水泳に関する質問①:1週間に1度しかプールに通えません。効果は出ますか?

週1回の水泳では、ダイエット効果という面で期待をすることは、残念ながらできません。

水泳でのダイエットは、体重が重い人でも、腰や膝に負担をかけずに行うことができ、誰にでも簡単に始めることができるというメリットがあります。しかし、週に1度の水泳を行う程度では、筋肉の定着まで辿りつきません。

出典:www.taleonimperialhotel.com

プールに行く時間が週に1回しかないのなら、他の日はウォーキングやジョギングなどをしてカロリーを消費し、プールはダイエットのストレスを解消しに行く「リフレッシュデー」と考えた方上手くいくでしょう。水泳でダイエットをするのであれば、少なくとも週に3回、期間は6ヶ月を目安に行いましょう。

水泳に関する質問②:どのくらい泳げば効果が出るのですか?

もちろん、長く泳げばそれだけカロリーも消費され、ダイエット効果が上がります。しかし、水泳をすること自体に慣れていない人が、気合を入れて最初から何時間も泳いでいると、次の日に筋肉痛が酷くて起き上がれないこともあるようです。

出典:commons.wikimedia.org

体が痛くなると、運動を続ける気持ちが折れてしまいますので、最初のうちは、プールを30分ほど歩く程度でも十分なカロリー消費ができます。

慣れてきたら、それを60分に増やし、泳ぐことも取り入れてみましょう。息が切れるほどの運動は、ダイエットには強度が強すぎです。自分が楽だなと思う程度の動きでも、かなりのカロリーを消費することができますよ♪

水泳に関する質問③:ダイエットに適した水着はあるの?

水泳を取り入れたダイエットは、泳ぐことに意味がありますので、泳ぐのに支障をきたさなければ、どんな水着でも大丈夫ですよ♪

出典:www.enjoybedding.com

スポンサーリンク

でも、海に行く時に着ていくようなおしゃれ水着は、ヒラヒラしているものも多く、運動をする時に邪魔になってしまいますよね。水泳でのダイエットをしていくのであれば、フィットネスジムで売っているような専用の水着を買うことをおすすめします。伸縮性があり、動きやすいものが好ましいですね。

水泳に関する質問④:ダイエットに適した水泳のメニューはありますか?

プールに通うのが少し慣れてきた方は、500メートルを泳ぐことを目標に頑張ってみましょう。

出典:londonmumsmagazine.com

ダイエットにおすすめの水泳のメニュー
①ウォーミングアップとして、クロールでゆっくりと、50メートルを2回泳ぎます。
(ゆっくりで構いません。続けて泳ぐのが辛い方は、ラップの間に休みを入れてもOKです。)
②25メートルを4回泳ぎます。
(筋肉の付き方に差が出るのを防ぐため、左右の腕の回した回数を数えておきましょう。)
③50メートルを2回泳ぎます。
(50メートル泳いだら30秒休憩し、再び50メートル泳ぎます。)
④25メートルを4回泳ぎます。
(先ほどと同じように、左右の腕の回した回数に気をつけながら泳ぎましょう。)
⑤ウォームダウンとして、最初と同じようにゆっくりと、50メートルを2回泳ぎます。

この動作を1回行うと、500メートル泳ぎ切ることができます。

水泳に関する質問⑤:水泳をしても痩せない!なんで?

水泳を始めても、体重が思うように痩せない方がいます。水泳は、カロリー消費が大きい運動として知られていますが、体重50キロの女性が30分ゆっくりとした動きでクロールを行った時の消費カロリーは、200キロカロリー前後と言われています。

出典:en.wikipedia.org

食べ物で例えたら、ドーナツ1つ分いくかいかないかぐらいのカロリー消費です。あれ?意外に少ないなと思われた方も多いかもしれませんね。水泳をしても痩せないと言う方は、消費カロリーよりもたくさんの食事を食べてしまっているというパターンが多いです。

水泳は、泳いだことによるカロリー消費も大きいですが、筋肉を付け基礎代謝を上げることで、徐々に太らない体に作り変えていくことも目的です。すぐには効果は出ませんが、6ヶ月後の体の変化を楽しみに続けていきましょう。

いかがでしたか?今回は、ダイエットに水泳を取り入れる時に、ふとよぎる素朴な疑問についてお答えしました。運動によるダイエット全般に言えることなのですが、水泳は短期間での減量には向きません。リバウンドせずに、ずっと太らない体を手に入れるためのダイエットなのですね!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!