カゴメの野菜ジュースに関する実験結果

「野菜生活」や「野菜一日これ一本」などの野菜ジュースを製造・販売しているカゴメが、ある実験結果を発表しました。

  • 食事の30分前に野菜ジュースを飲むと、血糖値の上昇を抑えることができる
  • 食事中に野菜ジュースを飲んだ場合、血糖値を速やかに下げることができる

というものです。

出典:www.kagome.co.jp

実験は、白米のみを食べた場合、野菜ジュースと白米を同時に食べた場合、白米を食べる15分前・30分前・60分前に野菜ジュースを飲んだ場合、それぞれの血糖値の変化を計測する内容でした。

食前、食事中に野菜ジュースを飲むことが、血糖値の上昇を抑えてくれるという結果になったわけですね!

血糖値とダイエットの関係

では、血糖値の上昇を抑えることが、ダイエットにどうつながるのでしょうか?

血糖値とは、血液中の糖の量を表す数値です。お腹の中がからっぽな朝は血糖値が低い状態で、何かを食べることによって上がったり、時間がたつと下がったりと、毎日変動しています。

食事によって糖が取りこまれる

血糖値が上昇し、インスリンというホルモンが働く

糖をエネルギーとして消費し、血糖値が下がる

けど、血糖値が上昇しすぎて、糖が余っていたら…

インスリンが糖を脂肪に変える!

つまり、食事による血糖値の上昇を抑えることができれば、糖が脂肪に変わる量を抑えることができる、つまり太りにくい、ということになります。

出典:www.beveragemachinery.net

実験の通り、食前に野菜ジュースを飲むと血糖値が上がりにくく、食事中なら速やかに下げてくれるということなら、ダイエットのためには飲んだ方が良いですよね!

ポイント

食前に野菜ジュースを飲むと、血糖値の上昇を抑えることができ、脂肪の合成を防ぐことにつながる。

野菜ジュースの食物繊維がスゴイ!

野菜ジュースには、食物繊維が含まれていますよね!この食物繊維が、血糖値の急上昇を抑えるパワーを発揮するのです。

食物繊維には2種類あります。

水溶性食物繊維(水に溶ける)

水を含むとネバネバになって炭水化物を包むので、糖が血中に吸収されるのを遅らせる。
→血糖値の上昇を抑える。

不溶性食物繊維(水に溶けない)

水を含むとふくらんで便のかさを増し、腸を刺激するので便秘解消にも効果的。

出典:suzuhiro-diet.com

市販の野菜ジュースは野菜をぎゅぎゅーっと絞って、飲みやすいようにカスを取り除いています。この取り除かれたカスが「不溶性」食物繊維。つまり、市販の野菜ジュースには「水溶性」食物繊維しか含まれていないことになります。

血糖値を下げるだけが目的なら、市販の野菜ジュースでもOKですが、便秘も解消したい!ということであれば、手作り野菜ジュースがおすすめですね♪

手作り野菜ジュースはイイことたくさん!

食物繊維が摂れることと、便秘が解消できること以外にも、手作り野菜ジュースにはメリットがあるのです。市販の野菜ジュースは製造過程で熱を加えていますが、この加熱によって失われる栄養があるのです。それは、

  • 酵素
  • ビタミンC

これらは一般的に、市販の野菜ジュースではあまり摂ることができません。この失われた栄養もごっそり摂っちゃいたいなあ、と思うのであれば、生野菜を使って手作りするのがおすすめです!

スポンサーリンク

酵素で代謝アップ

酵素は人の活動のあらゆることに関わっていて、体には欠かせないものです。あらかじめ体の中に存在するものもありますが、不規則な生活やストレスなどで失われてしまうので、食事で補う必要があります。

出典:read.plash.in

酵素がもたらすイイことは、

代謝が上がる=太りにくい体になる

ということです。だからと言って「たくさん食べても太らない」ということではありませんよ。今までの食事より量を減らす、質を見直すことも大事です。

ビタミンCを逃さず摂取

ビタミンCの効果
抗酸化作用によるアンチエイジング
鉄分不足による肥満予防
ストレスを抑える
脂質をエネルギーに変えるカルニチンの働きを助ける

これらの効果があるビタミンCは、健康のためにはもちろん、ダイエットにも見逃すことのできない栄養です。できれば余さず摂りたいですよね。

出典:photo-room.net

ビタミンCを多く含む野菜には、以下のものがあります。

  • 赤パプリカ
  • パセリ
  • ブロッコリー
  • 菜の花

などなど。どうせ手作りするのなら、市販の野菜ジュースにはなかなか含まれないビタミンCが多く摂れるように、食材を選んではいかがでしょうか?

ポイント

手作り野菜ジュースは、便秘解消に役立つ不溶性食物繊維だけでなく、酵素やビタミンCなど、ダイエットには欠かせない栄養もしっかり摂ることができる!

ビタミンCたっぷり!手作り野菜ジュースレシピ2選

野菜ジュースで酵素をきちんと摂るためには、高速のジューサーでは摩擦熱が起きて酵素が壊れてしまうそうです。低速回転のスロージューサーで作るのがポイントです。

①真っ赤なパプリカジュース

出典:www.lettuceclub.net

材料
赤パプリカ50g
いちご50g
レモン生果汁50ml
50ml
作り方
①赤パプリカを洗って切り、いちごのヘタをとります。
②レモンは半分に切って果汁を絞ります。
③材料をジューサーにかければできあがり。

赤パプリカは緑色のピーマンと違って苦味が少ないので、ジュースにしても美味しそうですね。赤パプリカのビタミンCは野菜の中でもずば抜けて多いんです。ぜひ試してみてください!

ピーマンジュース|野菜ジュース情報【作り方レシピ、栄養成分、効能・効果】

詳しいレシピはこちら!

②パセリの爽やかグリーンジュース

出典:cookpad.com

材料
パセリ20g(茎は除いて)
バナナ1本
レモン1/2個
200cc
作り方
①パセリは茎を使わないので、葉先をちぎります。
②レモンは絞って種を除いておきます。
③バナナもちぎって、材料をすべてミキサーにかければできあがり。

パセリって苦いんじゃない?と思ってしまいますが、さっぱりしてて美味しい!という声が見られます。ビタミンCを摂りたい方にはおすすめの組み合わせですよ。

美味しいパセリジュース。 by ラビー|クックパッド

詳しいレシピはこちら!

「市販の野菜ジュースには糖分がいっぱい」と言われていますが、飲み過ぎなければ大丈夫ですし、むしろ食事の前には飲むべき!ということが分かりましたね。市販でも、手作りでも、自分のライフスタイルに合わせて「食前野菜ジュース習慣」を身に付けてみてくださいね♪

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!