目指すはスリムで女性らしいボディ!縄跳びで綺麗になるには?

1人でも手軽に行うことのできる縄跳びは、脂肪燃焼に効果的な「有酸素運動」でありながら、脚や二の腕といった、女性が気になるパーツを効果的に鍛えることのできる頼もしい運動法☆

出典:fromt2b.com

ボクサーやアスリートの方が、減量やトレーニングのために実践しているのをテレビで見かけることもありますよね。

しかし、ダイエットで手に入れたいのは「スリムでバランスのとれたボディ」☆女性らしいラインを残しつつ、締めるところは締める!というのが理想ですね。

それには、ただやみくもに縄跳びを続けるのではなく、しっかりとポイントをおさえて実践していくことが重要です。

バランスの良い身体づくりのために!縄跳びダイエットのポイントと注意点

それでは、実際に縄跳びで綺麗に痩せるには、どういったことに注意して実践していけば良いでしょうか?詳しく知っていきましょう。

バストの崩れ防止に・・・スポーツブラを着用しよう☆

縄跳びを行う際、女性の場合はスポーツブラのように胸全体をしっかり固定できるものを着用しましょう。胸が激しく上下に動くことで、胸を支えている「クーパー靭帯」が伸び、バストダウンや下垂にも繋がります。

出典:ssx.xebio-online.com

気になる脂肪は落としても、バストのボリュームは綺麗に残しておきたいですよね。さらしを巻いて胸を固定する、という方法もあるようですが、こちらは思っている以上に胸全体を圧迫してしまうため、ハードな縄跳び運動には不向きといえます。

また、身体を締め付けることで血液や酸素の流れも悪くなり、代謝も大幅にダウン。自分に合ったサイズのブラジャーを選び、しっかり着用してから運動を始めることがオススメです☆

体力に自信があるなら、トレーニング用のものがオススメ!

縄跳びは、100円ショップで売られているようなものからトレーニング用に特化したものまで、値段も種類も様々なものが存在します。

出典:www.amazon.co.jp

スポンサーリンク

この違いは主に重量にあり、100円ショップで売られているものが100グラムだとしたら、ボクサー仕様と呼ばれるトレーニング用のものは、3倍の300グラムほど☆重量によって身体にかかる負荷が大きくなるため、トレーニング効果もUPします。

また、カウンターがついていることで、何回跳んだのかチェックできるようになっているものもあり、モチベーションの維持にも繋がります。運動に慣れてきたら、徐々にトレーニング用の縄跳びにシフトしてみるというのも、ダイエット効果を高める方法の1つですね♪

ウォーミングアップや、運動後のケアでダイエット効果もUP!

縄跳びを始める前に、体操やジョギングなどといった軽いウォーミングアップをしておくと、身体が温まって筋肉群が活性化します。そのため、事故やケガが防ぎやすくなるほか、脂肪の燃焼効果もグッと高まります。

また、縄跳びが終わった後には脚のストレッチやマッサージを加えてあげることで、さらに美脚効果がUP♪筋肉疲れを次の日に持ち越さないことは、ダイエットのモチベーションUPにも繋がりますね。

下肢の疲労は、もも裏をよく伸ばすことで取れると言われています。時間は、運動した時間と同じ程度かけてあげることが理想です☆頑張った身体をしっかりほぐし、モチベーションもダイエット効果も高めていきましょう!

足首や関節を傷めない工夫を!

手軽な運動法に思えますが、実際に行ってみるとなかなかハードなのが縄跳び。ジャンプをするたびに全身の体重を下肢に乗せ続けるため、足首や膝、腰には特に負担がかかります。

出典:springboardyourself.com

そのため、縄跳びを行う際は、芝生や土の上がベスト☆衝撃を受けやすいコンクリートの上は、できるだけ避けるようにしましょう。

また、ジョギングシューズのようなクッション性のある靴を履いて実行するのがオススメです。縄跳び運動に慣れないうちは特に身体を傷めやすいため、痛みや違和感を感じたら無理をせずに休みましょう。

標準体重よりも体重が重い方は、特に関節を傷めやすいので要注意☆体重が重いほど、下肢にかかる負担は大きくなります。楽しく継続していくためにも、環境はある程度整えるようにしましょう。

ポイント

スポーツブラを着用する・トレーニング用の縄跳びを使う・ウォーミングアップをしっかりと行う・芝生や土の上で行う。これらのポイントをしっかり押さえ、縄跳びダイエットを効果的に、継続して行っていこう!

ポイントをおさえて楽しく継続を♪

いかがでしたでしょうか?

ポイントをおさえて注意事項を守るだけでも、身体の変化は変わっていきます。楽しく継続し、理想どおりの美ボディを手に入れるためにも、これらの要点をおさえて実行していきましょう♪

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!