三大栄養素って、皆さんご存知でしょうか?

人間の身体になくてはならない栄養素のうち、特に重要なものと位置づけられている「炭水化物・たんぱく質・脂質」を『三大栄養素』と呼んでいます。

出典:www.e-healthnet.mhlw.go.jp

三大栄養素

 

ここで重要となるのが、そのバランスです。
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」に、三大栄養素の理想的なカロリーバランスが定められています。

三大栄養素のカロリーバランス

例えば、マクドナルドのセットメニューを食べた場合、このバランスはどのようなものになるのでしょうか?

その前に、理想的な栄養バランスの食事について見ていきましょう!

 

「理想的な栄養バランスの食事」と聞いて、このような和食を思い浮かべた人は多いのではないでしょうか?

理想的な和食

 

こちらのメニューにおける、三大栄養素のカロリーをそれぞれ計算すると、以下のようなバランスになります。

理想的な和食の栄養バランス

素晴らしいバランスですね!
このように、日本型の食生活は、三大栄養素のバランスが非常に優れていることで有名です。
これは、「日本は世界有数の長寿国」である原因の1つと考えられています。

 

それでは、マクドナルドのメニューの栄養バランスを見ていきましょう!

 

①てりやきマックバーガー

サイドメニュー:マックフライポテト(M)
ドリンク:コカ・コーラ(M)

てりやきマックバーガーセット

テレビ朝日の人気番組「お試しかっ!」で一番人気のハンバーガーとなった、「てりやきマックバーガー」のセットメニュー
ドリンクは、定番の「コカ・コーラ」として計算してみました。

 

てりやきマックバーガーセットの栄養バランス

はい、「脂質」がヤバいことになっております。
その量は、1食の理想的な基準値の2.5倍!

 

てりやきバーガーは、てりやきソースとマヨネーズを使った甘酸っぱいタレが絶妙の風味で、ファンも多い商品。

てりやきマックバーガーのタレ

しかし、そんなタレにはもちろん、が多く含まれています。
「脂質」が多くなってしまうのは、こういうことなんですね。

だとすれば、油をそこまで使ってなさそうで、もう少し軽そうなハンバーガーを選んでみたら、上手くバランスが取れるのではないか・・・?

 

②チーズバーガー

サイドメニュー:マックフライポテト(M)
ドリンク:コカ・コーラ(M)

チーズバーガーセット

というわけで選んだのは、こちらも大人気の「チーズバーガー」
タレはケチャップなので、てりやきに比べるとそこまで脂ギッシュさはない印象。

計算した結果は・・・

 

チーズバーガーセットの栄養バランス

うーん、少しはマシになったものの、依然として「脂質」の量が高めです。

 

・・・はい、みなさんお気づきでしょう。
「脂質」を高くしている一番の原因は、このポテトです。

マックフライポテト

「マックフライポテト」(M)に含まれる「脂質」は、24.2g。
じゃがいも自体に「脂質」はほとんど含まれていないので、調理時に使用している油だけで、これだけの量になってしまうということでしょう。

また、総カロリーも918kcalと、ちょっと高めな印象です。
こうなったら、ポテトを抜いて「脂質」を減らした上で、「ヘルシーさ」をとことん追求したセットメニューにしてみましょう!

 

スポンサーリンク

③フィレオフィッシュ

サイドメニュー:サイドサラダ(焙煎ごまドレッシング)
ドリンク:爽健美茶(M)

フィレオフィッシュセット

みなさん、マクドナルドのサイドメニューと言えばポテトですが、+41円払うことで、これをサラダに変更することができるって知っていましたか?

その上で、なんとなく大丈夫そうな「フィレオフィッシュ」「爽健美茶」を選び、マクドナルドでおよそ考えられるセットメニューの中で、一番ヘルシーそうな構成にしてみました。

ここまでやれば、とりあえずネックとなっていた「脂質」の量はかなり減らせそうだし、カロリーも大幅に削減できる気がします。

果たして・・・。

 

フィレオフィッシュセットの栄養バランス

!!!

「脂質」はなんとか理想的な範囲に収まったものの、他の2つの栄養素、特に「炭水化物」が全然足りていません。
カロリーを大幅に削減したことで、本来必要な栄養素まで削ってしまったということですね・・・。

 

ポテトとコーラ

実は、ポテトとコーラには、それぞれ程よく「炭水化物」が含まれていたのです。
じゃがいもに含まれるでんぷんは「炭水化物」の一種ですし、コーラに含まれる砂糖も「炭水化物」の一種なんです。

うーん、難しい!
もはや、堂々巡りな感じがしてきました。
マクドナルドで、栄養バランスの良い食事はできないのでしょうか?

 

・・・しかし、いろいろ試行錯誤した結果、以下の素晴らしすぎるメニュー構成を発見してしまったのです!

 

④ハンバーガー2個

サイドメニュー:なし
ドリンク:コカ・コーラ(L)

ハンバーガー2個とコーラL

はい、もはやセットメニューではありません。
ハンバーガー2個に、コーラのLサイズ。
これが恐らく、マクドナルドで最も(?)栄養バランスの良いメニュー構成であります。

 

ハンバーガー2個とコーラLの栄養バランス

このように、かなりきれいな三角形になりました。
総カロリーも731kcalと、1食あたりのカロリーとしては理想的ですね!

 

コーラLの砂糖

ちなみに、「炭水化物」をコーラの砂糖でカバーしているわけですが、「コカ・コーラ」(L)にはこれだけの量の砂糖(約45g)が入っておりますので、注意してください。

スティックシュガー(3g)約15袋分になります。

※WHOが2014年3月5日に発表した指針案によると、砂糖の1日の摂取基準値は25g以下です。

 

⑤ダブルクォーターパウンダー・チーズ

サイドメニュー:マックフライポテト(M)
ドリンク:コカ・コーラ(M)

ダブルクォーターパウンダー・チーズセット

逆に、一番ヤバかったセットメニューはこちら。
「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」でーす!

 

ダブルクォーターパウンダー・チーズセットの栄養バランス

「脂質」の量は、1食の理想的な基準値の3.5倍!
総カロリーも1422kcalと、約2食分といったところでしょうか。

※写真を撮影後、筆者がいただきましたが、とてもおいしかったです。

いかがでしたか?

今回は「三大栄養素」という観点から説明しましたが、この他にも「ビタミン」と「ミネラル」を加えた「五大栄養素」や、「食物繊維」もしくは「水」を加えた「六大栄養素」など、さまざまな栄養バランスの基準が存在します。

さらに、同じ「炭水化物」でも「糖質」と「食物繊維」に分かれたり、「脂質」も「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分かれたりするのですが、健康のためにはそれらのバランスも同時に取る必要があり、「栄養バランスが良い」という基準を作るのは、実はとても難しいことなのです・・・。

とりあえず今回は、最も単純な「三大栄養素」という基準を用い、みなさんの身近に存在する「マクドナルド」の栄養バランスを考えてみました。

これを機に、周りに存在するいろいろな食品の栄養成分表示を眺めてみるのも、なかなか面白いかもしれませんよ。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!