Medium 2d29ca52645fcbf0

バターコーヒーダイエットがすごいと評判に!なぜ痩せられるの?

「バターコーヒー」をご存知ですか?コーヒーにバターを入れた「バターコーヒー」を飲むダイエットが、アメリカを中心に注目されているようです。そこで今回は、最近流行りのシリコンバレーダイエットのひとつ、バターコーヒーダイエットについて紹介していきます。

カテゴリー:飲み物コーヒー  作成者:デブ卒公式  投稿日:2017/07/26

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

バターコーヒーとは?なぜダイエットに?

バターコーヒーって何?

B0b85f0a179a4683

バターコーヒーとは、その名のとおり「コーヒーにバターを入れたもの」。日本ではまだあまり知られていませんが、喫茶店で飲めるところもちょくちょくあります。コクがあって、ふんわりと良い香りがしますが「バターって太るんじゃ……」と、思った方は多くいらっしゃるかのではないでしょうか。

しかしバターコーヒーダイエットの一番の肝と言えるのは「バターの選別」です。入れるバターによって、太りやすいイメージのバターでも、ダイエット効果を期待できるとのことです。

発案者が大幅に減量!バターコーヒーのルーツ

3529de88241d4e64

「バターコーヒーダイエット」を提唱したのは、アメリカでIT業界を中心に活躍する起業家「デイヴィッド・アスプリー」氏。起業家として多忙な生活を送っていた彼が、なんとか「精神面と肉体面でのパフォーマンスを効率的に上げる方法はないか」と、独自に編み出したものがバターコーヒー。

なんとその結果、150㎏以上あった体重を100㎏以下まで落とし、IQまで20ポイントUPさせるという信じられないような成果を得ることができました。もともと、彼がチベットに登山をした際に、氷点下20~30度という極寒の中のゲストハウスで「バターティー」を振る舞われたことから、発案のヒントを得たと言われています。

9020a07611f620ec

チベットのバターティーとは、黒豆の発酵茶にヤクの乳から作ったバターを加えたもので、体を温める作用・脂肪を分解する作用・消化促進の作用などがあると言われています。

バターコーヒーのダイエット効果

コーヒーの「カフェイン」がエネルギーの消費量をUP

コーヒーに代表して含まれる「カフェイン」には、交感神経を刺激し、体内器官の働きを活発にさせることでエネルギーの消費量がUPするはたらきがあります。また、アンチエイジングに繋がる「抗酸化作用」・脳の集中力のUPといったはたらきにも注目です。

バターの「不飽和脂肪酸」が、中性脂肪を減らす

2859105e42e9d67e

「そもそもバターって脂肪だし……太るんじゃないの?」と、誰しも一度は疑うであろうこのダイエット法。実は良質な無塩バターに含まれているのは、植物油や大豆・魚などに多く含まれる「不飽和脂肪酸」。この脂肪酸には、中性脂肪や悪玉コレステロールといった「デブの源」を減らす作用があるのです。エネルギーとしてしっかり消費され、体脂肪として残さない、まさに良質の脂肪分です。

バターは血糖値が上がりにくい

Dc90a3468f31a327

さらに、バターはほとんどが脂質で炭水化物を含まないため、血糖値を上昇させないというメリットがあります。ブドウ糖と果糖からなる砂糖・乳糖が含まれるミルクを入れるより、バターを加える方が健康面でも安心といえます。バターコーヒーでダイエットにも健康にも良い影響が得られます。

ポイント

良質な無塩バターには、不飽和脂肪酸が多く含まれており、中性脂肪や悪玉コレステロールなどを減らす効果がある。炭水化物を含まないので、血糖値が上昇しにくいのもメリット!

「バターコーヒー」どうやって取り入れる?

C9fcb872209beff0

さて、早速実践してみましょう。実際に、バターコーヒーをどのように取り入れていくことがダイエットには効果的なのでしょうか?詳しく見ていくことにします。

朝食をバターコーヒーに

スポンサーリンク

朝食の代わりに、バターコーヒーを2杯飲むだけです。コーヒーだけでは、お腹が空くのでは、と思いがちですが、バターの脂肪分で腹持ちするのです。コーヒー1カップに、バター大さじ1杯を入れたらでき上がりです。アスプリー氏は、コーヒー2杯にテーブルスプーン6杯分(大さじ6杯)のバターを入れて飲んでいたそうです。お好みにより、調整しながら実践していきましょう。

グラスフェットの無塩バターを使う

バターコーヒーダイエットを行うにあたり、大切なのがバターの選別です。不飽和脂肪酸が豊富な「グラスフェッド」の「無塩バター」を使いましょう。「グラスフェッドバター」とは、「放牧された牛の乳で作られたバター」ということ。日本ではあまり一般的に売られていませんが、通販などを利用して購入することができます。

フランス ポワトゥーシャラン産 セーブル(Sevre) AOC 無塩バター 250g

ポワトゥシャラン地方の牧草を食べている牛の乳のみを使用したバター。まろやかな味わいで、塩分が抑えめなのも嬉しいですね。バターコーヒーに使用する際は、1箱で約16回分になります。

グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター 無塩 250g

有機農法で育てた牛の乳を使用したバター。カロチンが高く、芳醇な香りとコクのある味わいが特徴です。バターコーヒーで使用する場合は1回15gが目安なので、こちらの場合は1箱で約16回分となりますね。

フランス エシレバター 無塩 100g

フランスを代表するバターとして、日本国内でも知名度の高いエシレバター。香りの良さは群を抜いています!バターコーヒーで使用したい場合は、1個で約6回分となっています。

ポイント

バターの選別は一番重要なポイント。不飽和脂肪酸が豊富な、グラスフェッドの無塩バターを使用しよう!

「バターコーヒー」やってみました!口コミを紹介

  • コーヒーダイエットを約1ヶ月続け、2㎏の減量に成功しました。朝はバターコーヒーのみ、昼、夜は通常の食事でした。朝に飲むバターコーヒーは腹持ちがよく、昼まで全くお腹がすかずに過ごせる上、間食を減らすことが出来てお通じも良くなりました。今も定期的に朝はバターコーヒーにして、体重維持をしています。2~3㎏のちょっとしたダイエットにはコーヒーダイエットはオススメです。
  • いつも朝飲んでいるコーヒーにグラスフェッドバターというバターを加え、混ぜるだけのダイエットなので手軽なのもあり、続けることが出来ました。また、このバターコーヒーを朝8時くらいに飲むと、驚くことに16時くらいまでお腹が空きません。しかもフラフラするようなこともありません。結果1週間で2㎏の減量に成功しました。今は、数日に1回バターコーヒーに変えて体重を保っています。
  • お腹がすくと、コーヒーを飲むダイエットというダイエットを実施しました。ですが、どうしても甘い物が食べたくなったら、代わりにバターを入れて、2ヶ月程のみ続けました。結果、2㎏痩せることが出来ました。朝ご飯だけでなく、間食もコーヒーを飲む事で、かなり痩せることが出来ました!
  • 自分を磨いてキレイになろうと思い、ダイエットを決意しました。最初は簡単なものから始めればいいと考えて、コーヒーダイエットをしました。いつもコーヒーにミルクや砂糖をたっぷりいれていたのですが、それをバターコーヒーにかえて、一日3回ほど飲み続けました。すると1ヶ月で3㎏痩せることが出来ました。今もずっと続けています!

口コミを見る限りでは、1ケ月飲み続けて2㎏~3㎏の減量に成功した人が多いようです。大幅な減量は難しいかもしれませんが、体重を下げる事や飲み続ける事で体重が維持されることが口コミで評価されているようです。

コーヒーでダイエットをしたい人にイチオシ!

Eed07852e413032d

コーヒーのダイエット効果をもっと効率的に取り入れて、ダイエットの成功率を上げたい...という人のために、コーヒー豆をもとに作られたサプリメントが販売されています。その名も「MCTコーヒーダイエット」。あるテレビ番組で、このサプリを使ったタレントさんが二冠を達成していて、現在注目度が急上昇中の商品です!

このサプリには、ココナッツや母乳などに含まれる天然成分「MCTオイル」が配合されており、脂肪燃焼に欠かせないケトン体の増加をサポート!体の中からスッキリキレイになることができます。その良質なMCTオイルに加え、脂肪燃焼にさらなる効果を与えるコーヒークロロゲン酸、中性脂肪を下げて脂質の代謝を高めるオメガ3脂肪酸まで凝縮されています。

今なら、1ヶ月4,298円のところ980円(送料無料)で購入できます。ダイエット総選挙での実績は、以下のページから確認できますので、気になる方はチェックしてみてください。

人気記事