Medium e0d5b4dc4d9a3b8a

ダイエットピルを服用する際に絶対に知っておきたいことまとめ

「食べたいけど痩せたい」。そんな思いの間で葛藤している人は少なくないはず。楽に痩せることができればいいのに...ダイエッターであれば1度はそんな風に思いますよね。そんなときにふと考えてしまう「ダイエットピル」。ダイエットピルがどんなものなのか、効果や注意点などを見てみましょう!

カテゴリー:ダイエット商品  作成者:デブ卒公式  投稿日:2017/03/16

5.5秒に1個売れている大人気サプリ「大人のカロリミット」が通販限定の特別価格!
たった1,000円で14日分お試し

ファンケルの大人のカロリミット(

ダイエットピルとは?

そもそもダイエットピルとは?ダイエットサプリと何が違うのでしょうか?

簡単に言うと、サプリは誰でも購入することが可能な商品で、日本では健康食品に位置付けられています。一方、痩せるための薬で、かつ医師から処方される医薬品にあたるのがダイエットピルなのです。

購入方法

D95899a790365e36

肥満外来のある病院や一部の内科、美容クリニックなどで処方してもらえますが、病院での処方は基本的には肥満であることが条件となります。

FDA認可

FDAとは、アメリカの政府機関の1つであるアメリカ食品薬品局のことで、日本でいう厚生労働省にあたります。アメリカ国内ではFDAで認可されているということは、安全性と有効性が保障されているということ。

しかしFDAで認可されているダイエットピルであっても、日本では未認可なケースが多いようです。

個人輸入は危険がいっぱい

インターネットを使って個人輸入でダイエットピルを購入する人もいるようですが、安全面を考えるとお勧めできません。厚生労働省のHPでも薬の個人輸入による以下の危険性を挙げています。

不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。
虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。
正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。
(中略)
一般の方が自己判断で使用して副作用や不具合などが起きると、適切な対処が困難なおそれがあります。
以上より、医薬品等の個人輸入については、通常、メリットよりも危険性(リスク)のほうが大きい場合が多いと考えられます。
そうした外国製品によって不利益を被るのは、それを購入・使用するあなた自身や、あなたの家族であることに留意して下さい。

出典:www.mhlw.go.jp

個人輸入を代行しているショップもありますが、そのショップが信頼できるかどうかをHPなどから判断するのは正直困難。個人輸入は避け、医師から処方されたダイエットピルを服用するのが安心です。

特徴

ダイエットピルは、大きく分けて食欲抑制剤と脂肪吸収阻害剤の2種類に分けることができます。

ダイエットピルの種類
食欲抑制剤 お腹がいっぱいになったように感じさせて、食べる量を抑える狙い
脂肪吸収阻害剤 胃の酵素リパーゼの働きを抑制し、脂肪を腸で吸収させずに排出させる

価格

薬によって違いますが、BMIが一定の基準以上であれば保険適用されるケースもあります。日本で唯一認可されているサノレックスの保険適用条件は「BMI値が35以上」となっています。

この条件に満たない場合は保険適用外。これ以外のダイエットピルの処方や美容クリニックでも適用外となっています。

肥満治療のための「薬」なので、服用することでその効果を得ることはできるでしょう。とは言え、肥満症や太り過ぎによる糖尿病・心臓病で悩んでいる人に処方される薬だということを忘れずに。

ダイエットピルに頼るのではなく、まずは自分の力で食事や運動によるダイエットが一番だと言えます。

ポイント

ダイエットピルは医薬品。病院や美容クリニックなどで処方してもらったり、個人輸入で入手したりなどする必要があり、手軽に購入できるサプリとは大きく違うものなのだ。

商品別!ダイエットピルの効果と口コミまとめ

代表的な2つのダイエットピルを例に、効果と副作用、口コミをまとめてみました。

①ゼニカル

FDA認可されており、世界で100万人以上の肥満治療に使われているメジャーな医薬品、ゼニカル。日本では未認可ですので、病院での処方は自由診療(保険適用外)となります。

効果

F2fd4347c3235893

脂肪吸収阻害タイプのダイエットピル。食事による脂肪分の30%をカットして便と一緒に排出してくれるので、ハードな食事制限をすることなく減量が可能とされています。

また、脂肪の吸収を抑制してくれるので、高血圧や高脂血症、糖尿病などの改善にも効果があるとの報告もあります。

※食事による脂肪の吸収抑制効果はありますが、すでについてしまっている脂肪を燃焼、排出する効果はありません。

※ベータカロチンやビタミンEなどの吸収も阻害してしまうので、多めの摂取を心掛けないとこれらの栄養素が不足する恐れが指摘されています。

スポンサーリンク

副作用

  • トイレ(便)の回数が増える。
  • 軟便になる。
  • おならが増える。

などが主な副作用。そしてこれがとても厄介…具体的には口コミを見てみましょう。

口コミ

飲み始めて効果がなかったが、3日目 お腹がグルグル鳴って調子が悪くトイレに行くと油が出た〜(*_*;凄い しかもトイレを我慢したらオナラが(我慢できない)...トイレに行くと パンツが油だらけ(T_T)/~~~ オリモノシートをしていたが そんなものでは間に合わない(@_@。
以前油分を固めて排泄させるってサプリを飲んだが、
まったく効果なかったけど、
ゼニカルはすごい目に見えて油分を排出させます。
ただ、ナプキン装着と、まめに交換が必要。
しかもかなり臭う!
油がおならと一緒にもれたりするが、(我慢はできない)
会議中とかにもれたら、相当臭うとおもう
飲みはじめて4ヶ月…12キロ痩せました!!
食事制限一切なし、毎日軽い散歩のみです。
油っこい物、かなり食べてます( ´,_ゝ`)
でもちゃんと痩せてくれます♪
夕飯、ピザでも次の日200グラム落ちてましたから…。
ただ、皆さん、おっしゃるとうり、おならをしたら危険ですね。下着を汚します…私も何回も失敗しています(´;ω;`)
ナプキン必須だと思います。

口コミを見てみると脂肪排出効果はすごそうですが、日常生活に支障をきたしてしまうほどの副作用があるようです。いずれにしろ医師への相談が必須です。

②サノレックス

日本で唯一認可されているダイエットピル。一定以上の肥満(BMI35以上)であれば保険適用されます。病院やクリニックでのみ処方されます。

効果

Bd08cc8d13c12b58

食欲抑制タイプのダイエットピルです。マジンドールという主成分が脳に働きかけ、食欲を抑制してくれます。食事量が減って、なお空腹を感じず食べたい欲求を抑えてくれる効果が期待できるというわけです。

さらに、基礎代謝も上げる効果があるので、併せて運動も取り入れると効果的。

※飲酒による食欲は制限できません。

※長期使用は耐性ができてしまうので、最大でも3か月までとします。

副作用

  • のどの渇き
  • 吐き気
  • 便秘
  • 不眠など。

食事の量が減るので、エネルギー不足による諸症状が出る場合もあります。

口コミ

飲み始めて1週間です。昼食1時間前と夕食1時間前に1錠ずつ飲んでます。3キロ落ちました。食べようと思えば食べれますが、「お腹すいたぁーー」とは思わないですね。副作用は個人差があるみたいですが、私の場合は不眠ですね。あといつもより汗かきますね。

出典:www.diet-cafe.jp

お腹はすきませんが、「食べたい」気持ちを抑えるほうが難しいと思います。私の場合、食べた時の満腹感も感じないので気を付けています。

出典:www.diet-cafe.jp

夜に仕事場で飲むと家に着く頃には身体もぽかぽかして空腹感もさほど無く、無理無く食事制限できました!
ですが、サノレックスはほんとにやる気次第だと思います!!!!飲んでも完全に空腹感がなくなるものではないので、食べようと思えば全然カツ丼ぐらい食べれると思いますし(笑)

出典:www.diet-cafe.jp

効果を感じる一方で、完全に薬に頼らずに自分の気の持ちようだという意見が多く見受けられます。ただし、実費となるとかなりの負担になる上副作用の危険性もあります。まずは専門家に相談してください。

ポイント

ダイエットピルに副作用は付きもの。専門家と相談した上で、正しく服用してください。

ダイエットピルを使う時の注意点

サプリとは違い、ダイエットピルでは確実なダイエット効果を出せる薬です。多少お金をかけても確実に、楽に痩せたいから試してみようかな、と安易に考えている人もいるかもしれません。

085f84d190e88bd8

しかしピルに頼る前にまずはその効果と副作用、潜む危険性をしっかりと把握してください。個人輸入で簡単に手に入るものもありますが、先に述べた通り正規品ではないものを販売している業者も少なくありません。

そして、どんなに安全だと言われていても、薬である以上、使用法を誤れば人体に悪影響を及ぼし、取り返しのつかないことになる可能性はゼロではないということを忘れないでくださいね。やめるのが怖くて薬に依存してしまうことだって十分にありえます。

それでも早急に痩せる必要がある肥満治療には、とても有効な方法であるのも確か。医師との連携であれば比較的安全に痩せることができるでしょう。使用する際は医師の処方のもと、用法用量を必ず守ってくださいね。

とは言え、まずは自分の力でダイエットにトライしましょう!薬に頼らず健康的に痩せることができれば、自分の中の自信にもつながりますよ。

人気記事