Medium 3b97aa94f04acfa2

PAOで顔痩せできる?表情筋を鍛えるフェイシャルフィットネスの実力は?

顔痩せしたいけれど大変なトレーニングは続かないものですよね。そんな悩みを解消してくれるのが、フェイシャルフィットネストレーニング器具のPAOです。ここでは、PAOで本当に顔痩せできるのか、表情筋を鍛えると言われる実力はどれほどかについて紹介します。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットグッズ  作成者:トト  投稿日:2018/02/01

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

顔痩せできると話題のPAO

「ダイエットで体重は落ちたけれど、顔痩せだけうまくいかない…」ということもありますよね。顔は痩せにくいパーツと言われており、他の部分のダイエットが成功しても顔痩せだけうまくいかないという悩みを抱える人は多いです。

そんな人たちの顔痩せを実現し、小顔に導いてくれる画期的なフェイシャルフィットネス器具が、MTG社から販売されている「PAO」です。

くわえて振るだけの簡単2ステップ

PAOはくわえて振るだけで顔痩せ運動ができるように設計された、まさに顔痩せ用のフィットネス器具です。PAOについているマウスピースを口にくわえてブレードを上下に揺らすだけなので、難しい使い方を頭に入れる必要はありません。

最初のうちはうまく振れないという人もいますが、慣れて振り幅が自然と大きくなってしっかり振れるようになると顔痩せ効果がアップしていきます。

  1. 口にくわえる
  2. 首を上下に振る

顔痩せのためには、この2ステップを1日30秒×2回続けるだけです。トレーニング方法が超シンプルなので、顔痩せのために難しいトレーニングは続けられないという人にもおすすめです。

表情筋を鍛えてくれる

PAOで顔痩せできる理由は、表情筋を鍛える効果があるからです。この効果は大学や美容機関とMTG社が研究を重ねて実現させたものです。顔を若々しく保つには、顔の筋肉の弛緩を改善してあげることが効果的です。

顔の筋肉は皮膚を支える土台になっているので、筋肉が衰えると皮膚が垂れ下がって二重顎などの原因になってしまいます。PAOは共振運動によって小さな力で大きな負荷をかけられるようになっているので、普段使うことが少ない表情筋を鍛えることができます。

PAOで顔痩せできる?

個人差はあるもの、顔痩せできた人が多い

Ed0e9085503fa2aa

PAOの顔痩せ効果の口コミは個人差はありますが、顔痩せに成功したという人の方が多いです。以下はPAOで顔痩せできた人の口コミです。

  • PAOを使うとなかなか疲れます。でも、少しずつ細くなって顔痩せ効果が出てきている感じです
  • ここ数年、朝起きると明らかに顔がむくんでパンパンになっていたのに、PAOで運動した翌日はそのむくみがなくなっていました
  • 30秒振るだけでもかなり疲れて筋肉痛になります。しっかり顔の筋肉に効いている感じがします。心なしか顔がリフトアップしてきました

PAOを使うとかなり顔の筋肉が疲れるようです。ただ、筋肉が疲れるということは筋肉をしっかり使えているという証拠ですね。普段無表情で表情筋を使うことが少ない人ほど、PAOは効果が実感しやすいようです。

PAOで表情筋を鍛えることで、顔痩せやむくみ解消、リフトアップなどの効果が実感できた人は多いようです。

効果が出なかった人はPAOのくわえ方を間違っている?

顔痩せ効果が出なかった人の口コミでは、口内炎になってしまったり、口の中を傷つけてしまったという意見が見られました。PAOはくわえ方が重要で、正しいくわえ方ができていないと顔痩せ効果が得られないばかりか、口の中を傷つけてしまうことがあります。

正しいくわえ方でPAOを振ることができた人たちは、顔痩せ効果を実感できていたようです。PAOはくわえて振るだけの簡単なフィットネス器具ですが、コツをつかむまでに少し時間がかかるようです。

PAOにはどんな効果があるの?

たるみを解消する

0898d89295fe5aa6

いつも笑っている人は、いつまでも若々しい印象がしますよね。笑顔は表情筋を鍛え、たるみを予防する効果があります。表情筋は顔面の下にある筋肉の総称で、30種類以上あります。この表情筋がまばたきや口を開けるなどの動きや動作を司っています。

表情筋は普段の生活でも使っている感じがしますが、実は30%程度しか使えていません。口角を上げる頰筋(きょうきん)などを使わない生活をしていると、たるみができやすいです。顔の表情筋は骨ではなく直接皮膚についているのが、表情筋が衰えるとたるみができる理由です。

年齢とともに顔の表情筋が衰えてしまうと、その上の皮膚や皮下脂肪が支えきれなくなって垂れ下がります。また、表情筋を使っていないと血行不良になり、血流やリンパの流れが悪くなり、コラーゲンやエラスチンなどの肌のハリを支える成分が変化して肌の弾力が失われてたるみます。

スポンサーリンク

PAOで表情筋を鍛えると、皮膚や皮下脂肪をしっかり支えられるようになりますし、顔の筋肉が動くことによって血流やリンパの流れが良くなるので細胞に栄養が行き渡るようになります。その結果、肌のハリや弾力が回復してたるみが解消されます。

むくみ知らずの顔に導く

顔を全く動かさないでいると、顔に溜まった水分が動かないのでむくみの原因になります。脚のむくみ対策には歩くことが効果的と言われていますが、それは第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉を動かすことで血流やリンパの流れを良くすることができるからです。

これと同じように、顔の筋肉を動かせば血流やリンパの流れが良くなって顔のむくみが改善されます。水分を回収するのは静脈やリンパですから、この体液がスムーズにめぐるようになればむくみ知らずの顔になります。

顔のむくみ解消にマッサージやローラーを使うのも効果的ですが、PAOで毎日顔を動かしていればめぐりの良い状態を維持することができます。むくみが解消されれば顔痩せにもつながります。

口角が上がる

PAOは、いつまでも若々しい顔を維持するために5つの筋肉を効果的に鍛えられるように設計されています。5つの筋肉とは、口角を上げるのに効果的な表情筋です。

  1. 小頰骨筋…頰を吊り上げる「サスペンダー筋」
  2. 大頰骨筋…口元を引き上げる「クレーン筋」
  3. 頰筋…頰を引き締める「スッキリ筋」
  4. 笑筋…魅力的な笑顔を作り出す「スマイル筋」
  5. 口輪筋…口周りの中心にある「センター筋」

PAOはこの5つの表情筋を効果的に刺激することで、口角を上げる効果があります。マウスピースをくわえることで、口周りの筋肉にかかる負荷が強くなるように設計されています。さらに重さはバランスウェイトで3段階に負荷調整ができるので、自分の筋力にあったトレーニングを行うことができます。

PAOで顔痩せする為のポイント

正しい使い方で使用する

PAOで顔痩せするためには、表情筋を鍛える効果が得られる正しい使い方をする必要があります。ただなんとなく口にくわえて首を動かしているだけだと、顔痩せ効果は落ちてしまうのでここで正しい方法を再確認しておきましょう。

PAOのくわえ方

PAOは歯でくわえるのではなく、唇だけでくわえるのが顔痩せのポイントです。歯でくわえると顔痩せ効果が出ないばかりか、歯に負担をかけて傷めてしまうことがあるのでぜったいにやめましょう。顔痩せのためのPAOの正しいくわえ方は、口の形を「お」の形にして唇だけでくわえます。

その状態で少し息を吸うと両頬が凹みます。息を吸い込んだ状態の口の形でPAOを安定させるようにしましょう。唇がマウスピースに当たると唇がまくれてしまうので、深くくわえ過ぎないように注意してくださいね。

PAOの振り方

PAOで顔痩せしようと思っても、最初はうまく振れないことが多いです。首だけ使って振ろうとすると難しいので、立った姿勢でリラックスして軽く貧乏ゆすりするような感じで体を上下に動かしてみてください。すると自然とPAOのバーが共振して顔痩せ運動がうまくできます。

継続する

どんなダイエット器具にも言えることですが、PAOも継続しないと顔痩せはできません。1週間くらいやって顔痩せ効果が出ないからといってやめてしまえば、そこまでです。顔痩せ効果が実感できるようになるまでには、最低でも1ヶ月はかかります。

PAOは楽しく続けることで効果的に顔痩せを狙うアイテムですから、続けることが何より大切です。PAOで遊ぶような気分で毎日続けていくと、楽しみながら顔痩せできますよ。

PAOで顔痩せできる?まとめ

E26315ac77a97bde

以上、PAOで顔痩せできるのか、表情筋を鍛えるフェイシャルフィットネスの実力について見てきました。結論としては、PAOの顔痩せ効果は個人差はあるものの、多くの人が顔痩せ効果を実感しています。PAOは表情筋を鍛えたり、顔の血流やリンパの流れを良くすることでむくみ改善効果が期待できます。

顔痩せはもちろん、PAOにはそのほかの効果も期待できます。今回はPAOに期待できる3つの効果を紹介しました。

  • たるみを解消する
  • むくみ知らずの顔に導く
  • 口角が上がる

若々しい顔に生まれ変わったり、顔痩せしてオシャレを楽しみたいという方はPAOを継続して使って運動してみてくださいね。

人気記事