Medium 7058dc2e1877150a

キムチダイエットまとめ!効果をアップさせる秘訣とレシピを紹介

キムチはダイエットに大きな効果を発揮する食材だって知っていましたか?芸能人の深田恭子さんが、キムチダイエットで10キロの大幅減量に成功したことでも注目を浴びていますよね!キムチには、どのようなダイエットパワーが秘められているのでしょうか?今回は、キムチを取り入れたダイエットについて紹介していきます★

カテゴリー:食べ物  作成者:デブ卒公式  投稿日:2017/02/13

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

キムチのダイエットパワー3つ

キムチはダイエットパワーをたくさん秘めている食材です。どのようなダイエット効果があるのか、早速見ていくことにしましょう。

57eae4df2a663dfd

①唐辛子のカプサイシンで脂肪をすばやく燃焼!

キムチは赤い色をしていますよね!あれは、唐辛子の色なんです。

唐辛子には、「カプサイシン」という辛味成分が入っているのですが、この辛味成分は脳の神経を刺激し、褐色脂肪細胞の働きを良くすることが分かっているんです!

褐色脂肪細胞が活発になると、全身の脂肪が褐色脂肪細胞内に豊富にあるミトコンドリア内で燃やされ、熱を生み出し、カロリーが消費されていきます。消費カロリーが増えれば、自然と痩せやすい体質に近づいていくはずですよ。

②血糖値の上昇を抑えて脂肪を溜め込まない体に!

キムチには血糖値の上昇を抑え、脂肪を体に溜め込みにくい体にしてくれる特徴があります。

カロリーが高く、血糖値の上がりやすい白米と合せて食べることは、太らない体を作る点でとても理にかなっているのですね!

③遺伝太りにも効く!キムチのカプサイシン効果

肥満になりやすい遺伝子というものが存在していることが分かっています。家族全員太っているなんていう、肥満家系に生まれた人は、なかなか痩せることができないと、これまでは言われてきました。

でも!キムチに含まれるカプサイシンは、そんな遺伝太りにも効果を発揮すると言われています。

ポイント

カプサイシンパワーで代謝をアップ!さらに、血糖値の上昇を抑える効果もあるので、白米と一緒に食べるのはとても合理的なのだ!

深田恭子さんが10キロ痩せた「納豆キムチダイエット」

せっかくキムチダイエットを始めるなら、大幅減量をめざしたいですよね!深田恭子さんがキムチを使って大幅減量を成功させた裏には、実は食べ合わせた食材があります!それは納豆なんです。

キムチだけを単体で食べるよりも、納豆と食べ合わせることで、ダイエット効果が倍増するのだそう。その利点を少しだけご紹介!

51c547bc43dd2923

腸内の正常化を合わせて行うことができる

納豆には、ダイエットに必要なビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり!栄養の偏りはダイエットの進みを遅くしてしまいます。

カプサイシンパワーとともに、納豆に含まれるダイエットに必要な栄養を取り入れることで、無駄の無いダイエットができるのですね。

同時に食べて血液サラサラ

キムチに含まれるニンニクと、納豆に含まれる「納豆キナーゼ」のダブルの効果で、血液をサラサラにしてくれる効果がアップします。

血液がサラサラになると、老廃物を溜めにくい体に変わり、むくみにくい体を作ることができるのです。

ダイエット中の抜け毛に効果がある

栄養が偏りやすいダイエット中は、抜け毛が増えることがあります。無理なダイエットをし、頭頂部の髪の毛が抜け落ちてしまう女性も多いのだとか。

キムチのカプサイシンで血行を良くし、納豆のたんぱく質やイソブラボンで栄養を保つ。この2つのパワーで抜け毛を防ぐことができると言われています。

ポイント

納豆と一緒に食べることで、ダイエット中に不足しがちな栄養を補うことができる上に、血液をサラサラにし、むくみを解消する効果もアップ!

納豆キムチダイエットの正しい行い方は?

食べ方

食べる量は、納豆1パックにキムチを適量。キムチは塩分が強いので、取りすぎはむくみの原因に繋がります。30〜50グラム程度を目安に食べましょう。

食べるタイミング

食べるタイミングは、食前がベスト!ゆっくりと噛みながら食べることで、満腹感も得られます。1日3回を目安に食べましょう。

効果の高い食べ方

納豆とキムチを混ぜ合わせ、常温で1日置きます。納豆とキムチの酵素が混ざり合い、ダイエット有効成分を作り出すと言われています。

ダイエットに向いているキムチとは?

キムチダイエットを始めるなら、効果がより高く出るキムチを選びたいですよね!キムチでダイエットをする時の選ぶポイントをご紹介します。

キムチの材料にオキアミが使われているものを選ぶ

小さな海老の仲間、「オキアミ」がキムチの材料として使われているものを選ぶと、より脂肪燃焼効果をアップさせる事ができるのだそう。

でも、カニや海老など、甲殻類でアレルギーが出る人は注意が必要。同じ赤い色をしており、なかなか見分けが難しいので、必ず原材料を見たほうが良いですね!

スポンサーリンク

タラのキムチは、冷え解消にも

A24160533e82c6c6

出典:www.amazon.co.jp

タラは食材の中でも低カロリーであり、体を温める効果も期待できます。また、血液をサラサラにする効果も認められており、溜まった老廃物を押し流し、むくみ解消にも役立ちます。

キムチを取り入れたレシピ5選

納豆に混ぜて食べる納豆キムチも良いですが、普段の食事にキムチを取り入れることで、カプサイシン効果をたくさん得ることができますね。ダイエット中の食事にキムチを取り入れ、美味しく食べれるレシピを5つ紹介します!

①キムチチーズキャベツ

338bf6e5dbf9780c

出典:cookpad.com

材料
のり 大3枚
キャベツ 数枚を千切りに
キムチ 適量
チーズ キムチ全体にかかるくらい

キャベツとキムチとチーズを1つの袋に入れ、レンジ(500W)で1分加熱します。後は、お好みの大きさに切ったのりに巻いて食べるだけ。

②アボガドキムチ

3c2cf9a2788783d9

出典:cookpad.com

材料
たまご 1個
納豆 1パック
アボカド 1個
キムチ お好みで

材料を適当な大きさに切り、混ぜ合わせます。

③豆腐とキムチの燃焼スープ

材料
豆腐 半丁
キムチ 適量

豆腐とキムチを耐熱容器に入れ、レンジ(600W)で2分加熱します。ワット数によっては温まらないことがありますので、お好みの熱さに調節してくださいね!

④キムチ×もやし×白滝のソーメン風

12fd14019f8c3cdd

出典:cookpad.com

材料(2人分)
白滝 1袋
もやし 1袋
キムチ お好みで
○酢 大さじ3
○砂糖 大さじ1
○しょうゆ 大さじ2
○ゴマ油 大さじ2
○はちみつ 大さじ1
○からし 小さじ1
○塩 小さじ1

○の調味料類をすべて混ぜ合わせ、白滝ともやしをサッと茹でます。茹でたら白滝ともやしの水気をよくきり、器の上に盛ったらキムチを添えて、○のタレをかけたら完成です!

⑤スンドゥブ風キムチスープ

676a77dfbfc2247b

出典:cookpad.com

材料(2人分)
キャベツ 1/4玉
絹ごし豆腐 1丁
キムチ お好みで
ウェイパー 大さじ1.5
1個
納豆 お好みで

鍋に水を入れ沸騰させたら、ウェイパーを溶かし入れ火を止めます。ざく切りにしたキャベツを鍋に入れ火を通したら、キムチを投入してグツグツするまで煮込んでください。キャベツとキムチが煮えたら豆腐を入れ、一煮立ちさせた後に溶き卵を回し入れ、蓋をして蒸らしたら完成!お好みで納豆を添えてください。

おかずとして取り入れられるレシピから、食事のメインにぴったりなレシピまでさまざま!キムチは応用の効く食材なのでいろんな楽しみ方ができますね。スープにすれば体も温まって代謝アップが期待できるのでおすすめ!お好みの方法で、キムチを取り入れてみてくださいね。

キムチダイエットの口コミを見てみよう!

81ad27f99e09186e
友達がキムチダイエットに挑戦しダイエットに成功した話を聞いて、キムチダイエットを行ないました。キムチに納豆を混ぜご飯に掛け毎日1食だけ摂っていきましたが、これだけでも空腹感なく続けやすかったです。これを1ヶ月間ぐらい続けて、56㎏から54㎏になり-2㎏も痩せられました。
産後になかなか戻らないお腹のお肉と増えた体重…キムチの乳酸菌がいい!と聞き、辛いもの好きなのもあって夕食時に毎日キムチを摂るようにしました。乳酸菌の効果なのか、妊娠中からの悩みの種だった便秘が解消され、約3か月で-4キロの減量を叶えることができました!カプサイシン効果で冷え性も改善し夜の寝つきがよくなったのでお肌の調子も良くなりました。現在も継続していますがリバウンドはなく、ほぼ産前と変わらない引き締まったお腹に戻すことができて大満足です!
毎晩の食事にキムチを取り入れるダイエットに挑戦しました。そのままでも良いのですが、わたしがオススメするのはキムチと納豆を混ぜて冷奴の上にかけたものです。ボリュームもあり、これだけで充分お腹が膨れます。1ヶ月続けて3kg減量したので、嬉しかったです。
普段運動をする機会が少なくなり、それゆえ汗をかく機会も少なくなる冬に太るときが私の多く、キムチ鍋ダイエットを始めました。唐辛子や一味などを入れて辛さを増してアツアツの鍋で食べると汗をドッとかくことができて、週一のペースで食べていたのですが、結果として約1ヶ月で2kgの減量に成功し、新陳代謝もあげることができました。
40代に入って基礎代謝が落ちていること、免疫力が低下していることなどを改善しようと思って取り組んだのがキムチダイエットです。キムチの酵素パワーで腸内環境を整えて代謝をあげることによってダイエットにつながります。一日どこかの食事でキムチを摂取します。並行してウォーキングなどをすること3ヶ月、体重が2キロ落ちました。その他の効果として体のむくみが減ったのも嬉しかったです。

驚いたのは、口コミに失敗したという書き込みがほとんど無いこと!これには本当にビックリです。混ぜ合わせて食べるだけの簡単なダイエットなのに、効果が絶大なんて、とても魅力的ですね!

注意ポイントは、キムチは食べたら食べただけ痩せるものではないこと。あくまで適量を心がけ、カロリーを同時にセーブしていくことが大切です。

キムチの単品ダイエットは失敗のもと!?

上記の口コミのように、キムチや納豆キムチ以外の食事をほとんど抜いた単品ダイエットで、短期間の減量に成功している人は多いです。しかし、長期的な効果を求めるのであれば、単品ダイエットで無理な短期勝負をかけないほうが良いと言えます。

健康的なダイエットは、ただ体重を減少させるだけではなく「今後脂肪がつきにくい体質にする」ことであると考えます。というのも、単品ダイエットを続けても1日に必要なビタミンやミネラル、栄養素が摂れるわけではありません。一時的に体重が減少したとしても、体が飢餓状態を感じ余計にエネルギーを蓄えようとしてしまいます。

すると、反動で体重は元に戻るどころか、ダイエット前よりも体重が増えてしまう危険性があります。俗に言うリバウンドというものですね。

キムチダイエットは、普段の食事に上手に取り入れるだけではなく、バランスのとれた食生活や適度な運動を取り入れてこそ長期的な効果を発揮します。何事もバランスが大事なのです。

人気記事