体質や性格に合わせて方法も様々!個性豊かなモデルのダイエット法

一口に「ダイエット」といっても、「どこをどうしたいのか」「どのくらい痩せたいのか」「その方法で継続出来るか」など、自分の体質や性格に合わせた方法を選択していくことが必要となってきます。

モデルの皆さんも、それぞれご自身に合う方法を選び、美ボディに磨きをかけているのです☆よって、そのダイエット法はモデルさんによって様々。

「憧れのモデルさんに近づきたい!」というイメージを持ちながらも、「自分に合っているか?」を考えながら参考にしてみるのがGOODです♪

それでは、あのモデルさんはどのような方法で美ボディをキープされているのか・・・!詳しく見ていきましょう♪

モデルダイエット① 北川景子の「1日5食ダイエット」

出典:matome.naver.jp

モデル・女優として活躍される「北川景子」さん。キリッとしたお顔立ちとスレンダーなボディが魅力的な彼女が実践するダイエットは、なんと、1日に5回の食事を摂るという「1日5食ダイエット」。

一見ビックリしてしまうような方法ですが、その内容は「普段食べている3食の食事の量を5回に分けて、こまめに食べる」というもの☆

食事と食事の時間が空き過ぎると身体は飢餓状態となり、必要以上に栄養を溜め込もうとし、結果太りやすくなってしまうと言われることから、ある種合理的ともいえる方法です。

ダイエットの常識のように思える「食事を減らす」とは逆の発想を利用したこの方法。ストレスも少なくドカ食いを防げることから、ジェシカ・シンプソンやオーランド・ブルームといったハリウッド女優も取り入れているようです。

炭水化物やタンパク質、脂質やビタミンもバランス良く取り入れていくことが大切です♪

ポイント

北川景子さんが実践するのは、1日5食ダイエット。食事と食事の間隔を短くすることで、体が必要以上に栄養を溜め込まないようにするという方法だ!

モデルダイエット② 菜々緒の「自転車漕ぎダイエット」

出典:alpacask.com

9頭身のボディと、誰もが魅了される美脚の持ち主、菜々緒さん。どうやってスタイルをキープしているのか、非常に気になりますよね☆

菜々緒さん自身、食事制限は全くしたことがなく、その分ヨーグルトや豆乳、野菜といったヘルシーな食材を積極的に取り入れているようです。

また、美脚キープのために続けていることは、なんと「自転車漕ぎ」!様々な運動法の中でも、下半身を引き締めるには自転車漕ぎが一番だったとのことです。

彼女が言うならば、説得力がありますね♪さらに、リンパマッサージとストレッチを毎日継続して行っているようです。

スポンサーリンク

基本的なこと(だからこそ三日坊主になりやすい・・・)をしっかりと継続されている菜々緒さん。特別なことをする前に、基礎の組立が大事ということを思い知らせてくれますね・・・☆

モデルダイエット③ 押切もえの「低炭水化物ダイエット」

出典:girlschannel.net

ファッションモデルとして活躍している「押切もえ」さん。あまり想像はできませんが、モデルとして数々の仕事をこなす間にも、様々なダイエットを経験・その度にリバウンドという悪循環を繰り返していたそうです。

きつい食事制限からなるリバウンドを多く繰り返していた彼女が実践し、成功したというのが「低炭水化物ダイエット」。

こちらは、エネルギーの消費量が少なくなる夜に、炭水化物の量を減らすというもの。余分なエネルギーを身体に溜め込むのを防ぎ、その分脂肪がエネルギーとして使われやすくなるため、脂肪燃焼効果があると言われています☆

また、彼女が加えて心がけているのが「食べる順番」!食物繊維が多く含まれる野菜や果物から食べ始めることで、血糖値の上昇が緩やかになり、糖質や脂肪の吸収を抑えてくれます。

ちょっとした心掛けでも、しっかり継続することで身体は変化していきます。失敗を繰り返してきた彼女だからこそ、その分多くのことを学び、今の美ボディがあるといえますね♪

失敗したら失敗した分原因を探り、未来のボディに繋げていきましょう☆

モデルダイエット④ 平子理沙の「身体を冷やさないダイエット」

出典:ciel.am

アラフォーとは思えぬ美貌から、カリスマモデルと称される「平子理沙」さん。女性らしいラインはしっかり残しつつも、ウエストや脚はキュッと締まったバランスの良いボディ。誰しもが憧れるスタイルを持つ彼女は、とにかく面倒くさがりやで、運動は全くしないそう。

食事では毎食のように肉を食べ、その倍の野菜もモリモリ食べるという、可憐な容姿からは想像のできないワイルドな一面も、魅力的に思えますね♪

そんな彼女が心掛けているのが「とにかく身体を冷やさないこと」。そのため、毎日白湯を飲み、体内から身体を温めているようです。

また、夜は短時間でも「必ず湯船に浸かること」を心掛け、疲れや冷えを持ち越さないようにしているとのこと。

いくら食事制限や運動をがんばっていても、身体が冷えている状態だと基礎代謝が下がり、その効果もガクンと落ちてしまいます。

まずは「痩せやすい身体」というベースを整えること。ダイエットできるだけストレスフリーにして行うためにも大切なことですね。

いかがでしたでしょうか?最前線を駆けるモデルの皆さんも、スタイルキープのために必要なのは、やはりしっかりとした「ベース作り」のようです。できるだけストレスを少なく、ご自身に合う方法を選択して実践していきましょう♪

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!