レモンといえば「ビタミンC」

レモンを始めとする柑橘類は、総じてビタミンCが豊富です。ビタミンCの体内での働きは、美肌効果、免疫力を高める、抗酸化作用、鉄の吸収を促進する、などがあります。

美肌効果

出典:commons.wikimedia.org

コラーゲンがお肌にハリを与えてくれることは有名ですね。そのコラーゲンの生成に欠かせないのがビタミンC。コラーゲンを含む牛すじやエビなどを食事の際に取り入れて、レモンのビタミンCを一緒に取ると有効的に活用できます。

免疫力を高める

ビタミンCは免疫機能を高める白血球の働きを活発にする役割もあります。そして、実はコラーゲンには外から入ってきたウイルスや細菌と戦う力もあるのです。そのコラーゲンを作るのに使われるのがビタミンCですから、キレイになれて風邪などの予防にもなる大事な栄養というわけです!

抗酸化作用

出典:hairextensions-usa.com

人は酸素を取り入れながら生きています。体の中で酸素は「活性酸素」をつくり、この活性酸素が細胞を攻撃して体を錆びつかせています。ビタミンCは活性酸素の攻撃を真っ先に受けとめてくれるので、細胞を攻撃されずに済むのです。これがシミやシワを予防する抗酸化作用と呼ばれる働きです。

鉄の吸収を促進

鉄を多く含む食品といえば、ひじきやほうれん草を思い浮かべますよね。でも、この食品に含まれる鉄分は吸収されにくいタイプなのです。それを吸収しやすいタイプの鉄分に変える力を持つのがビタミンCです。ダイエットでは鉄分もビタミンCも不足しがちです。両方を取り入れて効率良く健康を維持しましょう。

ポイント

ダイエット中に不足しがちなビタミンCは、コラーゲンの生成を促進し、美肌効果を与えたり、免疫力を高める力を発揮したりする。アンチエイジングにも効果的!

酸っぱい源「クエン酸」の秘密

レモンに含まれるクエン酸は、家のお掃除にまで役立っていますが、もちろん体の中だってキレイにしてくれるものなのです。筋肉痛の原因になる乳酸を分解、生成を抑える働き、血液をサラサラにする効果、活性酸素の除去などの仕事を担っています。

出典:bondibeauty.com.au

活性酸素については先ほど紹介した通りです。細胞を酸化させて老化の原因のひとつとなる物質ですが、クエン酸はこれを取り除いてくれるので、アンチエイジング効果が得られます。

乳酸が溜まると疲労感が現れます。これを和らげてくれるのもクエン酸。乳酸を分解して排出を促し、また生成を抑制するので、疲れにくくなります。

また、血液がドロドロという状態は、血液が酸性に傾いているということなので、これをサラサラの弱アルカリ性に変える力がクエン酸にはあります。サラサラ血液で血流がスムーズになると新陳代謝が上がります。

出典:intimacywithjesus.wordpress.com

ただし、このクエン酸が直接ダイエットに結びつくわけではないので、あくまで疲労回復や美容のサポートをしてくれる存在として心に留めておきましょう。レモンを丸かじりしたからといって痩せられるというわけではありませんので注意。

運動をした後に疲れてもうやる気が起きない、ダイエットの食事制限でお肌の調子が悪くなった、となるとダイエットなんて続けられませんね。レモンを上手に生活に取り入れてストレスのないダイエットをしていきましょう♪

ポイント

レモンに含まれるクエン酸からは、アンチエンジング効果や、疲労回復効果などを得ることができ、ダイエットのサポート役として活躍することが期待できる。ただし、直接ダイエットに結びつく効果は得られないので注意!

スポンサーリンク

食物繊維「ペクチン」の役割

レモンに含まれるペクチンとは、ジャムを作る時にゼリー状になる元である食物繊維のことを言います。腸に入ると善玉菌を増やしてくれたり、ぜん動運動を活発にしてくれたりし、便秘を解消・予防する作用があります。

出典:kanasoku.info

また、糖質やコレステロールの吸収を抑える働きもあり、油っぽい食事の前にはぜひ摂りたいものです。これが唐揚げにレモンをかける理由のひとつなのですね。

さらに、食物繊維を食事の前に摂ると満腹感が得られ、余計な食欲を起こさせません。ちょっと小腹が空いてきた頃にレモンティーなどを飲むと、お菓子を食べたくなる衝動が抑えられそうです。

ポイント

レモンに含まれるペクチンとは、食物繊維のこと。便秘を解消してくれるだけでなく、糖質やコレステロールの吸収を抑える働きもある。

レモンのダイエット活用法

これらの栄養を知った上で、いかにしてダイエットに役立てれば良いのか、その方法をまとめてみましょう!

朝一番のホットレモン

出典:www.x-tremepilates.com

マグカップ1杯のお湯にレモン半分を絞るだけです。これを朝一番に飲むことで、1日を通して食欲が爆発することなく、腸の運動も促すので便秘知らずになります。

また、温かいものをお腹に入れることで内臓も起き、代謝が活発になる効果も期待できます。

揚げ物や焼き魚にかけて

出典:blogs.yahoo.co.jp

これは先ほどもお話しました。揚げ物の油は空気に触れて酸化していきます。酸化した油は代謝を悪くしてしまうので、レモンはそれを防ぎます。焼き魚の脂にもレモンが効果を発揮してくれますよ♪

また、ダイエット中にどうしても揚げ物が食べたくなったら、一緒にレモンを摂ることでコレステロールを排出することができます。

にんじんなど、油と相性の良い食品もありますから、揚げ物はダメ!とは言いません。食材や食べ合わせで工夫しましょう。

手作りレモンドレッシング

出典:cookpad.com

材料
レモン汁大さじ2
お酢大さじ1
みりん大さじ1
オリーブオイル大さじ1
鶏ガラ顆粒小さじ1
ブラックペッパーお好みで少々
塩コショウお好みで少々

作り方は、材料をただ混ぜるだけという簡単なもの。食事は野菜を最初に食べるとドカ食いが抑えられますが、レモンのドレッシングをかけると、その効果がさらに向上しますね。

女性の欲求は体重を減らしたい!という1点だけではないはずですよね。お肌も髪もキレイでいたいし、健康でいたいのはもちろんのこと。レモンはそのお手伝いをしてくれます。役に立つ知識を手に入れ、健康的なスリムボディを目指していきましょう!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!