そもそも、白湯ダイエットとは?

出典:interesting-content.net

「白湯」とは、「真水を沸かしただけの湯」(デジタル大辞典)とあるように、いわゆるお湯です。

ただ、今回紹介するのは、インド由来の健康法「アーユルヴェーダ」がベース。アーユルヴェーダ(インド伝統医学)では、白湯はすべての体質の人に合う健康法だと言われており、心身のバランスを整え、デトックス効果もあるそう。

ゆっくりと時間をかけて、白湯を飲むことで心も体もぽかぽかする、そんな魔法の飲み物を使ったダイエットなのです。

ポイント

白湯は、インド伝統医学で用いられていた魔法の飲み物。心身のバランスを整えたり、デトックス効果を発揮したりする。

白湯の作り方と飲み方

出典:zakkawax.com

白湯の作り方
①お水をやかんに注ぎ、火にかけます。
※アーユルヴェーダでは、火のエネルギーが人間にとって欠かせないものとされているようです。なので、電気ポットや電子レンジではなく、ガス火で沸かすことをおすすめします。
②沸騰したら、火を消さずに蓋を開けて、そのまま10分間おきます。このとき、吹きこぼれに注意してくださいね。
※沸騰を続けることで、風のエネルギーを取り込むと言われていて、お湯が胃腸の汚れを押し流すと考えられています。
③10分経ったら、火から下ろし、カップなどに注ぎます。あとは、飲み頃になるまで待つだけ。冷ますために水や氷を入れてはダメ。冷めるまで待つこと。
※水を入れるとエネルギーのバランスが崩れてしまうそう。

できた白湯は、10分〜20分ほど時間をかけて飲むのがポイント。朝食は、その後30分後に食べるのがおすすめです。

また、1日合計800mlを朝昼晩の3食に分け、食前に飲むと効果が増すとのこと。忙しくて3食も飲めない方は、朝だけでも実践すると良いでしょう。

ポイント

ゆっくりと時間をかけて、食前に飲むようにしよう!

白湯ダイエットにはこんな効果が!

白湯を飲むだけ、という簡単なダイエットですが、手順をきちんと守れば、痩せやすい体に体質改善できるのも夢じゃありません!

血液の循環が良くなり、脂肪が燃焼されやすくなる

出典:www.paragonstl.com

白湯を、ゆっくりと時間をかけて飲むことで、胃腸などの内臓機能が温められ、飲むとすぐに全身の血の巡りが良くなります。内臓温度が1℃上昇すると、基礎代謝が10〜12%ほど上がり、脂肪燃焼率の良い体、つまり痩せやすい体質になっていきます。

内臓機能が活発になり、老廃物を排出する

出典:robinsnest66.blogspot.jp

内臓機能が温められると、今度は内臓が活発に機能するようになり、消化を促進します。すると、体内の老廃物を排出する力が増すのだそう。老廃物がなくなってきれいになると、肝臓や腎臓などの機能がさらに上昇し、体内の浄化にも一役買ってくれます。

尿の量が増え、便秘やむくみも改善する

出典:www.sheknows.com

スポンサーリンク

白湯を飲むことで、血液やリンパの循環が良くなり、体内で停滞していた余分な水分を、尿として体の外に出してくれます。そうすると、尿の量が増えた分、体重も減少。便秘やむくみの改善も期待できますよ♪

白湯ダイエットのメリット・デメリット

「ただ白湯を飲むだけ」のダイエット法ではありますが、メリットやデメリットも。気をつけて飲むことで、よりしっかりと効果を感じられるのではないでしょうか。

さて、どんなメリット・デメリットがあるのか、見てみましょう!

白湯ダイエットのメリット

出典:www.offitsuku.com

食事制限がない!

白湯ダイエットは、食事制限のない、無理なくできるダイエット法です。食事制限をしてしまうと、むしろエネルギー不足になって、体が脂質や糖質を溜め込もうとしてしまうことも…。3度の食事をきちんと摂ることで、白湯ダイエットの効果が発揮されます。

体を温めて、代謝アップ

起床時に白湯をゆっくり飲むと、寝ている間に失われた水分を、少しずつ補給しながら体を温めていき、血流も良くなります。老廃物を排出するデトックス効果もあるので、代謝を促進し、ダイエットの効率も上がるようです。

便秘や肌荒れもスッキリ?

白湯は、体温よりも温かいため、飲むと消化器官が温まって活性化します。そこで、代謝が高まり、便秘や肌荒れをスッキリ改善する効果が期待できます。

デメリット

出典:mery.jp

冷まし過ぎに注意!

体を温めて老廃物を排出するのが目的であるため、白湯を冷ましすぎてしまうと、効果が激減してしまうそう。白湯が冷めないうちに、ゆっくり時間をかけて飲むのがコツです。

飲み過ぎに注意

温かい白湯を飲むのが良いと聞くとつい、1日に何度も飲みたくなってしまうかもしれません。けれども、毎食前ごと、多くても1日5杯までを目安に飲みましょう。

特に食事前は、胃液を薄めてしまい、消化能力を下げてしまうことがあります。また、白湯は、体への水分吸収率が高いので、飲み過ぎるとむくんだり、必要な栄養まで流れ出てしまったりすることもあるようです。

ポイント

白湯ダイエットは、代謝アップや便秘解消などの効果を得ることができる。冷まし過ぎないことと、飲み過ぎないことに注意しよう!

成人女性の2人に1人が冷えに悩んでいると言われる昨今ですが、そんな冷え性も改善でき、さらにダイエットにもなるという「白湯ダイエット」。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!