痩せてる人はやっている?ストレッチとダイエットの関係

モデルや芸能人が体型を保つ秘訣で、ストレッチは毎日欠かさずやっているというのをよく耳にしませんか?もちろんそれだけで体型を維持しているわけではありませんが、美しい体をつくるポイントの1つであるとも言えます。

では、日常的にストレッチを行うことで、実際にどんな効果があるのでしょうか?

出典:www.huffingtonpost.ca

①血流が良くなる

筋肉を伸ばし、柔軟性を与えてあげることで血行が良くなります。血行が良くなると酸素を効率的に取り込めるようになり、さらにはリンパの流れもスムーズにしてくれる働きもあります。

血行やリンパの流れが良くなることで、さまざまな効果が期待できるのです。

血行が良くなることのメリット
基礎代謝UP
疲労回復
肩こりや腰痛改善
冷え性の改善
セルライト予防

②体(筋肉)が柔らかくなる

筋肉が柔らかくなることで関節の動きも柔軟になり、体を動かしやすい状態にしてくれます。

体が柔らかくことなることのメリット
ケガの予防
元気が出る
若さを保つ

③リラックス効果

ゆっくりとした動きで呼吸を意識しながら体をほぐしてあげることで、副交感神経が優位になり、リラックス効果が得られます。

ストレッチで得られるリラックス効果
ストレス解消
質の良い眠り

ストレッチには思っている以上に嬉しい効果があるんですね。そして、痩せやすい体の状態をつくるのに有効だと言って良いのではないでしょうか。ですが、筋肉は1度柔らかくしても、放っておけばまたすぐに硬くなってしまうので、毎日行うことが大切です。

ポイント

ストレッチを行うことで、血行が良くなり、基礎代謝アップや、セルライトの予防などのダイエット効果を期待することができる!

寝起きに!朝イチストレッチの効果とは?

夜寝る前のストレッチは、リラックス効果で入眠をサポートしてくれる効果がありますが、朝のストレッチは、その日1日を元気に過ごすという意味でとても有効です。

寝ている間に体は硬くなり、体温の下がっている朝は代謝も落ちています。特に、低体温の人や冷え性の人は顕著に影響が出て、体がON状態になるのに時間がかかってしまう傾向にあるので、朝の「ダル重憂鬱」状態を午後まで引きずっている人も少なくないのではないでしょうか。

出典:www.myerscocktailla.com

朝のストレッチは硬くなった体をほぐし、血流が良くなれば体温も効率的に上げてあげることができるのです。そうすることで…

  • 代謝が上がる
  • 内臓機能が正常に働くようになる
  • スッキリ目覚めることができる

などの効果があります。

血行が悪く体温も代謝も落ちたままだと、その分ダイエットには不利ということになってしまいますよね。ストレッチで全身に血液がスムーズに送られ、体を伸ばすことで内臓も刺激されてお通じを促す効果も期待できます。

スポンサーリンク

出典:www.sheknows.com

そして、夜にはない朝だけのメリットがあるんです。それは太陽光を浴びることによるセロトニン分泌効果。セロトニンは心を安定させる効果があり、幸せホルモンとも呼ばれます。このセロトニンの分泌が増えることで、食べ過ぎ防止につながるのだそうです。朝日×ストレッチのタッグは最強ということですね。

朝のストレッチは自律神経を正常にしてくれる!

なんだか最近疲れやすい、だるいと感じている人はいませんか?もしかすると、自律神経が乱れているかもしれません!

簡単に言えば、自律神経は私たち一人一人に備わっているスイッチのようなもの。活動的に過ごす時は交感神経が働き、リラックスしたい時や休息する時には副交感神経が働きます。

しかし、不規則な生活が続いてしまうと自律神経が乱れてしまい、消化機能の働きが鈍ってしまいます。またホルモンバランスまで乱れてしまうので、太りやすく痩せにくい体質になってしまうのです。

朝のストレッチを行うことで、自律神経の働きを正常にすることができます。ダイエットにいい影響を与えるほか、学校や仕事場で集中力をアップすることができるので非常におすすめなんですよ!

朝日を浴びながら、伸びやかに体を動かしてみてください。朝のストレッチで、脳に良い刺激を与えましょう!

ポイント

朝にストレッチを行うことで体温が上昇し、その日1日の代謝をアップさせることができる。朝日とのタッグでセロトニンが分泌され、食べ過ぎを抑制する効果も!

燃焼力UP!2分でできる朝ストレッチの方法

朝はなにかとバタバタするので、なかなかゆっくりストレッチを行う余裕はないかもしれません。そこで、2分もあればすぐにできる簡単なストレッチの方法を紹介します。

ベットから出る前に…

まずは巡りを良くして脳や体を起こしてあげましょう。体の前面が伸びることで、眠っていた胃腸もONモードに!

出典:latte.la

方法
①両手を組んで頭の上でぐっと伸ばし、かかとも下に引っ張られているつもりで伸ばします。
②手は組んだまま上半身を左右に曲げて伸ばし、体の外側もストレッチします。

※体を伸ばす時、体の隅々まで酸素を送るつもりでゆっくりと息を吸いましょう。

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨をほぐし、脂肪を効率良く燃やしてくれる褐色脂肪細胞を活性化!

出典:www.biranger.jp

方法
①イスなどに浅く腰かけます。腕をまっすぐ体の前に伸ばし、足は肩幅に開きます。
②息を吐きながら5秒間で、ゆっくり両腕を後ろに引いて肩甲骨を刺激します。限界のところでそのまま5秒キープ。
③息を吸いながら5秒かけて、ゆっくりと元の状態に戻していきます。これを4セット行いましょう。

シンプルなのが毎日ストレスなく続けるコツ。もちろんこれをしたからといってみるみる痩せるわけではありませんが、小さな積み重ねがダイエットには大切です。

寝起きにはなかなか体を動かす気にはなれないかもしれませんが、ダルイ朝だからこそ、ストレッチで心身共にスッキリ起こしてあげることで効率的にエンジンがかかり、仕事や家事なども朝から元気にこなすことができるはずですよ。

流れのスムーズな体になるために、5分だけ早起きしてみませんか?

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!