Medium d396abee0edaac74

下半身ダイエットの鍵「大転子」とは?プロ推薦のメソッドまとめ

たっぷり脂肪のついた大きな下半身。ダイエットしても上半身ばかりが痩せて、なんだか体のバランスが悪いたおいう方も多いのではないでしょうか。その悩み、もしかしたら「大転子の開き」のせいかもしれません。そこで今回はプロ推薦のメソッドをご紹介していきます。

カテゴリー:部分痩せ下半身痩せ  作成者:デブ卒公式  投稿日:2017/07/25

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

下半身美人はつくれる!ダイエット王子も注目の大転子って?

1e6f3668dfe0ae18

きゅっと上がったお尻にスラリとしなやかな脚、モデルさんのように…とまではいかなくても、せめて無駄なお肉はそぎ落としたいものです。ですが、ダイエットしても下半身はなかなか細くならない…という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

Dcb747224debc57d

そんな下半身太りの原因の1つとして大転子の開きに注目したのが、下半身美人をつくるプロであるダイエット王子、小山圭介さんです。まずは下半身ダイエットのカギ、大転子について見てみましょう。

大転子とは?

太ももの骨の一部。脚の付け根の外側、骨盤の下あたりに位置し、腰骨(骨盤の上の部分)から下になぞっていき、ボコッと出ている骨が大転子です。

大転子の開きの原因

  1. 骨盤と連結している股関節は、私たちが脚を動かすためにとても柔軟につくられている部分。そのため、日常生活の癖や行動で、ハマりが浅くなってしまいやすいのです。
  2. 骨盤が歪む(開く)ことにより、下半身はそのバランスをとろうとし、骨盤と連結している股関節も外側に張り出してきます。

これらの理由で股関節が張り出すと、必然的に大転子も出っ張ってしまうのです。思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか。

  • いつも靴の外側が減る、外側重心の歩き方をしていませんか?
  • 鏡の前に立った時に、膝が内側に向いていませんか?
  • 脚を組む、横座り、カバンを持つ方は決まっている…。片側にばかり負担のかかる癖はありませんか?
C8960ecbf62e8e1e

誰にでもあるような日常生活の何気ない癖が、大転子の開きの原因になっているのです。日々の生活から気をつけるようにしましょう。

大転子の開きがもたらす悪影響

大転子が外側に出っ張ってくると、その骨の形成上O脚になりやすくなります。もちろんそれだけではなく、お尻は大きくなり、太ももも張り出し、それに合わせて脂肪が蓄積。さらに、外側の筋肉ばかり使うような習慣が、大転子をさらに引っ張り出してしまうという悪循環に陥り、下半身はどんどん太くなってしまいます。

Bbeda07147c1b5bb

ウエストに合わせたパンツが太ももやお尻でつかえてはけない…なんて人もいるのでは?これも大転子の開きが原因かもしれません。がんばってダイエットして脂肪が減ったとしても、大転子が開いたままではO脚が目立つようになってしまうなど、痩せても美脚にはなれないのです。

20e7f908098fadab

大転子を正しい位置に戻してあげると…

  1. 下半身の筋肉が正しく使われるようになり、無駄な脂肪が落ちやすくなる。
  2. 今まで必要以上に発達させていた筋肉が落ちる。

つまり、下半身痩せにつながるというわけです。下半身美人をつくるには大転子を引き締め、まずは本来のラインに戻してあげましょう。

Ea3849eb6438f895

ポイント

外側重心で歩くなどの日常生活の何気ない癖や行動によって、股関節が外側に張り出し、「大転子の開き」に繋がっていく。大転子の開きは、O脚の原因になるだけでなく、お尻・太ももなどの下半身太りにも繋がってしまうのだ!

下半身ダイエット!大転子引き締めセルフケア

スポンサーリンク

張り出した大転子は、セルフケアで正しい位置に戻してあげることも可能です。ただし、1度戻しただけではまたすぐに元に戻ってしまいます。大転子が張り出す癖や習慣を意識して正すとともに、毎日コツコツケアしてあげましょう。

Aac92275290028e1

大転子引き締めマッサージ

方法
①床に横向きに寝て、大転子の下に硬めに丸めたタオルをセットします。
②タオルを大転子で押しつぶすつもりで、グリグリと力を入れてマッサージ。反対側も同様に、大転子を押し込んでいくイメージで行いましょう。

美脚ベルト

小山圭介さんの考案した、巻くだけで効果的に大転子を引き締めてくれる美脚ベルト。ながらケアで下半身ダイエットをサポートしてくれる頼もしいグッズです。大転子を矯正しつつ骨盤のケアもできて一石二鳥となっています。ごろごろテレビを見ながらでも行える簡単なものなので、毎日ケアしてあげてください。

下半身ブスからは卒業!徹底的に美脚をつくるには?

大転子が開いている人は、筋肉の付き方などに特徴があり、脚を太くさせる原因にもなっています。それを解消して筋肉のバランスを整えてあげれば、憧れの美脚を目指すことも可能です!ここでは、前章で紹介したケアとセットで取り入れておきたい、下半身美人になるための方法を紹介します。

49102feb9578458d

下半身美人の歩き方

小指側に重心をかける外側重心の歩き方は、脚の外側の筋肉ばかりを使うので大転子も外に引っ張られ、下半身を太らせる大きな要因になり兼ねません。下半身美人になるには、正しい歩き方をマスターすることが重要です。

4d511c97375b043d
ポイント
お腹はたるませず力を入れ、ぐっと引き上げる。
つま先はまっすぐ前に出し、頭をゆらゆら揺らさない。
かかとから着地して、軽く外側に重心を移し、最後は親指で地面を蹴る。

足の裏にゆるいS字カーブを描くイメージで、重心を移していきましょう。このポイントを抑えながら行うことが重要です。

デブ筋をほぐす!マッサージ

大転子が開いている人の多くは、脚の外側と前側の筋肉が発達し、張ってしまいやすい生活習慣にあります。美しい脚には適度な筋肉はもちろん必要ですが、凝り固まった筋肉は脚を太くし、セルライトもできやすくなってしまいます。美脚をつくるには筋肉の質も大切です。今まで負担をかけた筋肉をしっかりとほぐしてあげましょう。

C262676b751b1072
方法
手のひらの親指の付け根を使って、少し強めにマッサージ。太ももの前側と外側をそれぞれ3分ずつ。

凝っているとはじめは痛いかもしれませんが、筋肉がほぐれて柔らかくなってくると痛みもなくなってくるので、1日の終わりに行うようにしましょう。

仕上げ!美脚トレ

方法
①イスに座り、手はイスの横をつかむ。
②脚を押し合いながら力を入れて床から少し浮かし、こすりあわせるように上下させる。30回を1セットとして、1日2セット行いましょう。

脚の外側と前側にばかり筋肉がついて、内側と裏側はむちむちになっていませんでしょうか。下半身美人をつくるには、筋肉をバランス良くつけてあげましょう。正しいフォームで颯爽と歩く姿は、それだけで美人度もアップするものです。まずは歩き方から意識して矯正していきましょう。

まとめ:ダイエットの鍵大転子

A48ab51583ace7ca

ダイエット王子が自信を持って紹介する下半身美人をつくる美脚メソッドをご紹介しました。どれも簡単なことばかりなので、今すぐにでもはじめることで、綺麗な下半身を手に入れましょう。

人気記事