便秘がダイエットに及ぼす悪影響5つ

①新陳代謝の低下で、セルライトボコボコの体に

出典:www.popsugar.com

腸に不要なものが溜まると、血液に毒素(老廃物)が流れ出します。血液に老廃物が流れ出てしまうと、血流を悪くし、新陳代謝をダウンさせてしまうのです。新陳代謝が落ちてしまうと、肌のターンオーバーが上手くできなくなって、シミやソバカスの原因になったり、脂肪を上手く燃やせなくなったりしてしまいます。

また、血液に老廃物が流れ出てしまうと、脂肪と結びつき「セルライト」を作り出してしまうことも…。セルライトは一度付いてしまうと、努力しても落としづらいのが難点です。

②基礎代謝の低下で、頑張っても痩せにくい体に

出典:www.pregnancyandbaby.com

腸は、動くことでかなり大きなカロリーを消費しています。しかし、腸の中に便が多く溜まってしまうと、腸の動きが悪くなり、カロリーを消費できない体に変わってしまいます。また、ダイエットに必要な栄養の吸収率も落ちてしまうことも、痩せにくくなってしまう原因です。

③悪玉菌が増え、病気にかかりやすくなる

出典:blog.medicalcenterofmckinney.com

便秘になると、腸の中に便が長い間蓄積されることになります。腸の中に便が居座ると、腐敗発酵し有毒なガスを作り出します。このガスは、免疫機能を低下させ、病気にかかりやすい体にしてしまう可能性があります。

④栄養を過剰に欲しがる体になり、食べる量が増える

出典:www.sheknows.com

腸に便が溜まっていると、必要な栄養が吸収されにくい体になるとお話ししました。栄養が吸収しづらい体に変わってしまうと、体が栄養を取り入れようと、脳に「もっと食べなさい」と指令を出します。その結果、自分でも知らないうちに食べる量が増え、体重増加の原因に繋がります。

⑤単純に体重が増える問題も…

出典:www.telegraph.co.uk

単純に、便秘になると体重が増えてしまいます。人によって様々ですが、2〜3キロほどの便が人間には溜まっているそう!便秘をしていない人でも、そのくらい溜まっていると言われているので、便秘を解消するだけで、5キロほど体重が減る人もたくさんいます。

ポイント

便秘は体重の増加だけに留まらず、セルライトの蓄積や、病気に対する免疫の低下など、さまざまな悪影響を及ぼすのだ!

便秘の原因3つとそれぞれの対策

便秘の原因は様々です。大きな原因は、水分不足と食物繊維不足が挙げられます。それ以外にも、運動不足も便秘の原因ですし、寝不足や生活習慣の乱れで便秘に繋がってしまうという報告もあります。では、そんな便秘の改善策とはどのようなものがあるのでしょうか?一緒に考えていきましょう!

便秘の原因1:食物繊維の不足

出典:www.suehiloya.com

食物繊維と言うと、ごぼうやれんこんなどの「不溶性食物繊維」を思い浮かべると思います。そのため、ダイエットを頑張っている人は、これらの食材を積極的に取られている方も多いでしょう。

スポンサーリンク

しかし、食物繊維には2種類あり、もう1つの「水溶性食物繊維」と呼ばれる食物繊維を同時に摂らないと、排便に繋がりません。食物繊維を摂って排便を促したいのなら、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を、バランスよく摂取しなければなりません。

水溶性食物繊維で有名なのは、果物に含まれる「ペクチン」や、こんにゃくに含まれる「グルコマンナン」などが挙げられます。食材で言うと、リンゴやみかん、芋類、海藻類などに含まれます。これらの食材を食事の中に上手に取り入れて、便秘解消を目指しましょう。

便秘の原因2:運動不足

出典:blog.conqueryourdebt.org

女性が便秘になりやすいのは、男性よりも腹部の筋肉量が少ないからだと言われています。私たちは赤ちゃんの時から排便行為をしているので、気が付かないことも多いのですが、排便の時には腹筋を使って便を押し出しています。運動不足で腹筋の力が低下してしまうと、便を押し出す力も必然的に弱くなり、便秘になってしまうのですね。

また、胃腸の働きを活発にするためには、自律神経の乱れを改善する必要があります。運動は、自律神経の乱れの改善に効果があり、便秘の解消にも繋がります。

腹筋をあえて鍛えなくても、ウォーキングをするだけで、腸が自然に揺れ、排便を促してくれることも。お腹をねじったりしながら、腸に刺激を与える運動をすることを心がけてみましょう。

便秘の原因3:寝不足やストレス

出典:www.huffingtonpost.com

自律神経が乱れると、便秘になってしまうというお話しをしました。自律神経とは、人間が起きたり寝たりする時に、副交感神経と交感神経が交互に優位に立ちながら、体の機能を調整してくれる神経のことです。しかし、寝不足が続いたり、ストレスがかかりすぎたりすると、この自律神経の乱れを引き起こします。

睡眠不足を解消するには、長い時間寝ることも大事ですが、それ以上に質の良い睡眠を取ることを心がけましょう。寝る直前までパソコンやゲームなどをしない、枕を変えてみるなど、改善できる部分は改善していくことです。また、運動や自分の趣味などに時間を使いながら、ストレスを発散する努力も必要かもしれません。

ポイント

食事、運動、睡眠不足など、便秘の原因はさまざま。「便秘かな?」と感じたら、心当たりのある原因を考えてみることから始めよう!

「ゆる〜く始められる便秘改善体操」をやってみよう!

便秘改善のために、腹筋を鍛えることが大切だとわかっていても、なかなか続けられない人もいるかもしれません。そんな人のために「ゆる〜く始められる便秘改善体操」をご紹介します。

体幹ひねり体操
①姿勢を正しく保ち、真っ直ぐに立ちます。
②足を肩幅に開き、両手は腰に当てましょう。
③体が止まる位置まで、体を左右にひねります。

体幹ひねり体操に関しては、以下の動画を参考にして行ってください。

なんちゃって腕立て体操
①うつ伏せになります。
②両手は顔の横で、手のひらは床に付けましょう。
③腕立て伏せをする要領で、上半身を持ち上げます。(この時、お腹がしっかりと伸びていることを確認しましょう) r4=そのまま、10秒〜20秒キープ!3〜5セット行うのがベストです。

※上半身を起こす時に反り返りすぎると、腰を痛めてしまうので気をつけましょう。

足上げ腹筋体操
①仰向けになります。この時、両足の指を外側に向けるように意識しましょう。
②右足を10度ほど持ち上げます。股関節や腹筋に力が入っていることを確認しながら行うと良いでしょう。
③そのまま、10秒〜20秒キープ!。同じ運動を、反対の足も行います。3〜5セット行うのがベストです。

なんちゃって腕立て体操と足上げ腹筋体操に関しては、以下の動画を参考にして行ってください。

いかがでしたか?今回は、ダイエットの大敵である便秘の原因と、その解決策についてお話ししました。

ダイエットを成功させたいのなら、便秘は必ず改善しましょう。便秘のままダイエットを続けると、せっかくのダイエット効果が台無しになってしまう可能性があります。ベストな状態でダイエットを進めていくためにも、食生活や生活習慣の乱れを改善し、便秘しにくい体を作ることが大切です。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!