娠中におすすめの飲み物

ルイボスティー

43ded584edc7be48

妊娠中でも安全に飲めるお茶として、ルイボスティーはおすすめです。ルイボスティーはノンカフェインのハーブティーで、健康や美容効果も高く安全なお茶です。ルイボスティーはルイボスという植物の葉から抽出されるお茶で、ほんのり甘い香りがします。

ルイボスティーは腸内環境を改善する効果や、便を柔らかくする効果が期待できるので便秘解消にもおすすめです。そのほかにも以下のようなメリットがあります。

  • ビタミンやミネラルが豊富
  • 免疫力が高まる
  • 肌や髪をキレイにする
  • 抗酸化作用により卵子の老化を防いでくれる
  • 匂いや味が気にならない

黒豆茶

黒豆茶は美容や健康に良いと言われているお茶で、ノンカフェインなので妊娠中の方でも安心して飲めます。モリモリスリムは微量ながらもカフェインが含まれているので、注意が必要です。黒豆茶はオリゴ糖やペクチン、ミネラルなどの成分が便秘解消をサポートしてくれます。

妊娠中だけではなく女性にはメリットの多いお茶と言われていて、アントシアニンやイソフラボンなどの成分が肌トラブルを改善してくれます。妊娠中は女性ホルモンの影響で肌が荒れやすいので、肌トラブルを防ぐためのお茶としてもおすすめです。

ごぼう茶

スポンサーリンク

ごぼう茶もモリモリスリムのような危険な成分はなく、ノンカフェインなので妊娠中にも安心して飲めるお茶です。ごぼうといえば便秘解消効果があるというイメージが強いですが、ごぼう茶にも便秘解消効果が期待できます。

ごぼう茶には水溶性食物繊維のイヌリンが多く含まれていて、便秘解消をサポートしてくれます。また、サポニンという成分は血液循環を良くして体内の老廃物を排出するデトックス効果があります。そのほか、利尿作用もあるので妊娠中のむくみ解消効果も期待できます。

ただし、ごぼうの種子には子宮を収縮させる成分が含まれています。ごぼう茶は種子部分は使わずに作りますが、万が一のことも考えて過剰摂取は避けるようにしましょう。適量であればモリモリスリムほどのリスクはありません。

青汁

青汁も種類を選べば妊娠中の便秘解消をサポートしてくれる強い味方になってくれます。モリモリスリムには妊娠中に避けたい成分が入っていましたが、青汁も商品によっては妊娠中には避けたい成分が入っている商品もあるので選んで使うことが大切です。

青汁には豊富な食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが配合されているので、便秘解消や健康、美容にも良い影響をもたらしてくれます。消化力や代謝力を高める食物酵素も摂取できるので、酵素の効果で便秘解消効果がアップします。

妊娠中も安心して飲めるのが「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」です。酵素、プラセンタ、生きて腸まで届く有胞子性乳酸菌が配合されているので、ダイエット、美容、健康をしっかりサポートしてくれます。

モリモリスリムは下剤成分によって便秘を解消させるお茶でしたが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁は腸の調子を整えて自然に排便させる乳酸菌が優しく便秘解消をサポートしてくれます。美味しい青汁なので、無理なく続けられます。

妊娠中の安全な便秘解消法は?

ウォーキング

A4f822a4bc746d48

モリモリスリムで便秘解消できない妊娠中の方におすすめの便秘解消方法は、ウォーキングです。モリモリスリムは下剤成分で無理やり出す方法ですが、ウォーキングは腸のぜん動運動を運動の刺激によって起こすので自然な刺激で抑えられます。

妊娠中は動くと流産してしまうなどの不安があってあまり動かなくなったり、つわりなどで外に出たくない、動けないということが多いですが、運動不足が重なると腸のぜん動運動が弱まって便秘が起こりやすくなります。

これを解消するには適度な運動がおすすめです。ウォーキングをするときは、体を締め付けず腹部が冷えない服装を心がけ、転ばないようにウォーキングシューズなどを履いて行いましょう。妊娠中なら10分〜30分くらいを目安に歩けば無理なく便秘解消効果が期待できます。

ツボ押し

モリモリスリムを使わずに便秘解消したいなら、ツボ押しもおすすめです。便秘解消に効果的と言われているツボには、以下のようなものがあります。

  • 大腸愈(だいちょうゆ)…骨盤の上部と背骨が交わるあたりにあるツボ。背骨の中心から指2本分外側に2つずつある。便秘解消には、左側を重点的にほぐすのが効果的
  • 土踏まず…腸の働きを活発にするのに効果的。床にゴルフボールなどを置き、土踏まずでコロコロするとほぐしやすい
  • 神門(しんもん)…手首にあるツボで、小指側の手首にある出っ張った骨の下あたりにある。自律神経を整えてストレスによる便秘を解消してくれる

モリモリスリムが使えない妊娠中は、こういったツボを押してお通じを促してあげるのもおすすめです。モリモリスリム以外にも色々対策方法を知っておくと心強いですね。

オリゴ糖

オリゴ糖は摂取しても胃や小腸で消化されにくいので、そのまま大腸まで届いて大腸に住んでいるビフィズス菌のエサになります。ビフィズス菌は糖をエサにして元気になりますが、普通の糖分では小腸で吸収されてしまうので大腸まで届きません。

オリゴ糖は大腸まで届いて善玉菌のビフィズス菌を元気にしてくれるので、腸内環境が整って便秘を解消してくれる効果が期待できます。モリモリスリムの成分のように妊娠中に悪影響を与えることもないので、安心して摂取できます。

まとめ:妊娠中は安全な便秘解消法を行おう!

2059b3fa5a14c6c9

以上、モリモリスリムは妊娠中でも大丈夫なのか、危険な飲み方と安全な便秘解消法について見てきました。結論としては、モリモリスリムにはゴールデンキャンドルやキダチアロエといった妊娠中には悪影響な成分が入っているので飲むのは避けるべきです。

モリモリスリムに入っているこれらの下剤成分は、黄体ホルモンの機能を低下させたり、子宮を収縮させて胎児や母体に悪影響を与える恐れがあります。モリモリスリムは妊娠中は避けたほうがいいということを覚えておきましょう。

モリモリスリム以外におすすめの便秘解消方法として、今回はモリモリスリム以外のお茶や運動やツボ押しなどを紹介しました。

  • ルイボスティー
  • 黒豆茶
  • ごぼう茶
  • 青汁
  • ウォーキング
  • ツボ押し
  • オリゴ糖

モリモリスリム以外にも便秘解消方法はあるので、妊娠中はモリモリスリム以外の便秘解消方法を試して安全にお通じを促しましょう。

人気記事