Medium 133a3ab90228431c

「下半身運動の王様」スクワットのダイエット効果と口コミまとめ

おうちにいながらでも、手軽にトライすることのできる運動の中の1つに「筋トレ」があります。その中でも、女性の気にする「下半身」に絶大なパワーを発揮すると言われるのが「スクワット」!今回は、下半身に効かせる!スクワットダイエットについて紹介していきます。

カテゴリー:運動筋トレ  作成者:デブ卒公式  投稿日:2015/04/27

熊田曜子さんがイベントで紹介した「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

目次

スクワットはダイエットに効く?

019cd2b79366098a

学生時代の部活で・・・ジムのトレーニングで・・・と、誰もが一度は経験したであろう「スクワット」。シンプルな動きでありながら、実際にやってみるとかなりキツかったりしますよね。

しかし、一種目でありながら「しゃがむ・またぐ・踏み込む」という動作を使い、たくさんの関節や筋肉に効かせることのできるこのエクササイズは、女性の気にする下半身のシェイプアップに効果大。太もも・お尻・ふくらはぎといった下半身のパーツを効率的に鍛えられることから、「下半身運動の王様」とも呼ばれています。

スクワットで得られる効果は?

下半身全体をシェイプアップ!

太もも、お尻、ふくらはぎ、股関節、膝・・・と、下半身全体の筋肉・関節を効率的に動かせることから、下半身全体を引き締めていくことができます。ムチムチ脂肪はもちろんのこと、たるんで下がってしまったお尻にも効果的!

冷えやむくみの改善!

身体の中で熱を作ることのできる筋肉運動は、冷えやむくみにも効果大。血流を促していくことで、よりスッキリとした美脚を作っていくことができます。

全身の代謝がUP!痩せやすい身体へ

B4d34c2904381805

下半身の筋肉が鍛えられ、血流を促されることで、身体全体の代謝もグンとUP!パーツのみでなく、全身が痩せやすい身体へと変化していきます。

ポイント

スクワットは「下半身運動の王様」と呼ばれており、太もも・お尻・ふくらはぎと、下半身全体を引き締めていくことができる!

正しいフォームで効果的に!効果的なスクワット方法とは?

Dbaa1fe6b6c9f075

出典:squatgirl.com

スポンサーリンク

それでは、早速実践編です。正しいフォームを身につけ、より効果的にエクササイズを行っていきましょう。

スクワットの方法
①足を肩幅程度に開き、肩の力を抜いて立つ。両手は前にピンと伸ばす。
②上体の姿勢を保ちながら、膝を曲げて腰を下ろしていく。(この時、猫背にならないように胸を張ろう!膝がつま先より前に出ないよう注意☆)
③太ももと床が平行になるところまで腰を下ろしたところで、3秒キープ!
④膝と背筋を意識して伸ばしたまま、腰を上げていく。
⑤1セット15〜20回を、3セット繰り返す。

ゆっくりと、呼吸をしながら行うのがオススメ。毎日ではなく2〜3日空け、筋肉を適度に休ませていくことで、より効果が現れやすくなります。

スクワットダイエットやってみた!口コミをピックアップ!

ここで、実際にスクワットをダイエットに取り入れている方々の口コミを紹介していきます!

  • 脂肪がどっぷりついた脚をなんとかしたくて、スクワットを1日30回続けています。スクワットをはじめて2か月が経ちましたが、明らかに脚が変わりました!固くなっていた脂肪も筋肉がついたおかげでやわらかくなり、肌もなめらかになりました。ただ私は元々筋トレが苦手だったので、最初は10回しただけでも息がハァハァしました。筋トレが苦手な人は挫折しやすいかも…でも効果はちゃんとあります!
  • 暇があればスクワットを繰り返していたら、夜から朝にかけて体重の減りが大きくなりました。スクワットを継続する事で、基礎代謝が上がったのだと思います。毎日スクワットをやると筋繊維の修復が追いつかず、効果が出にくいので、おすすめは他の運動と組み合わせることです。今日はスクワット、明日は腕立て伏せ、明後日は腹筋…とメニューを組めば、他の筋肉を鍛える日はスクワットで傷んだ筋繊維が回復し、脂肪が燃えやすい筋肉になってくれます。
8ec4fae3bd5de5b4
  • ダイエット目的でスクワットを始めました。でも体重の変化はなかなか出ませんでした。友達に「最低3ヶ月は続けないと・・・」といつも言われてました。なんせ私はこれまでのダイエットは三日坊主だったからです。でも徐々にお尻やウエスト部分に変化が出てきました。そして、9月にあった健康診断でなんと体重4キロ、腹回り10センチ減でした!ちなみに毎日ビール350mlを飲んで、週末はそれ以上にビールを愉しんでました。それでも痩せましたよ(^_^)v
  • 朝の歯磨きをする時に、電動歯ブラシを使って浅めのスクワットをしてみました。始めは30回程度でしたが、もっとできるように思えたので、徐々に増やして70回から400回程度までエスカレートし、一年で10キロのダイエットに成功しました。その後も体重が減り続けて89kgから現在は62kgになりました。(膝にかかる負担を少なくするコツは、お尻の位置は膝より少し上までに意識して下げすぎない事です)
  • お風呂上がりに、空気イスをするような感じでスクワットを60回やっています。最近膝のまわりのお肉が取れた気がします! 太ももがキュッとしまり、筋肉がつきました。

慣れないうちはチョット大変かもしれませんが、継続することで確実に効果は出てくるようです。普段の運動に+αしながら実践していくと、よりGOODです。

スクワットのダイエット効果まとめ

E66a31a9b986fe3c

スクワットは下半身全体の筋肉を使うトレーニングなので、ダイエットにも効果的です。それだけでなく、女性を悩ませる冷えやむくみの改善にも繋がるので、ダイエット以外にもたくさんのメリットがあります。継続する事が大切なトレーニングなので、まずはスクワットを出来る範囲から始めてみましょう!

人気記事